« アトム・エゴヤン監督『CHLOE/クロエ』 | トップページ | 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション ( X-Men : First Class )』 »

2011-06-10

山下敦弘・監督『マイ・バック・ページ』Have You Ever Seen The Rain?

注・内容、台詞に触れています。
川本三郎がジャーナリスト時代の経験を記したノンフィクション『マイ・バック・ページ』を『リンダ リンダ リンダ』『松ヶ根乱射事件』『天然コケッコー』の山下敦弘監督が映画化。主演は妻夫木聡松山ケンイチ(初共演)。他に忽那汐里、石橋杏奈、韓英恵、中村蒼。そして、まるで本物?と思わせる脇を固めた長塚圭史、山内圭哉、古舘寛治、あがた森魚、三浦友和。脚本は向井康介、撮影は近藤龍人という監督の盟友ふたり。

物語・1969年、新聞社の週刊誌編集部で働く記者・沢田(妻夫木 聡)は全共闘運動が激しい中、理想に燃えながら日々活動家たちの取材を続けていた。それから2年、取材を続ける沢田は先輩記者・中平とともに梅山(松山ケンイチ)と名乗る男からの接触を受ける。そして彼が語る武装決起に疑念を抱きながらも不思議な親近感を覚え次第に引きこまれていく。そして、事件は起きる…。(ブルー部分・プレスより抜粋)

原作、脚本(撮影稿)ともに読んだ上で感じるのは「あの時代」を描いているのではないということ。脚本(撮影稿)から本編でカットされたシーンをみると多くは梅山の登場している部分(ここが入っていると偏った感じになったかも…)
ラスト、沢田の流す涙は懐かしさでも悔恨の念でもない、なんとも表現しがたい涙。青春の終わりとも取れるし、何者ともしっかり接してこれなかった「にせもの感」漂う自分、もう戻ることはできない場所…いろいろな思いが込められている。(後述、映画を見に行ったシーンでの「涙」についての会話とも繋がる)
そして監督インタビューでよく目にする「実際、人がひとり死んでるんでしょう」という事実。そこは突出して長く克明に描かれていることでも、本作へのスタンスがよくわかる。

Mbp_1

MEMO1
原作と映画の間で

川本三郎・著「マイ・バック・ページ」目次

『サンソレイユ』を見た日
69年夏
幸福に恵まれた女の子の死
死者たち
センス・オブ・ギルティ
取材拒否
町はときどき美しい
ベトナムから遠く離れて
現代歌情
逮捕までⅠ
逮捕までⅡ
逮捕そして解雇


色変え部分主なエピソード
(もちろん全体から様々な部分も)

原作からそのまま使われた台詞
倉田眞子(忽那汐里)と映画を見に行くシーン。
『ファイブ・イージー・ピーセス』
「男の人が泣くのを見るのは好き」
「『真夜中のカーボーイ』でもダスティン・ホフマンは『怖い、怖い』っていって泣いたの。覚えてる?」
「いや、覚えていない。泣く男なんて男じゃないよ」
「そんなことないわ。私はきちんと泣ける男の人が好き」

「ギター弾くんですか」
「弾いていいですか?」
「Have You Ever Seen The Rain?」
「おー、雨を見たかい」
「これナパーム弾の事なんですよね」
CCR(Creedence Clearwater Revival)の歌と宮沢賢治「銀河鉄道の夜」この2点だけで沢田は梅山のことを信用してしまう(原作にも、そう書かれている)
※「これナパーム弾の事なんですよね」という妙な知ったかぶり台詞に梅山の胡散臭さも出ているのでは?

