« ケ・セラ・セラ 『あの夏の子供たち』 | トップページ | 『ぼくのエリ 200歳の少女』 »

2010-07-12

『借りぐらしのアリエッティ』宮崎駿脚本、米林宏昌監督

注・内容、少しラストに触れています。
主題歌を歌うセシル・コルベルのミニライヴ、監督らの舞台挨拶付き試写会(7月2日大阪)で『借りぐらしのアリエッティ』(脚本・宮崎駿、監督・米林宏昌)を見た。

ぼくは、あの年の夏、
母の育った古い屋敷で
一週間だけ過ごした。
そこでぼくは
母の言っていた小人の少女に
出会ったー
人間に見られてはいけない
それが床下の小人たちの掟だった。
(フライヤー、コピーより)


物語・床下で暮らす小人、14歳の少女アリエッティ(志田未来)とその家族(父・ポッド=三浦友和、母・ホミリー=大竹しのぶ)は床上の屋敷の住人(貞子=竹下景子、ハル=樹木希林)から水や食べ物やティッシュや角砂糖を気づかれないほどの量を少しずつ借りて生活していた。そんなある日、病気療養のため12歳の少年、翔(神木隆之介)が屋敷へやってくる。

最初は小人たちの暮らしぶり、続いて翔とアリエッティが出会ってからは二人を軸に(志田未来、神木隆之介のふたりのボイスキャストの上手さ)、最後はお手伝いさんのハルさんに見つかってしまってからの展開と大凡3パートで構成されている。若干、最後のパートが悪者(一概には言えないとして)をハルさん一人に負わせてしまって物語の引力が弱くなるが全体的に夏のそよ風のような佳品といった趣でいいなぁ。小人が主人公だけに、あるもの全てが巨大。地下から一階へ移動するのも大冒険(狩り=借り?、とよんでいる)。テーブルからの昇り降りもひと仕事。ティッシュペーパーを引っ張り出すのも合図を送って二人がかり。聞こえてくる音も大きい(本当はもっと大きく聞こえているかもしれない)。寝ている翔に見つかった時の「怖がらなくていいよ」も、そんな大きな音として響く(この時のティッシュペーパー越しにシルエットになるアリエッティの描写、好きだなぁ。ときめきとはじらいとほんの少しのなまめかしさと)。少しずつ心通わせていく翔とアリエッティ(途中、残酷なフレーズをはさみつつ)、そして新しい借りぐらしの地へ移らざるをえなくなるアリエッティとの別れ(翔の指にアリエッティのおでこ、そしてポロポロ涙を落としながら立ち去る、の流れもよかった)。

Karigurashi

MEMO1
冒頭、アリエッティがハーブを頭に乗せて家まで走っていくシーンの動きはポニョが荒れた海の波の上を走るシーンと被る。この足の動きやスカートのふくらませ方はジブリ的伝統?
宮崎駿監督がインタビューで翔とアリエッティ、ふたりの描き方について「トーマの心臓」(なるほど!禁断の愛!!)の事を引き合いに出していました。

MEMO2
セシル・コルベルのミニライヴはカラオケではなくチェロ、バイオリン、アコースティックギターなどの6人編成のバンドと本人のケルティックハープを加えての本格的なものでした。曲目はオープニングに使われている『荒れた庭 The Neglected Garden』と主題歌『Arrietty's Song 』。生のハープの音とコルベルさんの声の響き、美しかった。

MEMO3
借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展
2010年7月17日より、スタジオジブリの新作映画『借りぐらしのアリエッティ』と同日公開される展覧会『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』。『キル・ビルVol.1』『ザ・マジックアワー』など多数の話題作を手がけ、今最も注目される映画美術監督・種田陽平が、東京都現代美術館の1200㎡を超える展示室に『借りぐらしのアリエッティ』の巨大なセットを創ります。(プレスより)

追記(2011_06_15)
現在、愛媛県美術館で巡回展が行われています(2011年6月12日まで)。その後7月より兵庫県立美術館に巡回。

借りぐらしのアリエッティ 公式サイト
http://www.karigurashi.jp/index.html

借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展
http://www.ntv.co.jp/karigurashi/

東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/

Taneda

[「アリエッティ」の洗濯ばさみ付]借りぐらしのアリエッティ [Blu-ray]

[「アリエッティ」の洗濯ばさみ付]借りぐらしのアリエッティ [DVD]


Arrietty's Song(借りぐらしのアリエッティ・主題歌)

