« 助けを借りたいときは、いつでも言ってくれ。『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』 | トップページ | 映画本3冊 >> ウディ・アレンの映画術、パワー・オブ・フィルム~名画の法則~、英国コメディ映画の黄金時代 »

2010-08-23

原恵一・監督 『カラフル』

※注・内容、各重要なシーンに触れています。鑑賞後に御覧ください。「おめでとうございます。クジにあたりました」森絵都の同名小説を『クレヨンしんちゃん アッパレ!戦国大合戦』『河童のクゥと夏休み』の原恵一監督が映画化『カラフル』。今作は今までの手法をさらに推し進めた真っ向勝負の傑作。実写のようなアニメーションと言われているが実はアニメだからこそできる細かな演出が配されている。声優に『河童のクゥと夏休み』でクゥの声を演じた富澤風斗、プラプラにまいける麻生久美子宮崎あおい南明奈高橋克実ほか。

物語・天上界と外界の中間点で「クジにあたりました」と天使らしきプラプラという少年から声をかけられ大きな罪を犯したという“魂”がホームステイすることになったのは、友だちもいない成績も冴えない放課後に絵を描くことだけが好きという小林真という少年だった(実は何かが原因で自殺したらしい)。そして見知らぬ他人の家で家族のこと、学校でのいろいろな事実を知っていく。さらに…。

Colorful_1

MEMO1・各シーン
それぞれ食べ物に対応
父親 > ラーメン
母親 > ケチャップ味のハンバーグ
ひろか > うまい棒・牛タン塩味
佐野唱子 > お菓子いろいろ
早乙女君 > 肉まんとチキン
家族四人で > お鍋

母親の手、ハンバーグをこねる手
バターを塗る手、
シーツの上を動く手(指輪をしている)
真が母親の食事を拒否する理由。
つらくあたる真。
追い詰められていく母親。
灯油を入れていて、
いっぱいになっているのに気づかず
溢れ出すシーンは緊張感が漂っていた。

いつも美術部でもないのに現れる、ひろか
真の絵を見てシガレットチョコや
「秘密」という駄菓子屋にだけ売っているという
うまい棒・牛タン塩味を渡してくれる。
その、ほのかを援交で入ろうとする
ラブホテルから連れ去り二子玉川の町を疾走する。
このシーンの開放感。
(そして最後の方でひろかへ助言する
真のシーンがあります。
ここはまさに核の部分、いいですよ~)

「一緒に並んで歩ける友だちがいるだけで
どんなに幸せか」

肉まんとチキン、コンビニの前
「ごめんそうろう」に靴を買いに行ったお礼にと
チキンを渡す真。
じゃ、と、肉まんを分けて
さりげなく大きい方を渡す早乙女君。
ささやかな幸せ

そして真がポロポロと涙を流して
訴えかける「ほんとうの気持ち」の吐露
家族の気持ちも知る。
テイッシュ父の細かい演出

Last
自転車で並んで走る真と早乙女君。
その真のダウンジャケット
父親と釣り(水の表現の美しさ)に行く時に
母親が寒くないようにと
買ってくれたもの(釣りの際は、まったく着ていない)
その釣りの帰りに父親とラーメン。
坂道を駆け上がる真と早乙女君。

そして、
真にホームステイしていた「魂」は気付く…
自分は誰なのかを…
屋上で。
プラプラの台詞
「たかだか数十年の人生、
でも生きてるっていいもんですね」


エンディングテーマ「青空」

※追記
兄のシーン、佐野唱子(喋り方や目線など、
ここにも細かい演出が)のシーンも
いいシーンがいっぱいありますよ~

MEMO2
笑ってしまった台詞
いきなり名前を間違える真に
「パラパラでもペラペラでもない、プラプラや」

※追記
プラプラの得意技
頭からの体当たり。
(これも結構ウケてましたw)

MEMO3
実写をそのまま使ったシーンが1カットもない
早乙女君に付き合って玉電の跡を歩いていくシーン
白黒の写真かと思いきや実は絵!
ここで「風」(はしだのりひことシューベルツ)は
琴線に触れすぎる~
(『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ! オトナ帝国の逆襲』での
「今日までそして明日から」!)

映画『カラフル』公式サイト
http://colorful-movie.jp/index.html

カラフル 【完全生産限定版】 [Blu-ray & DVDセット]

カラフル 【通常版】 [Blu-ray]

カラフル [DVD]

カラフル 原恵一 絵コンテ集


Colorful オリジナル・サウンドトラック

カラフル (文春文庫)

河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]

|

« 助けを借りたいときは、いつでも言ってくれ。『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』 | トップページ | 映画本3冊 >> ウディ・アレンの映画術、パワー・オブ・フィルム~名画の法則~、英国コメディ映画の黄金時代 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/36310713

この記事へのトラックバック一覧です: 原恵一・監督 『カラフル』:

» カラフル [LOVE Cinemas 調布]
直木賞作家・森絵都のベストセラー小説のアニメ化。罪を犯した魂が抽選に当たり、自殺した少年の体を借りて現世にホームステイするというファンタジードラマ。監督は『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』の原恵一。声の出演は宮崎あおい、麻生久美子、高橋克実、南明奈といった人気俳優が揃う。思春期の少年の正直な想いが綴られている。... [続きを読む]

受信: 2010-08-23 02:35

» カラフル [あーうぃ だにぇっと]
8月1日(日)@よみうりホールで鑑賞。 休みの日の試写会だから当てたかったが外れた。 まあ、いっかってことであきらめていたら、rose_chocolatさんから嬉しいお誘いがあり、急遽行って参りました。 rose_chocolatさんありがとうございました。 それにしても、暑い日が続きます。 映画の観過ぎ、遊び過ぎで体調を崩さないよう注意が肝要であります。(笑)... [続きを読む]

受信: 2010-08-23 12:03

» 劇場鑑賞「カラフル」 [日々“是”精進!]
「Colorfulカラフル」を鑑賞してきました森絵都の名作児童文学を「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」「河童のクゥと夏休み」の原恵一監督でアニメ映画化した... [続きを読む]

受信: 2010-08-23 12:31

» カラフル [欧風]
日曜日はポケモンスタンプラリーをやって、夜は川崎にサッカーを観に行っていたが、実はその間に試写会もあったという忙しい日だった(^_^;)。 試写会が3時 [続きを読む]

受信: 2010-08-23 19:27

» 『カラフル』・・・“生きてる?”from P [SOARのパストラーレ♪]
待望の原恵一監督最新作! なんだかんだ言ってこの夏私が一番楽しみにしていたのが本作『カラフル』である。温かさに優しさ、そして時には残酷さをも容赦なく描きあげる原テイストは今回も如何なく発揮されていた。 あ~やっぱり原監督の世界はいいなあ。今のところ私にとって最も相性のよいアニメ監督はやはり原恵一監督のようだ。 (ちなみに森絵都の原作は半年ほど前に読了)... [続きを読む]

受信: 2010-08-23 22:10

» 『カラフル』(2010年・原恵一監督版) [ラムの大通り]
----これと同じタイトルの映画って、以前にもなかった? 確か、そのときは実写だったような…。 「うん。中原俊監督版だね。 それを、その年のぼくのベストワンでもある『河童のクゥと夏休み』を監督した原恵一が 手掛けるというんだから、 これは期待するなという方が無理」 ----でも、期待しすぎてがっかりというのもよくあるよね。 「いやあ、そこを言うなら、 この監督ほど期待を裏切らない監督もいない。 ぼくの原恵一至上主義は、しばらく続きそうだね」 ----どういうところがいいの? 「物語について語るのは野... [続きを読む]

受信: 2010-08-23 22:37

» 映画レビュー「カラフル」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
Colorful オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆もう一度世界を見つめ直した少年の心の旅。ファンタジーとリアルが絶妙にブレンドされている。 【70点】 罪を犯して輪廻できない魂のぼくに天使らしき存在のプラプラが話しかけた。「抽選に当たりま....... [続きを読む]

受信: 2010-08-23 23:49

» カラフル [だらだら無気力ブログ]
森絵都の名作児童文学を『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ 帝国の逆襲』『河童のクゥと夏休み』の原恵一監督でアニメ映画化した感動 ファンタジー・ドラマ。死んだはずの主人公が天使から再挑戦のチャンスを もらい、自殺した少年の体を借りてその家族や周…... [続きを読む]

受信: 2010-08-24 01:49

» カラフル・・・・・1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
原恵一監督の最新作「カラフル」は、ファンタジーの形で魂の再生を描いたホームドラマ。 制作は「ガンダム」などで知られるサンライズで、同... [続きを読む]

受信: 2010-08-24 23:09

» 『Colorful カラフル』 [・*・ etoile ・*・]
'10.08.01 『Colorful カラフル』(試写会)@よみうりホール yaplogで当選! いつもありがとうございます。普段アニメ映画ってジブリも含めてあまり見ない。苦手ということはないんだけど、なんでかな… 見てみようと思ったのは、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦』の原恵一監督だったから。 *ネタバレありです! 「亡くなってあの世に向かう列に並ぶボクは、プラプラと名乗る少年に呼び止められる。抽選に当たったので、もう一度下界に戻るチャンスを与えると言う。ボクに与え... [続きを読む]

受信: 2010-08-25 01:31

» カラフル [Akira's VOICE]
十人十色の輝き。   [続きを読む]

受信: 2010-08-25 11:06

» 【映画評】カラフル [未完の映画評]
生まれ変わって新しい身体を手に入れた〈ぼく〉の魂が、友情を育む中で成長していく姿、彼の家族の再生を描いた青春ファンタジー。 [続きを読む]

受信: 2010-08-27 00:37

» カラフル [悠雅的生活]
ぼくがぼくであるために。 [続きを読む]

