« 『アメリカン・スナイパー(AMERICAN SNIPER)』クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー | トップページ | 『幕が上がる』本木克英監督、平田オリザ原作、ももいろクローバーZ、黒木華、ムロツヨシ、他 »

2015-03-05

『プリデスティネーション(Predestination)』ピーター・スピエリッグ&マイケル・スピエリッグ監督、イーサン・ホーク、サラ・スヌーク

注・内容、台詞、他いろいろ触れています(ネタバレ)。
プリデスティネーション
(Predestination)
原作 : ロバート・A・ハインライン
監督・脚本 :
ピーター・スピエリッグ
マイケル・スピエリッグ

1970年、ニューヨーク。とあるバーを訪れた青年ジョン(サラ・スヌーク)は、バーテンダー(イーサン・ホーク)に自身が歩んだ人生を語る。それは女性として生まれて孤児院で育ち、付き合っていた流れ者との子を宿すも彼に去られ、さらに赤ん坊を何者かに誘拐されたという壮絶なものだった。それを機に男性として生きることを選んだジョンに、バーテンダーは未来からやって来た時空警察のエージェントだと明かす。そして…。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)
・セーラ・スヌークは公式サイト準拠でサラ・スヌークで表記

Pre

Memo
鶏が先か卵が先か。
いわゆるタイムパラドックスものの作品だが、全体を貫くセンスの一貫性に大拍手!!
特に原作通りの展開(前半、バーでの話、後半目まぐるしく展開する時間移動)をそのまま映画でも再現していて驚く。
しかも、ほぼピッタリの時間配分。
エンドクレジット表記もきっちりとバーテンダーと未婚の母となっていました(まさか、◯◯◯と◯◯◯◯が!!さらに…も、そーだったのかぁぁぁぁ!!!の表記はしていませんでした…って、あたりまえか 笑)
冒頭、イーサン・ホークが目覚めたときに目にする貼り紙
Never do yesterday what should be done tomorrow.
If at last you do succeed, never try again.

↑これとくり返し出てくる、この台詞(言葉)
「自分を破滅させた男が目の前に現れたら?」
何よりもサラ・スヌーク。
時にジョディ・フォスター、時にディカプリオと様々な表情をみせる。
「クライング・ゲーム」や「オルランド」想起な出来事(←と、書くとこの作品に対してのネタバレでもあるか…。)
そもそもが、この転換点(まさに転換点)がある故の「輪廻の蛇」
そこに"追いかけている爆弾魔は誰なのか?"もからませて更に深化させた脚色は見事というしかない。
先に挙げた2作品以外にも「ダークシティ」「カフカ」そして「クラウド アトラス」(←ラストの真実が判る1分間の音楽とカットの積み重ねなどは、まさに)
スペースコープ社でのVRグラスは「ブレインストーム」(と、いうかダグラストラブル"ショースキャン"か)
自己相似形とは、いかようなものなのかという命題に踏み込んでいくエモーショナルなものが作品に内包されているのは監督が双子であるということと関係しているのかもしれない、などと、ふと。
見ているこちら側に訴えかけてくるものが単なるSFではない魅力に溢れているのは、そのせいでもあると思う。
1960年代でのジェーンとジョンのエピソードが切なさを持って描かれている。そしてこれは途切れることのない永遠の孤独とも繋がる部分で描き方としても申し分がない素晴らしさ。
(1965年から1945年への赤ちゃんを抱いての時間移動から続いていくシーンが特に…)
ダイヤル式の時航器。
これで任務終了と思って合わせたダイヤル
「DECOMMISSION」
しかし勝手にリセットされるダイヤル
「FAIL-ERROR-FAIL」
「何が起ったんだ?」
渡されていた封筒を開けるバーテン
そして…
(原作を読んでいてもひっくり返りました、いやホントに…)
各年代で使用された楽曲
"1970(I FEEL ALRIGHT)"
THE STOOGES
"Is It Over"
Emma Bosworth
"I'M MY OWN GRANDPA"
RONZO AND OSCAR
(↑これが最も意味深 w)
プロダクションノートに記載されていた年代ごとのカラーパレット設定
「1940年代はドライなグリーンと汚れた感じ。1960年代は清潔感あるブルーを基調にシルバーとピーコック・グリーンでスペースコープ社のモダンなテイストを。1970年代はブラウン、オレンジといったアース系のカラー。そして1980年代と1990年代は、モノクロ基調でタイムレスな感じ」(以上転載)

映画『プリデスティネーション』公式サイト
http://www.predestination.jp/

|

« 『アメリカン・スナイパー(AMERICAN SNIPER)』クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー | トップページ | 『幕が上がる』本木克英監督、平田オリザ原作、ももいろクローバーZ、黒木華、ムロツヨシ、他 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/59142193

この記事へのトラックバック一覧です: 『プリデスティネーション(Predestination)』ピーター・スピエリッグ&マイケル・スピエリッグ監督、イーサン・ホーク、サラ・スヌーク:

» プリデスティネーション ★★★ [パピとママ映画のblog]
ロバート・A・ハインラインによる「輪廻の蛇」を基にしたSFサスペンス。時空を往来する犯罪者を取り締まるエージェントと出会い、その仲間になった青年が繰り広げる戦いと彼が抱える宿命を活写する。メガホンを取るのは、『アンデッド』『デイブレイカー』の双子監督マイ...... [続きを読む]

受信: 2015-03-06 19:43

» 『プリデスティネーション』 [時間の無駄と言わないで]
予告編だとタイムスリップしまくるSFアクション映画だったのに、実際観たら全然違った。 SFだけどアクションじゃなかった。 超地味。 酒場の客の身の上話が長い長い。 必要なシ ... [続きを読む]

受信: 2015-03-07 03:15

» ショートレビュー「プリデスティネーション・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ウロボロスの宿命。 巨匠ロバート・A・ハインラインの傑作短編小説、「輪廻の蛇」の初の映像化。 異色のヴァンパイア映画「デイブレイカー」で注目された、ドイツ出身オーストラリア育ちの双子の監督スピエリッグ兄弟と、主演のイーサン・ホークが再タッグを組み、なかなかに味わい深いSF映画の佳作となった。 原作は邦訳文庫でわずか29ページ、30分もあれば読み終わってしまう短さだが、タイムパラドッ...... [続きを読む]

受信: 2015-03-08 22:03

» プリデスティネーション [風に吹かれて]
始まりはどこ? 公式サイト http://www.predestination.jp 原作: 輪廻の蛇 (ロバート・A・ハインライン著/ハヤカワ文庫)監督: ピーター・スピエリッグ ,マイケル・スピエ [続きを読む]

受信: 2015-03-08 22:57

» プリデスティネーション〜永遠の自作自演 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Predestination。オーストラリア。ロバート・A・ハインライン原作、ピーター・スピエリッグ、マイケル・スピエリッグ監督。イーサン・ホーク、セーラ・スヌーク、ノ ... [続きを読む]

受信: 2015-03-09 23:05

» プリデスティネーション/PREDESTINATION [我想一個人映画美的女人blog]
先月一番たのしみだったこれ。  やっと観れた〜 同じく、イーサン主演の 人口の95%がヴァンパイアになってしまった未来を描いたSF「デイブレイカー」 の、オーストラリアの双子監督ピーター&マイケル・スピエリッグ最新作 SFの巨匠ロバート・A・ハイン...... [続きを読む]

受信: 2015-03-11 23:27

» プリデスティネーション 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
オーストラリア出身のピーター&マイケルの スピエリッグ兄弟監督とイーサン・ホークが 2009年のヴァンパイア映画『デイブレイカー』 以来再びタッグを組んだSFサスペンス映画 『プリデスティネーション』が公開されました ので観に行ってきました。 ジェームズ・フランコ…... [続きを読む]

受信: 2015-03-18 18:00

» プリデスティネーション  監督/ピーター&マイケル・スピエリッグ [西京極 紫の館]
【出演】  イーサン・ホーク  セーラ・スヌーク 【ストーリー】 1970年、ニューヨーク。とあるバーを訪れた青年ジョンは、バーテンダーに自身が歩んだ人生を語る。それは女性として生まれて孤児院で育ち、付き合っていた流れ者との子を宿すも彼に去られ、さらに赤ん坊...... [続きを読む]

受信: 2015-03-22 09:29

» 映画「プリデスティネーション」 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2015/3/15、ユナイテッドシネマ豊洲。5番スクリーン。 70席の小さいシアターで何度か来たはずだが、記載見つからず、 6番とほぼ同じ構成。 6番スクリーンでは「E列で高さ丁度」とあったので、E列を取った。 ** イーサン・ホーク、サラ・スヌーク、ノア...... [続きを読む]

受信: 2015-03-22 11:22

» 『プリデスティネーション』('15初鑑賞27・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 18:45の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2015-04-01 20:41

» 存在の環/輪廻の蛇~『プリデスティネーション』 [真紅のthinkingdays]
  PREDESTINATION  1970年のニューヨーク、連続爆弾魔による爆発が相次ぐ夜の街。ある酒場 のカウンターに、一人の男(サラ・スヌーク)がやってくる。バーテンダー(イー サン・ホーク)は彼に興味を示し、身の上話をするよう促す。男の口から語ら れたのは・・・。  ハインラインの原作、タイムトラベルSF、イーサン・ホーク主演。事前にこ れ...... [続きを読む]

受信: 2015-04-09 13:02

» 語りとSF、そして輪廻へと [笑う社会人の生活]
3日のことですが、映画「プリデスティネーション」を鑑賞しました。 1970年 ニューヨーク。とあるバーを訪れた青年ジョンはバーテンダーに自身が歩んだ壮絶な人生を語る。 そんなジョンにバーテンダーは自分は未来から来た時空警察のエージェントだと明かして・・・ 正...... [続きを読む]

受信: 2015-04-29 06:02

« 『アメリカン・スナイパー(AMERICAN SNIPER)』クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー | トップページ | 『幕が上がる』本木克英監督、平田オリザ原作、ももいろクローバーZ、黒木華、ムロツヨシ、他 »