借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック

SongBooK vol.2(国内盤限定ボーナストラック収録)

|

« ケ・セラ・セラ 『あの夏の子供たち』 | トップページ | 『ぼくのエリ 200歳の少女』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/35728997

この記事へのトラックバック一覧です: 『借りぐらしのアリエッティ』宮崎駿脚本、米林宏昌監督:

» 借りぐらしのアリエッティ [LOVE Cinemas 調布]
原作はメアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」。とある古い家の床下にすむ小人の一家と人間の少年との交流を描いたファンタジーアニメーションだ。企画・脚本を宮崎駿が担当し、監督は数々のジブリ作品の原画を担当してきた米林宏昌が務めている。西友は主人公アリエッティを志田未来、人間の少年・翔を神木隆之介が演じ、他にも大竹しのぶ、三浦友和、樹木希林らが出演している。... [続きを読む]

受信: 2010-07-12 23:31

» 映画「借りぐらしのアリエッティ」@ヤクル... [masalaの辛口映画館]
 試写会の主権はラジオ日本「イエスタディ・ポップス・ウィズ・シネマダイアリー」さんだ。映画上映前にスポンサー様提供商品の抽選会が行われた。客入りは7~8割くらい。   ... [続きを読む]

受信: 2010-07-13 00:41

» 借りぐらしのアリエッティ (試写会) [風に吹かれて]
髪留めがかわいい公式サイト http://www.karigurashi.jp原作: 床下の小人たち (メアリー・ノートン著)声の出演: アリエッティ  志田未来        翔       神木隆 [続きを読む]

受信: 2010-07-13 06:23

» 借りぐらしのアリエッティ [あーうぃ だにぇっと]
7月8日(木)@ヤクルトホールで鑑賞。 ラジオ日本イエスタデイ・ポップスの試写会。 ラジオ日本はその昔ラジオ関東といって、湯川恵子がアメリカントップフォーティーをオンエアーしていた。 実に入りの悪いラジオ局(笑)で、雑音交じりのD.J.を一所懸命に聞いていたものだ。 そんな古い縁のあるラジオ局だが、とんと試写会にはご招待いただけない。 アリエッティは人気作だと思うが、滅多に当らない試写に当って嬉しかった。... [続きを読む]

受信: 2010-07-13 06:50

» 借りぐらしのアリエッティ [うろうろ日記]
試写会で見ました。宮崎アニメ(脚本だけだけど)の新作ということで、ポニョよりも前 [続きを読む]

受信: 2010-07-13 21:19

» 『借りぐらしのアリエッティ』 [ラムの大通り]
----これってジブリ の新作だよね。 監督の米林宏昌って初めて聞く名だけど…。 「そうだね。彼はジブリ最年少、37歳の監督。 『崖の上のポニョ』でフジモトの部屋から金の水魚に乗って 地上にやってくる一連のシーンを描き、 宮崎駿をうならせたらしい。 その宮崎駿は、今回、脚本と設定を担当。 それを基に、キャラクターを設定し、絵コンテを完成させたのだとか…」 ----で、単刀直入に聞くけど、映画はどうだった? 「まずオープニング。 ここを観た瞬間、ぼくは『耳をすませば』を思い出した。 それって、あながち... [続きを読む]

受信: 2010-07-13 21:27

» 借りぐらしのアリエッティ [そーれりぽーと]
“とりあえず”ジブリなので『借りぐらしのアリエッティ』を観てきました。 ★★★ 美しい緑が映えまくる外、家の中の家具、小人の世界のギミックな構造と書き込まれた世界が素晴らく、音楽と相まっていつものジブリ以上に癒し系。 ベテラン役者揃いの声もいつも以上になかなかはまっててイイ。 ストーリーに特出したところは無いんだけど、監督が宮崎駿じゃないせいかひと騒動展開があっても気持ちがかき乱される事はなく、のんびりほっこり観ることができたところが新鮮。 物足りないと感じる方も居るかもしれないけど、俺はごちゃ... [続きを読む]

受信: 2010-07-17 13:53

» 借りぐらしのアリエッティ [Akira's VOICE]
飽きのこない「あっさり爽やか味」   [続きを読む]

受信: 2010-07-17 19:04

» 映画 『借りぐらしのアリエッティ』 [アニメって本当に面白いですね。]
借りぐらしのアリエッティ   お勧め度:普通   [ファンタジー ジブリ]   7月17日(土)全国ロードショー   原作 : メアリー・ノートン   監督 : 米林宏昌   脚本 : 宮崎駿   アニメ制作 : スタジオジブリ   http://karigurashi.jp/ ...... [続きを読む]

