« 『シン・ゴジラ』庵野秀明脚本・総監督、樋口真嗣監督・特技監督、長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、野村萬斎、他 | トップページ | 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(Trumbo)』ジェイ・ローチ監督、ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン、ヘレン・ミレン、ジョン・グッドマン、他 »

2016-07-30

『ふきげんな過去』前田司郎監督、小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、板尾創路、他

注・内容、台詞に触れています。
ふきげんな過去

監督 : 前田司郎
出演 : 小泉今日子二階堂ふみ
高良健吾、板尾創路、他

物語・東京・北品川に位置する食堂で生活している女子高生・果子(二階堂ふみ)の前に、18年前に他界したはずの伯母・未来子(小泉今日子)が突然現れる。とある事件によって前科持ちとなった未来子は果子の実母だと告白し、そんな彼女の登場に周りの家族はうろたえる。自分の部屋に住み込む空気を読めない未来子に、イライラする果子だったが…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Kako

Memo
全体的に彩度を下げてレンズフィルター、オレンジをかけたような色調は好み。
そして、それはまた北品川の運河を行き来する"ここではないどこか"の曖昧領域な人たちにピッタリのトーン。
さらには、これはいい風が通り抜けるのだろうなぁー、と、思えるエジプト風豆料理店の雰囲気や2階の果子の部屋、着ている衣装などから醸しだされる"夏の空気"映画でもあります。
twitterにも書いたけれど最初、ずっと『ふきげんな過去』のことを『ふざけんな過去』と思い込んでいた(あながち間違ってなさそうな気もしたけれど果子と過去をかけていることを考えると"ふざけんな"は無いよなぁー、などと)
母(実母ではない)サトエの友人、レイの娘カナちゃん(←『花子とアン』でヒロインの幼少期を演じていた山田望叶がめちゃくちゃ上手い!)と果子のやりとりにしばしば現れる"ふきげんな言動"
「面白さなんて期待するほうが間違いでだいたい同じことの繰り返しの中で感覚を麻痺させていくのよきっと」
「想像を超えることなんて起こらない、起ったとしても、すぐに対処できて、想像内の出来事に収まっていくの」
「だから、もともとつまらないものなの、世界は」
なんとペシミスティックな 笑
そして、いちいち反応するカナに対して受け答えしていて、どこか禅問答のようでもあり面白い。
二階堂ふみが小泉今日子に向かって言う台詞を借りるならば、遠くを見ながら"いいこと"言ってる映画。
そのシーンの台詞。
「みんな寂しいんじゃない?ひとりで居ても家族と居ても」
「(前略)〜欲望が人と人を結びつけるのよ。でもね、誰かと結びついたら、それはやっぱり孤独なのよ〜(後略)」
「欲望の行き着く先は結局孤独なの。それでも人は欲望するんだわ」
実際の母娘であるふたりの言動は(実のところ)よく似ていることがわかる。
やがて、果子は(爆弾を嬉々として作ったりしている)未来子に停滞したままの過去に絡み取られた現状から、まさに未来を垣間見るのだ。
それがラストの(噂だけで本当にいないと思われた)ワニが現れ、暴れ逃げ出すところを見ていて「これ、これ、これですよー」と言い出しそうなイキイキとした果子の表情に繋がる。
前田司郎監督、演劇的な間合いを感じるところもあるけれど台詞回しの妙として、これまた好みの領域。
(要はお気に入り色彩トーンの中でのあーだこーだ会話とかを絶妙のカメラポジションで撮ってくれることが嬉しいのだ)
パンフレット(オフィシャルブックとして書店売りも有り←こちらは帯が付いてる)デザインは大島依提亜/中山隼人
映画本編、ラストを華々しく(笑)飾るワニがモチーフの表紙。
(写真、インタビュー、対談など90ページ)
シナリオが掲載されているのは嬉しい。
(実際の脚本の最初に載っていたという年表も掲載←映画本編では多くを語られない登場人物たちを巡る"激動の歴史" 笑 が詳細に)
※文中敬称略

映画『ふきげんな過去』公式ホームページ
http://fukigen.jp/

|

« 『シン・ゴジラ』庵野秀明脚本・総監督、樋口真嗣監督・特技監督、長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、野村萬斎、他 | トップページ | 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(Trumbo)』ジェイ・ローチ監督、ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン、ヘレン・ミレン、ジョン・グッドマン、他 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/66233497

この記事へのトラックバック一覧です: 『ふきげんな過去』前田司郎監督、小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、板尾創路、他:

» ふきげんな過去〜埴谷雄高「死靈」風 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。前田司郎監督。小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、板尾創路、山田望叶、兵藤公美、山田裕貴、大竹まこと、きたろう、斉木しげる、黒川芽以、梅沢昌代。そもそも未来 ... [続きを読む]

