« "加野屋暖簾の配色"『あさが来た』(大森美香脚本、波瑠、玉木宏、他)セット公開 | トップページ | 『モヒカン故郷に帰る』沖田修一監督、松田龍平、前田敦子、柄本明、もたいまさこ、他 »

2016-04-10

"How have I ever deserved such love?"『リリーのすべて(The Danish Girl)』トム・フーパー監督、エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、他

注・内容、台詞に触れています。
リリーのすべて
The Danish Girl

監督 : トム・フーパー
出演 : エディ・レッドメイン
アリシア・ヴィキャンデル
ベン・ウィショー
セバスチャン・コッホ
アンバー・ハード
マティアス・スーナールツ、他

物語・1926年デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に女性モデルの代役を依頼される。その際に、自身の内面にある女性の存在を感じ取る。それ以来リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナーは、心と体の不一致に悩むことに。当初はそんな夫の様子に困惑するゲルダだったが、次第に理解を深め…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Dg1

Memo1
エディ・レッドメインの役どころを支えるアリシア・ヴィキャンデルがめちゃくちゃ上手い(アカデミー賞助演女優賞さもありなん)
もちろんエディレッドメインもすごいのだが、変わっていく彼を受け止めるヴィキャンデルの心情(トムフーパー監督ということもあってバストショットやアップが多くなるため表情による演技)表現。
モデルがキャンセルになったため代わりにモデルを務めるアイナー。
この時の自分の脚をみつめるアイナーの視線。
We’re going to call you Lili...
そしてウラがユリの花束をアイナーにポンと渡す。
(この時、アイナーは自分の中に存在する女性のことに気づく)
「あなたはリリーよ」
女性の仕草を真似ていくアイナー。
それは画家だからこその模倣の視点。
ワンちゃんが癒す
(観客も癒されましたが)
・最初のあたりでゲルダが肖像画を描いているシーン。
その肖像を描いてもらっている本人に対して。
「ジッとして」
「動かないで」
(ワンちゃんにもモデル、どちらに言ってるのかわからない感じが可愛らしいシーン)
・また、アイナーとゲルダ、2人の顔を順に見るシーンがあって、これが本当にパッパッと見返す感じで素晴らしい名演技
性別適合手術を受けるために旅立つアイナーを見送る駅のシーン。
プレゼントされたスカーフを首に巻くゲルダ
そのスカーフをアイナーに渡し駅での(男女としての)最後のキス。
列車に乗り込んでからも車両の窓を順に見ていって姿を探すゲルダ。
そして投げキスを送り。
列車が走りだしたと同時に急ぎ足で歩き始めるゲルダ。
(この時のゲルダの表情)
駅が出てくる(別れが多い)シーンの映画が好きだけれども、本作のシーンも格別のものがありました。

Dg3

外に出たいと庭に。
そこで交わされた台詞。
ゲルダへの無条件な愛への感謝
「大きな愛に答えられたのかしら」
How have I ever deserved such love?
ラストシーン
風景画で描かれた沼地に行くゲルダと画商のハンス(マティアス・スーナールツ)
舞い上がる、(二人の間を結びつけていたかのような)スカーフ
「行かせてあげて」
「自由になれたのよ」
※台詞は記憶をたどって書いているので若干、違うかも知れません。

Memo2
音楽が(あまりの多作ぶりで世界中にコピーロボットがいるのでは?と噂される)アレクサンドラ・デスプラ
最近、発刊された「女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」アール・デコのうもれた美女画」 (著者の荒俣宏さんによるとリリーよりリリの方がしっくりくると書かれているとおり脚本もLili表記になってました)
脚本(PDFで公開中)
Screenplay by Lucinda Coxon
http://focusguilds2015.com/workspace/media/dg-finalversion.pdf
『リリーのすべて』衣装展示記事
Hollywood Movie Costumes and Props
http://hollywoodmoviecostumesandprops.blogspot.jp/search/label/The%20Danish%20Girl
タイトルデザイン
(ラストと繋がる沼地、そして断崖)
Lipsync Design
MOVIE TITLE STILLS COLLECTION記事
http://annyas.com/screenshots/updates/danish-girl-2015-tom-hooper/