原作には映画に出てこない1971年中津川フォークジャンボリーを取材したことも。サブステージでの「はっぴいえんど」の事(「現代歌情」)が書かれていますが、拓郎ファンとしては、やはり「人間なんて」の演奏が…。
思えば「わたしたち」から「僕」への分岐点。

MEMO2
撮影は16ミリを35ミリにブローアップ(フィルムの増感は約倍増感だそうです)。近藤龍人は「海炭市叙景」や「パーマネント野ばら」もそうでしたが、どこかATG映画のような趣のフィルムルックを持っていて、今1番いいなぁと思っている撮影監督です。 
映画館で沢田が見ていた映画(画面にシーンが映るもの)は川島雄三監督「洲崎パラダイス 赤信号」。会話の中や音声のみで出てくるものに前述の「ファイブ・イージー・ピーセス」「真夜中のカーボーイ」。そしてラスト(テロップはでないが1979年)試写会場での「十九歳の地図」。また部屋にいろいろな映画ポスターが貼られている。
主題歌「My Back Pages」はBob Dylanの名曲(Dylanの原曲は「ハッティキャロルの寂しい死」的ですが…)を真心ブラザーズ+奥田民生がカヴァー。

|

« アトム・エゴヤン監督『CHLOE/クロエ』 | トップページ | 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション ( X-Men : First Class )』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/40233111

この記事へのトラックバック一覧です: 山下敦弘・監督『マイ・バック・ページ』Have You Ever Seen The Rain?:

» マイ・バック・ページ [LOVE Cinemas 調布]
作家・評論家の川本三郎が自らの体験を綴った同名の回想録を映画化。1969年から72年と言う学生運動が終わりに近付いた時期を舞台に、雑誌記者と活動家の出会いから破滅までを描く。主演は『悪人』の妻夫木聡と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。共演に忽那汐里、中村蒼ほか若手ベテラン共に実力派が揃った。監督は『天然コケッコー』の山下敦弘。... [続きを読む]

受信: 2011-06-10 22:52

» 「マイ・バック・ページ」思想を信じてしまった先にみた思想を理解せず起こした殺人事件の犯人の誤った思想 [オールマイティにコメンテート]
「マイ・バック・ページ」は1970年前後に盛んだった全共闘運動時代にジャーナリストを目指した新聞記者がある男と出会い、その行動に共感してしまいある事件の引き金になる事 ... [続きを読む]

受信: 2011-06-11 01:15

» [映画『マイ・バック・ページ』を観た(短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆この映画、面白い!  二時間半の長尺だが、夢中になってみた。  内容は、東大安田講堂事件以後の、輝きを失いつつある全共闘運動を背景にした、とある、運動家か、運動家に憧れる者か、正体判別つからざる「革命家」と、遅れてきた運動同調派・新米左翼ジャーナリス...... [続きを読む]

受信: 2011-06-11 06:09

» マイ・バック・ページ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。 川本三郎原作、 山下敦弘監督、妻夫木聡、松山ケンイチ、忽那汐里、山内圭哉、中村蒼、韓英恵、長塚圭史、石橋杏奈、あがた森魚、三浦友和。 評論家川本三郎の自伝的 ... [続きを読む]

受信: 2011-06-11 06:43

» 勘違い男の暴走。『マイ・バック・ページ』 [水曜日のシネマ日記]
1969年から1972年を舞台に左翼思想の学生と雑誌記者の関係を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2011-06-11 09:37

» 映画レビュー「マイ・バック・ページ」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
マイ・バック・ページ オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆現実と理想の狭間で揺れる若者たちの苦い挫折の物語。妻夫木聡vs松山ケンイチの演技合戦は見応えがある。 【7 ... [続きを読む]

受信: 2011-06-11 09:55

» 『マイ・バック・ページ』 [こねたみっくす]
学生運動が世の中を変えられると信じられていた時代の息遣いが聞こえてくる。東大安田講堂陥落をリアルタイムでは知らない世代が作っているのに、そんな感じがする映画でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011-06-11 13:09

» 「マイ・バック・ページ」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
山下敦弘監督、微妙な題材を選んじゃったかなあ。 どうして? だって、全共闘運動が激しかった1970年前後に事件を起こした左翼思想の学生と若きジャーナリストにまつわる話だぜ。 いまどき、ハードな題材に、いつもは脱力系の山下敦弘監督が臨む。野心的な試みじゃな...... [続きを読む]

受信: 2011-06-11 21:04

» マイ・バック・ページ・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
1971年、自衛隊朝霧駐屯地で、一人の自衛官が殺害された。 事件の背後にいたのは、新左翼の過激派青年と理想に燃える雑誌記者。 なぜ、それは起こったのか?彼らは何を目指そうとじていたのか? 「マイ・バ...... [続きを読む]

受信: 2011-06-11 22:20

» 『マイ・バック・ページ』 [ラムの大通り]
※ネタバレ注:ラストに触れています。 ----これは、フォーンも一緒に観た映画。 えいが、とても観たがっていたし、 じゃあ、付き合ってみようかと…。 でも、ニャんだか複雑な顔してたね。 「うん。 これって、原作が川本三郎氏。 彼の実体験に基づいた話だよね。 観てい...... [続きを読む]

受信: 2011-06-12 00:19

» 映画「マイ・バック・ページ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「マイ・バック・ページ」観に行ってきました。 学生紛争の末期となる1969年から1972年の日本を舞台に、雑誌記者と自称革命家との出会いから破滅までを描く、妻夫木聡と松山ケンイチ主演の作品です。 この映画は、1971年8月21日の夜に実際に起こった「朝霞自衛官殺害事件」を元に作られています。 「... [続きを読む]

受信: 2011-06-12 23:12

» 映画「マイ・バック・ページ」そんな時代もあったねと [soramove]
「マイ・バック・ページ」★★★☆ 妻夫木聡 、松山ケンイチ、 忽那汐里、石橋杏奈、中村蒼、韓英恵出演 山下敦弘監督、 141分 、2011年5月28日日公開2010,日本,アスミック・エース (原作:原題:マイ・バック・ページ - ある60年代の物語)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「映画の内容は詳しくは知らなかったが 妻夫木 聡と松山ケンイチの共演がどんなか 興味があ... [続きを読む]

受信: 2011-06-15 10:16

» 『マイ・バック・ページ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マイ・バック・ページ」□監督 山下敦弘 □脚本 向井康介□原作 川本三郎 □キャスト 妻夫木 聡、松山ケンイチ、忽那汐里、中村 蒼、韓 英恵、長塚圭史、あがた森魚、三浦友和■鑑賞日 6月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★...... [続きを読む]

受信: 2011-06-17 12:26

» 『マイ・バック・ページ』 若者に足りないものは? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  誰が云ったか知らないが、よく持ち出される言葉にこんなものがある。[*]  「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない...... [続きを読む]

受信: 2011-06-17 23:25

» マイ・バック・ページ [映画的・絵画的・音楽的]
 『マイ・バック・ページ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)こうした40年ほども昔の、それも学生闘争という特殊な事柄を扱った映画なら、入りがかなり悪いのではと思っていたところ、日曜日に見たせいかもしれませんが、吉祥寺の映画館でもかなり観客が入ってい...... [続きを読む]

受信: 2011-06-18 06:41

» ■映画『マイ・バック・ページ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
妻夫木聡と松山ケンイチの競演が話題の山下敦弘監督の映画『マイ・バック・ページ』。 1969年から始まる映画というので、“LOVE & PEACE”で牧歌的でハッピーな青春物語かと思いきや、学生運動家とそれを取材するジャーナリストを描いたビターな物語でした。 あるシーンで、... [続きを読む]

受信: 2011-06-18 21:59

» 「マイ・バック・ページ」 あの事件を思い出した [はらやんの映画徒然草]
本作の舞台となる時代は69年の東大安田講堂事件から71年の朝霞自衛官殺害事件あた [続きを読む]

受信: 2012-04-12 22:51

« アトム・エゴヤン監督『CHLOE/クロエ』 | トップページ | 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション ( X-Men : First Class )』 »