« ベルサイユのばらと宝塚歌劇 | トップページ | 火花散る演技「ゆれる」 »

2006-07-23

チェコ絵本とアニメーションの世界展

京都・プラハ姉妹都市提携10周年記念「チェコ絵本とアニメーションの世界展」が8月3日より美術館「えき」KYOTO(JR KYOTO ISETAN 7F)で開催されます(今年、東京で開かれたものと同内容かは未確認)。本展ではチェコスロヴァキアの公立美術館、旧国営アニメーションスタジオ等の協力により、チェコを代表する作家28名の原画や製作過程の資料、絵本など約 200点によって、20世紀前半から今日までのチェコ絵本の歴史をアニメーション制作と絡めながら紹介します。日本でも人気の高いチャペックや国民的な絵本作家ラダの貴重な原画をはじめ、「チェコの最も美しい本」の絵本部門で受賞した最新作、また、日本未公開のアニメーション映画の上映などもみのがせません。ここまでフライヤーより抜粋。イジー・トゥルンカの作品も見られますよ!

JR KYOTO ISETAN
http://www.wjr-isetan.com/kyoto/floorevent/index_7f.html

メッセージ・フロム・チェコアート チェコへ行こう! 絵本と雑貨とちいさな街めぐり

|

« ベルサイユのばらと宝塚歌劇 | トップページ | 火花散る演技「ゆれる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェコ絵本とアニメーションの世界展:

« ベルサイユのばらと宝塚歌劇 | トップページ | 火花散る演技「ゆれる」 »