« レオナルド・ディカプリオ、キャリー・マリガン、トビー・マグワイア、バズ・ラーマン監督『華麗なるギャツビー (The Great Gatsby)』"Young and Beautiful" | トップページ | 太平洋8,000Kmの航海『コン・ティキ (Kon-Tiki) 』 »

2013-06-21

ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー『インポッシブル (Lo Imposible)』J・A・バヨナ監督

注・内容、台詞に触れています。
スマトラ島沖地震後に発生した津波に遭遇した一家の実話を基に映画化『インポッシブル』監督は『永遠のこどもたち』のフアン・アントニオ・バヨナ(J・A・バヨナ)。主演はナオミ・ワッツ(本作でアカデミー賞にノミネート)、ユアン・マクレガー、トムホランド、ジェラルディン・チャップリン、他

物語・2004年末、マリア(ナオミ・ワッツ)とヘンリー(ユアン・マクレガー)は、3人の息子と共にタイにやって来る。トロピカルムードあふれる南国で休暇を過ごすはずだったがクリスマスの次の日、彼らは未曾有の天災に巻き込まれる。一瞬にして津波にのみ込まれ、家族は散り散りになってしまう。そして…。(Brown部分シネマトゥデイより抜粋)

In_1

Memo
冒頭、いきなりの爆音ですぐに津波のシーンから?と思ったら飛行機のジェット音。おだやかなスマトラ島沖の海上が映しだされる。
そして島についてからホテルの中での様子やクリスマスの日、デッキにおかれたプレゼントを手にしてはしゃぐ子供たち(赤いボールも)などが描かれる。
プールサイドでくつろぐマリアたち。開始から13~14分のところで津波のシーンとなる。一瞬の風。転がる赤いボール。マリアの読んでいた本からメモが飛ばされる。そのメモが張り付いたガラス越しに映る倒れる樹々。そして。
この後の流されていく描写。ルーカスを見つけてからの数分間、見ているこちら側もグッと力が入る、そして恐い。
(更に、ここで描かれなかった水中でもみくちゃになるマリアの描写が終盤、手術中の夢の部分で出てきます)
マリアとルーカスは島の中心部へと流された瓦礫と樹々の中を歩いているとき、近くで子どもの声が。
「早く、あの高い木に登らないと次の津波が来るよ」と言うルーカスに「あの声が弟だったら、どうする?」医師であったという立場もあるだろうけど、この姿勢は最後まで変わらない。そして助けだされる小さい子供。「名前は?」「ダニエル」
高い木の上に退避しているとき、マリアの手をそっと撫でるダニエル。思わず顔を見合わせて微笑みあうマリアとルーカス。
(このシーンはラストと対になっている)
無事、病院まで搬送されたマリア。
そして、またルーカスに
「わたしは、ここから動かないから大丈夫だから、誰かの役に立ちなさい」尋ね人を聞いて回るルーカス。この、ものすごい状況下で成長していくルーカスの物語として見ていけるというのが本作のいい所だと思います。

Im2

父親のヘンリー、ふたりの弟と無事再開。
その後、マリアの手術を待っている時、ルーカスに
「助けてくれてありがとう」
「いや、助け合ったんだ」
同じ台詞がラストにも
最後に保険会社のチャーター機の中で安堵の中、
ルーカスに「助けてくれてありがとう」
「ダニエルを見たよ」
「多分、あれはパパだと思うんだけどすごく嬉しそうだった」
微笑み返すマリア。
(あの時助けて良かったという想いが、言葉ではなく表情から読み取れて素晴らしいシーン)
監督フアン・アントニオ・バヨナがVFXがスペインのスタジオなどで行われたせいかもしれないが、津波のシーンもハリウッド製のものとどこか違う印象。
(これはこの作品にとってよいベクトルになっていた気が)
ナオミ・ワッツの熱演はあまりに凄すぎて「エッ」と思うこと数々(しばしば)。それとルーカス少年を演じたトム・ホランド君が、すごくよかった。ちょっと『太陽の帝国』(こちらも両親と逸れて…)クリスチャン・ベールを思い出したり。

映画『インポッシブル』公式サイト
http://gacchi.jp/movies/impossibl

|

« レオナルド・ディカプリオ、キャリー・マリガン、トビー・マグワイア、バズ・ラーマン監督『華麗なるギャツビー (The Great Gatsby)』"Young and Beautiful" | トップページ | 太平洋8,000Kmの航海『コン・ティキ (Kon-Tiki) 』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/52112624