受信: 2010-08-27 19:10

» カラフル [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>突然現れて当選を告げる天使の計らいで、死んだはずの“ぼく”の魂は、自殺してしまった少年・真の体に“ホームステイ”... [続きを読む]

受信: 2010-08-28 00:55

» 「カラフル」 人の心は黒いも白いも全部含めてカラフル [はらやんの映画徒然草]
森絵都さんの原作は以前に読んでいました。 非常に印象に残った小説でしたが、こちら [続きを読む]

受信: 2010-08-29 19:11

» 「カラフル」生きているという色 [再出発日記]
ぼくは死んだ、けれども冥府行きの改札場所で突然「修行」を言い渡される。自殺で死んだ男の子の魂と入れ替わって暮らしてみろ、と。そうやって、ぼくは気乗りがしないまま中学三年... [続きを読む]

受信: 2010-08-29 20:16

» 「カラフル」 玉電 [アタマにシャンプー、ココロにシネマ。]
☆☆☆ その昔、渋谷から二子玉川までのんびり走っていた路面電車の玉電。その姿は素朴でありながら優美さも兼ね備え、あわてず騒がず、わが道を行くその走りはいまでは伝説にさえなっています。その玉電が2010... [続きを読む]

受信: 2010-08-29 23:00

» ■映画『カラフル』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
『クレヨンしんちゃん アッパレ!戦国大合戦』、『河童のクゥと夏休み』で知られる原恵一監督の最新作『カラフル』は、現代を生きる中学生たちへの応援歌。 要所要所で流れる「大地讃頌」、「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の合唱の調べや、エンディングに流れるTHE BLUEHEARTSの... [続きを読む]

受信: 2010-09-02 07:35

» 「カラフル」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 直木賞作家・森絵都原作小説を、「河童のクゥと夏休み」の原恵一監督、サンライズ制作でアニメ映画化。 「地獄は一定」 本作を鑑賞中、歎異抄の中にある有名な一節が、小生の脳... [続きを読む]

受信: 2010-09-03 22:03

» 人生はカラフル アニメ編 [笑う学生の生活]
1日のことですが、映画「カラフル」を鑑賞しました。 死んだ主人公の魂が 当選によって 天使により 自殺した少年 真の体にホームステイすることになって・・・ なんともファンタジーな感じながらも その後はあくまで普通の青春劇 派...... [続きを読む]

受信: 2010-09-07 17:57

» 『カラフル』'10・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ突然現れて当選を告げる天使の計らいで死んだはずの“ぼく”の魂は、自殺してしまった少年真の体に“ホームステイ”をすることに・・・。感想KAT-TUNの田中聖主演で、ひっそ... [続きを読む]

受信: 2010-09-23 22:12

» 「カラフル」Colorful (2010 サンライズ) [事務職員へのこの1冊]
鶴岡まちなかキネマで鑑賞。  仕事は忙しいし体調最悪。でも、ここで観とかないとま [続きを読む]

受信: 2010-11-23 20:03

» カラフル [銀幕大帝α]
10年/日本/127分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開 監督:原恵一 エンディングテーマ:miwa『青空』 声の出演:冨澤風斗、宮崎あおい、南明奈、まいける、藤原啓治、麻生久美子、高橋克実 <ストーリー> プラプラという天使によって中学生・小林真として人生を...... [続きを読む]

受信: 2011-04-22 01:49

» カラフル(原恵一監督) [映画、言いたい放題!]
『嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 』、『河童のクゥと夏休み 』が 大好きな作品になった原恵一監督の作品とあれば、 是非観に行かなくては! しかし、公開終了間近に行った映画館は満席でした。(T^T) 評判良かったのに、あまりやってなかったんですよね。 あれから... [続きを読む]

受信: 2011-06-03 01:58

» カラフル [単館系]
直木賞作家の森絵都のベストセラー小説を、「クレヨンしんちゃん」シリーズや「河童のクゥと夏休み」などで知られる原惠一監督がアニメ映画化。原監督と2度目のタッグとなる冨澤風斗、宮崎あおい、麻生久美子...... [続きを読む]

受信: 2011-06-03 23:49

» カラフル [食はすべての源なり。]
Colorful カラフル ★★★★☆(★4つ) ボクは、一度死んだ。 気がつくと、僕は小林真だった。 前世で罪を犯したボクは抽選に当たり、自殺したばかりの小林真の体に入り、もう一度下界に戻って再挑戦するチャンスが与えられる。家族、友人を新たな目で見て、ボクは自分が犯した罪に気づいていく・・・。 人間は一色じゃない。自分が何色かなんて分からない。 カラフルで良いんだ。 上映後から気になっていた作品。レンタル開始後もずっと貸出中でや~っと!借りれました。 宮崎あおいちゃんが、役では絶対にや... [続きを読む]

受信: 2011-06-14 09:40

« 助けを借りたいときは、いつでも言ってくれ。『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』 | トップページ | 映画本3冊 >> ウディ・アレンの映画術、パワー・オブ・フィルム~名画の法則~、英国コメディ映画の黄金時代 »