« 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION)』"You know how to find me." クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、他 | トップページ | 『スポコン展!』あしたのジョー、エースをねらえ!、アタックNo.1、巨人の星 »

2015-09-09

『2015 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』と『世界の絵本作家たち(ショーン・タン、デイヴィット・ウィズナー、クリス・ヴァン・オールズバーグ、モーリス・センダック、他』

2015 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』と『世界の絵本作家たちⅣ(4) ART×絵本
西宮(香櫨園)と京都、ふたつの絵本原画展に行ってきました。

まずは夏の恒例、写真がほぼ定点観測的になってきた2015 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展から。

Bo1

Bo2
玄関脇のパネル

Bo3
チケット売り場横のパネル

Bo4
入口入ってすぐの恒例・記念撮影コーナー

Memo
今年の特別展示はカタリーナ・ソブラル。手間のかかった手法のメイキング部分もわかって楽しい。
図録のBook designが今年からPIETRO CORRAINI & CORRAINISTUDIOに変わっていました。
http://www.corraini.com/en/home
裁ち切りメインのデザインはかなり好み!

続いては京都で開催された「世界の絵本作家たちⅣ(4) ART×絵本」会期が短くてホントにすべりこみで見られてよかった(今までの寒冷からするとおそらく今後、全国巡回されるとは思いますが)。

Ky1
会場はJR京都駅すぐの伊勢丹7階に隣接。こちらは京都タワー

Ky2
入口横通路のパネル。上から酒井駒子、長新太、モーリス・センダック

Ky3
ベーメルマンスのマドレーヌちゃんと記念撮影スペース

Memo
2003年、2006年、2010年と続いているシリーズの第4弾。
クリス・ヴァン・オールズバーグの映画化された『ジュマンジ』や『急行「北極号」』(ポーラー・エクスプレス)などの原画やモーリス・センダック『かいじゅうたちのいるところ』習作からアーノルド・ローベルの小学校の国語教科書にも出てきた「がまくんとかえるくん」シリーズなど盛りだくさん。
そしてデイヴィット・ウィズナー(David wiesner)の原画が素晴らしかった!「セクター7」は実際の絵本とかなり色が違っていて実物に感激!
作家ブログには「2001年宇宙の旅」や「E.T.」などが掲載されています。
http://www.davidwiesner.com

|

« 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION)』"You know how to find me." クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、他 | トップページ | 『スポコン展!』あしたのジョー、エースをねらえ!、アタックNo.1、巨人の星 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/61533344

この記事へのトラックバック一覧です: 『2015 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』と『世界の絵本作家たち(ショーン・タン、デイヴィット・ウィズナー、クリス・ヴァン・オールズバーグ、モーリス・センダック、他』:

« 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION)』"You know how to find me." クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、他 | トップページ | 『スポコン展!』あしたのジョー、エースをねらえ!、アタックNo.1、巨人の星 »