« "クサとチョコバナナとパンケーキ"『インヒアレント・ヴァイス(Inherent Vice)』ポール・トーマス・アンダーソン監督、ホアキン・フェニックス、ジョシュ・ブローリン、他 | トップページ | 『恐怖分子(Terrorizers)』エドワード・ヤン監督、ワン・アン、リー・リーチュン、コラ・ミャオ、チン・スーチェ、他 »

2015-05-19

『百日紅~Miss HOKUSAI~』原恵一監督、杏、松重豊、他 

百日紅~Miss HOKUSAI~
Miss HOKUSAI

原作 : 杉浦日向子
監督 : 原恵一
出演(声) : 松重豊濱田岳
高良健吾美保純
麻生久美子立川談春
清水詩音筒井道隆、他

物語・さまざまな風俗を描いた浮世絵が庶民に愛された江戸時代、浮世絵師・葛飾北斎は大胆な作風で一世を風靡する。頑固で偏屈な天才絵師である父・北斎の浮世絵制作を、陰で支える娘のお栄(後の葛飾応為)も優れた才能を発揮していた。そんな北斎親子と絵師の交流や、江戸に生きる町人たちの人間模様がつづられていく。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Hokusai

Memo1
原恵一監督の近作(実写「はじまりのみち」を除く)アニメーションとしては90分と短い。
だが、その短さが逆に本作の芳醇さを際立たせている。
『河童のクゥと夏休み』や『カラフル』と同じくアニメーション作品を見た印象よりは、そこに描かれた"お芝居演出部分"が残る。さらにはある種"原恵一監督風味"とでも呼ぶべき後味がいつものことながら、とても好みだ。
ストーリーは百日紅の花が咲いて散るまで。
体が弱く目の不自由な妹、お猶との交流を軸に(父、北斎がなかなか見舞いにもいかないことに対してお栄の台詞「あいつは病気が怖くて会いに行けないんだ」それに続くすれ違いを装っての対面、病気が悪化した際にすかさず魔除けの絵を描くなど実に事細かに連なるように編まれている、など)いろいろなエピソードが綴りこまれている。
お栄が一緒に暮らす父、北斎の家。
なんせ、食べている時と寝ている時以外は絵を書いているわけだから部屋は散らかり放題。
もうどうしようもなく住めないぐらいになると引っ越してしまうというありさま。
おしかけ弟子の善次郎とお栄、北斎と仕事机周りは描き損じた絵がくしゃくしゃにして放ったらかしのまま。
(机の両側上部にろうそく立てが設えてあって、それが今でいうところの電気スタンドとわかる)
「火事と聞けばじっとしていられねぇ」
思わず火の上がっている方向へ走りだすお栄。
ここでも火消しの様子が実に丹念に描かれていて興味深い。
また、北斎が描いていた龍の絵に煙管の火を飛ばしてしまい、お栄が描き直すことになった際の台詞。
「降りてくるのを待つ」
風が吹き天空が曇り、龍が踊る姿へと続く自然描写の妙。
江戸の怪異譚として首が伸びる花魁・小夜衣の挿話はぞくぞくっとした。
もし、夜中に鈴の音が鳴ったら襖を開け部屋に入ってきてよいと告げられる。
小夜衣の高枕、両サイドに付けられた鈴。
真夜中、それがチリリン、チリリンと鳴り、頭がもぞもぞと動く描写の怪しさ。
ラスト
江戸隅田川の風景が現在のスカイツリーのある景色へと変化して終幕。
こんなに変わってしまったけれど昔から脈々と連なる。

Memo2
エンドクレジットに世界に10点ほどしか現存しない葛飾応為(お栄)の著名なる『吉原格子先之図』が登場します。
(実物は26.3×39.4㎝と写真などで見た印象よりかなり小さい。しかし精緻←ちょうど太田記念美術館で開催中の「広重と清親展」に於いて特別展示された←2015年5月28日まで)
追記
北斎 ―富士を超えて―
あべのハルカス美術館2017年10月6日から
『吉原格子先之図』は11/6~11/19に展示予定。
http://hokusai2017.com/index.html

