« タイトルデザイン_45. Blur Studio (End Title Sequence/CLAUS)『デッドプール(Deadpool)』ティム・ミラー監督、ライアン・レイノルズ主演 "緑から赤へ" | トップページ | "映画の生き死には宣伝次第よ" 淀川長治さんの映画広告 »

2016-06-07

『海よりもまだ深く』是枝裕和監督、阿部寛、樹木希林、真木よう子、吉澤太陽、小林聡美、池松壮亮、他

注・内容、台詞に触れています。
海よりもまだ深く

監督 : 是枝裕和
出演 : 阿部寛樹木希林
真木よう子吉澤太陽
小林聡美
池松壮亮
リリー・フランキー、他

物語・15年前に1度だけ文学賞を受賞したことのある良多(阿部寛)は「小説のための取材」と理由を付けて探偵事務所で働いている。良多は離婚した元妻の響子(真木よう子)への思いを捨てきれず、響子に新しく恋人ができたことにぼうぜんとしていた。良多、響子、息子の真悟(吉澤太陽)は、良多の母・淑子(樹木希林)の家に偶然集まったある日、台風の一夜を皆で過ごすことになり…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Uf1

Uf2

Memo1
脚本の1ページ目に書かれたという、この言葉がそのまま問いかけでもあり(しかし答えがあるわけではない)、監督のまなざしでもある。
「みんながなりたかった大人になれるわけじゃない」
かつて、夏休みにお祖父ちゃん、お祖母ちゃんのいる田舎へ帰るというと"今住んでいる場所より遠く離れた自然のある場所"をイメージしたものだが、それがいつの間にか"電車やバスに乗っていける場所"(さらに、それが団地)に変わっていったのはいつ頃のことだろう?
『海街diary』地上波放送された際に、ふと思ったこと。
CMが入って細切れになっているのだが、普通に流し見として成立すること。それも、おそらく途中から(CMとCMの間のシーンだけ)見たとしても、ちょっと見入ってしまう(入っていける)という不思議な感覚をもった。
もしかするとテレビドラマ『ゴーイング マイ ホーム』を撮った辺りから、意図的に何かそういったことをされているのかなぁ、と。
(刊行されたばかりの著書『映画を撮りながら考えたこと』の中で言及されているかは未確認)
キネ旬、川本三郎さんの連載「映画を見ればわかること」で『海よりもまだ深く』が成瀬巳喜男監督作品を想起させたことについて書かれていて、なるほどなぁ、と納得することしきり。
(川本さんの著書でも成瀬作品はとにかく情けない男とお金の話が出てくると書かれていたけれど、本作もまさに。
本作で重要な台風のシーン、『山の音』にも台風が出てきたことも(←こちらは前半、ろうそくのあかりのもと、すごく饒舌になる登場人物)
『公園対談 クリエイティブな仕事はどこにある?』(是枝 裕和、樋口 景一・著) の中にあったQ&A. 是枝監督が仕事に対する心構えや姿勢について影響をうけた映画1〜3本→ケン・ローチ『ケス』侯孝賢『恋恋風塵』成瀬巳喜男『稲妻』
(そういえば『稲妻』から受ける雰囲気と本作、ちょっと似てるかも?)
テレビドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(主人公の名前が『歩いても 歩いても』『海よりもまだ深く』と同じ良多。演じたのが福山雅治による『そして父になる』の主人公も同名)
本作が不在(亡くなっている)であることで存在が浮かび上がる(ラストで明かされる父親の隠された部分。硯のくだり)ことに対して、こちらは父親との話。
これ、今、再放送かけられたらいいのに。
『空気人形』のロケ地として最初、団地をさがしていた話が【東京人】(2009年11月号)に 〜 「僕は公団育ちなんです。40年ぐらいたつ公団なので、今では子供も少なく、お年寄りの一人暮らしが多くなっている。子供の頃に遊んだ芝生は立ち入り禁止だし、夜もまばらにしか灯りがつかない。集合住宅なのにみんなバラバラに住んでいます」
(この部分、後述良多の台詞に)
台詞いろいろ。
(特に冒頭あたりの、何気ない会話シーンを確認したくて2回目鑑賞の際、最後列1番端の席で迷惑にならないようにメモした)
・開巻すぐ
良多の姉・千奈津(小林聡美)と母・淑子の会話。
「宛名ぐらい自分で書きなさいよ」
「手がね、ほら」
(手をぶらぶらさせる)
「やめなさいよ、ドリフじゃないんだから」
「父さん。字だけはうまかったわね」
「大器晩成ってやつじゃない」
「うちにも一人いるけど」
「ま、大きいことは大きいけどね」
・良多と母、淑子との会話。
ベランダから階下を見ている良多
「静かだなぁ」
「もう遊ぶ子どももいないから」
「俺らの子供の頃は野球するのでも芝生の奪い合いだったけどね」
・「あんた覚えてる、みかん」
「俺が高校の時、種、植たやつだろ」
「花も身もつかないんだけどね。あんただと思って毎日水やってんだよ」
(この、なんともいいようのない言い回しの上手さ)
「なんかの役にはたってんだよ」
・妹について良多の台詞
(でも、その実、妹にも借金をしにいっていたりする)
「気をつけたほうがいいよ、あいつ何考えてんだかわからないんだから」
「かじるスネなんて残ってませんよ」
・川本三郎さんが(前述キネ旬の前号)『歩いても歩いても』にも出てきた蝶々の件(くだり)についても書かれていて、そのシーンの台詞。
「この道歩いてると蝶々がね、あとをつけてくるのよ」
「お父さんかと思った」
「まだ迎えにこないでくださいよね」
・(あー、まだまだたくさんのセリフたち。きりがないのでこれぐらいで。時々、追記して、ずらりと並べるかも)
興信所、所長(リリー・フランキー)が、ポツリと言う台詞
「時代に感謝しないとなぁ、ちっちゃい時代に」
歌謡曲の歌詞から連想されたというタイトル。
いしだあゆみ「ブルーライトヨコハマ」→『歩いても歩いても』
テレサ・テン「別れの予感」→『海よりもまだ深く』

Memo2
いつも印象的に残る食事シーン。
フードスタイリストは飯島奈美さん。
前作『海街diary』がしらすカレー
本作はカレーうどん(母・淑子による隠し味手法も披露!)

Koreeda
広告美術は葛西薫さん。
ちなみに「幻の光」から「花よりもなほ」「歩いても歩いても」は葛西さんによるアートディレクション「そして、父になる」は服部一成さん「空気人形」「海街diary」は森本千絵さんによるもの。

映画『海よりもまだ深く』公式サイト
http://gaga.ne.jp/umiyorimo/



|

« タイトルデザイン_45. Blur Studio (End Title Sequence/CLAUS)『デッドプール(Deadpool)』ティム・ミラー監督、ライアン・レイノルズ主演 "緑から赤へ" | トップページ | "映画の生き死には宣伝次第よ" 淀川長治さんの映画広告 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/65650693

この記事へのトラックバック一覧です: 『海よりもまだ深く』是枝裕和監督、阿部寛、樹木希林、真木よう子、吉澤太陽、小林聡美、池松壮亮、他:

» 海よりもまだ深く [映画的・絵画的・音楽的]
 『海よりもまだ深く』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)『海街diary』の是枝裕和監督の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の初めの方では、団地で一人暮らしをする母親・淑子(樹木希林)の元にやってきた長女・千奈津(小林聡美)が、母親に...... [続きを読む]

受信: 2016-06-07 18:39

» 海よりもまだ深く〜実は阿部寛の自伝? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。是枝裕和原案・監督。阿部寛、真木よう子、樹木希林、小林聡美、小澤征悦、リリー・フランキー、池松壮亮、吉澤太陽、橋爪功、中村ゆり、古舘寛治。「歩いても 歩い ... [続きを読む]

受信: 2016-06-07 20:05

» 海よりもまだ深く ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
「そして父になる」「海街diary」の是枝裕和監督が、夢ばかり追い続けて妻子にも愛想を尽かされた甲斐性なしのダメ男を主人公に贈るコメディ・ドラマ。冴えない人生を送る男が、ひょんなことから年老いた母の家で、別れた妻子と一晩を過ごす中で織りなすほろ苦くも心沁み...... [続きを読む]

受信: 2016-06-07 20:27

» ショートレビュー「海よりもまだ深く・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
夢見た未来じゃないけれど。 是枝裕和監督には、幾つ「家族」を語る視点があるのだろう。 デビュー作の「幻の光」以来、ほぼ一貫して描かれてきた、ミニマムな社会としての幾つもの家族の形と彼らが抱える様々な葛藤。 監督自身は嘗て「(独身だったのが)結婚して子供が生まれ、家の中で自分のポジションが息子から父親へと変化し、それに伴い家族の見え方も変化していった」と語っていたが、今回は阿倍寛が好...... [続きを読む]

受信: 2016-06-07 21:33

» 『海よりもまだ深く』 2016年5月21日 丸ノ内ピカデリー [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『海よりもまだ深く』 を初日舞台挨拶の回で鑑賞した。 本日の登壇者は、阿部寛、真木よう子、樹木希林である。 是枝裕和監督はカンヌ出張で残念ながら登壇されず、等身大のポスターを 樹木希林さんが持ってきた(笑) 3人ともカンヌに行ったので話題はカンヌ映画祭の話が多かった。 7分間のスタンディングオベーションを受けたということであるが、 本当はもっと長かったかもしれないというエピソードも披露された。 樹木希林さんがもういいんじゃない...といって終わったようである。 そんな和気あいあいとした舞台挨拶で... [続きを読む]

