« 『繕い裁つ人』三島有紀子監督、中谷美紀主演 | トップページ | 『アメリカン・スナイパー(AMERICAN SNIPER)』クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー »

2015-02-22

『フォックスキャッチャー(FOXCATCHER)』ベネット・ミラー監督、マーク・ラファロ、チャニング・テイタム、スティーヴ・カレル

注・内容、台詞に触れています。
フォックスキャッチャー
FOXCATCHER
監督 : ベネット・ミラー

物語・大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマーク(チャニング・テイタム)は給料が払えないと告げられて学校を解雇される。失意に暮れる中、デュポン財閥の御曹司である大富豪ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)から、ソウルオリンピックに向けたレスリングチーム結成プロジェクトに勧誘される。同じくメダリストである兄デイヴ(マーク・ラファロ)と共にソウルオリンピックを目指して張り切るが、次第にデュポンの秘めた狂気を目にするようになる(物語項、シネマトゥデイより抜粋)。

Fox

Memo
冒頭から異様である。
ひとり黙々と人形を相手に練習をするマーク。
ひとしきりマークひとり暮らしのシーンが続いて、全く会話を交わさないまま兄弟の練習が始まる。
あきらかにコーチでありメンターであり父親がわりであるデイヴ。
(ここまでの積み重ねのみで兄弟のなんともいえない距離感が描かれている)
最強のレスリングチームを企てるジョン・デュポンはさらに歪だ。
ジョンの鮫の目のようなガラス玉のような眼差し。いつも斜め下を見て、いや見下ろすというか見下げるような視線。
小さい(例えるなら)"くしゃくしゃ"とした話し方。
とにかく全て自分の言うとおりに"事が行われる"と思っている。
母親との関係性。
マークがフォックスキャッチャーにやってきたときに釘をさされた母と話すな、近寄るなという注意。
少し打ち解けて、こんな話を
「初めて友だちができたと喜んだ」
「でも、その友だちに母がお金を渡していたんだ」
見ているうちにジョンがチームにおいて最もえらく勝てるのもジョンのおかげと思うようにといった圧をかけていくのが浮かび上がっていく。
そして、どうしてもデイヴをチームに呼びたいジョン。
(試合の時に結局、アドバイスしているのがデイヴだからだ)
「いくら出せばデイヴは来るんだ」
お金では来ないことを告げても理解できない。
(しかし、この後。何故かマークが誘っても誘っても来なかったデイヴがフォックスキャッチャーチームに参加してくる。はたして、なにがあったのか…。
このことがマークを苛立たせていく←このあたりから映画全体を覆う空気が痛々しいものに)
静けさと緊張感を最後まではらませた映画だが、時折使用されている楽曲、デヴィッド・ボウイ「FAME」やボブ・ディランの歌う「This Land Is Your Land」がアイロニーを効かせたアクセントとなっている(使われている場面は異様だが…)
「20ドル」
オリンピック選手金メダリストにして、この講演料の数字に愕然とする。それは兄デイヴが大学でレスリングコーチをしていることからすると本当に細々と暮らしているマークの実情を如実に表している(しかも兄の代理だ)
低学年の子供たちの前で難しい話をするマーク。
金メダルを首から下げ、それを何回も見せている姿にも"依ってたつもの"がそれしかないということを表しているようにも見える。
(ジョンから誘いがあったとき、すぐに参加したのもわかる)
エンドクレジット前のシーン。
雪の中で突然おとずれる悲劇。
デイヴを撃つジョン。(全くなにかの感情を表に出すでもなく淡々と。しかも慌てて飛び出してきた妻へも躊躇いなく銃口を向ける)
ここまでのショットの積み重ね(ロングショット使用のリズム)が凍れる物語をさらに張り詰めたものとしている。
兄の死後、総合格闘技へと転向したマークの姿が。
そして、かぶさるように使われている曲がディランの"The Times They Are a-Changin"‥。
しかもメロディのみという周到さ。

フォックスキャッチャー公式サイト

http://www.foxcatcher-movie.jp/

|

« 『繕い裁つ人』三島有紀子監督、中谷美紀主演 | トップページ | 『アメリカン・スナイパー(AMERICAN SNIPER)』クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『フォックスキャッチャー(FOXCATCHER)』ベネット・ミラー監督、マーク・ラファロ、チャニング・テイタム、スティーヴ・カレル:

» フォックスキャッチャー [あーうぃ だにぇっと]
フォックスキャッチャー@一ツ橋ホール [続きを読む]

受信: 2015-02-22 18:50

» フォックスキャッチャー [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(11) 異様な空間には緊張感が張りつめて息苦しいのだ(笑) [続きを読む]