映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』公式サイト
http://sarusuberi-movie.com/index.html


|

« "クサとチョコバナナとパンケーキ"『インヒアレント・ヴァイス(Inherent Vice)』ポール・トーマス・アンダーソン監督、ホアキン・フェニックス、ジョシュ・ブローリン、他 | トップページ | 『恐怖分子(Terrorizers)』エドワード・ヤン監督、ワン・アン、リー・リーチュン、コラ・ミャオ、チン・スーチェ、他 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/59983189

この記事へのトラックバック一覧です: 『百日紅~Miss HOKUSAI~』原恵一監督、杏、松重豊、他 :

» 百日紅〜Miss HOKUSAI〜 [佐藤秀の徒然幻視録]
赤い色で想像力が羽ばたく 公式サイト。杉浦日向子原作、原恵一監督。(声)杏、松重豊、濱田岳、高良健吾、美保純、清水詩音、筒井道隆、麻生久美子、立川談春、入野自由、矢島晶子 ... [続きを読む]

受信: 2015-05-19 21:58

» 『百日紅 Miss HOKUSAI』 [時間の無駄と言わないで]
んー、何の盛り上がりもなかったなぁ。 ストーリーは始終淡々と進むし、絵が凄い綺麗だとか動画が半端ないとかいうワケでもない。 コンパクトな起承転結があって暗転、そしてま ... [続きを読む]

受信: 2015-05-20 22:03

» 『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』 [こねたみっくす]
百日紅よりも短い人生。それは儚いのか、それとも愛おしいのか。 葛飾北斎の三女にて後に葛飾応為として多くの美人画を描いたお栄。彼女の人生が江戸後期の生活模様・人間模様・ ... [続きを読む]

受信: 2015-05-20 23:19

» 江戸にて暮らす、その人生 [笑う社会人の生活]
11日のことですが、映画「百日紅 〜Miss HOKUSAI〜」を鑑賞しました。 江戸時代、頑固で偏屈ながら大胆な作風で一世を風靡した浮世絵師・葛飾北斎 父・北斎の浮世絵制作を陰で支える娘のお栄(後の葛飾応為)を軸に、北斎親子と絵師の交流や、江戸に生きる町人たちの人間...... [続きを読む]

受信: 2015-05-21 20:40

» 地味〜だけどあとからジワジワくる感じ?〜「百日紅」〜 [ペパーミントの魔術師]
映画と全然関係ないツッコミですが、眉毛濃すぎるやろ〜〜〜!(;´∀`) 江戸時代を描いたアニメ映画ってあまりなかったろうから、 ある意味斬新なんだろうね。浮世絵が動くってのも面白いなって予告では思ったんだけど。 葛飾北斎の生涯を描いたとしてもかなり地味に...... [続きを読む]

受信: 2015-05-22 16:51

» ショートレビュー「百日紅~Miss HOKUSAI~・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
画狂娘の青春。 江戸の下町で、葛飾北斎の代筆をしている娘のお栄が、春夏秋冬を経て独自の画風を持つ絵師・葛飾応為となるまでの物語。 一昨年、昭和の邦画黄金期を代表する巨匠、木下惠介監督をトリビュートした「はじまりのみち」で、実写映画へと進出した原恵一監督の最新作は、2010年の「カラフル」以来となるアニメーション映画だ。 葛飾北斎の圧倒的な知名度に比べると、現存する作品が極めて少ない...... [続きを読む]

受信: 2015-05-26 22:19

» 百日紅〜Miss HOKUSAI〜★★★★ [パピとママ映画のblog]
杉浦日向子の代表作の一つ「百日紅」を、『河童のクゥと夏休み』『映画クレヨンしんちゃん』シリーズなどで知られる原恵一監督がアニメ映画化した群像劇。江戸の浮世絵師として数多くの作品を発表し、世界中のさまざまな分野に多大な影響をもたらした葛飾北斎と、その制作...... [続きを読む]