受信: 2016-07-30 19:02

» ふきげんな過去 [映画好きパパの鑑賞日記]
 小泉今日子と二階堂ふみという主演女優といい、ストーリーといい、どこか演劇っぽいなと思ったら監督の前田司郎は劇作家なんですね。普通の映画と違う独特の間合いは好みが分かれるでしょう。  作品情報 2015年日本映画 監督:前田司郎 出演:小泉今日子、二階堂ふ…... [続きを読む]

受信: 2016-07-30 20:22

» ふきげんな過去 [映画と本の『たんぽぽ館』]
ふきげんな果子 * * * * * * * * * * 小泉今日子さんと二階堂ふみさんがつくり出す ちょっぴり不思議な雰囲気のストーリーです。 女子高生・果子(二階堂ふみ)は、何にも興味が持てず、やる気がない。 死ぬほど退屈な毎日を送っています。 そんな...... [続きを読む]

受信: 2016-07-30 20:26

» 「ふきげんな過去」(舞台挨拶つき) [或る日の出来事]
舞台挨拶つきの上映をゲット! ネットで発売日に買えたのだ! 奇跡! [続きを読む]

受信: 2016-07-30 20:30

» ふきげんな過去 [映画的・絵画的・音楽的]
 『ふきげんな過去』をテアトル新宿で見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、東京湾近くの運河が見えるところ(注2)。  カコ(二階堂ふみ)が不機嫌そうな面持ちで運河の縁に立っていす。そこへ、ギターを背負ったヒサシ(山田裕貴)がやってきて、「なあ」とか「ねえ」とか言って彼女にまとわりついています。  ヒサシが「ここ海だからいないよ」と言うと、カコは「運河」と応じます。さらに、彼が「海水が混じってるんだから、ワニなんかいない。本当にいると思っ... [続きを読む]

受信: 2016-07-30 20:37

» 『ふきげんな過去』 東京の川でワニを探す [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『ジ、エクストリーム、スキヤキ』の前田司郎監督の第2作目。  前回取り上げた『葛城事件』も演劇界出身の監督のものだが、前田司郎監督も劇団「五反田団」の主宰者。ただし味わいはかなり異なる。『葛城事件』の重苦しいテーマから比べると『ふきげんな過去』は日常的な風景を描いているし、かなりゆるい感じの作品になっている。  女子高生の果子(二階堂ふみ)は死ぬほど退屈な夏休みをもてあまし...... [続きを読む]

受信: 2016-07-30 23:54

» ふきげんな過去 ★★★ [パピとママ映画のblog]
前作「ジ、エクストリーム、スキヤキ」で映画監督デビューを飾った人気劇作家の前田司郎が、映画オリジナル脚本で挑む監督第2作。小泉今日子と二階堂ふみを主演に迎え、退屈な日々を送る女子高生と、突然現われた死んだはずの伯母が織りなす可笑しくも切ないひと夏の物語を...... [続きを読む]

受信: 2016-07-31 11:20

» ふきげんな過去 [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 日本  ドラマ&コメディ  監督:前田司郎  出演:小泉今日子      二階堂ふみ      高良健吾      山田望叶 【物語】     (シネマトゥデイ)  東京 ... [続きを読む]

受信: 2016-07-31 11:38

» 「ふきげんな過去」:オフビートな北品川映画 [大江戸時夫の東京温度]
映画『ふきげんな過去』は、あの珍作にして快作の『ジ、エクストリーム、スキヤキ』で [続きを読む]

受信: 2016-08-08 13:38

» 「ふきげんな過去」ひと夏の冒険だ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
   “なんてったってアイドル”小泉今日子と、今や日本映画界を背負って立つ“ミューズ”二階堂ふみの豪華W主演が実現!「ふきげんな過去」(東京テアトル)。退屈な女子高生を襲った、ひと夏の衝撃。人の過去と未来ってのは、思わぬところで交錯するんですね~。  毎日が死ぬほど退屈でつまらない、でもそこから抜け出すことも出来ないでいる女子高生・果子(二階堂ふみ)。商店街の喫茶店に通っては、その店に出入りする黒い帽子の謎の男・康則(高良健吾)を観察し、『彼なら他の世界へ連れて行ってくれるのではないか?... [続きを読む]

受信: 2016-09-03 01:43

« 『シン・ゴジラ』庵野秀明脚本・総監督、樋口真嗣監督・特技監督、長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、野村萬斎、他 | トップページ | 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(Trumbo)』ジェイ・ローチ監督、ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン、ヘレン・ミレン、ジョン・グッドマン、他 »