受信: 2015-02-22 21:59

» 『フォックスキャッチャー』 [こねたみっくす]
嫉妬と孤独が愛を憎しみに変えてしまうのか。 スティーヴ・カレルが不気味で怖い。とてもカリフォルニアを激走した40歳の童貞男とは思えないほど、あの半開きの口が怖い。 そして ... [続きを読む]

受信: 2015-02-22 22:41

» フォックスキャッチャー/FOXCATCHER [我想一個人映画美的女人blog]
全米を震撼させた96年の大富豪デュポン財閥御曹司による金メダリスト殺人事件を題材に、 レスリング五輪金メダリストとそのパトロンとなった大富豪が 悲劇の結末を迎えるまでを描いた戦慄の実録人間ドラマ。 「カポーティ」「マネーボール」(larr;レビューな...... [続きを読む]

受信: 2015-02-23 00:15

» フォックスキャッチャー (試写会) [風に吹かれて]
大富豪の狂気 公式サイト http://www.foxcatcher-movie.jp2月14日公開 実話に基づいた映画原作はマーク・シュルツの自叙伝 監督: ベネット・ミラー  「カポーティ」 「マ [続きを読む]

受信: 2015-02-23 08:24

» 「フォックスキャッチャー」 母の呪縛 [はらやんの映画徒然草]
大財閥の御曹司が、元オリンピックの金メダリストを射殺してしまう。 かなりセンセー [続きを読む]

受信: 2015-02-23 09:09

» 『フォックスキャッチャー』 [ラムの大通り]
(原題:FOXCATCHER) ----『フォックスキャッチャー』って“キツネ狩り”のことだよね。 そんな歌、なかったけ? 「中島みゆきだね。 しかし、変なこと知っているなあ。 この映画のそれは、レスリングチームの名前」 ----レスリング・チーム? 「うん。 野球で言えば球団名...... [続きを読む]

受信: 2015-02-23 10:31

» 『フォックスキャッチャー』 静謐の裏側 [Days of Books, Films]
Foxcatcher(viewing film) 『フォックスキャッチャー(原題 [続きを読む]

受信: 2015-02-23 11:42

» フォックスキャッチャー ★★★ [パピとママ映画のblog]
デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンが起こした殺人事件を映画化した実録ドラマ。ジョン・デュポンが結成したレスリングチームに引き抜かれた五輪メダリストの兄弟が、彼の知られざる姿を知った果てに悲劇に見舞われる。監督は『カポーティ』などのベネット・ミラー。『...... [続きを読む]

受信: 2015-02-23 12:02

» 『フォックスキャッチャー』 (2014) [相木悟の映画評]
突き刺すように冷たい戦慄の実録ドラマ! 震えるほど恐ろしい、人間の底知れぬ闇を覗き込む一級品であった。 本作のメガホンをとったのは、『カポーティ』(05)、『マネーボール』(11)と通好みな高品質作をハズレなしで生み出しているベネット・ミラー監督。第...... [続きを読む]

受信: 2015-02-26 06:08

» フォックスキャッチャー [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【FOXCATCHER】 2015/02/14公開 アメリカ 135分監督:ベネット・ミラー出演:スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、シエナ・ミラー、ヴァネッサ・レッドグレーヴ Story:大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマークは、...... [続きを読む]

受信: 2015-02-26 10:57

» フォックスキャッチャー [映画の話でコーヒーブレイク]
何を隠そう(以前から公言していますが)、私はスティーヴ・カレルのファンです。 と言っても、日本での知名度は低いので「だれ?」っとお思いの方も多いでしょう。      ダンディでしょ?ポスターの中央が同一人物とは思えない。 「ブルース・オールマイティ」スピ...... [続きを読む]

受信: 2015-02-27 00:32

» 映画:フォックスキャッチャー Foxcatcher カレルの狂気演技が最大の見物! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
スポーツで食っていくのは大変。 それが例え、オリンピックのメダリストだろうと… レスラーで、ロスオリンピック1984でメダルを獲得した主人公(写真:左)は、超リッチな富豪からの招待を受ける。 申し出は、自分の広大な土地内の、昔は狐狩りをしていた施設を改造...... [続きを読む]

受信: 2015-02-28 10:27

» フォックスキャッチャー (Foxcatcher) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ベネット・ミラー 主演 スティーヴ・カレル 2014年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★★ 「ないものはしょうがない!」って考える方なので、“ないものねだり”って性質ではないと自負している私。でも、女房なんかに言わせると「あるものねだりがすごい…... [続きを読む]

受信: 2015-03-03 13:00

» フォックスキャッチャー [そーれりぽーと]
アカデミー賞5部門ノミネートと言う情報だけで『フォックスキャッチャー』を観てきました。 ★★★★ 全くどんな映画か知らずに観始めて、除々に不気味さを増していく怪物ジョン・デュポンの闇の方がこの映画の核なのだと言う事に気付くまでは、主演のチャニング・テイタムの...... [続きを読む]

