« 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(STAR WARS : THE FORCE AWAKENS)』J・J・エイブラムス監督、デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ジョン・ボイエガ、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミル、他 | トップページ | NEW YEAR 2016 & 2015_BEST MOVIE (お気に入り洋画・日本映画) »

2015-12-23

『マイ・ファニー・レディ(SHE'S FUNNY THAT WAY)』ピーター・ボグダノヴィッチ監督、オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、ジェニファー・アニストン、他

注・内容、台詞に触れています。
マイ・ファニー・レディ
SHE'S FUNNY THAT WAY

監督 : ピーター・ボグダノヴィッチ
出演 : オーウェン・ウィルソン
ジェニファー・アニストン
イモージェン・プーツ
キャスリン・ハーンウィル・フォーテ
リス・エヴァンス
オースティン・ペンドルトン
シビル・シェパードリチャード・ルイス
ジョージ・モーフォゲン
イリーナ・ダグラス

物語・新たなハリウッドスターとして活躍する女優、イザベラ(イモージェン・プーツ)。とあるスタジオで記者からインタビューを受けていた彼女は、かつて高級コールガールだったことをあっけらかんと告白する。やがて、初対面の客であったブロードウェイの人気演出家アーノルド(オーウェン・ウィルソン)から、自分の将来のために3万ドルをプレゼントしたいという不思議な申し出を受けたのを機に歩み始めた、女優への道とそれにまつわる複雑で奇妙な人間模様についても語りだすが…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Sftw

Memo1
なんという偶然!なんという鉢合わせ!笑
ウディ・アレンが演じていると恒例"ハイ!ここでジタバタあたふた"というシーンがあれこれ。
イタリアンレストラン"NicK's"でのシーンは予想がついていたけれど案の定の展開に笑った。
プロデューサーのウェス・アンダーソンが推したというオーウェン・ウィルソンがしっくりとはまっている。(既に『ミッドナイト・イン・パリ』があるので既視感はありますが…)
「君にはふさわしい場所があるはず」と将来のために3万ドルをあげると言い出す演出家アーノルド。(あとであちらこちらで同じことをやるという"僻"が判明する←妻デルタにもバレた過去あり)
自らを評した、こんな台詞。
「ミューズのミューズだ」
イザベラ(イジー)を演じたイモージェン・プーツが実に魅力的。ウディ・アレン作品だと役柄(職業は違いますが)からみると『誘惑のアフロディーテ』ミラ・ソルヴィーノ演じたリンダというところだろうか。(本作のイザベラは天真爛漫さという意味では別ベクトル+ウェットさがある)
イモージェン・プーツ、他の出演作を調べてみるとリメイク『フライトナイト/恐怖の夜』主人公の彼女役や『ジェーン・エア』ロチェスター(ファスベンダー)と結婚すると噂される良家の令嬢役など作品は見ているけれど印象に残っていなかった。それほど本作のイザベラ役は的をえたキャスティング。
他にこれからチェックしますが未公開WOWOWで放送されたウィンターボトム監督『ミスター・スキャンダル』や『恋人まで1%』(←これが本作に一番近いかも)などがあり。
スマホ、留守電、ホテルのルーム電話など電話を使ったネタが多々。
人の話を全く聞かないデリカシーのない精神科医(←この時点で既に変。演じたジェニファー・アニンストンが可笑しい)が「ほら、仕事中は留守電がなっていようとも電話にでない」とそこに彼氏である脚本家の「用事が入ったので今夜のディナーはキャンセル」の留守電を入れる声にマッハのスピードで反応する姿は笑った。
「映画みたいな話だけど結局、落ちつくところに落ちついた」とイザベラ。
で、そのイザベラは誰と落ち着いたの?と思ったら「エェーッ!オチ、そこかいなぁー」とひっくり返ったタランティーノ監督(しかもカンフー映画好きの役者という設定 笑)登場。
元々クラシックムービーファンだったのかもしれないけれど、イザベラがやたらと映画について詳しいなぁー、と思ったらお付き合いしている相手がタランティーノじゃーねー (と、納得)
"リスに胡桃を"
エルンスト・ルビッチ監督『小間使い』からの引用。前述タランティーノの解説(笑い)があった後、エンドクレジット前にそのシーンが挿入されている。
「リスに胡桃をやるように、胡桃にリスをあげる幸せもある」
「自分には自分にあった"居るべき場所"がある」

※Memo2
『マイ・ファニー・レディ』
ニューヨーク・ロケ地ガイド
(Inter Continental Hotel、Macy's Store、Belasco Theatreなど各シーンに対応)
http://onthesetofnewyork.com/shesfunnythatway.html
ソール・バスによる『七年目の浮気』タイトルアニメーション想起のTITLE DESIGN は CHRIS CUSEO(←エンドロールで名前を確認。他に携わっている作品は無いかを調べてみたけれど見つからず。きっとボグダノヴィッチ監督の要請で"かの作品"のようなイメージでと伝えられて制作したのかも?と推測)
大島依提亜さんデザインによるパンフレット表紙がこのタイトルバックのパタパタ仕様。

