« チェコ絵本とアニメーションの世界展 | トップページ | トリコロール 青の愛・白の愛・赤の愛 »

2006-07-24

火花散る演技「ゆれる」

注・物語の構成に触れています。西川美和監督「ゆれる」のプロットを最初聞いた時は「Rashomon Approach」をベースとした物語かと思っていました。しかし、そのあたりのところを西川監督は見事に裏切ってくれて前半かつてのATG系の映画(「遠雷」など‥)を彷彿とさせる映像とリズムで登場人物たちの関係性を巧みに紡いでいきます。そして吊り橋の一件(実際には観客には何も見せていない。よって、この物語には客観的な事実は存在しない)をはさんで、ほぼピッタリ1時間ほど経過したところから法廷を主体としたドラマに変調し、最後のコーダとして約15分間、その後(7年後)、そしてラストワンショットが描かれるという秀逸なオリジナル脚本には、本当に驚かされました(法廷でのカメラ位置も印象的)。また、演じるオダギリジョー、香川照之の火花散る抑制の効いた芝居は見応え十分!!脇を固める伊武雅刀、蟹江敬三、木村祐一(法廷でのモテない話の時は本人の話?かと‥)、新井浩文、真木よう子も素晴らしく今年公開作品中、屈指の一本。

ゆれる
http://www.yureru.com/

ゆれる ゆれる オリジナルサウンドトラック ゆれる

|

« チェコ絵本とアニメーションの世界展 | トップページ | トリコロール 青の愛・白の愛・赤の愛 »

コメント

こんばんは。

ぼくもなぜか『遠雷』を思い出しました。
ということで記念の書き込み。

投稿: えい | 2006-07-24 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/2775809

この記事へのトラックバック一覧です: 火花散る演技「ゆれる」:

» 『ゆれる』 [ラムの大通り]
「ちょっと気が早いけど、 この映画はぼくの上半期邦画の暫定ベストワン!」 ----そりゃ、また大胆な……。 この映画って確か『蛇イチゴ』の監督だよね。 「そう。西川美和。 前作の『蛇イチゴ』を観たとき、 まだ20代の監督がどうしてここまで洞察力に富んだ映画を作れるんだろうって、 それが不思議でならなかったけど、 やはり彼女は本物だったね」 ----と言うことは、今回もその路線? 「うん。最初監督は『次作は優し�... [続きを読む]

受信: 2006-07-24 00:42

» 『ゆれる』 [*Sweet Days*  ~movie,music etc...~]
監督:西川美和 CAST:オダギリジョー、香川照之 他 東京でカメラマンをしている早川猛(オダギリ)は、母の一周忌の為に帰省する。翌日、温厚で優しい兄の稔(香川照之)と幼なじみの智恵子と猛の三人で、幼い頃に兄弟でよく行った蓮美渓谷へ向かう・・・・ 良かったぁ・・・久々にズキュンと来ました。凄く切ないし辛いし。とても痛くて哀しかった・・・・ 格好良くて女にもてて家を出て好きな事をしている弟と、田舎町でそのまま家業を継ぐ冴えない兄の、それぞれの心に渦巻く葛藤。 それはま... [続きを読む]

受信: 2006-07-24 11:14

» ゆれる [シャーロットの涙]
東京で写真家として名を上げている弟の猛(オダギリジョー) 地元で家業のガソリンスタンドを継ぐ兄の稔(香川照之) そして二人の幼なじみの智恵子(真木よう子) この三人をめぐるサスペンス。ただのサスペンスでもない。感情を激しく揺さぶる内面に隠れた何かへの負い目。 段々と兄弟の心が揺らいでいく様が見事に描写されている。 三人で訪れた渓谷。 ここでつり橋から智恵子が落下してしまう。 しかし実際に智恵子�... [続きを読む]

受信: 2006-07-24 20:39

» 「ゆれる」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ゆれる」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *主な出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、蟹江敬三、木村祐一、田口トモロヲ、ピエール瀧 *原案・脚本・監督:西川美和 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブロ..... [続きを読む]

受信: 2006-07-25 16:08

» ゆれる [5125年映画の旅]
オダギリジョー、香川照之主演。 僕はこの二人の出演している作品をすべて観ている訳ではありませんが、 この『ゆれる』は、二人にとってのベストであると断言できます。 とにかくこの二人が素晴しい。 オダギリジョーの事は『仮面ライダークウガ』の頃から知っています....... [続きを読む]

受信: 2006-07-25 21:15

» ゆれる(2006/日本/西川美和) [CINEMANIAX!]
【アミューズCQN@渋谷】 東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛(オダギリジョー)。母の一周忌に久々に帰郷した彼は、そこで父(伊武雅刀)と共にガソリンスタンドを経営する兄・稔(香川照之)と再会する。猛は頑固な父とは折り合いが悪かったが、温厚な稔がいつも2人の間に入り取りなしていた。翌日、兄弟はガソリンスタンドで働く幼なじみの智恵子(真木よう子)と3人で近くの渓谷に足をのばす。ところが、川に架かる細い吊り橋で、智恵子が眼下の渓流へと落下してしまう。その時、そばにいたのは稔ひとりだった... [続きを読む]

受信: 2006-07-25 23:19

» 『ゆれる』 [試写会帰りに]
『ゆれる』試写を観たのは、いつだったろうか。随分前でした。オダギリジョー、香川照之主演という事と、タイトルだけの予備知識で観ました。 ゆれる オリジナルサウンドトラック 覚えているのは、「随分生々しかった」ということ。 久し振りに再会した弟、猛と兄、稔の..... [続きを読む]

受信: 2006-07-26 01:26

» 「ゆれる」心地良い揺れのなか映画の魔法にかかる [soramove]
「ゆれる」★★★★ オダギリジョー、香川照之 主演 西川美和 監督、2006年 眩しいくらいの緑の反射を受けて ゆれる吊り橋。 大いなる自然のなかで、それはあまりに 頼りない。 人の命を預けられるのか不安になる。 くだらないものや実験的な映画を わざ...... [続きを読む]

受信: 2006-07-26 21:53

» 61.ゆれる [レザボアCATs]
深くこころを揺さぶられる、出作の出来映え・・・オダギリジョーは、カッコイイばかりでなく、演技も本当に心に残るものだった。 [続きを読む]

受信: 2006-07-27 00:55

» 映画「ゆれる」 [☆幸せmanpuku日記☆]
東京で写真家として成功した猛(オダギリジョー)は母の一周忌で久しぶりに帰郷し、実家にいる父(伊武雅刀)と兄・稔(香川照之)そして実家のガソリンスタンドで働く幼なじみの智恵子(真木よう子)と再会する。 兄の提案で昔懐かしい渓谷に幼なじみの智恵子と3人で遊びに行くが、吊橋から智恵子が落下してしまう。その時そばにいたのは兄ひとりだった。 事故なのか事件なのか・・・ 人間の微妙な感情に最後まで目が話せないこの映画。�... [続きを読む]

受信: 2006-07-27 06:58

» ゆれる [とにかく、映画好きなもので。]
   東京でカメラマンをやっている猛(オダギリジョー)は、母の一周忌で帰郷する。  兄・稔(香川照之)とは良好な関係を保ちつつも、父とは折り合いが悪い。  久しぶりに幼馴染の智恵子(真木よう子)と渓谷へと向かい、遊びに興じる。    智恵子の....... [続きを読む]

受信: 2006-07-29 18:53

» 【映画】『ゆれる』天使のように繊細に、悪魔のように大胆に [Badlands〜映画・演劇・音楽レビュー〜]
[続きを読む]

受信: 2006-07-31 23:03

» 「ゆれる」でゆれる [Thanksgiving Day]
映画「ゆれる」を観てきました。 ぐらぐらとゆれる吊り橋である事件が起きるんですけど、事件以降の心の「ゆれる」様に、何だか観ているこっちの気持ちもゆれてきちゃいました。 心理的な心の動きを楽しむ映画ですかね。 特に兄弟がいる人が観ると、映画が終わった....... [続きを読む]

受信: 2006-08-01 21:03

» ゆれる [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
東京で写真家として成功している猛は、母の一周忌で久しぶりに帰郷し、兄の稔と兄の下で働いている幼馴染の智恵子の3人で、かつて家族で遊びに行った近くの渓谷に出かけます。智恵子と稔の二人が渓谷にかかった吊橋の上にいた時、智恵子が下の川に転落してしまいます。事故なのか... [続きを読む]

受信: 2006-08-02 22:45

» 「ゆれる」 [映画を中途半端に斬る。]
・・・・吊り橋を渡るまでは、兄弟でした。 ★★★★☆ 原案・監督・脚本:西川美和 主演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、木村祐一、ピエール瀧、田口トモロヲ、蟹江敬三 東京でカメラマンの仕事をする猛は母の一周忌のため帰郷する。真面目な..... [続きを読む]

受信: 2006-08-04 01:33

» 【劇場鑑賞77】ゆれる [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
弟 ―東京の売れっ子カメラマン 兄 ―家業を継いだ独身の男 事故か 殺人か 愛情か 憎しみか あの橋を渡るまでは、兄弟でした。 [続きを読む]

受信: 2006-08-05 01:04

» 「ゆれる」〜香川照之の怪演光る [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 観客の8割はオダギリジョー目当てと思われる女性。満員の京都シネマで、「ゆれる」(西川美和監督)を観た。オダギリジョーは、ぼさぼさのひげ姿だが、ハンサムでセクシーすぎて、男にとっては敵意すら感じる美しさだ。香川照之が兄役を演じる。この兄弟の心のあやが、映....... [続きを読む]

受信: 2006-08-06 19:39

» 【劇場映画】 ゆれる [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔とは良好な関係を保っている。翌日、猛は稔、そして幼馴染の智恵子と渓谷へと向かった。智恵子が見せる「一緒に東京へ行きたい」という態度をはぐらかして、一人で自然へカメラを向ける猛。そんな彼がふと吊橋を見上げた時、橋の上にもめている様子の稔と智恵子がいた。そして次の瞬間、そこには谷底へ落ちた智恵子に混乱する稔の姿だけがあった…。(goo映画より) 久しぶりに凄い映画を見た。 タイトルの「ゆれる」が秀逸。「ゆ... [続きを読む]

受信: 2006-08-06 20:26

» 『ゆれる』 [アンディの日記 シネマ版]
リアル度[:スペード:][:スペード:][:スペード:][:スペード:]      2006/07/08公開  (公式サイト) 緊迫感 [:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]  満足度 [:星:][:星:][:星:][:星:][:星:]  【監督】西川美和 【原案】西川美和 【脚本】西川美和 【出演】 オダギリジョー/香川照之/伊武雅刀/新井浩文/真木よう子/木村祐一/ピエール瀧/田口トモロヲ/蟹江敬三 <ストーリー> 写真家の猛は、母の一周忌で帰郷... [続きを読む]

受信: 2006-08-17 11:25

» 最近、兄弟と言葉を交わしましたか?「ゆれる」 [VIVA!ちどりあし]
あの橋を渡るまでは兄弟でした── その独特のセンスに一目置くくろさんから、「すごくいいよ」と薦められたのは先月のこと。 「大作じゃないし」と侮って行ったら既に満席だったりで、本日ようやく観ることが出来た。 オダジョー×香川照之の「ゆれる」。 <s...... [続きを読む]

受信: 2006-08-18 00:03

» 映画:ゆれる [駒吉の日記]
ゆれる@銀座テアトルシネマ 「兄を取り戻したい」 やっと観れた~!感想は・・・怖いし苦い。 人は時に自分が見たいものだけみる、見たくないものは見なかったことにしたりもする。 自分の身内が人を殺すなんて信じたくない、想像もしたくない。何かの間違いや事故だ... [続きを読む]

受信: 2006-08-18 15:04

» 「 ゆ れ る 」 [共通テーマ]
東京でカメラマンとして活躍する弟。実家に残り、家業と父親の世話に明け暮れる兄。対照的な兄弟、だが二人は互いを尊敬していた、あの事件が起こるまでは…。(「BOOK」データベースより) 『蛇イチゴ』の監督西川美和がオダ... [続きを読む]

受信: 2006-08-22 12:29

» 兄が内に秘めるモノ。弟が内に秘めるモノ。『ゆれる』 [水曜日のシネマ日記]
山梨の実家にあるガソリンスタンドを継いだ兄と、東京に出てカメラマンとして成功した弟の、ある事件をめぐる物語です。 [続きを読む]

受信: 2006-09-03 10:06

» http://cliche.cocolog-nifty.com/cinecliche/2006/09/post_4fd1.html [シネクリシェ]
 兄弟に限らず確執や葛藤といった人間の内面を描く作業は、映画のもっともむずかしいところでしょう。  この作品はそのむずかしい作業にあえて挑み [続きを読む]

受信: 2006-09-13 21:01

» 「ゆれる」(日本 2006年) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
兄弟だからこそ気付いてしまうこともある。 兄弟だからこそ許せないこともある・・・「ゆれる」。 [続きを読む]

受信: 2006-09-17 16:29

» ゆれる [PLANET OF THE BLUE]
夏休みは大作、話題作ばかりだったので、 ミニシアター系の地味なやつが見たいと思い、 ちょうどあってたこの映画を見て見ることに。 原案・脚本・監督  西川 美和 出演  オダギリ ジョー  香川 照之  伊武雅刀  新井 浩文      真木 よう子  木村 佑一  ピエール滝  田口トモロヲ  蟹江 敬三 ストーリー    写真家として成功した猛は、母の葬儀のため、久々に田舎に戻る。    兄の稔は実家のガソリンスタンドを継いでいる。    その兄弟の幼馴染であ... [続きを読む]

受信: 2006-09-19 15:17

» ゆれる(06・日) [no movie no life]
「どうして、俺とお前はこんなに違うの?」 兄と弟。 どこまでも、この映画は兄弟をアシンメトリーに映し続ける。 刑務所の面接室の中、同じ床、同じ設備、しかしその間にはどうしようもないガラスの壁。 山梨で父とともにガソリンスタンドを経営する実直な兄、稔(香川照之... [続きを読む]

受信: 2006-10-04 01:00

» 『ゆれる』 [京の昼寝〜♪]
あの橋を渡るまで、兄弟でした。 ■監督・原案・脚本 西川美和■キャスト オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、蟹江敬三、 木村祐一、田口トモロヲ、ピエール瀧 □オフィシャルサイト  『ゆれる』 母親の一周忌で久々に故郷へ帰るところから物語は始まる。 写真家として活躍する猛(オダギリジョー)の兄で温厚で実直な稔(香川照之)が、猛とも幼馴染の智恵子�... [続きを読む]

受信: 2006-11-14 12:08

» ゆれる [八ちゃんの日常空間]
散々観よう観ようと思いつつ後回しにしてしまった作品です。気が付いたら終わっていました。仕事休んでも横浜映画祭行こうかとも考えたのですが、やってくれて良かったです。 もちろん、オダギリジョーなんかではなく、真木よう子がお目当てですからぁ。... [続きを読む]

受信: 2007-01-16 23:53

» 奪うもの、奪われるもの。~「ゆれる」~ [ペパーミントの魔術師]
いやもう、どんだけ待ち焦がれたかって。(笑) これだけはスクリーンで絶対見ようと思っててやっと行ってきました。 ゆれるオダギリジョー 西川美和 香川照之 バンダイビジュアル 2007-02-23売り上げランキング : 83Amazonで詳しく見るby G-Tools あのですね・・・..... [続きを読む]

受信: 2007-01-25 23:41

» 「ゆれる」 浜田省吾「MONEY」 [『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記]
内館牧子のTVドラマで、女姉妹のドロドロした関係を見ては、「姉妹ってのはヤダね〜。嫉妬深いね〜。えげつないね〜。」などと他人事のように楽しんでましたが、それは気づかないフリをしてるだけでした。 男兄弟も、同じなのに・・・。 法事で親戚の子を膝の上に乗せて見事にあやすシーン(弟:オダジョーの方は、7年してもすぐ子供に馴染まれないキャラ)や、洗濯物をおっちんしてたたむ後姿に、兄:香川照之シンクロ率が高くなってきたとこ... [続きを読む]

受信: 2007-02-10 22:35

» ゆれる [Akira's VOICE]
揺れるよ揺れる,どこまでも・・・ [続きを読む]

受信: 2007-02-28 12:52

» 「ゆれる」 [やまたくの音吐朗々Diary]
ワーナーマイカル(板橋)のアンコールシネマにて、見逃していた2006年話題の邦画「ゆれる」を観賞。監督は西川美和。出演はオダギリジョー、香川照之、真木よう子ほか。東京で活躍しているカメラマンの猛は、母の一周忌で帰省する。彼は実家のガソリンスタンドを継いだ兄の稔や、... [続きを読む]

受信: 2007-03-01 09:10

» 映画レビュー#41「ゆれる」 [Production Rif-Raf]
基本情報 「ゆれる」(2006、日本) 監督:西川美和(蛇イチゴ) 脚本:西川美和 制作:熊谷喜一 企画:是枝裕和 出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、真木よう子、新井浩文、蟹江敬三、木村祐一、田口トモロヲ 2006カンヌ国際映画祭監督週間正式出品作品 公式サイ..... [続きを読む]

受信: 2007-03-06 00:36

» 奪うもの、奪われるもの。~「ゆれる」~ [ペパーミントの魔術師]
いやもう、どんだけ待ち焦がれたかって。(笑) これだけはスクリーンで絶対見ようと思っててやっと行ってきました。 ゆれるオダギリジョー 西川美和 香川照之 バンダイビジュアル 2007-02-23売り上げランキング : 83Amazonで詳しく見るby G-Tools あのですね・・・..... [続きを読む]

受信: 2007-03-16 16:47

« チェコ絵本とアニメーションの世界展 | トップページ | トリコロール 青の愛・白の愛・赤の愛 »