« "Standing man"『ブリッジ・オブ・スパイ(Bridge of Spies)』スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、マーク・ライランス、他 | トップページ | 『クリムゾン・ピーク(Crimson Peak)』ギレルモ・デル・トロ監督、ミア・ワシコウスカ、ジェシカ・チャステイン、トム・ヒドルストン、他 »

2016-01-13

『母と暮せば』山田洋次監督、吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、他

母と暮せば
監督 : 山田洋次
音楽 : 坂本龍一
出演 : 吉永小百合二宮和也
黒木華浅野忠信、他

物語・1948年8月9日、長崎で助産師をしている伸子(吉永小百合)のところに3年前に原爆で失ったはずの息子の浩二(二宮和也)がふらりと姿を見せる。あまりのことにぼうぜんとする母を尻目に、すでに死んでいる息子はその後もちょくちょく顔を出すようになる。当時医者を目指していた浩二には、将来を約束した恋人の町子(黒木華)がいたが…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Haha

Memo
作家・井上ひさし氏が広島を舞台にした自身の戯曲「父と暮せば」と対になる作品として実現を願いながらもかなわなかった物語を山田洋次監督が映画化。
冒頭、モノクロではじまる長崎への原爆に向かう爆撃機シーン。
母に見送られ慌ただしく家を出て、それでも市電に乗り遅れそうになる浩二。
授業が始まり、学生たちが各々のインク瓶の蓋を開ける。
ふと、見上げる空に機影。
瞬間、全てが吹き飛ぶ。一瞬に。
(瓶がぐにゃっとした感じとなる)ここの描写、本当に恐い。
映画「父と暮せば」でも空を見上げて一瞬、点のようにピカっと光るシーンがあり、このあたりも対となる部分)
「浩二、浩二、どうしたの?あなたは悲しくなるといなくなるのね」
涙を流すと消えてしまう。
「だから泣かないで」
キネ旬で立川志らくさんが書かれていたとおりファンタジーというよりはホラーではないか、と…。
そのホラーの意を考えるとき、思いおこすのは『地獄の黙示録』のラスト。つぶやかれる「ホラー…ホラー」(字幕ではこれが"恐怖"と訳されていた)の感触のことを考えてしまう。
後半になるにしたがって薄暗くなっていく室内の照明、全体のトーン。
(町子が浅野忠信演じる結婚相手を連れて久々に訪ねてきた時に既に予兆が場面に充ちている)
ラスト。
師走の木枯らし吹きすさぶ荒涼たる風景。
まさに、その時が近づいていることがわかる。
浩二は会いに来たのではなく、迎えに来たということのほうが正しい。母は直ぐに爆心地の付近を探しまわったと語っているとおり被爆という意味では相当早い時期から影響が出ていたと思われる。
2015年に公開された黒沢清監督『岸辺の旅』にも浅野忠信さんが出演していて何やら、このなんともいえない此岸と彼岸の地続き感は何だろう。
二宮和也さんは安定の演技。そして黒木華さんがやはりめちゃくちゃ上手い。吉永小百合さんとの会話場面が突然、熱をおびてくるシーンがある。
題字は100%ORANGE

『母と暮せば』公式サイト
http://hahatokuraseba.jp/

|

« "Standing man"『ブリッジ・オブ・スパイ(Bridge of Spies)』スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、マーク・ライランス、他 | トップページ | 『クリムゾン・ピーク(Crimson Peak)』ギレルモ・デル・トロ監督、ミア・ワシコウスカ、ジェシカ・チャステイン、トム・ヒドルストン、他 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/63117322

この記事へのトラックバック一覧です: 『母と暮せば』山田洋次監督、吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、他:

» 母と暮せば ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「おとうと」「小さいおうち」の山田洋次監督が、吉永小百合と二宮和也を主演に迎えて贈るヒューマン・ファンタジー・ドラマ。戦後の広島を舞台にした父と娘の物語『父と暮せば』を手がけた井上ひさしが生前に構想していた長崎が舞台の物語というアイデアを山田監督が受け...... [続きを読む]

受信: 2016-01-14 11:56

» 母と暮せば〜原節子→蒼井優→黒木華 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。山田洋次監督、音楽:坂本龍一。吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、加藤健一、 広岡由里子、本田望結、小林稔侍、辻萬長、橋爪功。ニノは幽霊なのでスチール写 ... [続きを読む]

受信: 2016-01-14 13:03

» 母と暮せば [あーうぃ だにぇっと]
母と暮せば@一ツ橋ホール [続きを読む]

受信: 2016-01-14 13:52

» 母と暮せば [Akira's VOICE]
まるで吉永小百合による朗読の再現劇。   [続きを読む]

受信: 2016-01-14 13:55

» 母と暮せば [映画三昧、活字中毒]
■ 試写会にて鑑賞母と暮せば 2015年/日本/130分 監督: 山田洋次 出演: 吉永小百合/二宮和也/黒木華/浅野忠信/加藤健一 公式サイト 公開: 2015年12月12日 長崎で助産婦として暮らしている福原伸子は、1945年08月09日、原爆で長崎医科大学に通っていた息子の浩二を亡くす。既に夫と上の息子も亡くしていた伸子は天涯孤独となり、浩二の恋人だった佐多町子が頻繁に訪れ...... [続きを読む]

受信: 2016-01-16 23:50

» 『母と暮せば』 [真紅のthinkingdays]
 1948年、長崎。3年前の8月、医学生の次男・浩二(二宮和也)を原爆で失った 母の伸子(吉永小百合)は、助産婦をしながら一人で暮らしていた。そんな伸子 を、浩二の恋人だった町子(黒木華)はたびたび訪ねる。そして、ある夜のこと・・・。  井上ひさし原作、黒木和雄監督の名作 『父と暮せば』 にオマージュを捧げ た、山田洋次監督の最新作。「1945年8月9日、僕は死んだ」 このナ...... [続きを読む]

受信: 2016-01-28 08:17

» 『母と暮せば』 [cinema-days 映画な日々]
母と暮せば 長崎に落とされた原爆で亡くなった筈の息子の亡霊が、 3年ぶりに母親の前に現われて、婚約者の行く末を案じる... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 構想:井上ひさし... [続きを読む]

受信: 2017-01-22 15:07

« "Standing man"『ブリッジ・オブ・スパイ(Bridge of Spies)』スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、マーク・ライランス、他 | トップページ | 『クリムゾン・ピーク(Crimson Peak)』ギレルモ・デル・トロ監督、ミア・ワシコウスカ、ジェシカ・チャステイン、トム・ヒドルストン、他 »