« アーミル・カーン主演『きっと、うまくいく (3 idiots)』鶏は卵の行く末を知らない | トップページ | この人の展覧会が見たい(再追記版)・ハビエル・マリスカル(Javier Mariscal)&『Chico & Rita(チコとリタ)』 »

2013-05-26

リチャード・プレス監督『ビル・カニンガム&ニューヨーク』(Bill Cunningham New York)

New York Times の人気ファッション・コラム「ON THE STREET」と社交コラム「EVENING HOURS」を長年担当する名物カメラマン、ビル・カニンガムのドキュメンタリー『ビル・カニンガム&ニューヨーク』。監督は今作が長編作品デビューとなるリチャード・プレス

Bill

Memo1
颯爽として飄々として、その審美眼は誰もが認めるスーパーお爺ちゃん。名物フォトグラファー。誰かが言っていた「全身写真家」という表現がピッタリ。
とにかく一瞬足りともストリートで出会うファッションを取り逃さないように目を皿のようにして自転車に乗るビル(案の定、タクシーにドシンというところも一瞬写される)。
清掃員用の青いジャンパー(パリのデパートで20ドル)、そして黒いビニールの雨合羽(ガムテープでいっぱい補強)
「みんなは嫌がるんだが、ちょっと薔薇の花みたいだろ」とニコニコ語るビル。
「これで29台目の自転車」「28台は盗まれた」と、またまたニコニコ語るビル。
「好きなことを仕事にしたのではなく、好きなことをしているだけ」といった姿勢が滲み出る私生活、着るものも食べるものに無頓着。
「すまないね。いつもこんな食べ物ばかりで」
(このあたりの、やりとり含め時々垣間見せる監督との信頼関係も、このドキュメンタリー作品から感じる暖かさの一端)
パリ・コレで入口付近でパスを見せながら係の人に説明していると中から出てきた人が「この方はもっとも重要な人だから」とサッと入場させる重鎮ぶり(でも、全く何処へ行っても飄々としている)
そのパリへ行くことについて、こんな言葉「目には何度でも学ばせないと
そんなビルが一瞬だけ言葉をつまらせるシーンがある。過去の恋愛や家族のこと、信仰について尋ねられた時だ。「答えたくなければ答えなくてもいいですが」との前置きに丁寧に答える。その言語の行間から(もしかすると、両親や恋愛に対して、いろいろな確執もあったろうなぁ)いろいろなことがうかがえる。

※Memo2
「ヴォーグ」のアメリカ版編集長アナ・ウィンター(もう、とっても有名になってなってしまったことだけど「プラダを着た悪魔」のモデル)、ファッションモデル(というかアイコン)のパトリック・マクドナルド、同じカーネギーホールの古いスタジオに住む(住んでいた)写真家エディッタ・シャーマンなど様々な人が実際に登場してくる。(失礼ながら、判らない方もいました)
タイトルデザイン&写真アニメーション(Photographic animation designer)はキーラ・アレクサンドラ(Keira Alexandra)

New York Times YouTube Edition
Bill Cunningham - On the Street
http://www.youtube.com/playlist?list=PL074352F6ACE39E76

映画『ビル・カニンガム&ニューヨーク』公式サイト

http://www.bcny.jp

|

« アーミル・カーン主演『きっと、うまくいく (3 idiots)』鶏は卵の行く末を知らない | トップページ | この人の展覧会が見たい(再追記版)・ハビエル・マリスカル(Javier Mariscal)&『Chico & Rita(チコとリタ)』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リチャード・プレス監督『ビル・カニンガム&ニューヨーク』(Bill Cunningham New York):

» ビル・カニンガム&ニューヨーク [あーうぃ だにぇっと]
ビル・カニンガム&ニューヨーク@ヤクルトホール [続きを読む]

受信: 2013-05-27 12:10

» 『ビル・カニンガム&ニューヨーク』 (2010) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: BILL CUNNINGHAM NEW YORK 監督: リチャード・プレス 出演: ビル・カニンガム 、アナ・ウィンター 、トム・ウルフ 鑑賞劇場: 横浜ブルク13 映画『ビル・カニンガム&ニューヨーク』 公式サイトはこちら。 本日公開の本作。上映館もとっても少なくて、...... [続きを読む]

受信: 2013-05-27 13:59

» ビル・カニンガム&ニューヨーク [KATHURA WEST]
ビル・カニンガム&ニューヨーク 原題:Bill Cunningham, New York 監督:リチャード・プレス 2010/アメリカ オフィシャルサイト ニューヨーク・タイムズ紙でファッションコラムと社交コラムを担当する名物フォトグファー、ビル・カニンガムを追ったドキュメンタリー。 親しくする人でも、ことプライベートに関しては詳しくは知らないという。 ストリートファッション・スナップの元祖的存在と言われる彼の仕事ぶりと謎の私生活をカメラが追う。 彼の仕事(写真を撮る)に... [続きを読む]

受信: 2013-05-27 18:49

» 映画:ビル・カニンガム&ニューヨーク Bill Cunningham NEW YORK 究極に凄いニューヨーカーに痺れる。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ファッション界では伝説のカメラマン、ビル・カニンガムを描いたドキュメンタリー。 なんたって映画の完成まで10年、最初の8年は本人との交渉だと! それも推して知るべし。 ビル・カニンガムは既に84才。 彼は、365日休み無く、NYのストリートで自分のアンテ...... [続きを読む]

受信: 2013-05-27 19:47

» 『ビル・カニンガム&ニューヨーク』 2013年5月13日 ヤクルトホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『ビル・カニンガム&ニューヨーク』 を試写会で鑑賞しました。 ビルお爺ちゃんは働き者でユーモアあっていいですね 【ストーリー】  1929年生まれのビル・カニンガムは、ハーバード大学を中退してニューヨークに移り住み、広告業界に足を踏み入れる。その後、帽子のブランドを立ち上げるものの一時兵役に就き、除隊後は再びニューヨークでファッション関連の記事を執筆するようになる。やがてカメラ片手に自転車で街に出て、精力的にストリート・ファッションの撮影を始める。 ニューヨークに行けば何時でも会えそうな感じ... [続きを読む]

受信: 2013-05-27 22:55

» ビル・カニングハム&ニューヨーク [映画の話でコーヒーブレイク]
ファッションに疎いので、こんな方がいらっしゃるとは存じませんでした。 ビル・カニングハム。1929年生まれなので御年85歳。 「ニューヨーク・タイムズ」でファッションコラムと社交欄を担当する高名な写真家さんだそうです。 パリで買った$20のブルーの清掃員の服を着...... [続きを読む]

受信: 2014-04-18 23:01

« アーミル・カーン主演『きっと、うまくいく (3 idiots)』鶏は卵の行く末を知らない | トップページ | この人の展覧会が見たい(再追記版)・ハビエル・マリスカル(Javier Mariscal)&『Chico & Rita(チコとリタ)』 »