2018-01-07

絶滅すべきでしょうか?『勝手にふるえてろ』綿矢りさ原作、大九明子監督、松岡茉優、北村匠海、渡辺大知、石橋杏奈、他

注・内容、台詞に触れています。
勝手にふるえてろ

監督 : 大九明子
原作 : 綿矢りさ
出演 : 松岡茉優
北村匠海
渡辺大知
石橋杏奈
趣里、古舘寛治
前野朋哉、片桐はいり他

物語・初恋相手のイチを忘れられない24歳の会社員ヨシカ(松岡茉優)は、ある日職場の同期のニから交際を申し込まれる。人生初の告白に舞い上がるも、暑苦しいニとの関係に気乗りしないヨシカは、同窓会を計画し片思いの相手イチと再会。脳内の片思いと、現実の恋愛とのはざまで悩むヨシカは… (物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Furue

Memo1
2015年放送の「さんまのまんま」に橋本愛とふたりで出演した際、カメラ目線で「主演映画はまだありません」と訴えて(笑)から3年近くにして遂に!
そのテンポ、タイミング、声や表情のバリエーション。
まさに松岡茉優100%
なによりも(頭の先から尻尾まであんこの詰まったたい焼きのように)始めから最後まで出ずっぱり。
こういうパターンは稀有だと思うし大成功している
(通常、主人公を浮かび上がらせるために周辺の人たちのエピソードを別に描いたりするものだが、それをやらなかったことが逆に広がりを持つことになってる)
妄想シーンはあるが回想シーンはない、見事な直線構造。
そして中盤に訪れる転換点。
(後述、歌のシーン)
なんだ、ねじれてる割には知り合い多いじゃん、コミュニケーション取れてるじゃん…と、思わせておいてのぼっち具合。孤独真っ逆さま。
原作未読だけれども、これは相当に練られた脚本。
こじらせ具合、ねじれ方、くすぶり具合の匙加減が絶妙。
観客によせて共感前提で作っていないのもよかったなぁ。
時にミュージカルっぽく歌で綴る真実の姿。
「絶滅すべきでしょうか?」
この距離が私と世の中の限界
「ねえアンモナイト、生き抜く術を教えてよ」
(ここを歌で描いたのは秀逸。これ台詞やモノローグだったらキツイわー。演じた松岡茉優キャラクターもありきで実に見事)
空気読めない人が集まるときのズレの面白さ。
見ていてイタイ(時に思い当たるフシが多々。あゝイタイ)
ヨシカもスゴイが二を演じた黒猫チェルシー、渡辺大知の「おいおい、そこき気ィつかえょぉぉぉぉ」と見ているこちらがツッコミたくなるほどのウザさを演じていて上手い。
そしてイチ(北村匠海)のこれまた遠目の富士山みたいな見た目かっこ好いが近づくとやはりバリア張りまくりの利己的キャラ。
その極めつけの台詞
(同窓会きっかけで開かれた上京グループの集まり。朝方。アンモナイトの話など共通点がいろいろ出てきて喜ぶヨシカに対して)
「ごめん。名前なんだっけ?」

Furuete

Memo2
パンフレットデザインは大寿美トモエさん
上記画像は表紙。表4は赤一色の中心にアンモナイト。
付箋含めて本作のキーカラーは
ヨシカのファッションがキャラクターにマッチ(ダサ可愛いより、やや可愛い寄りのキワキワ線)して素晴らしくよいなぁー、と思い調べたら「ひよっこ」衣装監修の宮本茉莉さんでした(ドラマ中のワンピースも、とてもチャーミング)

映画『勝手にふるえてろ』公式サイト
http://furuetero-movie.com/

| | トラックバック (4)

