« 『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(GOD HELP THE GIRL)』スチュアート・マードック監督・脚本、エミリー・ブラウニング、オリー・アレクサンデル、ハンナ・マリー | トップページ | 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION)』"You know how to find me." クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、他 »

2015-08-25

『ラブ&マーシー 終わらないメロディー(LOVE & MERCY)』ビル・ポーラッド監督、ポール・ダノ、ジョン・キューザック、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ、他

ラブ&マーシー 終わらないメロディー
LOVE & MERCY
監督・製作:ビル・ポーラッド
音楽:アッティカス・ロス
出演 : ポール・ダノジョン・キューザック
エリザベス・バンクスポール・ジアマッティ

物語・バンド「ザ・ビーチ・ボーイズ」の人気が過熱していた1960年代のカリフォルニア。うなぎ上りの人気とは裏腹に、新たな音楽を模索してスタジオで曲作りに没頭するブライアン(ポール・ダノ)は、新作へのプレッシャーによって精神的に参ってしまう。それから二十数年、ブライアン(ジョン・キューザック)はメリンダ(エリザベス・バンクス)と出会ったことで…。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Lovemercy

Memo1
60年代をポール・ダノ、80年代をジョン・キューザックがそれぞれブライアン・ウィルソンを演じる。
はっきりと前半、後半で分ける方式ではなく交互に織り込まれていくスタイル。60年代は父親からの抑圧とプレッシャー(その父親→子供の頃は虐待、大人になってからも自分が仲間はずれにされたことによる妬み、あろうことか著作権を7000万ドルで売り払ってしまうというシーンも)、80年代は精神科医(ポール・ジアマッティが演じている。最初、出てきた時、そのカツラ度合にふいてしまったが、これがまた逆に観ているこちらをイライラさせる風体)による薬物依存体質に陥れてのマインドコントロールと二重に映し出されていく。
それだからこそのメリンダ(エリザベス・バンクスのドシ〜ンとした感じがとても良い)との出会いとラストの歌(One Kind of LoveとLove & Mercy)は「あぁ、よかったなぁ」と心の底から拍手を贈りたい紡ぎ方となっている。
あの名盤『ペット・サウンズ』のレコーディング風景が再現されている!そして『Good Vibrations』!
テルミンも動物も謎だった弦楽録音も、いろいろな試行錯誤が全て登場していて興味津々。
(名盤と書いているけれど映画の中にも出てくるように当時は「何?これ?」状態だった←メンバーからも)
twitterで青山真治監督が「もう今年は『岸辺の旅』と『赤い玉、』と『ラブ&マーシー』しか見ないつもりになっている」とつぶやいているぐらい、この映画、というかブライアン・ウィルソンに思い入れのある年代の方が多い(自分はリアルタイムではなく、やや後追い)
※追記
その後、青山監督が鑑賞後にツイートしていましたが冒頭ポール・ダノによる「サーフズ・アップ」の完全版、確かに観たい!!
冒頭部分、実際のザ・ビーチ・ボーイズのフィルムではなくキャストによって再現されたものが幾つも流れてきて「おぉっ!!」と感激が先にたって(油断して)あっという間に終わってしまったので、もう一度ゆっくり見たい!(もしやBlue Ray発売の際に特典映像で入るとかないかな?と、期待)
キネ旬8月上旬号『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』記事。高田漣さんへのインタビュー。再現して欲しかったシーンとしてSNLでベルーシ&エイクロイドがブライアン・ウィルソンに「ビーチボーイズを名乗っていてサーフィンできない罪で逮捕」場面をやってほしかったっと 笑
これ、確かSNL総集編ディスクで見たけれどブライアン・ウィルソンとベルーシ&エイクロイドで海に出かけて本当にサーフィンするシーンへと続いていく。いいのかぁーって思った記憶。
『ペット・サウンズ』(ジム・フジーリ著)の翻訳をした村上春樹あとがきに当時高校3年生だった時『ペット・サウンズ』が発売され、その頃のことやこのアルバムがいかに凄いかについて語られています。ビートルズ『サージェント・ペパーズ〜』と『ペット・サウンズ』の比較でヘミングウェイとフィッツジェラルドが例えとして出てくるあたり面白い。

Memo2
エンドロールでのブライアン・ウィルソンのライブシーン。照明の色がブルーの時はエンドクレジット文字の色がブルー、そして演奏終了後ブライアンはじめバンドメンバーが前に出てきたときに照明はオレンジに。そして文字も!このかわる色変えタイミングが絶妙!
TITLE DESIGN > Teddy Blanks (CHIPS)
http://www.imdb.com/name/nm2688443/

そのCHIPS-NYのサイト
(Lena Dunham Letterheadや『キューティ&ボクサー』のOpening Titles & End Titlesなども)
http://chips-ny.com/

Lovemercy2

『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』公式サイト
http://www.loveandmercy-movie.jp/

|

« 『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(GOD HELP THE GIRL)』スチュアート・マードック監督・脚本、エミリー・ブラウニング、オリー・アレクサンデル、ハンナ・マリー | トップページ | 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION)』"You know how to find me." クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、他 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/61217539

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラブ&マーシー 終わらないメロディー(LOVE & MERCY)』ビル・ポーラッド監督、ポール・ダノ、ジョン・キューザック、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ、他:

» 「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」:さても面妖なり [大江戸時夫の東京温度]
映画『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』は明るく楽しいビーチボーイズ映画にあ [続きを読む]

受信: 2015-08-19 23:10

» ラブ&マーシー 終わらないメロディー/LOVE MERCY [我想一個人映画美的女人blog]
夏が近づくと必ず聴きたくなる曲がある。 それは伝説的バンド[ザ・ビーチ・ボーイズ]の数々の名曲たち ビーチボーイズの音楽的側面を一人で担ってたとも言える天才ミュージシャン、 ブライアン・ウィルソンの波瀾万丈の音楽人生を映画化 名盤「ペット・サウンズ」...... [続きを読む]

受信: 2015-08-20 11:29

» ラブ&マーシー 終わらないメロディー [to Heart]
LOVE MERCY 上映時間 122分 映倫 PG12 脚本 オーレン・ムーヴァーマン/マイケル・アラン・ラーナー 監督 ビル・ポーラッド 音楽 アッティカス・ロス 出演 ジョン・キューザック/ポール・ダノ/エリザベス・バンクス/ポール・ジアマッティ/ジェイク・アベル/ケニー...... [続きを読む]

受信: 2015-08-20 21:10

» ラブ&マーシー 終わらないメロディー [心のままに映画の風景]
1961年。 ブライアン・ウィルソン(ポール・ダノ)は、弟のデニス、カール、従兄弟のマイク・ラブらと“ザ・ビーチ・ボーイズ”を結成。 陽気なサーフィン・ミュージックは全米の若者たちの心を捉え、一気にスターへの階段を駆け上っていったが、曲作りのプレッシャーと過酷なツアー活動は、ブライアンの心を想像以上に蝕んでいた。 曲作りに専念するため、ブライアンはツアーに参加せず、スタジオで革新的...... [続きを読む]

受信: 2015-08-21 17:57

» ブライアンの喪失と再生 [笑う社会人の生活]
9日のことですが、映画「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」を鑑賞しました。 1960年代 人気の頂点のザ・ビーチ・ボーイズ 新たな音楽作りに没頭するブライアンは新作へのプレッシャーにより精神的に追いつめられる それから二十数年、低迷の中にいた彼が美しく聡...... [続きを読む]

受信: 2015-08-30 10:32

» 愛と慈悲~『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』 [真紅のthinkingdays]
 LOVE & MERCY  1960年代、カリフォルニア。ブライアン・ウィルソン(ポール・ダノ)は兄弟 や従兄弟たちと 『ザ・ビーチボーイズ』 を結成、その美しいメロディーライ ンとハーモニーで瞬く間に人気者となる。しかし20年後、ブライアン(ジョン・ キューザック)は精神科医(ポール・ジアマッティ)の監視の下で薬漬けにさ れ、廃人のような生活...... [続きを読む]

受信: 2015-09-23 10:02

» ラブ&マーシー 終わらないメロディー★★★ [パピとママ映画のblog]
「サーフィン・USA」など、数々の名曲を生み出したバンド「ザ・ビーチ・ボーイズ」のブライアン・ウィルソンの半生を映画化。現在は傑作と称えられるも、発表当時は世間をにぎわせた「ペット・サウンズ」制作の裏側、そして妻メリンダと出会い再び希望を見いだしていくさ...... [続きを読む]

受信: 2015-10-02 20:34

« 『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(GOD HELP THE GIRL)』スチュアート・マードック監督・脚本、エミリー・ブラウニング、オリー・アレクサンデル、ハンナ・マリー | トップページ | 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION)』"You know how to find me." クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、他 »