受信: 2015-06-08 17:33

» 映画・百日紅〜Miss HOKUSAI〜 [読書と映画とガーデニング]
2015年 日本 原作は故・杉浦日向子さん「百日紅」マンサンコミックス(一)〜(三)は宝物でございますNHK「コメディお江戸でござる」で杉浦さんが語る江戸の風習や庶民の生活などが毎週楽しみでした♪逝去されてから早10年になるのですねhellip; 23歳の娘...... [続きを読む]

受信: 2015-06-27 17:11

» 百日紅 Miss HOKUSAI [象のロケット]
江戸時代。 23歳の女性お栄は、絵の道具しかない雑然とした部屋で、父であり師匠でもある浮世絵師・葛飾北斎、居候の弟子・善次郎、犬と共に、絵を描いて暮らしていた。 父の代作や彩色をやったり、絵師仲間と騒いだり、離れて暮らす妹・お猶や母を訪ねたりする毎日だったが、時には不思議な出来事に遭遇する。 ある日お栄は、版元から絵に色気がないと言われ落ち込んでしまう…。 アニメーション。... [続きを読む]

受信: 2015-12-03 09:47

» 百日紅〜Miss HOKUSAI〜 [いやいやえん]
【概略】 葛飾北斎の娘で、恋に不器用な浮世絵師のお栄と、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎなど、喜怒哀楽が満ち溢れる江戸の街で暮らす人々の姿を、四季の風景と共に描き出す。 アニメーション 中学生時代、美術部だった私は、浮世絵…いや北斎の世界にはまってしまい「富嶽三十六景」を模写しまくった思い出が。 実話をベースに、江戸の偉大な浮世絵師・葛飾北斎の娘で自身も絵師であった「お栄」の日々の生活を描いた作品。 こういった江戸目線アニメってなかなかないので、新鮮さがありました。 江戸は、現... [続きを読む]

受信: 2015-12-06 08:02

» 百日紅〜Miss HOKUSAI〜 [銀幕大帝α]
2015年 日本 90分 時代劇/ドラマ 劇場公開(2015/05/09) 監督: 原恵一 『カラフル』 原作: 杉浦日向子『百日紅』 主題歌: 椎名林檎『最果てが見たい』 声の出演: 杏:お栄 松重豊:葛飾北斎 濱田岳:池田善次郎 高良健吾:歌川国直 美保純:こと 清水詩音...... [続きを読む]

受信: 2015-12-08 21:15

» 百日紅~Miss HOKUSAI~ (2015) [のほほん便り]
かなり賛否両論だったみたいですが、杉浦日向子ワールドへの愛とリスペペクトを感じる、良い作品だったと感じました。江戸の空気と、四季のうつろい。その傍らで、怪奇ワールドやもののけっぽい気配も感じられ、アニメーションならではの可能性を感じました。ただ、声優さんに関しては、エンドテロップで知り「ああ、そうだったのか!」後で知ってヨカッタ気がしました。声優には、お栄役の杏、今作で声優初挑戦となる北斎役の松重豊ほか、濱田岳、高良健吾、美保純、筒井道隆、麻生久美子ら豪華俳優陣だけに、なまじ先に知っていると、どうし... [続きを読む]

受信: 2016-08-26 15:01

» 「百日紅~Miss HOKUSAI」 [或る日の出来事]
妹との絆(きずな)がいい。 [続きを読む]

受信: 2017-01-27 23:14

« "クサとチョコバナナとパンケーキ"『インヒアレント・ヴァイス(Inherent Vice)』ポール・トーマス・アンダーソン監督、ホアキン・フェニックス、ジョシュ・ブローリン、他 | トップページ | 『恐怖分子(Terrorizers)』エドワード・ヤン監督、ワン・アン、リー・リーチュン、コラ・ミャオ、チン・スーチェ、他 »