受信: 2010-07-17 20:46

» 借りぐらしのアリエッティ [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  アニメ  監督:米林宏昌  出演:(声の出演)      志田未来      神木隆之介      大竹しのぶ 【物語】  古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から 借りてくる借りぐらしの小人たち。 そんな小人一家の14歳、アリエ...... [続きを読む]

受信: 2010-07-18 00:18

» 映画<借りぐらしのアリエッティ> [美味−BIMI−]
早速見て来ましたよ〜! ジブリ映画<借りぐらしのアリエッティ>! ぼくは、あの年の夏、 母の育った古い屋敷で、一週間だけ過ごした。 そこでぼくは、 母の言っていた小人の少女に出会った――。 人間に見られてはいけない。 それが床下の小人たちの掟だった。 イギリスのメアリー・ノートンの「床下の小人たち」を基に、 古い家の台所の下に暮らす小人一家の物語が展開するジブリ・アニメ。 日本語版は「小人の冒険シリーズ」として、岩波書店から発行され... [続きを読む]

受信: 2010-07-18 02:01

» 「借りぐらしのアリエッティ」:小滝橋車庫前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}忘れ物があったら、こういう遺失物取扱所に来れば見つかるかもな。 {/hiyo_en2/}角砂糖ひとつでも? {/kaeru_en4/}角砂糖ひとつじゃあ、忘れ物にはならないだろう。 {/hiyo_en2/}ところが、忘れ物だと思った男の子がいるのよ。 {/kaeru_en4/}「借りぐらしのアリエッティ」に出てくる病弱な男の子だな。 {/hiyo_en2/}そう、こんどのジブリ映画は、古い屋敷にやってきた男の子と、その家の床下に住む背丈10センチほどの小人の女の子の物語。... [続きを読む]

受信: 2010-07-18 18:48

» 『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか? [映画のブログ]
 ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと... [続きを読む]

受信: 2010-07-18 20:43

» 借りぐらしのアリエッティ [だらだら無気力ブログ]
メアリー・ノートンの小説『床下の小人たち』を原作に、スタジオ・ジブリ の宮崎駿が脚本を書き、長らくジブリ作品に関わってきた米林宏昌を初監督に 抜擢し、舞台をイギリスから日本に設定移し、人間の少年と小人の少女・ アリエッティとのある夏の数日間の出会いと別れを..... [続きを読む]

受信: 2010-07-18 21:06

» 「借りぐらしのアリエッティ 」生存競争の先にみたアリエッティとの共存に理解した少年と理解なきおばさん [オールマイティにコメンテート]
7月17日公開の映画「借りぐらしのアリエッティ 」を鑑賞した。 この映画はスタジオジブリ最新作品で、 家の下に暮らす小人たちが人間に見つからないように 食料などを借りながら暮らしていたが ある日少年にみつかり引っ越さなければならなくなり 生存を掛けて生き抜...... [続きを読む]

受信: 2010-07-18 23:31

» 『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会@東京国際フォーラムホールC [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『借りぐらしのアリエッティ』舞台挨拶2@TOHOシネマズスカラ座&「借りぐらしのアリエッティ種田陽平展」企画・脚本:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」東京国際フォーラムホールCで行われたスタジオジブリ最新作『借りぐらしのアリエッ....... [続きを読む]

受信: 2010-07-19 11:54

» 「借りぐらしのアリエッティ」 小さな小さなアリエッティが持つ大きな大きな生命力 [はらやんの映画徒然草]
スタジオの名前自体がブランドと化しているアニメーションスタジオが日米にそれぞれあ [続きを読む]

受信: 2010-07-19 19:35

» 借りぐらしのアリエッティ/志田未来、神木隆之介 [カノンな日々]
スタジオジブリの待望の最新作です。メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原案にした物語の舞台を1950年代の英国から日本へとアレンジして描いたファンタジー・ムービーです。監督はこれが劇場長編デビュー作となる米林宏昌さん。スタジオジブリの次世代を担う....... [続きを読む]

受信: 2010-07-19 22:28

» 『借りぐらしのアリエッティ』・・・夏の草花、角砂糖・・・そしてノイチゴの実 [SOARのパストラーレ♪]
深い緑と色鮮やかな夏の草花たちが織り成す美しい風景、そしてそこに息づくジブリらしい表情豊かなキャラクターたち。ストーリーに特別なインパクトはないものの、こじんまりとまとまった愛らしく優しい作風はとても心地よかった。... [続きを読む]