この記事へのトラックバック一覧です: ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー『インポッシブル (Lo Imposible)』J・A・バヨナ監督:

» インポッシブル/ユアン・マクレガー [カノンな日々]
2004年のスマトラ島沖地震による大津波で被災したあるヨーロッパ人家族を巡る奇跡の実話を『永遠のこどもたち』のJ・A・バヨナ監督が映画化したヒューマン・ドラマです。 出演はそ ... [続きを読む]

受信: 2013-06-22 23:15

» 『インポッシブル』 2013年4月25日 よみうりホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『インポッシブル』 を試写会で鑑賞しました。 珍しく、プレスがあたったよ 【ストーリー】  2004年末、マリア(ナオミ・ワッツ)とヘンリー(ユアン・マクレガー)は、3人の息子と共にタイにやって来る。トロピカルムードあふれる南国で休暇を過ごすはずだったが、クリスマスの次の日、彼らは未曾有の天災に巻き込まれる。一瞬にして津波にのみ込まれ、散り散りになった家族はそれぞれの無事を祈りつつ再会への第一歩を踏み出す。 この映画は昨年のTIFFで上映され、津波のシーンが強烈なため、日本公開はどうかなと 思... [続きを読む]

受信: 2013-06-22 23:46

» インポッシブル [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★☆【4.5点】(10) 映画の構成は『ワールド・トレード・センター』か。 [続きを読む]

受信: 2013-06-23 00:28

» インポッシブル [映画三昧、活字中毒]
■ 試写会にて鑑賞インポッシブル/THE IMPOSSIBLE 2012年/スペイン、アメリカ/115分 監督: J・A・バヨナ 出演: ユアン・マクレガー/ナオミ・ワッツ/トム・ホランド/ジェラルディン・チャップリン ...... [続きを読む]

受信: 2013-06-23 05:18

» 【TIFF_2012】『インポッシブル』 (2012) / スペイン・アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: The Impossible 監督: J・A・バヨナ 出演: ユアン・マクレガー 、ナオミ・ワッツ 、トム・ホランド 、サミュエル・ジョスリン 、オークリー・ぺンダーガスト 映画『インポッシブル』公式サイトはこちら。 (2013年6月14日公開) 第25回東京国際映画...... [続きを読む]

受信: 2013-06-23 09:34

» 映画「インポッシブル」@一ツ橋ホール [新・辛口映画館]
 今回私は映画サイト「Gacchi」の試写会に招かれた。客入りは6~7割くらい。本編上映前に配給元プレシディオの宣伝担当さんから、東日本大震災を経験した日本で本作が上映がされるまでの経緯が語られた。... [続きを読む]

受信: 2013-06-23 12:36

» 「インポッシブル」☆実体験の恐怖 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ロンドンのときのお友達に、このスマトラ島沖の津波を実際に体験したというご家族が居た。 まさにこの映画に登場する家族と同じ。 彼女の体験談を聞いて私が想像したものは、まるでその10分の1ほどでもなかったのだと痛感。 勿論、この映画はドキュメンタリーではないのだけど・・・・・... [続きを読む]

受信: 2013-06-23 12:48

» インポッシブル [心のままに映画の風景]
2004年12月。 マリア(ナオミ・ワッツ)とヘンリー(ユアン・マクレガー)は、3人の息子とバカンスを楽しむため、タイのリゾート地を訪れた。 クリスマスの翌日、スマトラ島沖で巨大地震が発生、一家を...... [続きを読む]

受信: 2013-06-23 22:18

» インポッシブル /The Impossible [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 2008年のアカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選ばれた 怖いだけじゃない、お気に入りのホラー「永遠のこどもたち」のJ.A.バヨナ監督作 ということで楽しみにしていた作品。 実は1ヶ月も前に試写で...... [続きを読む]

受信: 2013-06-24 01:25

» ショートレビュー「インポッシブル・・・・・評価額1550円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
生きることを、諦めない。 実に23万人もの犠牲者を出した、2004年のスマトラ島沖地震による大津波。 本作は旅先のタイでこの津波に遭遇し、一家離散しながらも壮絶なサバイバルを生き延びて再会を果たした...... [続きを読む]

受信: 2013-06-25 22:41

» 「インポッシブル」 [或る日の出来事]
家族って、すごいなあと感動する。 [続きを読む]

