« 『ヒックとドラゴン2(How to Train Your Dragon 2)』ディーン・デュボア監督 | トップページ | 『セッション(Whiplash)』デイミアン・チャゼル監督、マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ »

2015-03-29

『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、マイケル・キートン、エマ・ストーン、エドワード・ノートン、ナオミ・ワッツ、ザック・ガリフィナーキス、他

注・内容、台詞、ラストについて触れています。
バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)

監督 : アレハンドロ・G・イニャリトゥ
出演 : マイケル・キートンエマ・ストーン
エドワード・ノートンナオミ・ワッツ
ザック・ガリフィナーキス、他

物語・かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること」に再起を懸けていた。しかし、降板した俳優の代役としてやって来たマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)の才能がリーガンを追い込む。さらに娘サム(エマ・ストーン)との不仲に苦しみリーガンは舞台の役柄に自分自身を投影し始め…

Mirdman

Memo1
「バットマン」を演じたマイケル・キートンが、かつてヒーロー"バードマン"だった主人公リーガンを演じる。
エドワード・ノートンは『ハルク』
ナオミ・ワッツは『マルホランド・ドライブ』で役者に憧れ(『キングコング』にも出てた!)
そしてエマ・ストーンは『アメイジングスパイダーマン』に、と逆説的批評性はキャスティングから内容にいたるまでが微に入り細に入り繰り広げられる。
冒頭直ぐにこんな台詞
(代役が必要になって探す段になってプロデューサーのジェイクとの会話←ザック・ガリフィナーキスがいつもとは違った印象の役回りで好演!)
「ウディ・ハレルソンは?」
「ハンガーゲーム撮影中」
「マイケル・ファスベンダー」
「X-MEN撮影中」
「ジェレミー・レナー」
「誰?」
「"ハートロッカー"の」
「アベンジャーズを」
「あいつまでもか」
と、ことごとくダメ。
最後は楽屋でインタビューを受けているロバート・ダウニーJrがテレビに映ってアイアンマンとアベンジャーズの続編について語っている姿が 笑
"白いブリーフは似合わない"
と、いうかめちゃくちゃ似合っている(と、言うと失礼か)。プレビュー最終日、ラストシーンを前に通りに出たところをガウンが挟まった上にオートロックがかかってしまい劇場に戻ることが出来なくなる。
仕方なくガウンを諦め、パンツ一丁になってメインストリートに出て表玄関から劇場に入ることとなる。
「バードマン?」「バードマンだ」
道行く人々がスマホで写真、動画をバシバシと撮る。
(これが功を奏して一躍時の人に。しかし、プレビュー公演はパンツ一丁で客席から入っていくことに…)
そのあとのニューヨーク・タイムズの批評家との会話(リーガンがぶちまける台詞「レッテルを貼るだけだ」など批評に対してボロクソに)、明けて酔いつぶれて目を覚ますリーガン、ついにはバードマンそのものが…。
(あ、白パンツとは別でエドワード・ノートンのまるで志村けんさんのコントのような白タイツも強烈ですが 笑)
エマ・ストーン演じる娘、サム。
施設でやらされたというトイレットペーパーにひたすら棒を記入する。
(彼女にとって、父リーガンがFacebookもtwitterもYouTubeもやらずにズレていることがたまらなく嫌なのがわかってくる伏線があっての前述、プレビュー最終日後のリーガンとの会話の台詞がよい→「人類誕生から今までがたったこれだけ」「いかにちっぽけかがわかる」「これがネットの力よ」)
この楽屋での少し理解し合えるシーンがとてもよい。
(それはそのままラストにも繋がる)
ラスト
(一応、生きているという前提で以下)
リーガンがそれこそ"無知がもたらす予期せぬ奇跡"によって(鼻をとばすが…)公演は大成功。批評も好評。
入院したベットで目を覚まし、周囲の人たちやサムと会話。
マスクのような包帯(まるでバードマン)を外し、
見上げる空には!
そして花瓶に水を入れに外に出ていたサムが病室に戻るとリーガンがいない。
(!?飛び降り?)
窓の下を見て、空を見上げるサム。
見たものは
暗転して笑い声でエンド。
(このいかようにも取れる終わり方は最強だ。何故だか、変に力が湧いてくるのは何故だろう?
傑作!)