受信: 2010-07-19 23:49

» 借りぐらしのアリエッティ [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:夏映画、気になるのは? 参加中 試写会に招待して頂きました。 前回のスタジオ・ジブリ作品「崖の上のポニョ 」が 全く肌に合わなかったので、 観に行かないつもりだったのですが、 せっかくご招待して頂いたので。 監督は宮崎駿さんじゃないんですよね... [続きを読む]

受信: 2010-07-20 15:17

» [映画『借りぐらしのアリエッティ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆宮崎監督ではないジブリ作品だ。  実は、あまり興味がなく、文句をつけようとして観に行った。  翻って、昨今のジブリ作品の低評価の原因とされる、最近の宮崎駿の支離滅裂さが、実は、どんなに素晴らしいものであるかを私は語ろうと思っていたのだ。 「ポニョを出せ! この野郎!」「宮崎が亡くなったら、ジブリはピクサーに勝てないぞ!」と言おうと思っていた。    ◇  ・・・しかし、『アリエッティ』、とても面白かった。  先ず、最初から30分ほどが、私的には「神映像」であった。  先ず、色彩豊かな... [続きを読む]

受信: 2010-07-20 22:51

» 『借りぐらしのアリエッティ』(2010) [【徒然なるままに・・・】]
スタジオジブリの最新作で、原作はメアリー・ノートンの『床下の小人たち』。 初日初回での鑑賞となったが、客の入りは小さなスクリーンなら6割程度というところ。実際は一番大きなスクリーンを宛がわれていたので、ガラガラという方が近い。 絵が綺麗で、音楽も美しい。 上映時間も1時間半程度でテンポ良く進み、いいムードの中で終わる。 ――でもそれだけ。 モデルは東京の小金井市だそうだが、イギリスの小説をわざわざ日本を舞台に置き換えて作る理由が良くわからない。実写ならいざ知らずアニメなんだから... [続きを読む]

受信: 2010-07-21 08:12

» 『借りぐらしのアリエッティ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7月19日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  宮崎さんはこの作品の出来映えに納得されたのだろうか・・・。  本当に鈴木プロデューサーは『崖の上のポニョ』超えを狙っているのだろうか・・... [続きを読む]

受信: 2010-07-22 12:38

» 借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers) [yanajun]
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めました。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010-07-22 13:55

» 映画「借りぐらしのアリエッティ」童話の本を開いてみると [soramove]
「借りぐらしのアリエッティ」★★★★ 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林 声の出演 米林宏昌監督、94分 、2010年7月17日公開、2010,日本,東宝 (原題:原作・床下の小人たち )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「ジブリ作品は最初から高いハードルが目の前にあり、 見る側もそれ相当の「何か」を求めて劇場へ行く、 いまひとつ、という感想を聞いてい... [続きを読む]

受信: 2010-07-22 21:03

» 借りぐらしのアリエッティ・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
二十一世紀に入ってからのジブリ作品で、一番好きかも。 タイトルロールの「借りぐらしのアリエッティ」は、古い屋敷の床下にひっそりと暮ら... [続きを読む]

受信: 2010-07-22 22:09

» 映画:借りぐらしのアリエッティ 今、この物語を映画化する「意味」とは。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
当ブログでは、通常ネタバレしないように最大の配慮をしているつもり。 なのだが、今回に限ってはラストにふれることで、この映画の価値について論述したいので、あらかじめ。 【以下、ネタバレ】 ラスト、主人公アリエッテイは、生まれた時から住み続けた借りぐらししてきた家から追われる。 家族とともに、様々な敵からなんとか身を守りながら、次の住家を探す放浪の旅へ。 この仮ぐらしの種族自体が「絶滅」に向かっており、明るい希望は持てない。 それを見送る少年、翔 のこれからも、決して明るくはない。 健康状態はお... [続きを読む]

受信: 2010-07-23 02:10

» 角砂糖で捕まえてはいけない。(違)~「借りぐらしのアリエッティ」~ [ペパーミントの魔術師]
人間に見られてはいけない・・・って いきなり見られとるやんけ。(笑) Agehaはもう妖精とか小人とかこういうファンタジーは むっちゃ大好きなんで もうこの世界観からしてメロメロなんですね。 トトロを思い出すかのような自然にかこまれた空気のええとこで 美しいガーデ..... [続きを読む]