Dg2

映画『リリーのすべて』公式サイト
http://lili-movie.jp/

|

« "加野屋暖簾の配色"『あさが来た』(大森美香脚本、波瑠、玉木宏、他)セット公開 | トップページ | 『モヒカン故郷に帰る』沖田修一監督、松田龍平、前田敦子、柄本明、もたいまさこ、他 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/64731112

この記事へのトラックバック一覧です: "How have I ever deserved such love?"『リリーのすべて(The Danish Girl)』トム・フーパー監督、エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、他:

» 映画:リリーのすべて The Danish Girl 価値観を揺さぶられる映画(って新しいかも?!) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
最近ビックリしたニュースのひとつは、以下。 ウォッシャスキ−兄弟が、       ウォッシャスキ−兄妹に       ウォッシャスキ−姉妹となって、完成! 兄弟揃って、性別違和だったとは! そのウォッシャスキ−姉妹の最新作ジュピター...... [続きを読む]

受信: 2016-04-11 06:51

» 『リリーのすべて』 2016年3月9日 TOHOシネマズ日劇 [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『リリーのすべて』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 チケットは7分で完売と言っていたが、もうちょい経ってた気もするw エディ・レッドメインとトム・フーパー監督の舞台挨拶であったが トム・フーパー監督は優しさがにじみ出ていた。 【ストーリー】  1926年デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に女性モデルの代役を依頼される。その際に、自身の内面にある女性の存在を感じ取る。それ以来リリーという女性として生活していく... [続きを読む]

受信: 2016-04-11 07:55

» リリーのすべて〜芸術は変身だ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:The Danish Girl。イギリス=ドイツ=アメリカ。デヴィッド・エバーショフ原作、トム・フーパー監督。エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィシ ... [続きを読む]

受信: 2016-04-11 08:49

» リリーのすべて [映画好きパパの鑑賞日記]
 今から90年前、世界で初めて性同一性障害で性転換手術を受けた男性の物語。際物かなという懸念もあったのですが、「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監督だけあって格調高かった。夫婦の愛の深さと孤独が痛切に感じられる傑作でした。  作品情報 2015年イギリス、…... [続きを読む]

受信: 2016-04-11 11:20

» リリーのすべて [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【THE DANISH GIRL】 2016/03/18公開 アメリカ R15+ 120分監督:トム・フーパー出演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、セバスチャン・コッホ、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ あなたの愛で、本当の自分になれた。夫が女...... [続きを読む]

受信: 2016-04-11 12:39

» これほどの愛~『リリーのすべて』 [真紅のthinkingdays]
 THE DANISH GIRL  1926年、デンマーク。コペンハーゲンで暮らす風景画家のアイナー・ヴェイ ナー(エディ・レッドメイン)は、肖像画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィカンダー) にモデルの代役を頼まれる。  自分の性別に耐え難い違和感を抱き、世界で初めて性別適合手術を受け た人物と、その妻の実話の映画化。小柄で、(たまに前田敦子に見える)アイ ...... [続きを読む]

受信: 2016-04-11 13:19

» 私が彼の妻ならば・・・。『リリーのすべて 』 [水曜日のシネマ日記]
世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマです。 [続きを読む]

受信: 2016-04-11 14:23

» リリーのすべて ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話を基に、ふとしたきっかけから男性であることに違和感を抱き始めた主人公の苦悩と、そんな夫を献身的に支え続けた妻の葛藤と感動の愛の物語を描いたドラマ。主演は「レ・ミゼラブル」「博士と彼女のセ...... [続きを読む]

