« 『娘と私』堀川弘通監督、獅子文六原作、原節子、山村聰、星由里子、杉村春子、他 | トップページ | 作詞活動四十五周年トリビュート『風街であひませう』 »

2015-06-14

『トゥモローランド(TOMORROWLAND)』ブラッド・バード監督、ジョージ・クルーニー、ブリット・ロバートソン ラフィー・キャシディ、他

注・内容に触れています。
トゥモローランド
TOMORROWLAND
監督 : ブラッド・バード
出演 : ジョージ・クルーニーブリット・ロバートソン
ラフィー・キャシディヒュー・ローリー、他

物語 :17歳のケイシー(ブリット・ロバートソン)が見覚えのないピンバッジに触ると、自分が思い描いた別世界へと入り込んだ。バッテリー切れで現実の世界に戻ってきた彼女の前に、不思議な少女アテナ(ラフィー・キャシディ)が現れる。そしてケイシーにトゥモローランドに戻りたいのなら、フランク(ジョージ・クルーニー)という男性を訪ねるよう助言する。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Tomorrow

Memo
いったい、いつからピカピカの都市、流線型デザインの明るさに満ちあふれた未来をイメージしなくなったのだろうか?ということを、ふと考えた。
そんなことを思い起こさせてくれたという時点で映画としては成功しているのかも。
(アメリカだとベトナム戦争泥沼化以前、日本だと1970大阪万博あたりだろうか?)
1964年ニューヨーク万博と未来が地続き。
(リアルどこでもドアも出てくるし)
アテナが登場した時点で動き方が少し変なように演じていて「あ、これはロボットだな」と気づく(少年のフランクはわかっていなくて、アテナにほのかな恋ごころ。で、ロボットと気づいた時と訪れる未来の暗さも相まって厭世的極地の偏屈オヤジとなって秘密基地の中に閉じこもってしまう)
ちょっとアホアホな未来からの追っ手から逃げるアテナとケイシー。
車の中での会話。
「ロボットなの?」
「オーディオアニマトロニクスよ」
※実際のディズニーランド「イッツ・ア・スモールワールド」の人形のことを1964年NY万博の時からオーディオアニマトロニクスと呼んでいた。
「<未来>のつくり方 シリコンバレーの航海する精神」(池田純一著・講談社刊)という本を読んでいたら、こういうことが書いてあった。
「未来はやってくるものなのか」
「自ら築き上げるものなのか」
この2点の差異と本作における未来の捉え方のことも、いろいろと考えさせられた。
選民主義云々で批判的意見もあるようだけれど、そもそもが監督がインタビューなどで答えているとおり本作は極めて『未知との遭遇』的。
マザーシップに導かれていく銀色のユニフォームを着用したサングラスの人たちはの姿(←これ、公開時に見たときに?!と思った記憶が)は、まさに『トゥモローランド』のラストでピンバッジを世界にばらまいていくリクルーター達だし、発端となる1964年時点でのトゥモローランドへ入っていける人たちも選ばれていた。
『未知との遭遇』では、その選ばれた人とは別に何かを感じとったロイ(リチャード・ドレイファス)がラスト、マザーシップに乗り込んでいく。これまた、はじかれた形となっていたフランクやケイシーが"トゥモローランド"へと到達する。しかも、暗澹たる未来になることが判っている現代の未来をチェンジさせる人となって。
秘密結社プルス・ウルトラ
Plus Ultra→ラテン語でもっと先へ、更なる前進の意。
そもそもが未来(FUTURE)の語源がラテン語「これから起ころうとする(こと)」の意というのも面白いところ。
先にブログ記事で紹介した人工知能スリラー『エクス・マキナ(ex machina)』というタイトルも『トゥモローランド』のプルス・ウルトラ(Plus Ultra)もラテン語という繋がり。
プルス・ウルトラが仕掛けておいたエッフェル塔秘密基地と"トゥモローランド"入り口のためのロケット。
そこに登場するメンバー(人形)
トーマス・エジソン、ジュール・ヴェルヌ、ギュスターヴ・エッフェル、そして!ニコラ・テスラ(←クリストファー・ノーラン監督『プレステージ』でデヴィッド・ボウイが演じた発明家、さらには『インセプション』『インターステラー』と続くノーラン多元世界アプローチへのキーパーソンでは?と常々思っていたので、ちっと「おぉっ」と嬉しくなった)
未来を明るい方向へ変える件(くだり)のシーンで"broadcast"の日本語字幕が"洗脳"になっていたけれど、これはアイロニカルにして、的を得た素晴らしい訳(日本語吹き替えはどう言ってるのだろう?)
タイトルデザインは yU+co
レトロフューチャー・モダンなアニメーションは本作にピッタリ。
エンドクレジットの最後の最後にピンバッジが出てきて、それに触れたとたんプツッと画面が消えてディズニーのシンデレラ城ロゴが出てくる(オープニングはピカピカの未来仕様のお城というかタワーロゴ)

トゥモローランド
http://www.disney.co.jp/movie/tomorrowland.html

|

« 『娘と私』堀川弘通監督、獅子文六原作、原節子、山村聰、星由里子、杉村春子、他 | トップページ | 作詞活動四十五周年トリビュート『風街であひませう』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/60318830

この記事へのトラックバック一覧です: 『トゥモローランド(TOMORROWLAND)』ブラッド・バード監督、ジョージ・クルーニー、ブリット・ロバートソン ラフィー・キャシディ、他:

» 劇場鑑賞「トゥモローランド」 [日々“是”精進! ver.F]
夢のある人、募集中… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506060000/ 【 初版★数量限定グッズ★DVD等と一緒にコレクション★ 】【映画ポスター】トゥモローランド (...価格:8,640円(税込、送料別) ... [続きを読む]

受信: 2015-06-15 15:52

» トゥモローランド [あーうぃ だにぇっと]
トゥモローランド@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [続きを読む]

受信: 2015-06-15 16:20

» トゥモローランド/ジョージ・クルーニー [カノンな日々]
ディズニーランドの人気アトラクション“トゥモローランド”が、ウォルト・ディズニーの夢を隠すカモフラージュだったという着想に基づき17歳の少女がトゥモローランドの謎に立ち ... [続きを読む]

受信: 2015-06-15 18:15

» ショートレビュー「トゥモローランド・・・・・評価額1550円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
未来は、アタマの中にある。 たまに予告やポスターを見ても、どんな映画なのかさっぱり分からない作品があるが、本作もその一つだろう。 とりあえずピンバッチが異世界への扉なのは分かったが、どういう内容の、何に関する映画なのかは全く伝わってこなかった。 本国での興業がイマイチなのも、その辺りが影響しているのだろうけど、実際に本編を鑑賞したらさすがブラッド・バード、かなり面白いじゃないの! ...... [続きを読む]

受信: 2015-06-15 22:27

» 「トゥモローランド」 [或る日の出来事]
前半は面白かった。 [続きを読む]

受信: 2015-06-16 14:57

» 未来ゾーン~『トゥモローランド』 [真紅のthinkingdays]
 TOMORROWLAND  1964年、ニューヨークで行われた万国博覧会に、少年フランクは自作の発明 品を持参する。そこで出逢った美少女に導かれ、彼は未来都市 「トゥモローラ ンド」 へと辿り着くのだが・・・。  トゥモローランドといえば、スペース・マウンテンのあるディズニーランドの人気 エリア。あの未来ゾーンが映画になって、しかもジョージ・ク...... [続きを読む]

受信: 2015-06-20 16:32

» トゥモローランド [映画的・絵画的・音楽的]
 『トゥモローランド』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)ジョージ・クルーニー(注1)が主演で、評判が良さそうなので(注2)、見に行ってきました。  本作(注3)の冒頭では、フランク(ジョージ・クルーニー)が、「調子はどう?これまでに起こったことをお話します...... [続きを読む]

受信: 2015-06-26 06:20

» トゥモローランド [だらだら無気力ブログ!]
アテナ役のラフィー・キャシディが超可愛い。 [続きを読む]

受信: 2015-06-26 22:28

» 『トゥモローランド』とは何だったのか? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  「誰も作ってくれないから、僕が作った。」  なんと凛々しく潔い言葉だろう。冒頭の少年のセリフに、私は感極まった。ここに映画の作り手たちの思いが集約されていよう。  『トゥモローランド』はすべての子供たちに、かつて子供だった人たちに、ぜひとも観て欲しい映画なのだ。  それにしても、よりによってトゥモローランドが題材とは!  ウォルト・ディズニー・カン...... [続きを読む]

受信: 2015-06-27 10:32

» トゥモローランド ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』などのブラッド・バード監督と、名優ジョージ・クルーニーのタッグで放つ話題作。ウォルト・ディズニーが想像した未来を軸に、“トゥモローランド”のことを知っている主人公と17歳の少女が未知の世界への扉を開く姿を...... [続きを読む]

受信: 2015-06-28 10:25

» 「トゥモローランド」 ディストピアへのアンチテーゼ [はらやんの映画徒然草]
未来がバラ色に見えなくなくなったのはいつ頃からだろうか。 自分が子供の頃に皆が想 [続きを読む]

受信: 2015-07-04 10:05

» 夢の国にするために [笑う社会人の生活]
20日のことですが、映画「トゥモローランド」を鑑賞しました。 17歳のケイシーは見覚えのないピンバッジに触るとテクノロジーの発達した未知の世界「トゥモローランド」に迷い込むんでしまう。 バッテリー切れで現実の世界に戻ってきた彼女の前に不思議な少女アテナが現...... [続きを読む]

受信: 2015-07-08 21:52

» 映画:トゥモローランド 自分にまだ「ピーターパン」が残っているかを確認する、リトマス試験紙的1本(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
何と! ディズニーランドのパークの未来形を形づくる 「トゥモローランド」を映画化。 そもそも 「トゥモローランド」って、ウォルト・ディズニーの理想形のひとつ。 その拡大版「エプコット・センター」で、その理想形を実際に現実化している。 それは、オーラン...... [続きを読む]

受信: 2015-07-10 07:01

» トゥモローランド 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
ディズニー製作のファンタジー作でジョージ・クルーニー と新星ブリット・ロバートソンが主演する映画 『トゥモローランド』が公開されましたので観に行って きました、なお当然ながら同名の日本のアパレル会社と の関係はありません。 変わっていたのが画面のサイズ、ア…... [続きを読む]

受信: 2015-07-15 18:10

» トゥモローランド [いやいやえん]
【概略】 すべてが可能になる世界“トゥモローランドへの招待状となる不思議なピンバッジを手に入れた少女・ケイシーは、中年男・フランク、謎の美少女・アテナと共に冒険の旅に出る。 SF 美少女ロボットのアテナ(ラフィー・キャシディちゃん)に尽きる。 ディズニーだから安心のファミリークォリティだと思っていたら、ぎょっとするでしょう。かなり観客を選ぶ作品。 説明不足、ご都合性、テーマの説教くささなどの問題は確かにあります。 結局の所は簡素に、ディズニーランドにいって「トゥ... [続きを読む]

受信: 2015-10-10 08:56

» トゥモローランド [銀幕大帝α]
TOMORROWLAND 2015年 アメリカ 130分 ミステリー/アドベンチャー/SF 劇場公開(2015/06/06) 監督: ブラッド・バード 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』 製作: ブラッド・バード 原案: ブラッド・バード 脚本: ブラッド・バード ...... [続きを読む]

受信: 2015-10-23 21:31

« 『娘と私』堀川弘通監督、獅子文六原作、原節子、山村聰、星由里子、杉村春子、他 | トップページ | 作詞活動四十五周年トリビュート『風街であひませう』 »