Memo2
エマニュエル・ルベツキによるまるでワンカットで撮影されたかのようなカメラワーク。
(これは現実と幻想が切れ目なく地続きで描かれている本作にピッタリ。おそらくは監督からの要望もそういうことだったのかな?と推測)
さらにはブロードウェイの劇場とその周りの風景含めての空気(暮れてゆく、或いは明けてゆく時の流れ)まで捉えていて、なんとも魅惑的な撮影。そこをドラムのビートがいざなうように動いていくカメラ、視点。
(サムが劇場屋上で腰掛けて通りを見下ろしているあたりの色合いといい空気といい、最高です)
前述のそのドラム、アントニオ・サンチェスによる音楽が同じく切れ目のない浮遊感を保ち続ける。
(これまた、いつの間にかリーガンの心情と呼応するようになっていく感じが圧巻)
Main Title Design はBLT Communication,LLC
(主にKeyArt含め膨大な量のアートワークの数々を製作)
http://bltcommunications.com/Home/

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
公式サイト

http://www.foxmovies-jp.com/birdman/

|

« 『ヒックとドラゴン2(How to Train Your Dragon 2)』ディーン・デュボア監督 | トップページ | 『セッション(Whiplash)』デイミアン・チャゼル監督、マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/59381648

この記事へのトラックバック一覧です: 『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、マイケル・キートン、エマ・ストーン、エドワード・ノートン、ナオミ・ワッツ、ザック・ガリフィナーキス、他:

» 映画:バードマン Birdman 中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快?怪作! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方と...... [続きを読む]

受信: 2015-04-08 01:25

» 劇場鑑賞「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 [日々“是”精進! ver.F]
彼は、本物のバードマンになれたのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504100001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】Birdman [ バードマン あるいは(無知がもたら...価格:2,285円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】D...... [続きを読む]

受信: 2015-04-10 19:55

» 映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (公式)を本日公開初日に劇場鑑賞。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 今でも世界中で大人気のスーパーヒーロー映画『バードマン』で大スターになったが、シリーズ終了後20年、その役を演じた初老の俳優リーガンは仕事...... [続きを読む]

受信: 2015-04-10 20:08

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [あーうぃ だにぇっと]
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [続きを読む]

受信: 2015-04-10 20:09

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [佐藤秀の徒然幻視録]
ハリウッドの栄光は死んだ時に決まる、あるいは・・・ 公式サイト。原題:Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance) 。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督。マイケル・キートン、エドワー ... [続きを読む]

受信: 2015-04-10 20:31

» 映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [新・辛口映画館]
 今回私は「ジャパンプレミア試写会」に招かれた。上映前にクリス・ペプラー司会、米倉涼子、小柴風花の舞台挨拶があり、本編上映前からシーンを再現した寸劇やネタバレ的な会話が多く、困ったイベントである。... [続きを読む]

受信: 2015-04-10 22:11

» 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 [こねたみっくす]
映画好きにはたまらん大傑作だ! ただ映画を見るのが好きなだけの映画ファンよりも、業界裏事情まで含めた映画に纏わるもの全てを愛する映画好きにこそ、この映画の魅力は花開く ... [続きを読む]

受信: 2015-04-11 00:07

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(11) 嘗て、傑作自虐ネタ映画『その男 ヴァン・ダム』があったが [続きを読む]

受信: 2015-04-11 20:56

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」:エマ・ストーンとエンディングの素晴らしさ [大江戸時夫の東京温度]
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」は、オスカー受賞もうな [続きを読む]