受信: 2016-04-11 16:59

» リリーのすべて [to Heart]
あなたの愛で、 本当の自分になれた。 夫が女性として生きたいと願った時、妻はすべてを受け入れた。 THE DANISH GIRL 上映時間 120分 映倫 R15+ 原作 デヴィッド・エバーショフ『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』(講談社刊) 脚本 ルシンダ・コク...... [続きを読む]

受信: 2016-04-11 20:31

» 「リリーのすべて」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Danish Girl」2015 UK/USA/ベルギー/デンマーク/ドイツ 1926年、デンマーク、コペンハーゲン。風景画家のアイナー・ヴェイナーは肖像画家であるゲルダと結婚して6年、深く愛し合う二人ながら子宝には無縁だった。そんな折、ゲルダの頼みで、ストッキング、華奢な靴そしてチュチュを身にあてがい、踊り子ウラの代わりにモデルを勤めることになる。ゲルダに口紅を塗られ戸惑いつつもポーズを取るアイナー。やがて彼は自分の中に潜んでいた女性というアイデンティティに向かって突き進んで行く.... [続きを読む]

受信: 2016-04-11 20:52

» 「リリーのすべて」☆せつなさ100% [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
妻のゲルダを演じたアリシア・ビカンダーが何しろ素晴らしい。 納得のアカデミー賞助演女優賞受賞だゎ。 せつなく唇を震わせて涙をこらえる妻の姿に、真実の愛を感じずにはいられない。... [続きを読む]

受信: 2016-04-11 23:44

» リリーのすべて [そーれりぽーと]
最初に性適合手術を受けた人のはなし。 『リリーのすべて』を観てきました。 ★★★★ 前々から女装したらジュリア・ロバーツにそっくりになりそう、と書いてきたエディ・レッドメインが、実際に女装する映画を観る日が来るとは。 やっぱり似てます。そして、似すぎないよう...... [続きを読む]

受信: 2016-04-12 01:00

» 『リリーのすべて』 [こねたみっくす]
どんなに頑張っても男は女にはなれない。そして敵わない。 世界で初めて性別適合手術を受けたデンマークの画家アイナー・ヴェイナーことリリー・エルベと、彼から彼女へと変わり ... [続きを読む]

受信: 2016-04-12 23:05

» リリーのすべて [心のままに映画の風景]
1926年デンマーク。 風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に女性モデルの代役を依頼され、自身の内面にある女性の存在を感じ取る。 それ以来、リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナーは、心と体の不一致に悩む。 夫の様子に困惑するゲルダだったが、次第に理解を深めていくことになり…。 世界初の...... [続きを読む]

受信: 2016-04-16 11:59

» リリーの誕生は・・・ [笑う社会人の生活]
28日のことですが、映画「リリーのすべて」を鑑賞しました。  1926年デンマーク 風景画家のアイナー・ヴェイナーはく画家の妻ゲルダに女性モデルの代役をきっかけに自身にある女性の存在を意識する それ以来リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナ...... [続きを読む]

受信: 2016-05-07 17:42

» リリーのすべて [C’est joli ここちいい毎日を♪]
リリーのすべて 15:イギリス ドイツ アメリカ ◆原題:THE DANISH GIRL ◆監督:トム・フーパー「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」 ◆主演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ ...... [続きを読む]

受信: 2016-05-22 21:52

» 引き金をひいたのは奥さんちゃうん?~リリーのすべて~ [ペパーミントの魔術師]
今頃か~いというくらい2ヶ月以上遅れてアップしとりますどもども。 これね~。もともとアイナーの中にはリリーがいたんでしょ? 過去に封印したはずの女性の部分がはっきり表にでてくるきっかけになってしまったのが 女装して出かけたパーティだとしたら、 ほんの遊び...... [続きを読む]

受信: 2016-07-21 17:03

« "加野屋暖簾の配色"『あさが来た』(大森美香脚本、波瑠、玉木宏、他)セット公開 | トップページ | 『モヒカン故郷に帰る』沖田修一監督、松田龍平、前田敦子、柄本明、もたいまさこ、他 »