受信: 2013-06-25 22:56

» インポッシブル 津波の怖さとはこれなのか! [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=35 うち今年の試写会5】 「2004年のスマトラ島沖地震による津波に巻き込まれたスペイン人一家の実話を基にして作られた映画。予告編ではワッツとマクレガーが『希望、勇気、家族の愛について問い掛ける物語で、被災者の方々への大きな敬意を示した作品です』と、東日...... [続きを読む]

受信: 2013-07-01 10:21

» この状況下で人は・・・ [笑う社会人の生活]
24日のことですが、映画「インポッシブル」を鑑賞しました。 マリアとヘンリーは3人の息子と共にタイにやって来た。 しかし 彼らは未曾有の天災に巻き込まれ 一瞬にして津波にのみ込まれ散り散りになってしまい・・・ スマトラ島沖地震後に発生した津波に遭遇した一家の...... [続きを読む]

受信: 2013-07-03 17:11

» 「インポッシブル」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Lo imposible」…aka「The Impossible」2012 スペイン 2004年、12月。英国人夫婦のヘンリーとマリアはクリスマス休暇のため3人の息子を連れタイのリゾート地を訪れる。楽しいクリスマス・イヴもクリスマス・ディも終わり、引き続き家族はヴァカンスを楽しんでいた。しかしクリスマス・ディの翌日スマトラ島沖で巨大地震が発生し、津波が一家を襲う。一緒にいたマリアとルーカスは助かるが、マリアは脚に重傷を負っていた... マリアに「夫以外の選択肢/2004」「ザ・バンク ... [続きを読む]

受信: 2013-07-09 00:32

» インポッシブル [映画的・絵画的・音楽的]
 『インポッシブル』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)ナオミ・ワッツとユアン・マクレガーが出演するという情報だけを持って映画館に行ってきました(注1)。  本作は実話(true story)を基にしており、2004年12月にスマトラ島沖地震で発生した大津波に襲われ...... [続きを読む]

受信: 2013-07-12 21:54

» インポッシブル (試写会) THE IMPOSSIBLE [まてぃの徒然映画+雑記]
2004年、スマトラ沖大地震の大津波で実際にあった出来事を元にしたストーリー。主人公の1人マリアを演じたナオミ・ワッツがアカデミー主演女優賞にノミネートされました。昨年の東京国際映画祭では、チケットが発売後すぐに売り切れて、鑑賞した人から「ぜひ今の日本で公...... [続きを読む]

受信: 2013-08-18 00:07

» 「インポッシブル」 [ここなつ映画レビュー]
泣く、と判っていたけれど、本当に泣けました。津波の恐怖や、災害時に家族の消息がわからない不安感、それにももちろん同化して胸が苦しくなったけれど、最も泣けたのは、家族の中の長男が、精神的に少年から青年に成長して行く姿。 2004年、スマトラ沖で発生した、地震による津波の惨事に遭遇した、あるアメリカ人家族の物語。 クリスマス休暇でタイのリゾートへ幼子を含む家族5人で来ていたヘンリー(ユアン・マクレガー)とマリア(ナオミ・ワッツ)夫妻だったが、12月26日、スマトラ沖地震が現地を襲い、家族はバ... [続きを読む]

受信: 2013-10-11 13:54

» インポッシブル [いやいやえん]
ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー共演。 2004年のスマトラ島沖大地震の災害ヒューマンドラマ映画ですので、どうしてもそういう目線でみてしまいます。 バカンス中に津波に遭遇してばらばらに流されてしまったスペイン人一家の実話を基にしたお話で、美しい自然を堪能してから、大津波のスペクタクル映像ですぐに家族は悲惨な状況下に追いやられます。現実に起こっていたとは思えない、本当に悲惨な光景です。もう冒頭15分目あたりから涙がでてきちゃったもんね…。 主人公家族の見る地獄のような世界が、命の尊... [続きを読む]

受信: 2013-11-20 09:27

» 映画『インポッシブル』を観て [kintyres Diary 新館]
13-54.インポッシブル■原題:Lo Imposible(英題:The Impossible)■製作年、国:2012年、スペイン■上映時間:113分■料金:1,800円■観賞日:6月29日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督:J・A・バヨナ◆ナオミ・ワッツ◆ユアン・マグレガー◆トム・ホラ...... [続きを読む]

受信: 2013-12-08 23:05

« レオナルド・ディカプリオ、キャリー・マリガン、トビー・マグワイア、バズ・ラーマン監督『華麗なるギャツビー (The Great Gatsby)』"Young and Beautiful" | トップページ | 太平洋8,000Kmの航海『コン・ティキ (Kon-Tiki) 』 »