「物語」のバトンをつなぐ。 Netflix『DEVILMAN crybaby』原作 : 永井豪、監督 : 湯浅政明

注・内容、ラストに触れています。
DEVILMAN crybaby

原作 : 永井豪
監督 : 湯浅政明

Dc1

Memo1
デビルマン原作が終了した年に中東戦争が始まり翌年オイルショックが始まった時代の予兆を含めた空気感。
そこから生み出された物語。
それをそのまま2018年に置き換えることは不可だ。
ノストラダムスも日本沈没もゴジラ対ヘドラも全ては70年代前半のこと。
(それは『エクソシスト』をはじめとするオカルトブームとも呼応する。この時期の映画を現代にリメイクすることはそれ自体でハードルが高い)
本作の湯浅政明監督による「漫画史に残る物語」の新たなるアップデート
(最も顕著なSNSの扱いや「デビルマン」が既にアニメとして存在している世界という「デビルマン」原作以降に多々誕生したアニメや漫画への目配せなど)
そうすることによって次世代へ「物語」のバトンを手渡すという英断と手法は素晴らしい。
2と9話(Netflix 特有のエンドクレジット飛ばしのマーカーもラストまで出ない)が出色。
(湯浅監督自らがツイートしているとおり9話は原作でも最も衝撃的な展開が待ち受けているエピソード回。エンドクレジットの曲とその後のシーンも含めて)
映画とは違いリミテッド(ミニ)アニメシリーズ。
全話一括配信とはいえ1話ごとに同じテンションでは描かず(まだ細かく精査していないがスタッフも仕上がりもかなり違う)全体バランスのために途中緩めているエピソードも存在。
「悪意」の伝播。
転写、そしてまた伝播。
それは「魔女狩り」の時代から変わらぬ人間のメンタル構造における負(ここで負というのも二元論的だが)の部分。
それはSNSなどにおける拡散力の増幅によりさらに増している。
その中で描かれた9話。
牧村美樹の「それでも信じている」「私もデビルマンだ」というメッセージは「悪を憎み退治していくものもまた悪」といった広義な救済を描いていて強烈だ。
ラストの「明!教えてくれ!この感情はなんなんだ」と流す飛鳥了(サタン)の涙も同じだ。
しっかりと湯浅監督のテイスト(昨年の『夜明け告げるルーのうた』とも重なる)も練りこまれた作品となっている。
1話に湯浅監督の昨年の映画『夜は短し歩けよ乙女』からまさかの台詞。
「たまたま通りかかったもので」
(さすがに言いかけて途中で止めてますが 笑)
他にも「地獄の黙示録」ナパーム弾シーンや「おやっ?ゴジラ?」と一瞬見えてしまう自衛隊トラックに載せられた退治されたと思しき悪魔←未確認(未確定)など、イースターエッグ的にいろいろありそう。

Dc2

Memo2
余談1(オイルショック当時買った漫画の単行本は紙資源不足から中質紙の中でも特に質の悪い中質紙に変わり、もはや劣化の一途…)
余談2(『デビルマン』に先だつ同じ永井豪原作『魔王ダンテ』の未完のラスト。「ぼくらマガジン」廃刊の為に仕方なく描かれたと思うのだけれど「さあ!これから」と思わせての「エッ?!ここで終わり?」は唖然としたと同時に「こういう終わり方もあるのだ」と逆に強烈な印象が残っている。それは石ノ森章太郎「幻魔大戦」ラスト最終カットと共に初期漫画原風景の絶対的記憶)

DEVILMAN crybaby | 公式サイト
http://devilman-crybaby.com/

| | トラックバック (1)

2018-01-01

NEW YEAR 2018 & 2017_BEST MOVIE (お気に入り洋画・日本映画)

2017年 洋画・日本映画ベスト10

断り書き : カウリスマキ監督『希望のかなた』大林宣彦監督『花筐/HANAGATAMI』と評判の瀬々監督『8年越しの花嫁』未見

D_1

2017年_洋画お気に入りベスト10
ダンケルク
② オクジャ/Okja
③ KUBO 二本の弦の秘密
④ ブレードランナー 2049
⑤ ラ・ラ・ランド
⑥ マリアンヌ
⑦ パターソン
⑧ カフェ・ソサエティ
⑨ 未来よ、こんにちは
⑩ パーソナルショッパー

