« "ビスケット!ビスケット!"『ミラクル・ニール!(Absolutely Anything)』テリー・ジョーンズ監督、サイモン・ペッグ、ケイト・ベッキンセール、ロビン・ウィリアムズ、他 | トップページ | 『レヴェナント : 蘇えりし者(The Revenant)』アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、他 »

2016-04-24

『リップヴァンウィンクルの花嫁』岩井俊二監督、黒木華、Cocco、綾野剛、他

リップヴァンウィンクルの花嫁

監督 : 岩井俊二
出演 : 黒木華Cocco
綾野剛、原日出子
地曵豪、毬谷友子
和田聰宏、佐生有語
夏目ナナ、金田明夫
りりィ、他

物語・東京で派遣教員をしている皆川七海(黒木華)は、鉄也とSNSで知り合った後に結婚。結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野剛)に頼む。しかし、間もなく鉄也の浮気が明るみに。ところが七海が浮気をしたと義母に責められ、家を出ていくことになる。そんな七海に安室が結婚式の代理出席や、月給100万円の住み込みメイドのアルバイトを紹介。そこでメイド仲間で、型破りで自由な里中真白(Cocco)と出会う。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Rvw2

Memo1
あれよあれよという間に悲惨な出来事になだれこみ"なんでも屋"コンダクター安室行舛(綾野剛)に導かるまま、終映後、気がつけば見ているこちら側(内側)も皆川七海(と同じように少しだけ向こう側(外側)に出られたような気分になる。
現実からファンタジー、そしてまた現実へ。
その抜け出た現実(リアル世界)は最初見ていたものとは違って見える。
なんという傑作!
名前でいろいろ遊んでいたり(かけていたり)する岩井俊二監督作品。
(『花とアリス』でも駅の名前が漫画家繋がりになっていました。白戸方面、水木、藤子、北廊、塗壁、野比田など)
LINE(のようなSNS)画面に出た安室の敬礼写真
「アムロ、行きます」
(冗談のようなホントのような、ちょっとひとをくったような、でも、その匙加減も岩井監督作品)
いろいろな方が指摘しているとおり七海の名前も"全ての川は七つの海に帰す"と意味深。
それにしても真白(Cocco)の母親役がりりィ
(まさに沖縄歌姫の共演←実際の共演場面はありませんが)
真白の葬儀(擬似家族が本当の家族のように参列している)の後のこの母親を訪ねて行くシーン。
ここだけが映像のトーンもドキュメンタリーのようなリアルなタッチに変わる。冒頭、SNSで知り合って結納、結婚へと至る七海の(海月のような)ふわふわとした実態のないリアルではなく、本当にありのままの現実。
カメオ出演、笑える(笑っちゃいけないのかもしれないけど)多数。
ただ、それさえも埋没させてしまうほど本編密度が濃密。
(紀里谷監督には笑ってしまいましたが…)
真白の台詞
「この世界はさ、ほんとうは幸せだらけなんだよ」
「コンビニで知らない人がわたしなんかのためにせっせっせっと商品を詰めていってくれるんだよ」

Memo2
劇場公開作以外に配信限定版(海外上映バージョン)と映画とは異なる全6話からなるBSスカパー!で放送中『リップヴァンウィンクルの花嫁』serial edition。各話のサブタイトルが「結納」「結婚」「離婚」「家族」「白い館」「花嫁」と端的にして秀逸。
http://www.bs-sptv.com/rvw-bride/
メイキング映像を見ると使用カメラがREDだった。
撮影監督・神戸千木 Web Site
Ebank
http://www.ebnak.com/

Rvw
パンフレット
岩井俊二監督や出演者へのインタビュー。宮台真司、中森明夫、岡田育各氏による寄稿。プロダクションノートなど濃い内容。

映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』公式サイト
http://rvw-bride.com/

|

« "ビスケット!ビスケット!"『ミラクル・ニール!(Absolutely Anything)』テリー・ジョーンズ監督、サイモン・ペッグ、ケイト・ベッキンセール、ロビン・ウィリアムズ、他 | トップページ | 『レヴェナント : 蘇えりし者(The Revenant)』アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、他 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/64706130

