« 映画と衣装デザイン(リンクメモ) | トップページ | トーマス・アルフレッドソン監督【裏切りのサーカス】Tinker Tailor Soldier Spy »

2012-04-21

"もも"とオジサン“妖怪3人組” 沖浦啓之監督『ももへの手紙』

注・内容、台詞に触れています。
沖浦啓之監督
が約12年ぶりに手掛けた劇場用長編第2作『ももへの手紙』(製作はプロダクションI.G)。声の 出演は美山加恋優香西田敏行山寺 宏一チョー。主題歌はサザンオールスターズの原由子

物語・小学校6年生のももは、夏のある日、母に連れられ瀬戸内海に浮かぶ汐島に向かっていた。父を突然の事故で亡くしたももは、母のいく子がかつて暮らした島に引っ越してきたのだ。喧嘩をしたまま、仲直りする間もなく父と永遠の別れが訪れたため、ももは心の中にわだかまりを抱えたままだった。瀬戸内の穏やかな風景の中で新生活を始めたももの身の回りで、やがて奇妙な事件が起こりはじめる。そして突然3人組の妖怪が現れて…。(Blue部分、goo映画より抜粋)

Momo

Memo1
いいなぁ( ´ ▽ ` )/ 感動作という表現より"コメディ要素を持ったフランク・キャプラ作品的物語"印象をうけた。その辺りと"だいだらぼっち"やイノシシ(襲ってくるシーンなど特に)、妖怪などの既視感で「観たことあるなぁ」と捉えられてしまいがちだが、すごく丁寧に造形されたすぐれたアニメーション。舞台設定が島(瀬戸内、大崎下島がモデル)というところもよい(限定することで軸がブレない。またラストの橋のシーンがいきる。←橋を渡った側のシーンを出していないところからも、監督の意図が見て取れる)
オジサン“妖怪3人組”
黄表紙からモチーフとした百鬼夜行的妖怪の造形が"パッと見"気持ち悪いのだが物語が進むにつれ愛着がわいてくる。(そして最初怖がっていた、ももが元気を取り戻していくことともなる)
(監督インタビュー曰く旧・ソ連映画「不思議惑星キン・ザ・ザ」からおじさんっぽい妖怪にしたかったとのこと)
イワ、カワ、マメ。イワに西田敏行、カワに山寺宏一ともうピッタリなボイスキャスト(体型から想起?)
マメの声を演じたチョーさん、「ONE PIECE」ブルック役、『ロード・オブ・ザ・リング』吹替え版でゴラム役をやっていた方なのですね(三人の妖怪のアクセントになっていて、すごくよかったなぁ)。優香、美山加恋のキャスティングもマッチしている。
父親が残した「ももへの手紙」
便箋の最初にたった"一文字"。
「もも
「へ」を「は」に書き換えて"天界"へ送り返すイワ(三人組妖怪。実は、そういう役目を持ってももの元へやってきた見守り組としての"二級天使"のような役回り)←その報告書をマメが作った書き出しと勘違いして「いかんなぁ。書き出しから間違えとる。そう言って「へ」を塗りつぶし「は」に変えて、こう続ける。
「もも元気です
この文面が布石となって、ちょっと"クスっと"そして"クシュッと"させてくれる素敵なエンディングへと繋がる。
ももとの台詞
クライマックスへ繋がるマメのひと言。
「オイラやっていいことと悪いことの区別がつかないから、いいよ」
ラスト、ももとカワの会話
「絶対忘れないから」
「これだから女は信用できないんだ」

Memo2
監督・沖浦啓之、作画監督・安藤雅司、美術監督・大野広司の磐石たるスタッフで描かれる世界はいわゆる"影付きアニメ"とは違ったリアルな動き(風になびく髪の毛、動作から生じる服のシワ)とコミカルさを含むファンタジー性を共存させて素晴しい。
主題歌:原由子「ウルワシマホロバ ~美しき場所~」

『ももへの手紙』公式サイト
http://momo-letter.jp/

|

« 映画と衣装デザイン(リンクメモ) | トップページ | トーマス・アルフレッドソン監督【裏切りのサーカス】Tinker Tailor Soldier Spy »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/44833609

この記事へのトラックバック一覧です: "もも"とオジサン“妖怪3人組” 沖浦啓之監督『ももへの手紙』:

» ももへの手紙 [LOVE Cinemas 調布]
父を亡くした母と娘が瀬戸内海の島へと移り住む。そこで少女は不思議な妖怪3人組と出逢うのだった…。『人狼 JIN-ROH』の沖浦啓之監督が7年の歳月をかけて完成させた長編アニメーション。作画監督に『千と千尋の神隠し』の安藤雅司、作画を『AKIRA』の井上俊之や『猫の恩返し』の井上鋭らが担当する。声優は美山加恋、優香、西田敏行、山寺宏一、チョーらが務める。... [続きを読む]

受信: 2012-04-22 00:26

» 試写会「ももへの手紙」 [日々“是”精進! ver.A]
大切な想いを、伝えたい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204120003/ 劇場アニメーション ももへの手紙 オリジナルサウンドトラック サントラ flying DOG 2012-04-25 売り上げランキング : 77332... [続きを読む]

受信: 2012-04-22 07:00

» 『ももへの手紙』 (2011) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督: 沖浦啓之 出演(声): 美山加恋 、優香 、西田敏行 、山寺宏一 、チョー 試写会場: 角川映画試写室 公式サイトはこちら。 映画レビューサイト・cocoさんのご招待で行ってきました。 当日はピンクのものを身に着けると特典があるということでピンクの...... [続きを読む]

受信: 2012-04-22 07:46

» 『ももへの手紙』 [こねたみっくす]
こうなったらヤケクソでござる!の見守り組がいいんだなぁ〜。 あの大傑作『人狼 JIN-ROU』以来となる沖浦啓之監督の最新作は、まさにProductionI.G.版『となりのトトロ』なんですけど、 ... [続きを読む]

受信: 2012-04-22 14:07

» 『ももへの手紙』・・・父の想いと父への想い [SOARのパストラーレ♪]
興味はあったものの劇場観賞は躊躇していた本作を結局初日鑑賞。その感想を一言で表すならずばり、「観てよかった!」である。 [続きを読む]

受信: 2012-04-22 14:28

» ももへの手紙 (試写会) [風に吹かれて]
手紙の続きは...公式サイト http://momo-letter.jp4月21日公開小学校6年生の夏、もも(声:美山加恋)は母(声:優香)に連れられて、瀬戸内海に浮かぶ汐島に移り住む。「ももへ」とだ [続きを読む]

受信: 2012-04-22 15:43

» ももへの手紙・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
天から届いた、愛おしき想い。 「ももへの手紙」は、「人狼 JIN-ROH」の沖浦啓之監督が、長年の構想を実らせたノスタルジックな和風ファンタジー。 瀬戸内の美しい風景の中、父を亡くした少女が、一夏の不...... [続きを読む]

受信: 2012-04-22 18:06

» 『ももへの手紙』| 派手さはないけれど、ていねいに作られた良品でした。 [23:30の雑記帳]
(ネタバレあります!) 観終わったとき、温かな感動がこみあげてきました。 瀬戸内海の小島に、母親(優香)と共に移り住んできた少女もも(美山加恋)と、 島の人たちとの交流 ... [続きを読む]

受信: 2012-04-22 23:33

» 映画「ももへの手紙」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ももへの手紙」観に行ってきました。沖浦啓之監督が7年の製作期間をかけて完成させた、120分長編アニメーション作品。今作は本来、2012年4月21日に劇場公開される... [続きを読む]

受信: 2012-04-23 00:13

» 「ももへの手紙」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「人狼 JIN-ROH」のProduction I.G製作、沖浦啓之監督、脚本、原案。  父の死をきっかけに、母親とともに瀬戸内海へと引っ越してきた少女・ももが、そこで出逢った妖怪達との交流を経て成長していく姿を描くハートフルファンタジーアニメ。  昨年、一昨年と不... [続きを読む]

受信: 2012-04-23 18:46

» 「ももへの手紙」 手描きアニメーションについて考えた [はらやんの映画徒然草]
アニメーションというのは不思議な表現形態だと思います。 まさに画が動くというのが [続きを読む]

受信: 2012-04-27 22:00

» ももへの手紙 [銀幕大帝α]
12年/日本/120分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開(2012/04/21) −監督− 沖浦啓之 −絵コンテ− 沖浦啓之 −原案− 沖浦啓之 −脚本− 沖浦啓之 −主題歌− 原由子『ウルワシマホロバ 〜美しき場所〜』 −制作− プロダクション I.G −声の出演− *美山加恋・・・宮浦もも ...... [続きを読む]

受信: 2012-10-27 00:29

» ももへの手紙 [いやいやえん]
「ももへ」とだけ書かれ遺された父からの手紙。その真意はついにわからずじまいだった小学6年生のももは、瀬戸内海の田舎へと越してくる。ももは田舎に来た事を不満に思っていて、田舎との交流にも消極的。そんな中、三人組の妖怪たちと出会う…。 突如現れた奇妙な三人組の妖怪たち、イワ、カワ、マメ。妖怪ではなく実は「ソラ」の見守組。どうして私についてくるの?どうして他のみんなには見えないの?ももは、彼らの奔放で奇異な行動に振り回されながらも、次第に打ち解けていくと同時に島での生活に慣れていきます。 不満... [続きを読む]

受信: 2012-11-24 09:30

» ももへの手紙 [のほほん便り]
ちょっと地味だけど、背景となった瀬戸内の風景が美しい、とても丁寧に描かれた佳作アニメーションでした。強いていえば、ちょっと「となりのトトロ」と「千と千尋の神隠し」を混ぜたようなオハナシだなぁ、と感じましたが、もののけ、というか妖怪達が、食いしん坊で、結構・悪さもする、お茶目なところが、面白かったです。でも、彼等との友情のおかげ。ヒロイン・もも(本当に小学校高学年らしい雰囲気が出た体型や仕草で、これも観察眼に感動)は思い残しである、父親へのお詫びが通じたし、母親の危機も助かってヨカッタですね。あの台風... [続きを読む]

受信: 2015-03-23 08:22

« 映画と衣装デザイン(リンクメモ) | トップページ | トーマス・アルフレッドソン監督【裏切りのサーカス】Tinker Tailor Soldier Spy »