映画『マイ・ファニー・レディ』オフィシャルサイト
http://www.myfunnylady.ayapro.ne.jp/

|

« 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(STAR WARS : THE FORCE AWAKENS)』J・J・エイブラムス監督、デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ジョン・ボイエガ、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミル、他 | トップページ | NEW YEAR 2016 & 2015_BEST MOVIE (お気に入り洋画・日本映画) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/63013234

この記事へのトラックバック一覧です: 『マイ・ファニー・レディ(SHE'S FUNNY THAT WAY)』ピーター・ボグダノヴィッチ監督、オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、ジェニファー・アニストン、他:

» マイ・ファニー・レディ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(11) 元コールガールがハリウッド女優の地位を勝ち取った訳とは [続きを読む]

受信: 2015-12-23 21:24

» マイ・ファニー・レディ/SHES FUNNY THAT WAY [我想一個人映画美的女人blog]
片隅のスタジオで、先鋭のハリウッドスター・イザベラは、その成功への道のりについて記者からインタビューを受けていた。 高級コールガールをしていたことを天真爛漫に告白、お客として初めて会ったブロードウェイの演出家アーノルドから、 突然「君の将来のために...... [続きを読む]

受信: 2015-12-26 12:33

» 【第27回東京国際映画祭】『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』 (2014) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: Shes Funny That Way 監督/脚本 : ピーター・ボグダノヴィッチ 出演: オーウェン・ウィルソン 、キャスリン・ハーン 、イモージェン・プーツ 、ジェニファー・アニストン 、ウィル・フォーテ 、リス・エヴァンス 第27回東京国際映画祭『シーズ・...... [続きを読む]

受信: 2016-01-01 18:18

» 「マイ・ファニー・レディ」:アレン的な練達のコメディ [大江戸時夫の東京温度]
懐かしやピーター・ボグダノヴィッチ監督作品『マイ・ファニー・レディ』を観ました。 [続きを読む]

受信: 2016-01-14 21:57

» マイ・ファニー・レディ [映画三昧、活字中毒]
■ YEBISU GARDEN CINEMAにて鑑賞マイ・ファニー・レディ/SHE'S FUNNY THAT WAY 2014年/アメリカ/93分 監督: ピーター・ボグダノヴィッチ 出演: オーウェン・ウィルソン/イモージェン・プーツ/キャスリン・ハーン/ウィル・フォーテ/リス・エヴァンス 公式サイト 公開: 2015年12月19日 NY5番街のバーで、若手人気女優のイザベラ・...... [続きを読む]

受信: 2016-01-16 23:54

» 「マイ・ファニー・レディ」 [ここなつ映画レビュー]
ただ楽しい。ただ笑える。大人のコメディ。得るもの失うもの何もなく、でもたまにはこんな作品もいい。っていうか、こんな作品がいい。巷で噂の通り、ウディ・アレンの作風に似てなくもない。でも、洒脱過ぎなかったり、斜に構えた部分がなかったり、という点では、アレンのそれとは全然違う。ストレートに。ドタバタはあくまでドタバタに。ニヤリやクスリではなくて爆笑できるのが気持ちいい。今や映画界での若手スターのイジー(=イザベラ)(イモージェン・プーツ)が、雑誌の取材に答える形でそのデビュー当時の過去を物語る。いかにして... [続きを読む]

受信: 2016-01-29 12:55

» マイ・ファニー・レディ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「ラスト・ショー」「ペーパー・ムーン」の名匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督が、「ブロンドと柩の謎」以来13年ぶりに手がけた映画作品。元コールガールの人気女優をヒロインに、彼女を巡って一癖も二癖もある男たち女たちが織りなす、複雑に絡まり合った愛憎の行方をユ...... [続きを読む]

受信: 2016-01-31 11:45

» マイ・ファニー・レディ [C’est joli ここちいい毎日を♪]
マイ・ファニー・レディ 14:米 ◆原題:SHES FUNNY THAT WAY ◆監督:ピーター・ボグダノヴィッチ「ブロンドと柩の謎」「マスク(1984)」 ◆主演:オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、キャスリン・ハーン、リス・エヴァンス、ウィル・フォーテ、ジェ...... [続きを読む]

受信: 2016-02-11 20:28

» 「マイ・ファニー・レディ」 [或る日の出来事]
複数の人物が、ひとところにまとまって、浮気したしないでドタバタするコメディ。 [続きを読む]

受信: 2017-05-08 23:01

« 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(STAR WARS : THE FORCE AWAKENS)』J・J・エイブラムス監督、デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ジョン・ボイエガ、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミル、他 | トップページ | NEW YEAR 2016 & 2015_BEST MOVIE (お気に入り洋画・日本映画) »