受信: 2015-03-03 20:10

» 「フォックスキャッチャー」 [ここなつ映画レビュー]
あまりにも息を詰めて観ていたため、肩がこりっこりになってしまった。凄かった。本当に息詰まる、緊張感に溢れる作品。レスリングというスポーツのハードさや、とある貴族の異常性だけが凄かったのではない。勝ちたい、とか、栄誉を得たい、とかいう、人間の欲望だけが凄かったのではない。越えられない壁、埋まらない溝。マーク(チャニング・テイタム)の兄を越えたいという切望、ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)の母親に認められたいという渇望。そう、私はこの作品を観終わって、実はこれは家族の、ひいては血の抱える問題を描い... [続きを読む]

受信: 2015-03-06 12:48

» フォックスキャッチャー [映画的・絵画的・音楽的]
 『フォックスキャッチャー』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)昨年のカンヌ国際映画祭で監督のベネット・ミラー(注1)が監督賞を受賞した作品だというので、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、多数の猟犬を従えて馬に乗ってキツネ狩りをするシーンが描か...... [続きを読む]

受信: 2015-03-06 21:03

» キツネ狩り~『フォックスキャッチャー』 [真紅のthinkingdays]
 FOXCATCHER  1987年。3年前のロス五輪で金メダルを獲得したマーク・シュルツ(チャニ ング・テイタム)は、レスリングというマイナー競技ゆえの辛酸をなめていた。 生活は苦しく、同じく金メダリストで練習パートナーの兄デイヴ(マーク・ラファ ロ)は家庭を持ち、妻子優先。そんな孤独と焦燥の日々を送るマークの元 に、アメリカ有数の財閥の御曹司、ジョン...... [続きを読む]

受信: 2015-03-08 14:52

» フォックスキャッチャー  監督/ベネット・ミラー [西京極 紫の館]
【出演】  スティーヴ・カレル  チャニング・テイタム  マーク・ラファロ 【ストーリー】 大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマークは、給料が払えないと告げられて学校を解雇される。失意に暮れる中、デュポン財閥の御曹司である大富豪ジョ...... [続きを読む]

受信: 2015-03-09 20:23

» フォックスキャッチャー 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
スティーヴ・カレルやチャニング・テイタム、マーク・ ラファロら実力派が共演する実際にあった出来事を基に したレスリングにまつわるドラマで、監督は『カポーティ』 などのベネット・ミラーが務める映画『フォックス キャッチャー』が公開されましたので観に行ってきま…... [続きを読む]

受信: 2015-03-24 18:51

» 人間の闇 [笑う社会人の生活]
24日のことですが、映画「フォックスキャッチャー」を鑑賞しました。 オリンピックで金メダルを獲得したマーク・シュルツはデュポン財閥の御曹司ジョンからレスリングチーム「フォックスキャッチャー」に誘われる 同じく金メダリストの兄へのコンプレックスから抜けだす...... [続きを読む]

受信: 2015-04-26 22:37

» フォックスキャッチャー [Cest joli〜ここちいい毎日を♪〜]
フォックスキャッチャー 14:米 ◆原題:FOXCATCHER ◆監督:ベネット・ミラー「マネーボール」「カポーティ」 ◆出演:スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、シエナ・ミラー、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、アンソニー・マイケル・ホール、ガイ...... [続きを読む]

受信: 2015-06-16 21:42

» フォックスキャッチャー [いやいやえん]
【概略】 レスリング界で起こった実話を元に描くサスペンス。大財閥の御曹司、ジョン・デュポン率いるチーム“フォックスキャッチャー”と契約した金メダリストのマーク・シュルツ。だが、ふたりの主従関係は次第に崩壊していく。 サスペンス なぜ大財閥の御曹司は、オリンピックの金メダリストを殺したのか? 1996年1月26日、世界的な化学メーカー、デュポン社の創業者一族の御曹司が、レスリングの金メダリストを射殺したのだ。変わり者として知られた大富豪と優秀なアスリートの間には、いかなる因縁があ... [続きを読む]

受信: 2015-09-07 08:41

» フォックスキャッチャー [象のロケット]
レスリング選手マーク・シュルツは、1984年ロサンゼルス・オリンピックで金メダリストを獲得したものの、経済的に苦しい日々を送っていた。 ところがある日、デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンが出資するレスリングチーム“フォックスキャッチャー“と破格の条件で契約することに。 やがて、同じく金メダリストであるマークの兄デイヴもチームに加わったのだが…。 実際に起こった事件から生まれた物語。... [続きを読む]

受信: 2015-09-12 20:57

« 『繕い裁つ人』三島有紀子監督、中谷美紀主演 | トップページ | 『アメリカン・スナイパー(AMERICAN SNIPER)』クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー »