« 『セッション(Whiplash)』デイミアン・チャゼル監督、マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ | トップページ | "クサとチョコバナナとパンケーキ"『インヒアレント・ヴァイス(Inherent Vice)』ポール・トーマス・アンダーソン監督、ホアキン・フェニックス、ジョシュ・ブローリン、他 »

2015-04-23

"恋は魔法?"『マジック・イン・ムーンライト(Magic in the Moonlight)』ウディ・アレン監督、コリン・ファース、エマ・ストーン、他

注・内容、台詞、ラストに触れています。
マジック・イン・ムーンライト
Magic in the Moonlight
監督 : ウディ・アレン
出演 : コリン・ファースエマ・ストーン
ジャッキー・ウィーヴァーマーシャ・ゲイ・ハーデン
アイリーン・アトキンスハミッシュ・リンクレイター
サイモン・マクバーニー

物語・魔法や超能力など信じない皮肉屋のイギリス人マジシャン、スタンリー(コリン・ファース)は、ある大富豪をとりこにしているアメリカ人占い師の正体を暴いてほしいと頼まれる。南フランスの富豪宅を訪ねるも占い師ソフィ(エマ・ストーン)が発揮する驚異的な透視能力にただただ驚かされ、それまでの人生観を覆される羽目に。その上、かれんな容姿で明るく活発な彼女に魅了されてしまい…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Moon2

Memo1
「タロットカード殺人事件」のウディ・アレン本人によるトランプマジックあたふたも楽しかったけど本作におけるコリン・ファース演ずるスタンリー(モデルがいるらしい)の"天才悪魔フーマンチュー"的というか"ハイ、わたし中国は広島の生まれ"ゼンジー北京師匠的マジシャン姿もいきなり怪しオモシロでつかみバッチリ!しかも超毒舌(ファンがサインを求めてきても「あー、ハイハイ」とばかりに無視 w)
本作の時代設定もあって、いわゆる妖精事件を扱ったシャーロック・ホームズをピーター・オトゥールがフーディニをハーヴェイ・カイテルが演じていた『フェアリーテイル』を思いだした。(神秘主義と科学のせめぎ合いという意味でも)
ウディ・アレン作品の中では軽め(とはいえ職人芸)だが、この上なくロマンティックなトーンとラストシーンをもった本作、いいなぁー
突然の雨に逃げ込んだ天文台。
子供の頃、空が怖かったというスタンリー(このあたりの会話で実は未知なるもの、大いなるものに対して畏怖の念を持っていたのだなーということが垣間見られる)
天体望遠鏡のための天井を開けたとき見えたのは雨が上がった空に輝く月。
"人生は喜劇か悲劇か"
それはウディ・アレン作品の幾つかの作品でもよく見られるテーマ。(『メリンダとメリンダ』のように、それこそ同じ事柄をふたりのメリンダから喜劇編、悲劇編とはっきりとわけて描いていた作品もある)
そして今回はマジックか本物のの占い師(霊能)か、ロジックかスピリチュアルかの対照的図式。
スタンリーが初めてソフィに会ったとき「中国に何か関係している?」と言い当てられてドキッとしたのと同時に実はソフィに対して一目惚れ的にもドキッとしていたのでは?
(その後スタンリーが信頼している伯母さんとの自分だけしか知らない秘密を当てられてすっかり、これは本物の超能力霊能だ!とあっさり信じてしまう←この転向具合がアレンらしい隠しアイロニーw)
よくよく考えてみると友人がスタンリーを騙すために仕組んだ大芝居。このことがないとスタンリーとソフィは出会ってなかったわけだから、そう、それこそまさに"恋は魔法"
ラスト
(前段階として降霊術シーンで返事として机を叩くような音が1回の場合はイエス)
自分がどんなにソフィーのことを愛していたかを告げているスタンリー
「その大きな瞳と笑顔にもう一回会いたい。聞こえるなら返事をしてほしい」
するとドンと机を叩く音が1回。
「ソフィー?」
もう一度机を叩く音が1回
「僕と結婚してほしい」
また1回
ふりかえるスタンリー。
ソフィの姿が。
キスをする二人でエンドクレジットへ。

