« 川崎和男さんの記事 | トップページ | 魅惑という名の衣装 ハリウッドコスチュームデザイナー史 »

2009-05-29

「村上春樹・1Q84」と「存在の耐えられない軽さ」

注・「1Q84」に少し触れています。

村上春樹さんの話題の新刊「1Q84」の冒頭にチェコの作曲家ヤナーチェック(ヤナーチェクがよく使われている表記ですが小説内表記はヤナーチェック、以下ヤナーチェックで表記、)の事が出てきますが、すぐに思い出されるのは映画「存在の耐えられない軽さ」(原作はミラン・クンデラ、監督はフィリップ・カウフマン)。
サントラの音楽表記は別の方ですが全編に使われていたのがヤナーチェックの曲でした。
1968年、激動のプラハを舞台にした脳外科医トマシュ(ダニエル・デイ・ルイス)とテレサ(ジュリエット・ビノシュ)、サビーナ(レナ・オリン)の3人を描いた映画で印象的だったのが、このヤナーチェックの曲でした。

※MEMO
小説で書かれているのはヤナーチェック「シンフォニエッタ」の冒頭部分(ちなみに「1Q84」内で指揮者が書かれていたのは小澤征爾Book2_34Pとジョージ・セルBook1_202PBook2_61P )





|

« 川崎和男さんの記事 | トップページ | 魅惑という名の衣装 ハリウッドコスチュームデザイナー史 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/29847841

この記事へのトラックバック一覧です: 「村上春樹・1Q84」と「存在の耐えられない軽さ」:

« 川崎和男さんの記事 | トップページ | 魅惑という名の衣装 ハリウッドコスチュームデザイナー史 »