この記事へのトラックバック一覧です: 『リップヴァンウィンクルの花嫁』岩井俊二監督、黒木華、Cocco、綾野剛、他:

» リップヴァンウィンクルの花嫁 [佐藤秀の徒然幻視録]
目覚めるべき現実はもはやない茶番の現実 公式サイト。岩井俊二原作・監督。黒木華、綾野剛、Cocco、原日出子、地曵豪、毬谷友子、和田聰宏、佐生有語、夏目ナナ、金田明夫、りりィ ... [続きを読む]

受信: 2016-04-27 21:37

» リップヴァンウィンクルの花嫁 [映画好きパパの鑑賞日記]
 久々の岩井俊二監督が黒木華を新たなミューズに迎えた新作。なんとも言えない不思議な世界に、黒木、綾野剛の演技は見応えがあったけど、BGMがちょっとうるさかった点がマイナスでした。  作品情報 2016年日本映画 監督:岩井俊二 出演:黒木華、綾野剛、Cocco 上…... [続きを読む]

受信: 2016-04-27 23:10

» リップヴァンウィンクルの花嫁 [映画的・絵画的・音楽的]
 『リップヴァンウィンクルの花嫁』をユーロスペースで見ました。 (1)評判の高さを聞いて映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、人々が大勢道路を歩いていて、その間にいた皆川七海(黒木華)がポストの前で立ち止まって、携帯を手にしながら、もう一方の...... [続きを読む]

受信: 2016-04-28 05:16

» りりィ(・シュシュ)の子どもたち~『リップヴァンウィンクルの花嫁』 [真紅のthinkingdays]
 岩手県花巻市出身の皆川七海(黒木華)は、東京で派遣教員をしながらコン ビニでもバイトをしている内気な女性。地元出身の作家・宮沢賢治が好きな彼 女のHNは ”クラムボン”。SNSで知り合った鉄也(地曵豪)と結婚することに なったものの、親戚が少ない七海は、これもSNSで知り合った ”ランバラル”  こと、何でも屋の安室行舛(綾野剛)に代理出席を依頼するのだったが・・・。  ...... [続きを読む]

受信: 2016-04-28 11:32

» リップヴァンウィンクルの花嫁 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「Love Letter」「花とアリス」の岩井俊二監督が「小さいおうち」「母と暮せば」の黒木華を主演に迎え、一人の若い女性の心の彷徨と成長を見つめたドラマ。現代の日本を舞台に、ふとしたことから“普通の人生”を踏み外してしまった世間知らずのヒロインが、周囲に流される...... [続きを読む]

受信: 2016-04-28 19:37

» リップヴァンウィンクルの花嫁・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
なぜ彼女は、フォークロアの住人となったのか。 残酷で切なく美しい、3時間の大力作。 異才・岩井俊二監督が、「花とアリス」以来12年ぶりに国内で発表した長編実写映画は、驚くべき密度を持った作品だ。 東京で派遣の教師をしている主人公が、厳しい現実によって人生どん底にまで追い詰められ、奇妙な便利屋の導きによって、不思議な世界へと足を踏み入れる。 人はどうしたら幸せになれるのか?幸せはど...... [続きを読む]

受信: 2016-04-28 22:46

» 「リップヴァンウィンクルの花嫁」SNSで知り合った先に知った依頼人に選ばれた数奇な運命を歩んだ女性が辿り着いた最後の花嫁 [オールマイティにコメンテート]
「リップヴァンウィンクルの花嫁」は非常勤教師の女性がSNSで出逢った同じ教師を仕事にする人と出逢って結婚するも、結婚相手の浮気を自らの浮気とされて離婚する事になりその時に ... [続きを読む]

受信: 2016-04-29 19:15

» よく知らない人をよく知ってしまった時。『リップヴァンウィンクルの花嫁』 [水曜日のシネマ日記]
岩井俊二監督の最新作です。 [続きを読む]

受信: 2016-04-30 16:12

« "ビスケット!ビスケット!"『ミラクル・ニール!(Absolutely Anything)』テリー・ジョーンズ監督、サイモン・ペッグ、ケイト・ベッキンセール、ロビン・ウィリアムズ、他 | トップページ | 『レヴェナント : 蘇えりし者(The Revenant)』アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、他 »