« "How have I ever deserved such love?"『リリーのすべて(The Danish Girl)』トム・フーパー監督、エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、他 | トップページ | "ビスケット!ビスケット!"『ミラクル・ニール!(Absolutely Anything)』テリー・ジョーンズ監督、サイモン・ペッグ、ケイト・ベッキンセール、ロビン・ウィリアムズ、他 »

2016-04-13

『モヒカン故郷に帰る』沖田修一監督、松田龍平、前田敦子、柄本明、もたいまさこ、他

注・内容、台詞に触れています。
モヒカン故郷に帰る

監督 : 沖田修一
出演 : 松田龍平
柄本明前田敦子
もたいまさこ
千葉雄大、他

物語・プロのバンドマンになるべく東京で活動していた永吉(松田龍平)は、付き合っている由佳(前田敦子)が身ごもったことを報告するために数年ぶりに広島の島へ戻ってく る。頑固な父親・治(柄本明)は息子の永吉につっけんどんな口調で接するが、内心はうれしくてその夜、島民たちを誘って大宴会を開催。しかし、宴会の最中に治が倒れ、がんであることが発覚し余命宣告を受ける。永吉は父親の喜ぶ顔が見たいと奮起するも、なかなかうまくいかず…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Mo

Memo
エンドクレジットで細野晴臣さんの「MOHICAN」が流れて気づく、あー、全編このテンポで描かれてたんだということ。
吹奏楽部の唯一の男子、野呂くん(←サイコーに可笑しい)。
治も中学生の時の永吉とだぶるのか特に厳しく指導。
ある日、見舞いに来ていた野呂くんを車で送ることになった永吉。
車内では永吉のCDがガンガンに鳴っている。
会話の際に少し下げて話しているとポツリと。
「さっきから、思ってたんですけど…このバンド、カッコイイっすよね」
「野呂くん」
ちらっと見て
「君、わかってるね」
「広島県民にとって、矢沢は義務教育です」
(拓郎さんも浜田省吾も奥田民生もいますよー)
その矢沢永吉のポスターやグッズに囲まれた
いい台詞とシーンがいくつも。
昼間に家族で海岸へ出た際に父親が今の永吉を中学生の頃の永吉だと思って会話するシーン。
車椅子に日傘の父・治、横に並んで砂浜に座る永吉。
それを写す背中越しのショット。
その先に波と戯れる由佳と母親(もたいまさこ)
「お前、練習は」
「中学出てもブラス、やるんか」
「東京へ出てビッグになって帰ってこい」
「そしたら、宴会してやるから」
(これが永吉が帰ってきた際に行われた宴会と繋がる)
もうひとつ、こんなシーン
どう接したら父親が喜ぶのかわからずにとまどっている永吉。
「早よぉ、東京帰れ」
ベッドの上の治。
くるっと横を向いて
「お前に優しくされると明日にでも死んでしまうような気がする」
前田敦子、いくつかの映画作品でみせた暴食いシーン。
本作は冒頭のスパゲティと唐揚げを豪快に。
(あとは"つわりシーン"でまさかのアジの開きを調理するところ←この設定 笑)
由佳と母親がすぐに仲良くなって、本当に昔からの家族のよう。
(逆に治と永吉の男同士は妙にどうしたらよいのかわからない距離←墓参りに行くのも一緒に行こうと言わずに唐突に出かけていって、永吉が追いかけていく格好になってるのもよかった)
伊勢海老(『南極料理人』)海苔(『キツツキと雨』)とんがりコーン(『滝を見にいく』など沖田修一監督作品で毎回出てくる食べものネタが本作も。
まさかのピザ配達バイクのデッドヒート!
これは笑った。
(ピザ配達の人が3人、意識しながら同じ船に乗ってやってくるシーンも 笑)
「だ・ん・ま・つ・まーーーー!!!」
冒頭ライヴハウスシーンの第一声が、まさかの円環構造。
由佳と結婚式シーン(病院を式場にしつらえて)。
ベールをあげてキス…と、いった瞬間に父・治の「あーーーー!!!」といった声と共に「だんまつまー」とかぶさって暗転。
ラストは東京へ帰っていく永吉と由佳の船の上のショット。
このふたりの距離が最初、島へやって来た感じと違って見える。
全く暗さや湿り気のない、それでいて"家族を描いた"見事な映画でした。

映画『モヒカン故郷に帰る』公式サイト

http://mohican-movie.jp/


|

« "How have I ever deserved such love?"『リリーのすべて(The Danish Girl)』トム・フーパー監督、エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、他 | トップページ | "ビスケット!ビスケット!"『ミラクル・ニール!(Absolutely Anything)』テリー・ジョーンズ監督、サイモン・ペッグ、ケイト・ベッキンセール、ロビン・ウィリアムズ、他 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/64893794

この記事へのトラックバック一覧です: 『モヒカン故郷に帰る』沖田修一監督、松田龍平、前田敦子、柄本明、もたいまさこ、他:

» モヒカン故郷に帰る [佐藤秀の徒然幻視録]
成りあがり成りゆきの東京家族 公式サイト。沖田修一監督・脚本。松田龍平、柄本明、前田敦子、もたいまさこ、千葉雄大、木場勝己、美保純、小柴亮太、富田望生。1977年、日本人ロ ... [続きを読む]

受信: 2016-04-14 16:48

» モヒカン故郷に帰る ★★★ [パピとママ映画のblog]
『横道世之介』などの沖田修一が監督と脚本を担当し、数年ぶりに故郷に戻った売れないバンドマンが余命わずかの父親のために奮闘する姿を描くコメディードラマ。恋人の妊娠を報告するために瀬戸内海に浮かぶ故郷の島に帰るバンドマンを『舟を編む』などの松田龍平が、昔か...... [続きを読む]

受信: 2016-04-14 17:29

» 『モヒカン故郷に帰る』 2016年3月31日 一ツ橋ホール [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『モヒカン故郷に帰る』 を試写会で鑑賞しました。 松田龍平、柄本明、もたいまさこの演技はウマイ。 前田敦子、千葉雄大は乗った感ありなかなか役者さんは良かった。 【ストーリー】  プロのバンドマンになるべく東京で活動していた永吉(松田龍平)は、付き合っている由佳が身ごもったことを報告するために数年ぶりに広島の島へ戻ってくる。頑固な父親・治(柄本明)は息子の永吉につっけんどんな口調で接するが、内心はうれしくてその夜、島民たちを誘って大宴会を開催。しかし、宴会の最中に治が倒れ、がんであることが発覚し、... [続きを読む]

受信: 2016-04-14 20:12

» [映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「モヒカン故郷に帰る」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「横道世之介」の沖田修一監督・脚本、「舟を編む」の松田龍平主演。妊娠した恋人との結婚報告のため、久しぶりに故郷の広島に帰ってきたモヒカン頭のデスメタルバンドマンが、家族とともに過ごす日々を描くコメディ。 広島先行上映にて鑑賞。人物描写に定評のある監督だ... [続きを読む]

受信: 2016-04-15 18:56

» 映画・モヒカン故郷に帰る 試写会 [読書と映画とガーデニング]
2016年 日本 東京で売れないデスメタルバンドのボーカルを担当している、田村永吉(松田龍平)同棲中の恋人・会沢由佳(前田敦子)に子供が出来たことと、バンドの行く末にメンバーが不安を訴えるようになったことを機会に7年ぶりに故郷・広島の瀬戸内に浮...... [続きを読む]

受信: 2016-04-18 08:18

» 「モヒカン故郷に帰る」:ちょっと冗長なオフビート・コメディ [大江戸時夫の東京温度]
映画『モヒカン故郷に帰る』は、沖田修一監督がゆったりテンポで撮ったオフビート・コ [続きを読む]

受信: 2016-04-19 23:23

» モヒカン故郷に帰る [象のロケット]
30歳の売れないバンドマン永吉は、妊娠中の恋人・由佳を連れ、7年ぶりに広島の戸鼻島(とびじま)へ帰省した。 賑やかな宴会の後、父・治が倒れ、ガンであることが発覚する。 母・春子、弟・浩二は動揺し、永吉たちはしばらく実家に滞在することに。 酒屋のかたわら中学校の吹奏楽部でコーチを務める治は、矢沢永吉の大ファン。 その思い入れは、生活すべてに及んでいた…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2016-04-23 02:10

» モヒカン故郷へ帰る [映画的・絵画的・音楽的]
 『モヒカン故郷に帰る』をテアトル新宿で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭では、ライブハウスで主人公の永吉(松田龍平)がバンドを従えて歌っています。しかし何を歌っているのかよく聞き取れません。  演...... [続きを読む]

受信: 2016-04-23 07:13

» 『モヒカン故郷に帰る』 [cinema-days 映画な日々]
モヒカン頭の売れないバンドマンが、 妊娠した恋人を連れて結婚報告の為に 7年ぶりに故郷へ帰って来た... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 東京テアトル70周年記念作品 [続きを読む]

受信: 2016-04-24 01:49

» 『モヒカン故郷に帰る』 図太く生きなさい [Nice One!! @goo]
監督・脚本: 沖田修一 出演: 松田龍平 、柄本明 、前田敦子 、もたいまさこ 公式サイトはこちら。 売れないデスメタルバンドのボーカル・永吉は、恋人の由佳が妊娠したことをきっかけに、瀬戸内海に浮かぶ故郷の戸鼻島(とびじま)へ7年ぶりに帰郷。同じく故郷...... [続きを読む]

受信: 2016-05-03 19:35

» モヒカン故郷に帰る [映画好きパパの鑑賞日記]
 沖田修一監督によるゆるーく、昭和の香りもするようなホームドラマ。広島県人は楽しいでしょうが、矢沢栄吉にも広島カープにも興味がないので、前半は寝落ちしてしまいました。  作品情報 2015年日本映画 監督:沖田修一 出演:松田龍平、柄本明、前田敦子 上映時…... [続きを読む]

受信: 2016-05-04 07:42

» 故郷へ帰れば・・・ [笑う社会人の生活]
9日のことですが、映画「モヒカン故郷に帰る」を鑑賞しました。 売れないデスメタルバンドのボーカル 永吉は恋人の由佳が妊娠をきっかけに瀬戸内海に浮か、ぶ戸鼻島へ7年ぶりに帰郷 同じく故郷を出たはずの弟もいつの間にか帰郷しており 久々に一家が顔をそろえるが、宴...... [続きを読む]

受信: 2016-05-14 00:48

« "How have I ever deserved such love?"『リリーのすべて(The Danish Girl)』トム・フーパー監督、エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、他 | トップページ | "ビスケット!ビスケット!"『ミラクル・ニール!(Absolutely Anything)』テリー・ジョーンズ監督、サイモン・ペッグ、ケイト・ベッキンセール、ロビン・ウィリアムズ、他 »