Memo2
撮影はダリウス・コンジ
『ミッドナイト・イン・パリ』『ローマでアモーレ』のトーンは本作にも引き継がれアレン好みのウォームカラーで整えられている。
タイトルデザイン
Black on Whiteによるお馴染みのタイトルカード
Typefaceは他の多くの作品と同じWindsorでした。
(特に「&」の部分に特徴がよくでています)
衣装デザイナーはウディ・アレン作品には欠かせないソニア·グランデ
スケッチと電話インタビュー。デザインに際して使用した写真や絵画も掲載されたNational Post記事
http://news.nationalpost.com/arts/movies/woody-allens-costume-expert-on-magic-in-the-moonlight
監督が青色について嫌がっていること(前述通りウォームトーン好み)を常に念頭においているということや素材についても語っている。
ソフィの(ラスト近く、スタンリーと仲違いして富豪と結婚することに!?となった際の)婚約指輪と伯母さんにまつわるジュエリーがVan Cleef & Arpelsのハイジュエリーが用いられていました。
(エンドクレジットの一番最後に謝辞が)
『王様のブランチ』でのウディ・アレン特集。
アレンの仕事場「マンハッタン・フィルム・センター」でのインタビュー。
地上波でこれぐらい長い特集は初めてかもという約15分。既出インタビューだと思うけど『マジック・イン・ムーンライト』コリン・ファース&エマ・ストーンインタビューも少々。
演出術などを語ったのち『マジック・イン・ムーンライト』についてこう締めくくり→「とてもロマンティックでマジカルな映画をつくりました。見れば気に入ると思うけど、もし気に入らなかったら僕に電話して文句を言えば善処するよ」

Moon1

映画『マジック・イン・ムーンライト』公式サイト
http://www.magicinmoonlight.jp/

|

« 『セッション(Whiplash)』デイミアン・チャゼル監督、マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ | トップページ | "クサとチョコバナナとパンケーキ"『インヒアレント・ヴァイス(Inherent Vice)』ポール・トーマス・アンダーソン監督、ホアキン・フェニックス、ジョシュ・ブローリン、他 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/59646172

この記事へのトラックバック一覧です: "恋は魔法?"『マジック・イン・ムーンライト(Magic in the Moonlight)』ウディ・アレン監督、コリン・ファース、エマ・ストーン、他:

» マジック・イン・ムーンライト [佐藤秀の徒然幻視録]
マジックが密造される時 公式サイト。原題:Magic in the Moonlight。アメリカ=イギリス、ウディ・アレン監督。コリン・ファース、エマ・ストーン、アイリーン・アトキンス、ハミッシュ・ ... [続きを読む]

受信: 2015-04-23 18:37

» マジック・イン・ムーンライト ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
1920年代の南フランスを舞台に、不思議な能力を持つ女性占い師と、そのトリックを暴こうとするマジシャンの恋の駆け引きを描いたロマンチックコメディー。『ミッドナイト・イン・パリ』など数々の名作を手掛けてきた名匠ウディ・アレンがメガホンを取り、対照的な男女の恋...... [続きを読む]

受信: 2015-04-23 18:40

» 出来の悪いコント~『マジック・イン・ムーンライト』 [真紅のthinkingdays]
 MAGIC IN THE MOONLIGHT  1928年。ベルリンで奇術師ウェイ・リン・スーに扮し、マジックショーを成功 させていたスタンリー(コリン・ファース)の元に、旧友ハワード(サイモン・マ クバーニー)が訪れる。南仏で人々を虜にしているアメリカ人占い師ソフィ(エ マ・ストーン)の正体を暴いて欲しいとハワードに頼まれたスタンリーは、南仏 ...... [続きを読む]

受信: 2015-04-23 18:53

» 「マジック・イン・ムーンライト」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Magic in the Moonlight」2014 USA/UK 1928年のドイツ、ベルリン。スタンリーは中国人の扮装をし華麗なるイリュージョンを披露する英国人の天才マジシャン。ある日、友人ハワードがやって来て、コート・ダジュールに住む大富豪が夢中になっているアメリカ人占い師ソフィーの占いが本物か、それとも偽物か見極めて欲しいと依頼する… スタンリーに「デビルズ・ノット/2013」のコリン・ファース。 ソフィに「ラブ・アゲイン/2011」「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~/20... [続きを読む]

受信: 2015-04-23 19:24

» マジック・イン・ムーンライト [映画的・絵画的・音楽的]
 『マジック・イン・ムーンライト』を渋谷ル・シネマで見ました。 (1)前作『ブルージャスミン』が良かったウディ・アレン監督の最新作というので、映画館に出かけてみました。  本作(注1)の冒頭は、1928年のベルリン。  「Wei Ling Soo」と書かれた看板がかかって...... [続きを読む]