受信: 2015-04-11 23:30

» 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(試写会) [・*・ etoile ・*・]
15.03.23 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(試写会)@20世紀FOX試写室 cocoで当選! いつもありがとうございます┏○ペコ スゴイ見たかったので大喜びで行ってきたー ネタバレありです! 結末にも触れています! 「かつてヒーロー映画...... [続きを読む]

受信: 2015-04-12 00:56

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  コメディ&ドラマ  監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ  出演:マイケル・キートン      ザック・ガリフィナーキス      エドワード・ノートン    ... [続きを読む]

受信: 2015-04-12 12:57

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [風に吹かれて]
舞台裏の悪戦苦闘 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/birdman 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  「21グラム」 「バベル」 かつてスーパーヒーロ [続きを読む]

受信: 2015-04-12 14:08

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [心のままに映画の風景]
ヒーロー映画「バードマン」で一世を風靡したリーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、そのイメージが払拭できず、鳴かず飛ばずの俳優人生を送っていた。 自分が脚色を手掛けた「愛について語るときに我々の語ること」で再起を懸けようと、ブロードウェイの舞台に立つが、降板した俳優の代役マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)に振り回され、薬物リハビリ中の娘サム(エマ・ストーン)とは溝が深まるば...... [続きを読む]

受信: 2015-04-13 17:54

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)★★★★ [パピとママ映画のblog]
『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督を務め、落ち目の俳優が現実と幻想のはざまで追い込まれるさまを描いたブラックコメディー。人気の落ちた俳優が、ブロードウェイの舞台で復活しようとする中で、不運と精神的なダメージを重ねていく姿を映す。ヒーロ...... [続きを読む]

受信: 2015-04-13 18:48

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)】2015/04/10公開 アメリカ PG12 120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー、エイミー・ライアン、エマ・スト...... [続きを読む]

受信: 2015-04-13 23:17

» 映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 [FREE TIME]
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2015-04-13 23:40

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [そーれりぽーと]
大方の予想に反して今年のアカデミー賞作品賞と監督賞他を掻っ攫って行った『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を観てきました。 ★★★★★ ここ10年と少しの間で一番面白いと感じた映画でした。 驚く程に延々と続く長回しが生み出す新感覚。 日本でも三...... [続きを読む]

受信: 2015-04-14 21:14

» 翔べ! ~『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 [真紅のthinkingdays]
 BIRDMAN OR  (THE UNEXPECTED VIRTUE OF                    IGNORANCE)  かつてアメコミヒーロー映画 『バードマン』 に主演し、一世を風靡したもの の、今は落ちぶれつつある俳優のリーガン(マイケル・キートン)は、再起を かけてブロードウェイの舞台に打って出る。しかし演出・脚本・主演で臨...... [続きを読む]

受信: 2015-04-15 20:15

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Akira's VOICE]
悪夢も視点を変えればハッピー。   [続きを読む]

受信: 2015-04-17 12:19

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
バードマンは飛んだのか? メキシコの異才、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の最新作は、ブロードウェイの舞台制作を通して、再起をかける落ち目の俳優が、虚構と現実の狭間に迷うシュールでユーモラスなダークファンタジー。 主人公の元ヒーロー映画のスターに、実際にバートン版「バットマン」で知られるマイケル・キートンをキャスティングするという、ダーレン・アロノフスキー的なセンスを取り込みつつ、...... [続きを読む]

受信: 2015-04-17 23:46

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [だらだら無気力ブログ!]
アカデミー賞受賞してなかったら、多分観に行ってなかっただろうな。 [続きを読む]

受信: 2015-04-18 20:31

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ [西京極 紫の館]
【出演】  マイケル・キートン  エマ・ストーン  エドワード・ノートン  ナオミ・ワッツ 【ストーリー】 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること...... [続きを読む]

受信: 2015-04-18 23:16

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 [或る日の出来事]
ユニークだなあ! [続きを読む]

