« タイトルデザイン_25・『ナルニア国物語 第3章 : アスラン王と魔法の島』Fugitive Studios | トップページ | 午前十時の映画祭『アメリカン・グラフィティ』 »

2011-02-27

バーティとライオネル『英国王のスピーチ』

※注・内容、台詞に触れています。
吃音(きつおん)症に悩む英国王ジョージ6世とその妻エリザベス、スピーチ矯正の専門家ローグとの実話に基づく物語『英国王のスピーチ
監督は『くたばれ!ユナイテッド − サッカー万歳!−(日本未公開・DVD発売)』のトム・フーパー。ジョージ6世を『シングルマン』のコリン・ファース、スピーチ矯正の専門家ローグを『シャイン』ジェフリー・ラッシュ、ジョージ6世の妻エリザベスを『鳩の翼』やティム・バートン作品多数のヘレナ・ボナム=カーター。脚本は『タッカー』デヴィッド・サイドラー

物語・1936 年の英国。国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の後継として長男のエドワード8世(ガイ・ピアース)が即位するが、離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに王座を捨ててしまう。ジョージ6世(コリン・ファース)として王位に就くことになった弟のヨーク公は内気な性格に加え幼い頃から吃音症に悩み、公務でのスピーチは常に苦痛の種だった。そんな夫 を優しく励ます妻のエリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、オーストラリア人のスピーチ矯正専門家ローグ(ジェフリー・ラッシュ)を見つけ出すのだった。(ブルー部分goo映画より抜粋)

控えめにタイプライター系のフォント(Courier?)で「The King's Speech」のタイトル。アナウンサーがマイクとの距離を測ったり喉の調子を整えたりする冒頭からドラマにすっと入っていける語り口の見事さ。このトーンは最後まで一貫している。そして、散りばめられたユーモアとジョーク、ウィットに富む会話やエピソード(1シリングのやりとり)。役者のアンサンブル。堪能!

Thekingsspeech_1

Thekingsspeech_2

MEMO1
吃音の原因を探っていくローグ。そこには厳格な父、利き手・X脚の矯正、(ある)乳母の厳しい躾(映画どおりだとするとほぼ虐待に近い。それに伴って身 体も弱くなってしまう。このことに周囲が気づくまでに時間がかかっている)、弟の死など様々な要因が。それらが少しずつ浮かび上がっていく構成が秀逸。
ジョージ6世の事をバーティと呼ぶローグ。また自分のことはライオネルと呼んでくれとも。対等な立場で。(これはローグの孫によると無かった話らしい)
ジョージ6世が王位を継いで娘たちにあった時、そうしなさいと言われたのだろう父親の事を「陛下」というシーン。ちょっと困惑するジョージ6世。子供たちと普通に接してきたんだなぁ、ということが垣間見られるいいシーン。
広角レンズ撮影(主に聴衆を写す際に)とアップの対比。実にサスペンスフル!
ジョージ6世の妻、エリザベスを演じたヘレナ・ボナム=カーター。元々、上流階級の出身ということもあって、その立ち居振舞い含め好演。
イーストウッド監督「ヒア アフター」に本人役で出ていたデレク・ジャコビが大司教役で出演。他にもチャーチル役にティモシー・スポール、ジョージ5世にマイケル・ガンボンと英国の渋い俳優陣が配されている。
自身も吃音に悩まされていたという脚本のデヴィッド・サイドラー。『タッカー』の物語構造と本作が少し似ていてニンマリ。(「英国王のスピーチ」は開戦スピーチになるので「タッカー」の裁判所スピーチとは、やや意味は違いますが…)
競走名にも→ ダービー、凱旋門賞と共に欧州競走馬最高峰レースのひとつが「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス( King George VI & Queen Elizabeth Stakes )」


MEMO2
戴冠式リハーサルのシーンで重要な台詞
「私には王として伝える言葉がある」
(少し違うかもしれませんが、そのような意)

ラスト、世紀のスピーチを終えた後
ふたりのユーモアある台詞。
「やっぱりWでつまりましたね」
「僕が話したという印を残しておかないと」

※追記
超飛躍的解釈→このW、まさかWarでつまるという意味を含んでいる理由(わけ)はないですよね。

※追記2
第83回アカデミー賞・受賞
作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞

MEMO3
ロゴ含めたポスター等の宣伝ビジュアルは大島依提亜さん。
(英文フォント)Blackletterを連想させる日本語タイトルロゴ。(知人が地下鉄に貼っていたポスターにすぐ目がいったと言っていました)。

英国王のスピーチ』公式サイト
http://kingsspeech.gaga.ne.jp/

Kings_speech_top

Ost: the King's Speech

The King's Speech

|

« タイトルデザイン_25・『ナルニア国物語 第3章 : アスラン王と魔法の島』Fugitive Studios | トップページ | 午前十時の映画祭『アメリカン・グラフィティ』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーティとライオネル『英国王のスピーチ』:

» 英国王のスピーチ [あーうぃ だにぇっと]
2月14日(月)@よみうりホール。 この作品も結構気合を入れて応募したがゲットできず。 そのうちギンレイホールでかかるだろ!とあきらめ。 そうしたら、またまた美女様から嬉しいお誘いが... ヴァレンタインデーの試写会。 チョコは妻と娘以外無かったけど試写会の方がいいや。(笑)... [続きを読む]

受信: 2011-02-27 19:26

» 英国王のスピーチ [LOVE Cinemas 調布]
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った実力派が揃う。監督はトム・フーパー。第64回英国アカデミー賞では作品賞初め7冠を獲得した。... [続きを読む]

受信: 2011-02-27 21:28

» 映画:英国王のスピーチ The Kings Speech 賞取りレースまっただ中のこの本命作の感想は... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アカデミー賞本命と言われている今作。 なんたって候補数が最多12部門。 重要なポイントは、吃音症をかかえ苦悩するジョージ6世を演ずるコリン・ファース(写真中央)が気に入るかだろう。 正直にカミングアウトすると、私は全くだめだった。 実際に吃音症の方を知っ...... [続きを読む]

受信: 2011-02-28 02:28

» 劇場鑑賞「英国王のスピーチ」 [日々“是”精進!]
「英国王のスピーチ」を鑑賞してきました「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ... [続きを読む]

受信: 2011-02-28 06:03

» 『英国王のスピーチ』 [ラムの大通り]
(原題:The Kings Speech) ※ちょっと辛辣な表現もあります。 期待されている方はごめんなさい。 ----この『英国王のスピーチ』って いまスゴく騒がれているよね。 どんなお話ニャの? 「そうだね。 ゴールデン・グローブ賞に至っては最多7部門ノミネートだしね...... [続きを読む]

受信: 2011-02-28 13:16

» 「英国王のスピーチ」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
吃音の王様なんて、ユニークなところに目をつけるわね。 しかも、実在した国王。 いまのイギリス女王エリザベス2世の父、ジョージ6世。 たしかに、国王っていえば演説をするのが仕事だもんな。吃音じゃ困っちゃう。 まだまだ、映画のテーマはあるってことよね。 そこで...... [続きを読む]

受信: 2011-02-28 21:22

» 英国王のスピーチ・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
王室物というのは、英国の映画界では一つのジャンルみたいな存在。 時代劇ならそれこそ無数の作品が作られているし、現代劇では現役の女王を主人公にしてしまった「クィーン」が記憶に新しい。 今回、俎上に...... [続きを読む]

受信: 2011-03-01 00:50

» 『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべて人へ [映画のブログ]
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...... [続きを読む]

受信: 2011-03-01 02:11

» 英国王のスピーチ [悠雅的生活]
‘バーティ’。1シリング。心の解放。 [続きを読む]

受信: 2011-03-01 16:50

» 映画 「英国王のスピーチ」 [英国日記]
英国大使館よりご招待頂き、 大使公邸での試写会に行って参りました! [続きを読む]

受信: 2011-03-01 20:37

» 英国王のスピーチ / The Kings Speach [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてnbsp;ね larr;please click nbsp; 先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。 [続きを読む]

受信: 2011-03-02 16:48

» 【映画】英国王のスピーチ [★紅茶屋ロンド★]
<英国王のスピーチ を観て来ました> 原題:The King's Speech 製作:2010年イギリス・オーストラリア合作 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 第83回アカデミー賞にて、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞を受賞した、大注目作品です。 これを観に行ったのは28日。そう、アカデミー賞発表の当日。というか、結果がわかってしまった後だったのです。 本当は結果を知る前に観たかった…!!!! 賞を取ってしまったら、あ~、いい作品なんだね~という先入観が…。 私は気にしたくなくても... [続きを読む]

受信: 2011-03-02 22:42

» 英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな〜 [労組書記長社労士のブログ]
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった〜。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・(...... [続きを読む]

受信: 2011-03-02 23:39

» 映画『英国王のスピーチ』劇場鑑賞 [続・蛇足帳〜blogばん〜]
 昨日はレディースデイだったので、今年度のアカデミー賞最多12部門ノミネートされ主要部門の4部門(作品賞・主演男優賞・監督賞・脚本賞)を受賞した話題作『英国王のスピーチ(英題:THE KING'S SPEECH)』...... [続きを読む]

受信: 2011-03-03 19:52

» 『英国王のスピーチ』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 英国王のスピーチ 』 (2010) 監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコ...... [続きを読む]

受信: 2011-03-04 01:54

» 英国王のスピーチ / The Kings Speech [勝手に映画評]
現女王エリザベスII世の父王ジョージVI世の物語。 ジョージVI世となれば、兄王エドワードVIII世に触れないわけには行かないでしょう。『王冠を賭けた恋』と言われたわけですが、その煽りを受けて国王になったのが、ジョージVI世と言う事になります。 この作品の深いとこ...... [続きを読む]

受信: 2011-03-05 09:00

» 『英国王のスピーチ』 [京の昼寝〜♪]
nbsp; □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファ...... [続きを読む]