受信: 2015-04-23 20:32

» マジック・イン・ムーンライト [あーうぃ だにぇっと]
マジック・イン・ムーンライト@一ツ橋ホール [続きを読む]

受信: 2015-04-23 21:49

» マジック・イン・ムーンライト / Magic in the Moonlight [勝手に映画評]
ウディ・アレンのコメディ作品。 う〜ん、ウディ・アレンの作品ですねぇ(笑)。皮肉が効いています。その皮肉を嫌味にならない程度に留めているのがウディ・アレンの腕でしょうか。冷静に考えてみると、対立していた男女が最後には引かれ合うというのは有りがちな設定です...... [続きを読む]

受信: 2015-04-23 22:41

» マジック・イン・ムーンライト [だらだら無気力ブログ!]
エマ・ストーン、超可愛い。 [続きを読む]

受信: 2015-04-23 22:43

» 映画:マジック・イン・ムーンライト Magic in the Moonlight  ウディ・アレン新作は息抜きお気楽ムービー [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
機内映画で鑑賞。 「The Maze Runner」「The giver」(そのうちアップ予定)と、今のアメリカっぽくイマイチなSF × 2本にゲンナリ(笑) じゃ次はもっと固めにしようと、タイトルに惹かれ、突入。 すると、タイトルバックが出、音楽が鳴り出すと、やけにウディ・ア...... [続きを読む]

受信: 2015-04-25 12:40

» 『マジック・イン・ムーンライト』 [こねたみっくす]
エマ・ストーンよりもコリン・ファースが可愛らしすぎて困っちゃいます。 最近のウディ・アレン監督作品と比べると、どうも物足りなく感じてしまうのはなぜ?ダイアン・キートン ... [続きを読む]

受信: 2015-04-25 23:12

» マジック・イン・ムーンライト [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ&イギリス  コメディ&ロマンス  監督:ウディ・アレン  出演:コリン・ファース      エマ・ストーン      マーシャ・ゲイ・ハーデン      ハミ ... [続きを読む]

受信: 2015-04-26 11:39

» マジック・イン・ムーンライト [心のままに映画の風景]
頭が固く皮肉屋のイギリス人スタンリー・クロフォード(コリン・ファース)は、中国人マジシャンのウェイ・リング・ソーとして華麗なイリュージョンで喝采を浴びていた。 ある日、大富豪のカトリッジ母息子(ジャッキー・ウィーバー、ハミッシュ・リンクレイター)が入れあげているアメリカ人女占い師ソフィ(エマ・ストーン)の真偽のほどを見抜いて欲しいと、友人のハワード・バーカン(サイモン・マクバーニー) ...... [続きを読む]

受信: 2015-05-03 00:54

» 「マジック・イン・ムーンライト」 [或る日の出来事]
エマたんに会えれば、それでいい。 [続きを読む]

受信: 2015-05-09 09:02

» 映画・マジック・イン・ムーンライト [読書と映画とガーデニング]
原題 Magic In The Moon Light2014年 アメリカ、イギリス ウディ・アレン作品では「ミッドナイト・イン・パリ」のような作品が好きです本作もその流れですよね 1928年、この世に魔法や超能力など絶対に存在しないと確信するイギリス人マジシャン・スタンリー...... [続きを読む]

受信: 2015-05-10 14:16

» マジック・イン・ムーンライト [映画好きパパの鑑賞日記]
 ウディ・アレンの毒にもクスリにもならないラブコメ。1920年代の南フランスの雰囲気は良かったけど、「ブルージャスミン」のような毒もなく、途中でちょっと退屈しちゃいました。  作品情報 2014年アメリカ、イギリス映画 監督:ウディ・アレン 出演:コリン・ファ…... [続きを読む]

受信: 2015-05-11 06:13

» 恋というマジック [笑う社会人の生活]
映画「マジック・イン・ムーンライト」を鑑賞しました。 魔法や超能力など信じない人気マジシャン、スタンリーは幼馴染から大富豪をとりこにしている占い師の正体を暴いてほしいと頼まれる ペテンを見抜いてやろうと南フランスの富豪宅を訪ねるが占い師ソフィが発揮する...... [続きを読む]

受信: 2015-05-15 18:08

« 『セッション(Whiplash)』デイミアン・チャゼル監督、マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ | トップページ | "クサとチョコバナナとパンケーキ"『インヒアレント・ヴァイス(Inherent Vice)』ポール・トーマス・アンダーソン監督、ホアキン・フェニックス、ジョシュ・ブローリン、他 »