« 最近公開作のタイトルデザインまとめ レッド・ライト、ダイ・ハード ラストデイ、ジャッジ・ドレッド、キャビン、他 | トップページ | ポール・トーマス・アンダーソン監督『ザ・マスター(The Master)』パートナーを変えてワルツを踊る(Changing Partners) »

2013-03-21

ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス『世界にひとつのプレイブック』(Silver Linings Playbook)

注・台詞、ラスト、使用楽曲に触れています。
マシュー・クイックの原作をデヴィッド・O・ラッセル監督(脚本も)が映画化した『世界にひとつのプレイブック』(Silver Linings Playbook)。主役のひとりステファニーを演じたジェニファー・ローレンスがアカデミー賞主演女優賞を授賞した(ロマンティック)コメディドラマの傑作。出演はブラッドリー・クーパーロバート・デ・ニーロジャッキー・ウィーヴァージュリア・スタイルズクリス・タッカー

物語・妻ニッキの浮気が原因で心のバランスを崩し、すべてを失ったパット(ブラッドリー・クーパー)。今は実家で両親と暮らしながら社会復帰を目指してリハビリ中だ。そんな時出逢ったのが近所に住むティファニー(ジェニファー・ローレンス)。彼女も夫を事故で亡くしてから心に傷を抱えていた。(glay部分、goo映画より抜粋)

Playbook

Memo1
ジェニファー・ローレンスの大物っぷりもブラッドリー・クーパーのいっちゃってる視線の演技も久々にオーッと思ったロバート・デ・ニーロも流石のジャッキー・ウィーヴァーも1秒間100万語喋らない抑えた演技のクリス・タッカーも出演者全員の演技とそのアンサンブルに酔えた映画。
映画が始まって30分ぐらいのところでティファニーが登場。途端、物語が走りだす。ふたりが出会った瞬間(←ここの表情、2回目鑑賞時によくわかった)ある種のスパーク(特にティファニー)が起こっていた訳です。で、続く言い合いやエキセントリックさ含め魅力的に描かれていて物語の軸足がふたりへと移る。

Memo2
パットのトラウマ曲
Stevie WonderMy Cherry Amour
(ダンスに曲は違うがスティービー・ワンダーの曲を使用しているところも病気を乗り越えたことが伺える)
ダンス練習の始まりの日に
北国の少女(Girl from the North Country) Bob Dylan and Johnny Cashバージョンを聴くふたり。
結婚式のビデオが無いと夜中に叫び探しまくる時
Led Zeppelin「What Is And What Should Never Be」
ダンスに使用した曲
Stevie Wonder「Don’t You Worry ‘Bout A Thing」→ White Stripes「Fell in Love With a Girl with lyrics」→ Dave Brubeck「Maria」

Memo3
イーグルスネタ「デショーンのユニフォームで行け」と言われたとパットが言った途端に「それはいい」と表情の変わる主治医の先生(実はイーグルスファンとスタジアムでバッタリ出会って判るシーンが後に用意されている)。イーグルスについては全編通していろいろなシーンで描かれる(最後の全財産をかけた賭けにも)。
ノミ屋をやってるデ・ニーロ父さん(リモコンの並べ方、封筒へ律儀にナンバリングなどややパラノイア的な性格)や周囲の人達もちょっと困りもの(だけど、接し方含め眼差しは温かい)。
ダンス大会の直前。
あまりの出場者のレベルの高さに一瞬、怯むふたり。
(いつの間にか手を繋いでいる)
「どうして手をつないでる」
「あなたから」
「君からだろ」
「ここは力をあわせて」
ここ、とても好きなシーン
この後のダンスシーンでの息のピッタリ度の描き方も本当に素晴らしい。観客も通してのダンスを見るのが初めてというのもよい。(周囲の人達と共に既に観客もふたりのことを応援している。気づいていないのはパットだけ)
ラストシーンに向けて台詞
「サイン(兆し)が見えたら」
ティファニーの言葉とニッキからの手紙(実はティファニーが書いている)の言葉が重なる。
そしてダンス大会が終わり、見事目標の5点(平均点)が出てパットはニッキの元へ戻るものと会場を去っていくティファニー。探すパット
周囲は気づいているティファニーの思い。
ここでデ・ニーロ父さんが声をかけるシーンもいい。
追いかけるパット
振り払おうとするティファニー。
手紙を取り出すパット。
「もう一通あるんだ」
「"ニッキからの手紙を書いたのは君だ
最初からわかっていたのに、もっと早く君の気持ちに気づくべきだった"」
「その手紙はいつから」
「一週間前から」
「ロマンティックだろ」
「愛してる?」
「心から」
「オーケー」
SHE LEANS FORWARD AND KISSES HIM, they kiss.

映画『世界にひとつのプレイブック』公式サイト
http://playbook.gaga.ne.jp/

|

« 最近公開作のタイトルデザインまとめ レッド・ライト、ダイ・ハード ラストデイ、ジャッジ・ドレッド、キャビン、他 | トップページ | ポール・トーマス・アンダーソン監督『ザ・マスター(The Master)』パートナーを変えてワルツを踊る(Changing Partners) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/49653694

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス『世界にひとつのプレイブック』(Silver Linings Playbook):

» 世界にひとつのプレイブック [あーうぃ だにぇっと]
世界にひとつのプレイブック@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [続きを読む]

受信: 2013-03-22 05:55

» 世界にひとつのプレイブック/ブラッドリー・クーパー [カノンな日々]
『ザ・ファイター』のデヴィッド・O・ラッセル監督が亡くなった二人の名匠シドニー・ポラックとアンソニー・ミンゲラの意志を引き継ぎ映画化されたという作品です。それぞれ愛する ... [続きを読む]