受信: 2011-03-05 12:33

» 英国王のスピーチ(ネタバレあり) [エミの気紛れ日記]
どうも、エミです(・∀・)つ 今日は旦那が仕事帰りに『マクロスF 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜』を見に行くので夕飯の用意しなくていいんで.+゚*。(o´∇`*)のほほん.+゚*。:゚+ と ... [続きを読む]

受信: 2011-03-07 16:10

» 映画「英国王のスピーチ」主演男優賞はうなずけるが・・・。 [soramove]
「英国王のスピーチ」★★★★ コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、 ジェフリー・ラッシュ出演 トム・フーパー監督、118分、2011年2月26日公開 2010,イギリス、オーストラリア,ギャガ (原作:原題:THE KING'S SPEECH)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「先ごろ発表されたアカデミー賞で 作品賞、監督賞、主演男優賞という 主要賞をほぼ独占した作品。... [続きを読む]

受信: 2011-03-16 20:06

» 英国王のスピーチ [にき☆ろぐ]
さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、... [続きを読む]

受信: 2011-03-17 00:39

» 英国王のスピーチ [映画的・絵画的・音楽的]
 『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の4冠を獲得したこ...... [続きを読む]

受信: 2011-03-21 10:34

» 映画『英国王のスピーチ』 [よくばりアンテナ]
アカデミー賞受賞作品ですもんね!! 観てきましたよ〜(^^)v 実話ってことでしたが、時代背景とかも知らずに何の前知識もなく見始めましたが、 すんなり、ついていけました。 現在のイギリスのエリ...... [続きを読む]

受信: 2011-03-21 21:40

» ■映画『英国王のスピーチ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、なんだか御... [続きを読む]

受信: 2011-03-23 11:11

» 「英国王のスピーチ」 友が聞いている [はらやんの映画徒然草]
本作は現在のエリザベス女王の父親にあたるジョージ6世の物語。 ジョージ6世は幼い [続きを読む]

受信: 2011-03-27 19:30

» 英国王のスピーチ [だらだら無気力ブログ]
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的…... [続きを読む]

受信: 2011-04-04 00:04

» 映画「英国王のスピーチ」 [itchy1976の日記]
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...... [続きを読む]

受信: 2011-04-10 17:19

» No.243 英国王のスピーチ [気ままな映画生活]
【ストーリー】 現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法 ... [続きを読む]

受信: 2011-04-18 05:35

» 「英国王のスピーチ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 内向的で吃音症のヨーク公アルバート王子(後のイギリス王ジョージ6世)が、言語聴覚士と家族の支えでコンプレックスを克服し、国民から敬愛される存在へと成長していく姿を、史実を基に映画化。    実在した一国の国王を、一人の人間として内側から掘り下げる。アカデ... [続きを読む]

受信: 2011-04-22 22:07

» 英国王のスピーチ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ... [続きを読む]

受信: 2011-05-02 17:13

» 英国王のスピーチ [映画、言いたい放題!]
この映画、アカデミー賞を取ったということもあって 是非観たい映画でした。 折しも観に行った日は、ロイヤル・ウェディングの日でした。 そのせいか、公開から随分経っていましたが その割にはお客が多かったです。 隣のお客さんは、始まる前にロイヤル・ウェディングの話を... [続きを読む]

受信: 2011-05-05 18:00

» 映画:英国王のスピーチ [よしなしごと]
 言わずと知れた、アカデミー賞4部門受賞、英国アカデミー賞7部門受賞などなど多くの賞にノミネート・受賞に輝いた英国王のスピーチを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2011-05-11 01:25

» [映画『英国王のスピーチ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた。 ...... [続きを読む]

受信: 2011-05-29 21:13

» 「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH) [シネマ・ワンダーランド]
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を成し遂げ、国民のリーダーとして戦争という難局に立ち向かうジョージ6世の姿を描き出す。主演のジョージ6世役に「シングルマン」のコリン・ファース、共演のセラピスト役にはジェフリー・ラッシュがそれぞれ出演。本作は 第83回(2010年全米公開)アカ...... [続きを読む]

受信: 2011-09-17 21:04

» 「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH) [シネマ・ワンダーランド]
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を成し遂げ、国民のリーダーとして戦争という難局に立ち向かうジョージ6世の姿を描き出す。主演のジョージ6世役に「シングルマン」のコリン・ファース、共演のセラピスト役にはジェフリー・ラッシュがそれぞれ出演。本作は 第83回(2010年全米公開)アカ...... [続きを読む]

受信: 2011-09-24 23:32

» 別館の予備(英国王のスピーチ 感想224作目) [スポーツ瓦版]
6月7日 英国王のスピーチト アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らな ... [続きを読む]

受信: 2012-06-07 13:33

« タイトルデザイン_25・『ナルニア国物語 第3章 : アスラン王と魔法の島』Fugitive Studios | トップページ | 午前十時の映画祭『アメリカン・グラフィティ』 »