受信: 2010-07-23 02:13

» [映画][2010年]借りぐらしのアリエッティ(米林宏昌) [タニプロダクション]
T-JOY 大泉 借りぐらしのアリエッティ 日本映画 監督:米林宏昌 企画・脚本:宮崎駿 脚本:丹羽圭子 声の出演:志田未来 神木隆之介 藤原竜也 竹下景子 大竹しのぶ 三浦友和 樹木希林他 原作:メアリー・ノートン 音楽:セシル・コルベル プロデューサー:鈴木敏夫 ... [続きを読む]

受信: 2010-07-24 05:25

» シネマ『借りぐらしのアリエッティ』を観て [マダムNの覚書]
映画「借りぐらしのアリエッティ」を観た感想です。 [続きを読む]

受信: 2010-07-24 05:51

» ジブリらしいヒロインが帰ってきた!『借りぐらしのアリエッティ』 [水曜日のシネマ日記]
スタジオ・ジブリの最新アニメ映画。古い家の床下に暮らす小人一家と人間との関係を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2010-07-25 10:18

» 「借りぐらしのアリエッティ」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 スタジオジブリ待望の最新作は、ロンドン出身の女流作家メアリー・ノートン「床下の小人たち」原作。心臓に病を持つ12歳の少年・翔が、病気療養のために訪れた母の育った屋敷で... [続きを読む]

受信: 2010-07-26 21:10

» 借りぐらしのアリエッティ [映画的・絵画的・音楽的]
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。  アリエッティは両親と一緒に暮らしています。  彼ら小人たちは、家の床下に自分たちの住居をこしらえ、ただ電気とか水道、食物などは、人間のものを少しだけ“借りて”います(それで「借りぐらし」なわけです。とはいえ、むろん返すことはありませんから、... [続きを読む]

受信: 2010-08-05 06:23

» 借りぐらしのアリエッティ [eclipse的な独り言]
もう、たまんねぇ。かわいいなあ、アリエッティ。ロリ●ンの気持ちがわかります・・・(嘘&その分野だけは苦手) [続きを読む]

受信: 2010-08-06 18:47

» アリエッティをミルエッティ! [Lemon Tea のマイブーム]
何だかんだ言って ジブリ作品は観ておこう。 ってことで観てきましたよ。 『借りぐらしのアリエッティ』 今回、ジブリ作品では珍しく? 壮大なシーンはありませんね。 どちらかと言えば地味?シンプルです。 しかし描写や色彩はジブリ!って感じです。ね... [続きを読む]

受信: 2010-08-09 01:06

» 借りぐらしのアリエッティ [eclipse的な独り言]
もう、たまんねぇ。かわいいなあ、アリエッティ。ロリ●ンの気持ちがわかります・・・(嘘&その分野だけは苦手) [続きを読む]

受信: 2010-08-09 06:30

» 『借りぐらしのアリエッティ』 The Borrower Arrietty |称賛の言葉しか出ません [23:30の雑記帳]
CG、VFXを駆使したハリウッド映画などで、 人間が高所から飛び降りたりしても特に何も 感じないのに、ジブリアニメで人が落ちそうに なるのを観ると本当にハラハラする。 実写映画と比べ、水はより水っぽく、 食物はより美味しそうで、風はより吹きつける。 ジ...... [続きを読む]

受信: 2010-08-10 12:19

» 借りぐらしのアリエッティ [銀幕大帝α]
10年/日本/94分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開 監督:米林宏昌 プロデューサー:鈴木敏夫 企画:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン『床下の小人たち』 脚本:宮崎駿 主題歌:セシル・コルベル『Arriettys Song』 声の出演:志田未来、神木隆之介、大竹...... [続きを読む]

受信: 2011-06-19 01:23

» 借りぐらしのアリエッティ [RISING STEEL]
借りぐらしのアリエッティ 病を患い手術を控えた少年ショウは療養のために山中の屋敷でひと夏を過ごすことに。 そこで彼は小人の少女アリエッティを目撃する。 人間に決して姿を見られてはならないの...... [続きを読む]

受信: 2011-12-12 23:36

» 借りぐらしのアリエッティ [単館系]
メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原作 アニメ制作はご存知スタジオジブリ 主演ふたりはドラマ探偵学園Q以来の共演かな? 志田未来さんと神木隆之介さんはは昨日NHKでやってい...... [続きを読む]

受信: 2011-12-16 21:48

» 別館の予備(感想217作目 借りぐらしのアリエッティ) [スポーツ瓦版]
4月21日 借りぐらしのアリエッティ 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11229412326/88d4dd76 [続きを読む]

受信: 2012-04-22 22:40

« ケ・セラ・セラ 『あの夏の子供たち』 | トップページ | 『ぼくのエリ 200歳の少女』 »