受信: 2015-04-19 12:15

» バードマン Birdman 祝アカデミー4冠。 獲得のそのワケを、ばっちり鑑賞済の 当ブログが分析! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
今日のアカデミー賞で4冠。 作品賞 監督賞 脚本賞 撮影賞 どの賞も入選がナットクできる! そこで改めて、鑑賞後にアップした感想を振り返ってみたい。 <はじまった瞬間に気付く。 <「何か違うわ、これ 」 <タイトルのロゴの出方といい、リズムを刻むドラムス...... [続きを読む]

受信: 2015-04-19 12:46

» バードマン あるいは(無知がもたらす予知せぬ奇跡)見に行った〜。(;´∀`) [ペパーミントの魔術師]
いつもはサブタイトルを何かつけるんだけど、タイトル長すぎ〜。(^_^;)・・・ってそれはどうでもいい。 アカデミー賞の授賞式を見ていた時に妙に印象に残ってしまったのは、 司会をやってたひとがこの映画をパロって、ブリーフ一丁で舞台に出てくるのを通路から撮ってた...... [続きを読む]

受信: 2015-04-20 14:05

» 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は二兎を追う [映画のブログ]
 グッとくる題名だ。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。原題は"Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)"。  映画監督に限らない。創作に携わる人は誰もが「予期せぬ奇跡」を目指していよう。それをもたらすのが無知であることに気づいている人も多い。しかし、それはなかなか手に入らない。だからこそ奇跡なのだ。  そ...... [続きを読む]

受信: 2015-04-21 08:05

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) [我想一個人映画美的女人blog]
今年のアカデミー賞作品賞ほか最多4部門で受賞のアレハンドロ・ゴンザレスイニャリトゥ監督作品。 「アモーレス・ペロス」や「21グラム」「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」 全編1カットに見せる手法?という驚異の撮影スタイルで描き出し緊迫感の継続...... [続きを読む]

受信: 2015-04-21 17:22

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 そして彼はバードマンになった [はらやんの映画徒然草]
タイトルだけを見てヒーロー映画と思って、この作品を観に行くと痛い目にあうことだろ [続きを読む]

受信: 2015-04-21 22:03

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」☆映像に釘付け [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
男性版「ブラック・スワン」というべきか。 常に極限に居ることを強いられる人たちにとって、一部の癒しもないヒリヒリした日常から、遂に到達した念願の高みと究極の安らぎの世界。 「ブラック・スワン」はハッピーエンドと感じた私がやや戸惑うラストも、もしかすると役者が望む最高のエンディングを自ら歴史に刻んだという意味でハッピーエンドなのかもしれない。... [続きを読む]

受信: 2015-04-23 09:37

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)」2015 USA かつて一世を風靡したスーパーヒーロー映画“バードマン”の主人公を演じたリーガンは、いつまでたってもそのイメージが拭えず、その後もぱっとせず今や落ち目の中年俳優。妻シルヴィアとは離婚し、一人娘のサムはドラッグ依存症で退院したばかり。人生最悪状態のリーガンは一旗揚げようと舞台に取り組む… リーガンに「ビートルジュース/1988」「バットマン/1989」「バットマン リターンズ... [続きを読む]

受信: 2015-04-23 19:51

» 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」□監督・脚本 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□キャスト マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、       アンドレア・ライズボロー、エ...... [続きを読む]

受信: 2015-04-27 20:10

» バードマン [映画的・絵画的・音楽的]
 『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)本作(注1)は、本年度のアカデミー賞作品賞を獲得した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、レイモンド・カーヴァーの詩が掲げられ、そしてタイト...... [続きを読む]

受信: 2015-05-01 21:11

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/マイケル・キートン [カノンな日々]
第87回アカデミー賞では賞レースの中心的存在であったマイケル・キートン主演のブラック・コメディなダークファタジーなヒューマン・ストーリー。監督は『BIUTIFUL ビューティフル』 ... [続きを読む]

受信: 2015-05-02 09:26

» 『バードマン』 映画と舞台 微妙な関係 [Days of Books, Films ]
Birdman(viewing film) 落ちぶれたかつてのスターが過去の栄光 [続きを読む]

受信: 2015-05-02 14:11

» 映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』感想 ザ・ドラム・ムービー [映画を観たからイラスト描いた]
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance2014年/アメリカ/120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン/ ... [続きを読む]

受信: 2015-05-03 10:27

» 再起をかけた男 [笑う社会人の生活]
13日のことですが、映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは落ちぶれた今、自分が脚色・演出・主演の舞台に再起を懸けていた。 しかし、降板した俳優の代...... [続きを読む]

受信: 2015-05-14 18:46

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 [ここなつ映画レビュー]
芝居を観るのは体力がいる。昔からずっと感じていた事である。LIVE感というのか、生身の人間のパッションがそのまま迫ってきて、こちらの魂が吸い取られていくような。真剣勝負だ、相討ちだ、と、喉元に刃を突きつけられているような。だから、日常生活の他の場面で体力を最大限に使わなければならなかった私は久しく芝居の世界から遠ざかっていた。もうひとつ、LIVEなので終演時間が読めない、という点が、帰宅時間に制約のある身としては厳しい。だからと言ってきっちり時間通りに終る芝居なんて本末転倒で、時間に制約のある私にと... [続きを読む]

受信: 2015-05-15 12:44

» [映画][☆☆☆☆★]「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督(兼脚本・製作)、「バットマン」のマイケル・キートン主演。かつてヒーロームービーで一世を風靡したものの、その後は泣かず飛ばずの俳優人生を送ってきた男が、再起をかけてブロードウェイの舞台劇に挑む。 奇... [続きを読む]

受信: 2015-05-23 19:24

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督 の新作でマイケル・キートンが主演を務め、本年度 アカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞と 4つもの受賞歴を誇るブラックコメディー映画 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 が公開されまし…... [続きを読む]

受信: 2015-05-26 22:30

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) [事務職員へのこの1冊]
読売新聞にいま連載されている仲代達矢の半生記がむやみに面白い。映画界でも舞台でも活躍する彼に、双方が提供する条件が好対照なのだ。映画会社は「(うちの専属になれば)家を建ててやる」とオファー。ロケでは一流ホテルに宿泊。対して、所属する劇団の公演ではほと...... [続きを読む]

受信: 2015-06-28 17:35

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [銀幕大帝α]
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 2014年 アメリカ 120分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/10) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演: マイケ...... [続きを読む]

受信: 2015-09-04 14:19

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [いやいやえん]
【概略】 映画シリーズ4作目を断って20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー“バードマン”。だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、ブロードウェイの舞台に立とうとしていた。ところが大ケガをした共演者の代役として現れた実力派俳優のマイクに脅かされ、アシスタントに付けた娘のサムとは溝が深まるばかり。しかも決別したはずの“バードマン”が現れ、彼を責め立てる。果たしてリーガンは、再び成功を手... [続きを読む]

受信: 2015-09-11 07:19

» バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 主演 マイケル・キートン 2014年 アメリカ映画 119分 ドラマ 採点★★★ 平均寿命から考えると、人生の折り返しってのをとっくに過ぎてしまったミドルエイジ真っ盛りな私。ただまぁ、下の子がまだ小さいってのもあってか、さ…... [続きを読む]

受信: 2015-10-08 16:31

» 【映画】バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画 ■あらすじ かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは、 落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること」に再起を懸けていた。 しかし、降板した俳優の代役としてやって来たマイク・シャイナーの才能がリーガンを追い込む。 さらに娘サムとの不仲に苦しみ、リーガンは舞台の役柄に自分自身を投影し始めhellip;hellip;。 ■感想 この作品はアカデミー賞の作品を受賞した作品... [続きを読む]

受信: 2016-01-05 20:11

« 『ヒックとドラゴン2(How to Train Your Dragon 2)』ディーン・デュボア監督 | トップページ | 『セッション(Whiplash)』デイミアン・チャゼル監督、マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ »