« 最近のタイトルデザイン『マイ・インターン』『ジョン・ウィック』『ファンタスティック・フォー』『ピクセル』『キングスマン』『テッド2』『ジュラシック・ワールド』 | トップページ | The Sun also Rises. but…『草原の実験(Ispytanie)』アレクサンドル・コット監督、エレーナ・アン主演 »

2015-11-05

『アントマン(ANT-MAN)』ペイトン・リード監督、ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、マイケル・ペーニャ、エヴァンジェリン・リリー、他

アントマン
ANT-MAN
監督 : ペイトン・リード
出演 : ポール・ラッドマイケル・ダグラス
マイケル・ペーニャエヴァンジェリン・リリー、他

物語・仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコット・ラング(ポール・ラッド)。別れた妻が引き取った娘の養育費も用意することができず、人生の崖っぷちに立たされた彼のもとにある仕事が舞い込んでくる。それは肉 体をわずか1.5センチに縮小できる特殊なスーツをまとい、正義の味方アントマンになるというものだった。スーツを着用した彼は、ヒーローとして活躍する ために過酷なトレーニングを重ねていくが…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Ant_man

Memo
twitterにも書いたけれどSFマガジン2015年10月号添野知生さんの映画評で『アントマン』がドナルド・E・ウェストレイク、ドートマンダーシリーズのパスティーシュと知り期待度Maxで見たら、まさに"それ"(しかも『ホットロック』!)
冒頭、いきなりケルプではなくてルイス(マイケル・ペーニャ)が出所するスコットを迎えにきて‥ ってそれだけでニマニマしてしまった。
盗みに入ったものを、また返しに行くノリ(ルイスの話に乗って金庫から持ち帰ったスーツがとんでもないものだということが判ってのマッハな返し方 笑)や儲け話、いい話を小耳にはさんでスコットに持ちかけるノリ、そして窃盗団ルイス、デイヴ、カート(情報収集、ドライバー、ハッカーとドートマンダーシリーズとポジションは微妙に違いますが)とスコットとのやり取りなどまさに!!
スコットの家の方向が大変なことになっているみたいだとかけつけるものの庭先で脱線している巨大機関車トーマスのおもちゃ(笑)や巨大蟻を目の当たりにして「オヨビでない…、あ、お呼びでない。これまた失礼しましたー」と、これまたバックで去っていくあたり、まさにピム博士(マイケル・ダグラス)言うところの三バカ。
見聞きした話(ウマイ儲け話…のような話)の映像にテンポよくマイケル・ペーニャの名人芸と呼べる早口がかぶさる部分が最高。そして物語をポンポーンと前進させる(続編にも期待させる)上手さ。
ペイトン・リード監督、今まで撮ってきた作品。『イエスマン』『恋は邪魔者』『チアーズ』とリアルタイムで見ているのに監督名をしっかりと意識したのは本作が初。(『New Girl』の第1シーズンで3本監督していて、これは再チェック)
できれば『アベンジャーズ』の中に組み込まれなくていいから(ピム博士の経緯もあるから、そうも言えないけれど珍しく本作では繋がりを示すエンドロール内もしくは後のオマケシーンが無かった)、このまま単体シリーズで"スコット・ラングと3人の愉快な仲間たち&博士とその娘"のノリで撮り続けてほしい。
『ホビット』3部作の2、3作目に登場した映画オリジナルキャラクターであるタウリエルを演じたエヴァンジェリン・リリーがピム博士の娘、そしてアントマン=スコットのトレーニングコーチとなるホープ役。
このホープとピム博士、スコットと娘との関係性が軸として二重になっていて実に上手い描き方。
Main-on-End Title DesignはSarofsky
http://www.sarofsky.com

アントマン|映画|マーベル|Marvel|
http://marvel.disney.co.jp/movie/antman.html


|

« 最近のタイトルデザイン『マイ・インターン』『ジョン・ウィック』『ファンタスティック・フォー』『ピクセル』『キングスマン』『テッド2』『ジュラシック・ワールド』 | トップページ | The Sun also Rises. but…『草原の実験(Ispytanie)』アレクサンドル・コット監督、エレーナ・アン主演 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/61940944

この記事へのトラックバック一覧です: 『アントマン(ANT-MAN)』ペイトン・リード監督、ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、マイケル・ペーニャ、エヴァンジェリン・リリー、他:

» アントマン/ポール・ラッド [カノンな日々]
マーベル・スタジオが放つ身長わずか1.5cmのヒーローの活躍を描いた異色のヒーロー・アクション・ムービー。主演がポール・ラッドということもあってヒーローものといってもコミカ ... [続きを読む]

受信: 2015-11-05 16:19

» アントマン [映画的・絵画的・音楽的]
 『アントマン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)風邪による体調不良で一週間近く映画館に行けませんでしたが、このほどようやく回復し、それなら気軽に見ることができるものをと思って映画館に行ってきました。  ただ、病み上がりでボーッと見ていたこともあって、今...... [続きを読む]

受信: 2015-11-05 20:32

» 新たな予感!『アントマン』 [水曜日のシネマ日記]
マーベルコミックスの人気キャラクターを主人公にしたアクション映画。体長1.5センチになれる特殊スーツを着用した男が、正義の味方アントマンとなって悪に挑む作品です。 [続きを読む]

受信: 2015-11-05 21:29

» アントマン [そーれりぽーと]
マーベル・シネマティック・ユニバースに新しく参戦する『アントマン』を観てきました。 ★★★★ 一連のマーベル・シネマティック・ユニバース作品の中で、『アベンジャーズ2』を中核としたフェイズ2のラストを飾る映画ですが、全てを観終わって全て期待以上に面白い作品...... [続きを読む]

受信: 2015-11-05 21:51

» アントマン  監督/ペイトン・リード [西京極 紫の館]
【出演】  ポール・ラッド  マイケル・ダグラス  エヴァンジェリン・リリー 【ストーリー】 仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコット・ラング。別れた妻が引き取った娘の養育費も用意することができず、人生の崖っぷちに立た...... [続きを読む]

受信: 2015-11-05 22:23

» 「アントマン」子供時代の憧れてんこ盛り [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
アメコミ物もそろそろお腹いっぱい感があったし、ことさら格好良いようにも思えないし、特別イケメンでもないし・・・と、やや冷めた目で遠巻きにしていたけれど~~ 子供の頃に誰もが憧れた世界を全て実現してくれたこの映画。 評判通りの面白さだったわ!!... [続きを読む]

受信: 2015-11-05 22:58

» アントマン [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【ANT-MAN】 2015/09/19公開 アメリカ 117分監督:ペイトン・リード出演:ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、ボビー・カナヴェイル、マイケル・ペーニャ、ティップ・T.I.・ハリス、ウッド・ハリス、ジュデ...... [続きを読む]

受信: 2015-11-06 11:05

» 映画:アントマン Antman ダメ男がヒーローに?!な設定が新鮮味を生んでいて,マル。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アベンジャーズ物にしてはなかなか楽しめたが、その理由は2つ。 まずは主演が驚きの、ポール・ラッド!(写真中央) 過去の出演作が、「俺たちニュースキャスター」「40歳の童貞男」「無ケーカクの命中男」など、コメディ物がほとんどで、演じるのは間抜けオトコばか...... [続きを読む]

受信: 2015-11-07 01:13

» ショートレビュー「アントマン・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
小ちゃなパパが世界を救う。 マーベル・シネマティック・ユニバースの最新作は、ひょんな事からマッドサイエンティストにスカウトされて、極小ヒーロー“アントマン”になる男の物語。 身長はわずか1.5センチだが、その小ささとスピードはまさにステルス人間。 敵に気付かれずに接近し、仲間となった蟻の大群と共に戦う虫愛づるヒーローだ。 人間の能力を増幅する等身大、あるいは巨大化ヒーローと違って...... [続きを読む]

受信: 2015-11-10 23:06

» アントマン [いやいやえん]
【概略】 仕事も家庭も失ったスコットが、最愛の娘のために身長わずか1.5cmになれるスーツを着用し、正義のヒーロー“アントマン”になるための特訓を開始する。 アクション 普通の男、しかし最小最強のヒーロー やる気も能力もあるのに、なぜか空回りばかりのスコットは、仕事も家庭も失い絶体絶命…。そんな彼にオファーされた最後にして唯一の“仕事は、身長わずか1.5cmになれる驚異の“スーツを着用し、神出鬼没のヒーロー“アントマンとなることだった。スーツを... [続きを読む]

受信: 2016-01-23 08:58

» アントマン [銀幕大帝α]
ANT-MAN 2015年 アメリカ 117分 アクション/SF/ヒーロー 劇場公開(2015/09/19) 監督: ペイトン・リード 『イエスマン “YES”は人生のパスワード』 製作総指揮: エドガー・ライト スタン・リー 原案: エドガー・ライト 脚本: エドガー・ライト 出演: ...... [続きを読む]

受信: 2016-02-02 17:10

» 「アントマン」 ミクロ世界のスケール感 [はらやんの映画徒然草]
マーベル・シネマティック・ユニバースのPhase2のラストを飾るのは、新ヒーロー [続きを読む]

受信: 2016-03-19 07:50

« 最近のタイトルデザイン『マイ・インターン』『ジョン・ウィック』『ファンタスティック・フォー』『ピクセル』『キングスマン』『テッド2』『ジュラシック・ワールド』 | トップページ | The Sun also Rises. but…『草原の実験(Ispytanie)』アレクサンドル・コット監督、エレーナ・アン主演 »