受信: 2013-03-22 09:06

» 世界にひとつのプレイブック /Silver Linings Playbook [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click   去年のトロント映画祭で観客賞(最高賞)受賞 それにブラッドリー・クーパーなので楽しみにしてた#9825; 公開前ギリギリで行われた試写にて鑑賞。22日から公開。 2013年アカデミー賞で、主演男優...... [続きを読む]

受信: 2013-03-22 09:38

» 世界にひとつのプレイブック [Akira's VOICE]
人は人のサポーターなのだ。   [続きを読む]

受信: 2013-03-22 09:59

» 「世界にひとつのプレイブック」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Silver Linings Playbook」2012 USA 最愛の人を失った男と女が再び愛に目覚める、少々シニカルなラヴ・ストーリー。 パットに「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」のブラッドリー・クーパー。 ティ ファニーに「あの日、欲望の大地で/2008」「ウインターズ・ボーン/2010」のジェニファー・ローレンス。 パットの父親に「グッド・シェパード/2006」「昼下がり、ローマの恋/2011」「レッド・ライト/2012」のロバ... [続きを読む]

受信: 2013-03-22 23:31

» 「世界にひとつのプレイブック」 [或る日の出来事]
くすくす笑えるところが多くて面白かったけど、すぐキレる人はイヤだな。 [続きを読む]

受信: 2013-03-23 01:40

» 『世界にひとつのプレイブック』 (2012) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: SILVER LININGS PLAYBOOK 監督: デヴィッド・O・ラッセル 出演: ブラッドリー・クーパー 、ジェニファー・ローレンス 、ロバート・デ・ニーロ 、クリス・タッカー 、ジャッキー・ウィーヴァー 、ジュリア・スタイルズ 思わず日本語訳に困りそうな複雑...... [続きを読む]

受信: 2013-03-23 09:06

» 「世界にひとつのプレイブック」翼の折れたエンジェル [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
GAGAのオンライン試写会で鑑賞。 出向いていかなくても観られるなんて、便利だわ~ アカデミー賞8部門ノミネート、ゴールデングローブ賞も取ってしまったこの作品。 翼の折れた繊細な人たちへの応援歌は、思わず胸が熱くなる。... [続きを読む]

受信: 2013-03-23 23:49

» 『世界にひとつのプレイブック』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「世界にひとつのプレイブック」□監督・脚本 デヴィッド・O・ラッセル □原作 マシュー・クイック「世界にひとつのプレイブック」 □キャスト ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、       ジ...... [続きを読む]

受信: 2013-03-24 08:45

» 世界にひとつのプレイブック(2012)○●SILVER LININGS PLAYBOOK [銅版画制作の日々]
 少しイカれたきみが、なぜか希望の光。 好き度:=70点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。その前日にトムの「アウトロー」を鑑賞しました。2日続けての鑑賞となり少々疲れ気味もあったのか、それと選んだ座席が前過ぎたのもあったのか(なんて言いわけか) 実は主演の2...... [続きを読む]

受信: 2013-03-24 15:33

» おかしいからこそ [笑う社会人の生活]
1日のことですが、映画「世界にひとつのプレイブック」を鑑賞しました。 妻が浮気したことで心のバランスを崩したパットは近くに住んでいる 事故によって夫を亡くしたティファニーと出会う 人生の希望を取り戻すためダンスコンテストに出ることを決めたティファニーは、...... [続きを読む]

受信: 2013-03-25 18:35

» 世界にひとつのプレイブック [佐藤秀の徒然幻視録]
人生再生を文字通り賭けてしまう 公式サイト。Silver Linings Playbook。マシュー・クイック原作、デヴィッド・O・ラッセル監督、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロ ... [続きを読む]

受信: 2013-03-25 22:18

» 世界にひとつのプレイブック 病むぞ〜この映画。 [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=16 うち今年の試写会2】 そう言えば鑑賞した映画のレヴューって追いついていたのだ。 第85回アカデミー賞では作品賞を含む8部門にノミネートされ、ティファニーを演じたジェニファー・ローレンスが主演女優賞を受賞ってことで押さえておくかと鑑賞した。  妻の浮気...... [続きを読む]

受信: 2013-03-26 09:13

» 映画「世界にひとつのプレイブック」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「世界にひとつのプレイブック」観に行ってきました。映画「ウィンターズ・ボーン」「ハンガー・ゲーム」で主演を担ったジェニファー・ローレンスが、第85回アカデミー賞その... [続きを読む]

受信: 2013-04-14 04:30

» 世界にひとつのプレイブック [いやいやえん]
ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス共演。 妻の浮気現場で暴力をふるい家庭も仕事も失ったパット。事故で夫を失ったあと自暴自虐のビッチ的行動をとっていたティファニー。人生のどん底にいた男女の出会いと再起を描いた作品。 シリアスドラマの中にロマンチックな要素を織り込んだ事で、作品に深みが生まれてハートウォーミングな作品になっている。 パットが躁うつ病を患っていて…という設定も、病状は違うけれどメンタルの病を患っている私にとっては共感性が高かった。ただ療養8ヶ月じゃ全然足りないと... [続きを読む]

受信: 2013-08-12 08:48

» 世界にひとつのプレイブック [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【SILVER LININGS PLAYBOOK】 2013/02/22公開 アメリカ 122分監督:デヴィッド・O・ラッセル出演:ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーヴァー、クリス・タッカー ダニー 少しイカれたきみが、なぜか希望の光。...... [続きを読む]

受信: 2013-08-27 10:55

« 最近公開作のタイトルデザインまとめ レッド・ライト、ダイ・ハード ラストデイ、ジャッジ・ドレッド、キャビン、他 | トップページ | ポール・トーマス・アンダーソン監督『ザ・マスター(The Master)』パートナーを変えてワルツを踊る(Changing Partners) »