『ダンケルク』次世代レーザーIMAXにて鑑賞。
4K配信が当たり前になっていきNHKの4K/8Kチャンネルが2018年末にはスタートする状態の中、劇場に出かけていくという醍醐味のひとつはここにあるという至福感。
(どんなに設備を整えたホームシアターでもこれは再現不可)
いつもの構築系は好みなのでどうしても1位にしてしまうノーラン監督作品(ここ数回はずっと)
2017年は周りの知人も含めポン・ジュノ監督『オクジャ/Okja』見たさにNetflix沼へ(まさにズブズブ)と突入→後述のオリジナルドラマ3本のクオリティの高さもあり2018年のラインナップ期待値込めて継続中。
大好きなライカ作品『KUBO 二本の弦の秘密』劇場公開スルーされなくてよかった!
そして、ヴィルヌーヴ監督作品としてのバランスは『メッセージ』の方になるのだろうけれど、まるで小説を読むようなリズムを持つ正編が「黒いブレードランナー」とするとこちらは「白いブレードランナー」とも呼べる(或いは対をなす)『ブレードランナー 2049』
2017年、最も多く見た『ラ・ラ・ランド』こちらもバランスは歪だけれど不思議な中毒性(ミュージカルナンバーを切り裂くiPhone着信音!なんたる挑発!挑発?)をもつ作品。
『マリアンヌ』古典的なメロドラマ骨格をゼメキス監督が現代のケレン味で描いた秀作。
『未来よ、こんにちは』イザベル・ユペール演じるナタリーがスタスタスタと前を向いて歩いて行く姿が、もうとにかくカッコイイ!この姿だけで原題のL'avenirを体現している。そしてフィルム撮影による光のゆらめきのなんと美しいこと!
『カフェ・ソサエティ』は撮ればお気に入りベストテンに入れるウディ・アレン枠。ストラーロ撮影による色め(色彩)も好み。

2017年_洋画(パラレルワールドの
もうひとりの自分が選んだ)ベスト10
(順不同)
20センチュリー・ウーマン
マンチェスター・バイ・ザ・シー
ありがとう、トニ・エルドマン
ローガン
モアナと伝説の海
サラリーマン
ベイビー・ドライバー
エル ELLE
ドリーム
SING/シング

これはこれで完結する。ベスト10とは並べてみて上下とか関係なく、しっくりくる絵面(えづら)のようなものがあると思う。仮に次の日本映画ベスト10。大林宣彦監督作品を鑑賞していてベスト10を選ぶとまるっきり違う順番になってしまいそうな気さえする。

Yoru

2017年_日本映画お気に入りベスト10
夜は短し歩けよ乙女
夜明け告げるルーのうた
③ 美しい星
④ 散歩する侵略者
⑤ 三度目の殺人
⑥ 勝手にふるえてろ
⑦ PとJK
⑧ 彼らが本気で編むときは、
⑨ あゝ荒野 前編/後編
⑩ 3月のライオン 前編/後編

1~5はご贔屓監督作品がズラリと並んだ。
湯浅政明監督の新作が続けて見られる驚きの年。そして、それは2018年年明け早々のNetflix配信『DEVILMAN crybaby』へと続いていく。
1と2はどちらも大好きな動きとテンション。湯浅監督が作ってくれたことによって普通のアニメーションにならないでよかったーと感激した『夜は短し歩けよ乙女』をちょっと贔屓めに。
1962年発表の先鋭的な三島由紀夫原作を現代に置き換えた超越脚色による『美しい星』
「もぉ、しようがないなぁー」とプンスカしながらスタスタと歩く長澤まさみが素晴らしくよかった『散歩する侵略者』
是枝監督作品とは少し趣きの違った『三度目の殺人』しかし底流には目にみえないものといったモチーフも垣間見える。
そしてそして、2017年最後に見た『勝手にふるえてろ』が超傑作。
感想ブログメモは数日後にアップ。
『あゝ荒野 前編/後編』菅田将暉(お父さん、めちゃくちゃ拓郎ファンなんですねー)の年としての代表作。

2017年_タイトルデザイン_ベスト3
スプリット(Filmograph)
アトミック・ブロンド(Ivar Edding)
ワンダーウーマン(Greenhaus GFX)

『スプリット』昨年の秀逸な『10 クローバーフィールド・レーン』タイトルデザインに続く(勝手にこう呼んでいる→)ソール・バス系デザイン。
Filmographはジェームズ・ワン監督の一連の作品や『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』カーテンコール(Curtain Call Sequence)デザインなどを手がけている。2017年は他に『ジョンウィック2』『パワーレンジャー』も。
『アトミック・ブロンド』ステンシル系フォントにグラフィティアート・スプレー処理された時代設定に合わせたデザイン。エンドタイトルの古いコンピュータ(ブラウン管タイプ)にチラツキも再現して映しだされたクレジットも秀逸。
『ワンダーウーマン』まさにガル・ガドットありきの作品に相応しいかっこ良さをもつ王道的 Main-On-End Title

2017年Netflixドラマ
ストレンジャー・シングス
ゴッドレス
マインドハンター

3作品ともに一気見してしまった傑作。
エピソードによって時間可変が可という点が一挙配信の利点。
(例えば最終話の1話前を長くしたり短くしたりと創作側が意図的なリズムを作り出せる)

Best2018

※オマケ
映画は女優でという小林信彦先生の教えに従って『ブレードランナー 2049』ジョイ役が魅力的だったアナ・デ・アルマスの他作品をNetflixでチェック。2017年末現在、キアヌ・リーヴスがノックアウトされた『ノック・ノック』と同じくキアヌ主演『エクスポーズ 暗闇の迷宮』ジョナ・ヒル主演の『ウォー・ドッグス』そして主演サスペンス『サイレント・ウェイ』(←タイトルシークエンス最高!)の4作品が配信中。

| | トラックバック (6)

2017-12-31

Netflix『ゴッドレス ・神の消えた町(Godless)』製作 : スティーヴン・ソダーバーグ、監督・脚本 : スコット・フランク、ジャック・オコンネル、ジェフ・ダニエルズ、ミシェル・ドッカリー、トーマス・サングスター、スクート・マクネイリー、メリット・ウェヴァー、他

注・内容に触れています。
ゴッドレス -神の消えた町-
Godless

監督・脚本 : スコット・フランク
ジャック・オコンネル
ジェフ・ダニエルズ
ミシェル・ドッカリー
トーマス・サングスター
スクート・マクネイリー
メリット・ウェヴァー、他

Godless

Memo
見どころが多い(多すぎる!)今年見た映画やドラマの中でも屈指の傑作!
本作の製作に当たっているスティーヴン・ソダーバーグ監督作『アウト・オブ・サイト』や『LOGAN/ローガン(共同脚本)』などの脚本を手がけたスコット・フランクが脚本、監督。
そのスコット・フランク。
奇しくも『オリエント急行殺人事件』が同時期公開されているケネス・ブラナー監督のハリウッドデビュー作『愛と死の間で』の脚本も。
最初は映画としてスタートしていたものをじっくりと人物を掘り下げる形でリミテッドドラマの方がよいのでは?ということでこの形になったとか。
それが功を奏して、ラストの銃撃戦にいたるまでのタメの部分が実に面白い。
逆にスクリーンで見たい!と思わせる地平線や空や馬が走る姿を捉えたショットの美しいこと、美しいこと。
4Kカメラ(Netflix側が監督に唯一出す条件とされている)による透明度の高い空気感の出た撮影西部劇は史上初かも。
(風景を映しだしたドキュメンタリーなどではあったとは思うけれど、あくまでも「西部劇としての詩」であるという点が重要)
再編集2時間15分ぐらいで映画として巨大スクリーンにかけてほしいぐらい。
主人公のひとりロイ・グッドをこれから人気が出てきそうなジャック・オコンネルや『ダウントン・アビー』のメアリー・クローリーを演じたミシェル・ドッカリー(本作のライフルの構え方がカッコイイ)、ヒュー・グラントの親戚→トーマス・サングスターなどイギリス俳優によるキャスティングが全て的をえている。
ビックリしたのは無法者一味のボス(複雑な心根を持つ役を名演!!)をジェフ・ダニエルズ
ウディ・アレン『カイロの紫のバラ』でスクリーンから飛び出してきたトム・バクスター/ギル・バクスター2役の人。
IMDbでのエピソード毎の評価では群を抜いてラスト7話「再びラ・ベルへ"Homecoming"」は特に。
ラスト。
去っていく主人公ロイ・グッド。
ネイティヴアメリカンのお祖母ちゃん(なんともとぼけているが見通している)の名前の由来について聞く。
アイオビってどういう意味だ
ハト

ゴッドレス -神の消えた町-
Netflix 公式サイト
https://www.netflix.com/jp/title/80097141

| | トラックバック (0)

2017-12-17

転がるBB-8は苔むさず『スター・ウォーズ/最後のジェダイ(STAR WARS : THE LAST JEDI)』脚本・監督 : ライアン・ジョンソン、デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミル、他

注・内容、台詞に触れています。
スター・ウォーズ/最後のジェダイ
STAR WARS : THE LAST JEDI

脚本・監督 : ライアン・ジョンソン
出演 : デイジー・リドリー
アダム・ドライヴァー
マーク・ハミル

キャリー・フィッシャー
ジョン・ボイエガ
オスカー・アイザック
ドーナル・グリーソン
アンソニー・ダニエルズ
ベニチオ・デル・トロ
ローラ・ダーン
アンディ・サーキス、他

Sw8_1

Memo1
『LOOPER/ルーパー』をオリジナル脚本で撮り上げたライアン・ジョンソン監督ならではの新たなる『スターウォーズ』素晴らしき始まりである。
『フォースの覚醒』はいかにもJ.J.エイブラムス監督という、そつない仕上げで再始動といった引き継ぎと新キャラクターの橋渡し的な意味合いが強かったけれど、本作は過去のさまざまなこと(ルーカス監督の根っこにある価値観、闇と光の二元論的対立構図物語軸など)から脱却していく意志が、とりもなおさず良いのだ。
そもそもがシスとかスノークとか最高指導者とか暗黒卿とかラスボス(裏で操る影の実力者)とか、そのたぐいの話にやや飽き気味だったところもあるので、あっさりスノーク真っ二つの乱暴な持って行き方が、割れたライトセーバーのごとく物語構築を壊していて、そういったところが良いと思ったポイントかも。
故にレイとレン、ふたりの構図(光でも闇でもない、そこに在るだけの何か←何かは判りません。そこは今世紀に作家や映画監督らによって生み出される新たなメンタリティや物語としての何か)以外のファーストオーダーとレジスタンスのダメダメ作戦やグダグダ展開などは、まどろっこしくはあるものの「あぁ、こんなものだろうなぁ。帝国軍のような絶対悪のイメージのない、ファーストオーダーに対しての戦い方は…」とも思いながら見ました。
そういう点では師が弟子に技術などを伝授する形(レイがルークを訪ねていったのは覚醒しつつあると思われるフォースの使い方やジェダイのことを教えてもらうため)も、ほぼ途中放棄に近い形になっている。
(カイロ・レンがファーストオーダーに加わった本当の経緯を知ってしまったことなどもあってのことだが)
さらに終盤。
あっさり燃える(ルーク、一瞬躊躇するがヨーダに落雷一撃)ジェダイの寺院にある古木。中にジェダイについて書かれた書物があったのだが、それだけでも取り出そうとするがヨーダがたしなめる。
(実は、この古書。レイがミレニアム・ファルコン号の中に持ち出していることがラスト近くで判るカットが)

Sw8_3

転がるBB-8は苔むさず
廻る廻る走る走る。
今回も多めに回っています。
ポー・ダメロンに「先に行って準備を」と言われた瞬間、ギュルルルーンと速度をまして走り去るシーンが。
ガンマンよろしく「ふっ」と火を吹き消すようなポーズも(前作踏襲)
「おれ、ファービーちゃうでー」
「おれ、トトロとちゃうでー」
「おれ、たべものちゃうでー。チューバッカさん、食べんといてやー」ポーグ(関西弁)
マズ・カナタの登場シーン(交戦中)。
「労使交渉中」に笑った。
冒頭のハックス将軍とポーのやりとり。
「ハグス」
「ハックスだ」
「ハグス将軍」
「ハックス」
「おちょくっとんのかー、ワレー」(関西弁)とか言い出しそうなコテコテなギャグ(ギャグではないが)
それにしても、やはり見ていて心配になる役の多い「どーなる?ドーナル・グリーソン」
しかも『エクス・マキナ』同様、オスカー・アイザックにいじられてる 笑
フィンとちょっといい感じになる今作登場のローズ。
(あっさり目覚めるフィン含め、このペアブロックはやや、はしょりすぎ感があり、ちょっと惜しい)
ローズがカント・バイトにいた馬のような生物に話しかけている姿を見て思わず想起したのが→「オクジャ?」
そのカント・バイトのカジノで遊興にふける武器商人。
その武器商人からデル・トロ演じる(捜していた人物ではなくパチもんの方のコードブレイカー)DJが盗んだシャトルのホログラム映像に映しだされる取り扱い兵器。
で、見ていくとファーストオーダー、レジスタンス(共和国軍)。どちらにも兵器を売っているというのがいかにも今日的。
この中間部分で搾取する連中が実は全ての元凶であったりするとも思うのだが(そもそもエピソード1で描かれていた「スターウォーズ」「もめ事」の発端は通商問題だ)
前作『フォースの覚醒』でのスノークの台詞。
「カイロ・レンと共にここから離脱せよ」
「今、おこなっている修行を終わらせる」←この意味は?本作でわからなかった…(「カイロ・レンにとっての指導者殺し?スノーク次回作で違う姿で出てきて、これが修行だったのだ、とかないよね?)

Memo2
再会
チューバッカと。
(ハン・ソロのこととかいろいろ話したいことが沢山)
・(ひと通り懐かしく中を見回した後)
R2-D2とミレニアム・ファルコン船内で。
この時にエピソード4での若きレイア姫のホログラム映像を流すシーン。
「ズルいぞ、R2」
C-3POと。
去り際にルークがウィンク。
・そして、ルークとレイア
「髪型を変えたの」
「わかってる」
(『フォースの覚醒』ハン・ソロとの夫婦再会シーンでの「髪型が変わった」「同じジャケットね」に引き続き)
そして、前述マスター・ヨーダとも。
ハン・ソロとだけ再会出来ていなかったり、ポーとレイが前作では会っていなかったりしていることを考えるとエピソード7・PART1とエピソード7・PART2としてもよかったのでは?とも思える。
ラスト。
ルークがカイロ・レンに投げかけた言葉。
「お前の父と同じように私もお前のそばにいる」
また会おう」(See You)
ふたつの太陽。
古代ジェダイ寺院の石の上のルーク。
カント・バイトの厩舎で働いていたフィンたちの逃走の手助けをする少年(テミリ・ブラッグという役名がついている)。
若きルーク・スカイウォーカーと同じように銀河の果てを見上げる。
「オイディプス王の悲劇」「カラマーゾフの兄弟」や「ハムレット」の如きに、父殺しが描かれた『フォースの覚醒』
本作でカイロ・レンは母であるレイアに対しても(祖父ダース・ベイダーに模したマスクをたたき壊し)「私はやりとげます」と言いつつ、最後の瞬間に攻撃のボタンが押せなかった。
その、一瞬の揺れ。
このあたりにもラストに向けていかようにも、もっていける物語軸がある。
(戦争と父権の関連性、および母性と生命や宇宙・惑星との繋がりなど)
さて、エピソード9。エイブラムス監督はどのように締めるのだろうか?

Sw8_2

Memo3
衣装デザインは前作に引き続きマイケル・カプラン
前にも書いたけれど「ブレードランナー」「スタート・レック」「スター・ウォーズ」と全ての衣装を担当したデザイナー。
あのロケ地はどこ?
WHERE WAS STAR WARS: THE LAST JEDI FILMED?
http://www.atlasofwonders.com/2017/10/the-last-jedi-filming-locations.html
Art of the Title記事→『スター・ウォーズ(1977)』タイトルシークエンス・メイキング(手描きのアウトラインなども)とタイトルデザイナーDan Perriへのインタビュー
http://www.artofthetitle.com/title/star-wars/

スター・ウォーズ/最後のジェダイ
公式サイト
http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html

| | トラックバック (0)

«『ローガン・ラッキー(Logan Lucky)』スティーヴン・ソダーバーグ監督、チャニング・テイタム、アダム・ドライヴァー、ダニエル・クレイグ、他