受信: 2016-06-07 22:45

» 海よりもまだ深く [映画好きパパの鑑賞日記]
 淡々とした日常から、現代の家族や生きる人々の心理を浮かび上がらせる 是枝裕和監督の新作。人生でうまくいかないことが多い人の琴線に触れさせる秀作です。  作品情報 2016年日本映画 監督:是枝裕和 出演:阿部寛、真木よう子、樹木希林 上映時間:117分 評価…... [続きを読む]

受信: 2016-06-07 23:22

» 海よりもまだ深く [Akira's VOICE]
大人しんどい。 でも希望はあるんだ。 ある。 うん、あるよね。   [続きを読む]

受信: 2016-06-08 10:21

» 『海よりもまだ深く』 [こねたみっくす]
家族の愛は海よりもまだ深く。 過去にしがみついてしまう男は決してダメ男なんかじゃない。大器晩成型なだけ。 ただいつも9回2アウト一発逆転のチャンスにネクストサークルで打 ... [続きを読む]

受信: 2016-06-08 23:19

» 海よりもまだ深く [そーれりぽーと]
是枝裕和監督最新作、『海よりもまだ深く』を観てきました。 ★★★★ 昨年の『海街diary』がこれまでの映画以上に快進撃だった印象の是枝裕和監督ですが、今回は今考えられる最強のキャスティングを布陣に、絶対外さない映画を作ってきた印象。 何も起きない、何も変わらな...... [続きを読む]

受信: 2016-06-09 00:38

» 夢破れた、普通の人々 [笑う社会人の生活]
21日のことですが、映画「海よりもまだ深く」を鑑賞しました。 15年前に文学賞を一度受賞したが その後は売れず、作家としての夢を追い続けている中年の良多。 現在は「小説のための取材」と探偵事務所で働き、別れた妻 響子に新しい恋人がいることを知りショックを受け...... [続きを読む]

受信: 2016-06-10 00:20

» 「海よりもまだ深く」離婚した夫婦が子供と向き合った先にみたどこかで区切りをつけて次の人生に進まなければならないという現実 [オールマイティにコメンテート]
「海よりもまだ深く」は離婚した夫婦が月に1度子供とも面会で対面するが、そこでどうしてこうなってしまったのかを振り返りながらも子供の親であることに変わりない事を知っていく ... [続きを読む]

受信: 2016-06-11 07:00

» 「海よりもまだ深く」:円熟の人間喜劇 [大江戸時夫の東京温度]
映画『海よりもまだ深く』は、『海街diary』に続いて、素晴らしい出来。『そして [続きを読む]

受信: 2016-06-12 23:15

» 『海よりもまだ深く』 恥ずかしさと共感と [Days of Books, Films ]
After the Storm(viewing film) 自分はなんでこんなに [続きを読む]

受信: 2016-06-13 13:43

» 「海よりもまだ深く」 (2016 GAGA) [事務職員へのこの1冊]
直前まで、違う映画を見るつもりでした。正直に言うと「スノーホワイト」の続篇(笑)。確かにシャーリーズ・セロンは魅力だけれど、しかし待て。くたびれた中年男が休日の朝に独りで白雪姫ってのはどうなの?と冷静になって路線変更。「幻の光」「ワンダフルライフ」「奇跡」「誰も知らない」そしてあの傑作「空気人形」を撮った是枝裕和の新作なのだから、さっそく飛びついてもよさそうなものなのに、どうも気が重かったんですよ。妻(真木よう子)との離婚が成立しているのに未練たらたら、養育費も払えないのに息子にはいい格好をする... [続きを読む]

受信: 2016-06-16 18:31

» 「海よりもまだ深く」 こんなはずじゃなかったよな~。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[是枝裕和] ブログ村キーワード  「そして父になる」、「海街diary」の是枝裕和 監督 最新作。「海よりもまだ深く」(GAGA★)。絵に描いたようなダメ男と、その“元家族”が過ごす一夜の物語。『みんながなりたかった大人になれるわけじゃない』わかってるんですよ、わかってるんですけどね~(泣)。  15年前に文学賞を獲った小説家の良多(阿部寛)は、それっきりまったく書けずで、鳴かず飛ばず。今は興信所に勤めているが周りには『小説の取材の為』と言い訳する始末。妻の響子(真木よう子)には、... [続きを読む]

受信: 2016-06-23 21:02

» 海よりもまだ深く [まてぃの徒然映画+雑記]
大好きな邦画監督のひとり、是枝裕和監督の最新作。 一度文学賞を獲り単行本を一冊出したものの、その後はほとんど作品ができない(一応)作家の良多(阿部寛)。取材と称して探偵事務所で働いているが、所長(リリー・フランキー)からは「こっちを本職にしないか」と誘わ...... [続きを読む]

受信: 2016-06-26 23:20

« タイトルデザイン_45. Blur Studio (End Title Sequence/CLAUS)『デッドプール(Deadpool)』ティム・ミラー監督、ライアン・レイノルズ主演 "緑から赤へ" | トップページ | "映画の生き死には宣伝次第よ" 淀川長治さんの映画広告 »