« 『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、マイケル・キートン、エマ・ストーン、エドワード・ノートン、ナオミ・ワッツ、ザック・ガリフィナーキス、他 | トップページ | "恋は魔法?"『マジック・イン・ムーンライト(Magic in the Moonlight)』ウディ・アレン監督、コリン・ファース、エマ・ストーン、他 »

2015-04-17

『セッション(Whiplash)』デイミアン・チャゼル監督、マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ

注・内容、台詞、ラストに触れています。
セッション
Whiplash
監督・脚本 : デイミアン・チャゼル
出演 : マイルズ・テラーJ・K・シモンズメリッサ・ブノワ

物語・名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(J・K・シモンズ)だった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼におののきながらも、その指導に必死に食らい付いていくニーマン。だが、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化していく。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Wh

Memo
そもそもが音楽映画のようで実は音楽映画ではない。
(異形なタイプの音楽映画を意図していたのでは?などとも思ってしまう、と書いたところで監督自身がアクション映画、戦争映画云々語っているインタビューがいろいろなところで見受けられるので、まさにそうなのですね。参考にした映画になんと『レイジング・ブル』が入ってる!)
そこに描かれるのは鬼教官(教師)としごかれる有能だと思しき新兵(新入生)←(結局のところフレッチャーは伸ばそうとしていたのではなくニーマンを潰しにかかっていたと見受けられる)
そしてスピルバーグ監督『激突』でのタンクローリーとたまたま追い越してしまったがために追われ続ける乗用車のような1対1のシンプルな構図。
フレッチャーは冒頭の会話から既に底意地が悪さが。
(以下、正確な字幕再現ではありませんが)
ドラムを練習するニーマン。
部屋に入ってきたフレッチャーに気づく
「何故、演奏を止める」
叩き始めるニーマン
「誰が初めて良いと言った」
「すみません」
「わたしは何故演奏を止めたかを聞いただけだ」
「プレイを見せてみろ」
また叩き始めるニーマン。
ドアの閉まる音(←おいおい聴かずに出て行くの??)
また入ってくるフレッチャー
「ジャケットを忘れた」
これはニーマンが練習に加わってからもテンポが早いと遅いを繰り返してプレイし続けさせるシーンに増幅。(さらには口でリズムを刻ませフレッチャーはビンタの応酬をする、愛のムチを通り越したシゴキ)
とにかく、このJ・K・シモンズ(アカデミー賞受賞は衆目の一致するところ)演ずるフレッチャーの一挙一動リストを作ってもいいぐらいにスゴイ(練習時間に一秒のズレもなくジャスト9時にやってきて、すっと帽子や服をかける、そこの部分だけで既に圧倒される)
監督でもあるデイミアン・チャゼルによる脚本
(PDFで読めます)
whiplash screenplay
http://www.sonyclassics.com/awards-information/whiplash_screenplay.pdf
若干、映画とはシーン入替やカットもあるけどドラムプレイなど細かく書かれていて驚く。
それにしてもニーマン。
自分から声をかけておきながら、あまりに身勝手なニコル(メリッサ・ブノワ)への態度。
「僕は音楽に打ちこみたい」
「もっと練習がしたいから別れてくれ」って、どないなっとんねん(と、あえて関西弁で言いたいぐらいにどないなっとんねん)
で、前述の脚本の話。
ニーマンがニコルをデートに誘うシーンの順番が脚本と完成本編では入れ替わっていた。
フレッチャーに「明日の朝、6時30分。遅れるな」(←これも嘘の時間で実際には9時開始)と選ばれたことに意気揚々としたシーンのあとになっているが脚本では逆になっていて、実際の本編順番の方が"気分が盛り上がって声をかけた感"が高くなっている。
多くの方が指摘するようにニコルとのエピソードはなくても成立していたかも(実際ニコルとのデートシーンはピザを食べに行くところぐらいで、あとは前述別れてくれシーンになってしまうので唐突さが高い←故にニーマンの思い込み度を表してるとも言えるのだが)
ちなみに父親との関係性を表す数々のシーンはニーマンの(最低限わかっていないといけない)バックグラウンドとして必要だと思います。
ラスト
全てを覆す約10分弱のエンディング。
ニーマンは退学。
フレッチャーは学校を追われての再会。
カーネギーホールでのプロによるジャスバンドに参加しないかと声をかけられドラムセットにつくニーマン。
練習してきた「Whiplash」と「Caravan」だから大丈夫だと言われていたにも関わらず告げられたタイトルは「UPSWINGIN」
まんまとフレッチャーに騙されたと気づくニーマン。
しかし譜面もなく練習をしたこともない曲を叩けるわけもなくボロボロに。
「お前が告げ口したんだろ?」
舞台を降り父親とハグしてそのまま帰るのかと思いきや、再びステージにあがりフレッチャーを無視して「Caravan」を叩きはじめる。
これは自分のための演奏と言わんばかりに。
ここからの、まさにボクシングの世界タイトルマッチを見せられているような一戦は劇場で見てこそ味わえる高揚感。
ドラムソロに至って、ついにはある種のつながりが。
お互いの目のアップ。
ジャンと演奏が終わりエンドタイル(このタイミングは絶妙!)

映画『セッション』公式サイト
http://session.gaga.ne.jp/

|

« 『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、マイケル・キートン、エマ・ストーン、エドワード・ノートン、ナオミ・ワッツ、ザック・ガリフィナーキス、他 | トップページ | "恋は魔法?"『マジック・イン・ムーンライト(Magic in the Moonlight)』ウディ・アレン監督、コリン・ファース、エマ・ストーン、他 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/59558937

この記事へのトラックバック一覧です: 『セッション(Whiplash)』デイミアン・チャゼル監督、マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ:

» セッション・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
魂を、叩きつける! 
恐ろしいまでの緊迫感が持続する、超クールな音楽映画。
 全米No.1の音楽大学を舞台に展開するのは、たった一人の天才を育てたい教師と、偉大な音楽家になりたいと願う生徒の、“指導”なんて緩い言葉は全く相応しくない、壮絶な“音バトル”だ。 お互いの全存在をかけた闘いは、観客の目を釘付けにし、心を鷲掴みにしてはなさない。 監督・脚本のデミアン・チャゼルは、元々ミュ...... [続きを読む]

受信: 2015-04-17 23:47

» セッション/彼らは人間である前にアーティストだった。 [MOVIE BOYS]
サンダンス映画祭でグランプリと観客賞、アカデミー賞では5部門にノミネートされJ・K・シモンズの助演男優賞を含む3冠を獲得した作品。名門音楽学校に通うジャズドラマーと、彼に理不尽なまでの教育をする教授の姿を描き出した人間ドラマだ。主演は『ダイバージェント』などのマイルズ・テイラーと『JUNO』などのJ・K・シモンズ。監督はデイミアン・チャゼルが務めた。... [続きを読む]

受信: 2015-04-18 00:06

» セッション [あーうぃ だにぇっと]
セッション@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2015-04-18 06:51

» セッション〜No Two Words [佐藤秀の徒然幻視録]
バードマンとは俺のことかとパーカー言い 公式サイト。原題:Whiplash(痛めつける)。デイミアン・チャゼル監督。マイルズ・テラー、J・K・シモンズ(本年度米アカデミー賞助演男優賞)、 ... [続きを読む]

受信: 2015-04-18 14:49

» 『セッション』 [時間の無駄と言わないで]
J・K・シモンズはそりゃオスカー獲るわ。 もうサイコっぷりが堪らない。 罵声飛ばしたり、ピリピリと指導したりと目が離せない。 音楽学校の先生なのにハートマン軍曹みたいだも ... [続きを読む]

受信: 2015-04-19 03:51

» 映画:セッション Whiplash 予想外に見過ごせない、究極の体育会系教師と弟子のガチバトル [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
正直、ここまで面白いとは思わなんだ。 体育会系教師 vs 弟子 のバトル、という構造を聞いただけで、よくある予定調和の物語を想像していたので。 これで、なぜアカデミー賞で5部門にノミネートされ、それも「作品賞」「脚色賞」だというのも、ナットク。 J・K・シモ...... [続きを読む]

受信: 2015-04-19 12:44

» 『セッション』 [ラムの大通り]
(原題:Whiplash) ----この映画って アカデミー賞作品賞にノミネートされていたんだよね。 観る前は、それほど乗り気じゃニャいみたいだったけど、 戻ってきたら大興奮してた。 「そうなんだ。 思っていたのとは、 まったく違っていて…。 タイトルが『セッション』で、...... [続きを読む]

受信: 2015-04-19 22:36

» 『セッション』 [こねたみっくす]
ドラム版『フルメタル・ジャケット』という評価に偽りなし! ただ映画を見ているだけなのに、まるで自分自身も時間制限なしにドラマを叩かされているような、この全身に襲い掛か ... [続きを読む]

受信: 2015-04-19 23:23

» セッション/WHIPLASH [我想一個人映画美的女人blog]
昔っから、バンド組んだとしたらボーカルか「ドラムやりたい」ってずーっと思ってたわたし。 すいません。考え甘かった アカデミー賞作品賞ノミネート、(助演男優賞 J・Kシモンズ、録音賞・編集賞受賞) サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞ほか。 ...... [続きを読む]

受信: 2015-04-20 00:01

» セッション [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(P) 物語の97分間は圧巻のラストのための伏線であった。 [続きを読む]

受信: 2015-04-20 20:31

» セッション / Whiplash [勝手に映画評]
名門音楽学校での狂気じみたレッスン、そして、その後の生徒と教師の確執を描く。 原題の『Whiplash』は、元々は曲名なんですね。なるほど。その曲が、アンドリューとフレッチャーの接点にもなるのですから、そうかと言う感じもします。邦題もそれで良かったのではないか...... [続きを読む]

受信: 2015-04-20 22:24

» セッション  監督/デイミアン・チャゼル [西京極 紫の館]
【出演】  マイルズ・テラー  J・K・シモンズ 【ストーリー】 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャーだった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引...... [続きを読む]

受信: 2015-04-23 00:15

» セッション [映画好きパパの鑑賞日記]
 ジャズ畑の人からは評判が悪いですが、それほど音楽にこだわらない僕からすると、最後まで興奮しまくりの傑作でした。登場人物すべてが狂気か嫌なやつというのも、近年にない作品ですし、何より、才能のない人間は死にものぐるいで努力しなければならないという事実を突…... [続きを読む]

受信: 2015-04-26 06:22

» セッション [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  ドラマ&音楽&青春  監督:デイミアン・チャゼル  出演:マイルズ・テラー      J・K・シモンズ      ポール・ライザー      メリッサ・ブノワ ... [続きを読む]

受信: 2015-04-26 11:44

» 映画「セッション」 感想と採点 [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『セッション』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら76点にします。 ざっくりストーリー 世界的ジャズ・ドラマーを目指し、名門音楽学校に入学したニーマン(マイルズ・テラー)。伝説のドS的な鬼教師・フレッチャー(J・K・シモンズ)率いるバンドにスカウトされ、これで成功は約束され...... [続きを読む]

受信: 2015-04-28 10:31

» いや〜、ドッと疲れた。(^_^;)〜「セッション」〜 [ペパーミントの魔術師]
これはもう完全に、周りの方が好印象だったので興味本位で首突っ込んだ作品で バードマン同様、おそらく自分じゃチョイスしない作品だった。 いやもう、息止めてるわけじゃないんだけど、映画が終わって エンドロールが流れ出したとたんに力が抜けたというか、ドワッと...... [続きを読む]

受信: 2015-04-29 23:14

» ジャズは死なず~『セッション』 [真紅のthinkingdays]
 WHIPLASH  父子家庭に育ち、幼い頃からドラムに親しんでいたアンドリュー(マイルズ・ テラー)は、全米屈指の音楽大学、シェイファー音楽院に入学する。伝説の ジャズドラマーになる夢を抱いていた彼は、名物教授フレッチャー(J・K・シ モンズ)と出逢い、彼のバンドの練習に呼ばれるのだが・・・。  ある時はピーター・パーカー(ことスパイダーマン)...... [続きを読む]

受信: 2015-04-30 12:53

» セッション [心のままに映画の風景]
ジャズドラマーを夢見て、全米屈指の名門であるシェイファー音楽院に入学したニーマン(マイルズ・テラー)は、鬼教師として名をはせるフレッチャー教授(J・K・シモンズ)の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。 自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだったが、そんな彼を待っていたのは、わずかなテンポのずれも許さないフレッチャーの狂気のレッスンだった。 それでも頂点を目指すためと、罵声や理不...... [続きを読む]

受信: 2015-05-02 23:48

» 「セッション」:狂気と才能の激突するパワフルな傑作 [大江戸時夫の東京温度]
映画『セッション』は筋肉が疲れるほどの緊張と重圧を強いられる映画ってことにおいて [続きを読む]

受信: 2015-05-03 23:22

» セッション [映画に耽溺]
  アマゾン 最安値 音楽   書籍   楽天 最安値 音楽   書籍 [続きを読む]

受信: 2015-05-10 18:13

» 『セッション』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「セッション」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ、        ポール・ライザー、オースティン・ストウェル■鑑賞日 4月19日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■c...... [続きを読む]

受信: 2015-05-12 07:44

» セッション [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【WHIPLASH】 2015/04/17公開 アメリカ 107分監督:デイミアン・チャゼル出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、ポール・ライザー、メリッサ・ブノワ、オースティン・ストウェル、ネイト・ラング <完璧>を求めるレッスン。二人のセッションは誰もみたことがないク...... [続きを読む]

受信: 2015-05-12 17:06

» 「セッション」 [ここなつ映画レビュー]
キツイ作品だった。どうキツイのかは後述するとして、息詰まる熱い作品であった事は間違いない。強いパッションを感じるし、音楽の持つ底力に圧倒させられる。名だたる音楽学校で、何のコネも血筋もなく、ただひたすらドラムを叩く気の弱い青年。ただドラムが好きなだけだったのだが。火花散る師との闘いの中、抜擢、挫折、ひたすら文字通り血の滲むようなドラムの練習、自惚れ、自暴自棄…これの繰り返し。…これを我が息子にダブらせない筈もない。運動部の「シゴキ」では全くお馴染みの光景だ。何が正しいのか判らない。私はもうgive ... [続きを読む]

受信: 2015-05-13 13:00

» 狂気なる仕返しの連打 [笑う社会人の生活]
27日のことですが、映画「セッション」を鑑賞しました。 名門音楽学校へと入学し 世界的ジャズドラマーを目指すニーマンは鬼教師として名をはせるフレッチャーの指導を受けることに 完璧な演奏を引き出すためには罵声、暴力をも辞さぬその指導は次第に狂気じみていき… ...... [続きを読む]

受信: 2015-05-18 00:17

» セッション [映画的・絵画的・音楽的]
 『セッション』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞作品賞などにノミネートされ、結果としては、助演男優賞(J・K・シモンズ)、脚色賞、編集賞を獲得した作品ということで、映画館に出向きました。  本作(注1)の冒頭では、主人公のアンドリュー・ニー...... [続きを読む]

受信: 2015-05-19 20:37

» [映画『セッション』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・これは凄い映画でした。 私は、このような、『4分間のピアニスト』のような、情熱や根性、才能の作品が大好きなのです。  ・・・とあるジャズ評論家が、この映画に対し、そのエキセントリックさに「ジャズへの冒涜だ」と言い、 とある映画評論家は、「いや...... [続きを読む]

受信: 2015-06-05 09:42

» セッション ★★★★ [パピとママ映画のblog]
サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞を筆頭に、さまざまな映画賞で旋風を巻き起こした音楽ドラマ。ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を追い掛けていく。メガホンを取るのは、『グランドピアノ 狙わ...... [続きを読む]

受信: 2015-06-10 13:58

» セッション  whiplash [映画の話でコーヒーブレイク]
J・K・シモンズが本年度アカデミー助演男優賞受賞した本作。 やっと見ることができました。 期待に違わぬド迫力! 最後の最後まで息をつかせぬ展開に、のめり込みました。 本作が3部門(助演男優賞、録音賞、編集賞)しか受賞していないとは!? それどころか、主演男優賞...... [続きを読む]

受信: 2015-06-14 00:36

» 劇場鑑賞「セッション」 [日々“是”精進! ver.F]
狂気と狂気のぶつかり合い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506160000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック セッション [ (オリジナル...価格:2,592円(税込、送料込) <期間限定♪1点からでもお得!クロネコDM便(メール便...... [続きを読む]

受信: 2015-06-16 16:42

» 『Whiplash』セッション [キマグレなヒトリゴト]
成功の陰にはまさに血のにじむような努力。世の中には褒められて伸びる子もいるわけで、なんだかここまでのスパルタ、どうなんでしょうね、と思ってしまいます。そしてパイプいす ... [続きを読む]

受信: 2015-06-23 10:58

» セッション [にきログ]
さて、またまた映画の感想です ドラマーの映画ということで楽しく見ました あらすじ 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(J・K・シモンズ)だった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼におののきながらも、その指導に必死に食らい...... [続きを読む]

受信: 2015-08-30 23:45

» セッション [いやいやえん]
【概略】 名門音楽大学に入学したニーマンはフレッチャーのバンドにスカウトされる。ところが、そこで待ち受けていたのは常軌を逸した厳しいレッスンだった。 ドラマ J・K・シモンズが狂気の鬼教師を演じたことで話題に。 シェイファー音楽院という名門音大に入ったニーマンはジャズドラマーを目指していたが、フレッチャー教授のバンドにスカウトされるのです。 ここでの指導が、平手打ち、物を投げるなどは全然可愛げのある行動で、差別表現、人格否定、さらには家族への攻撃など、とにかく浴びせられる罵倒の... [続きを読む]

受信: 2015-09-24 08:59

» セッション (Whiplash) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 デイミアン・チャゼル 主演 マイルズ・テラー 2014年 アメリカ映画 107分 ドラマ 採点★★★★ アホって文字を擬人化したようなウチの小6の長男。ただアホならではの吸収力の良さからか、所属しているブラスバンドでのスネアドラムの腕前は、大人混合の他チー…... [続きを読む]

受信: 2015-09-25 19:18

» 映画『セッション』 Whiplash ネタバレでお節介な解説 [グドすぴBlog]
このブログの中では人気が高い、映画のお節介な解説シリーズ。 今回は『セッション』。 この映画はあえて様々な解釈や考察がなされるように作られています。 私もふと疑問に感じた事を調べようとネットで検索かけてみたところ・・・、出るわ出るわ、色々な論点で山ほどの熱い議論が。そこで、この「お節介な解説」では、その時に自分が調べて分かった事と良く見かけた論点について、なるべく簡潔に整理して書き...... [続きを読む]

受信: 2015-11-05 02:30

» セッション [象のロケット]
名門校シェイファー音楽院に入学した19歳のドラマーのニーマンは、フレッチャー教授が指揮するスタジオ・バンドにスカウトされる。 喜んだのも束の間、待っていたのは完璧を求める狂気のレッスン。 泣いて帰ったニーマンは、肉が裂け血の噴き出す手に絆創膏を貼り、ひたすらドラムを叩き続ける。 主奏者の譜めくりをする控え奏者だったニーマンに、ある日チャンスが巡ってくるのだが…。 音楽サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2015-11-08 19:27

» 【映画】セッション/Whiplash [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画 #8203;■あらすじ 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン。 そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャーだった。 ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼におののきながらも、 その指導に必死に食らい付いていくニーマン。だが、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化し... [続きを読む]

受信: 2015-12-14 23:06

« 『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、マイケル・キートン、エマ・ストーン、エドワード・ノートン、ナオミ・ワッツ、ザック・ガリフィナーキス、他 | トップページ | "恋は魔法?"『マジック・イン・ムーンライト(Magic in the Moonlight)』ウディ・アレン監督、コリン・ファース、エマ・ストーン、他 »