« 『ふきげんな過去』前田司郎監督、小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、板尾創路、他 | トップページ | 『2016 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』西宮市大谷記念美術館 »

2016-07-31

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(Trumbo)』ジェイ・ローチ監督、ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン、ヘレン・ミレン、ジョン・グッドマン、他

注・内容、台詞に触れています。
トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
Trumbo

監督 : ジェイ・ローチ
脚本・製作 : ジョン・マクナマラ
出演 : ブライアン・クランストン
ダイアン・レインヘレン・ミレン
エル・ファニング、ジョン・グッドマン
ルイス・C・K、他

物語・『恋愛手帖』で第13回アカデミー賞脚色賞にノミネートされ着実にキャリアを積んできたダルトン・トランボ(ブライアン・クランストン)。しかし、第2次世界大戦後の冷戦下に起きた赤狩りの標的となり、下院非米活動委員会への協力を拒否したことで投獄されてしまう。釈放後、彼は偽名で執筆を続け『ローマの休日』をはじめ数々の傑作を世に送り出す。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Trumbo

Memo1
今年公開されたコーエン兄弟『ヘイル!シーザー』が同時代のハリウッドをネタに描いていた部分(帽子がトレードマークのゴシップ記者 笑←『トランボ』ではヘレン・ミレンが赤狩り急先鋒のひとりヘッダ・ポッパーを実に嫌みたらしく演じていて流石です 笑)といろいろ重なる。←こちらはソ連スパイがハリウッドに潜り込んでいるあたりをブラックコメディとして描いているのに対して本作は当時の赤狩りが行われていたハリウッドの様子をそのまま描いている(ただしノンフィクションでは無い。友人の脚本家アーレン・ハードは何人かの脚本家を合わせたもの)
トランボを演じたブライアン・クランストンをはじめ妻クレオ役のダイアン・レイン、娘ニコラ役のエル・ファニングとキャスティングのバランスもすごくイイ!
"ジョン・グッドマンの出てる映画はいい映画"という格言があるが本作も、その格言はいきている。
実名では脚本が書けないトランボ(他の脚本家など)に、とにかくB級映画をどんどん量産したいプロデューサーのフランク・キングが圧力など"なんのこともない!"とばかりに依頼する。

ジョン・ウェインやカーク・ダグラス、MGMのルイス・B・メイヤーなどの実名登場と共に『ローマの休日』などの本編映像も出てくるバックステージものとしてのお楽しみも多々。
なかでも、いちいち名前を連呼するオットー・プレミンジャー監督の件(くだり)は笑った(しかも似てる!)。
才能が"実態のない脅威"を凌駕していく話は痛快。
(しかし、いつの世も似たような出来事が起こりえるわけで…)
そのプレミンジャー監督。どこかからカーク・ダグラスが依頼した『スパルタカス』の脚本を入手していて自分の『栄光への脱出』の脚本をトランボに依頼する。
「もし脚本の出来がよくなかったら実名で公開するからな」
と、実に粋な言葉を返す。
その前に「チケットの不買運動を起こす」などといった圧力にも屈せず制作を続けたカーク・ダグラスと共に2作品でとランボの名前が実名でクレジットされる。
(プレミア試写でトランボの眼鏡に映る自分の名前!奇しくも両作品のタイトルデザイナーがソール・バス!)

ハリウッド内でとランボの噂は広まり、もはやブラックリストの存在自体が有名無実化しようとしはじめた歳のテレビ局のインタビューに対して。
「私には13歳の娘がいます。3歳の時に私がブラックリストに入り、そのあと書いた全作品の題名をあの子は知っています。今まで一度も誰にも話さなかった。まさに戦士です。"お父さんは何してるの"友達にそう聞かれるたびに娘はどんな思いだったのでしょう。もし私がオスカーをもらったら、おそらくあの子にあげるでしょう。こう言ってあげます。もうこれからは抱えていく秘密はないんだと。私たちは名前を取り戻したんだと」
そしてラストはSWG(映画脚本家ギルド)から贈られた功労賞授賞式のスピーチで締められる。
「英雄も敗者もいなかった。いたのは被害者だけだ」

ちょっと蛇足
ダルトン・トランボの名前を知ったのはラジオ大阪で放送さ れていた「ヒットでヒット バチョンといこう!」浜村淳による『ジョニーは戦場へ行った』解説でした(あまりに見事な紹介で、その時点でまるで見た気分になってしまった訳ですが…← 実際、この時の作品紹介がよかったのか何回となく取り上げられていた記憶があります)。その後『パピョン』がおそらくリアルタイムでクレジットされた作品の最初だったと思います(『ダラスの熱い日』は後年、名画座で)

Memo2
Main and End Title DESIGN >
Pacific Vision Productions, Inc.

(本編からのタイトル部分の画像あり)
http://annyas.com/screenshots/updates/trumbo-2015-jay-roach/
ジョン・グッドマンによる最もスカっとするシーン
(Universal Pictures Home Entertainment公式サイトのBlue Ray告知より本編シーン)
https://youtu.be/zhehd9XW0_U
第29回アカデミー賞授賞式。
『黒い牡牛』がロバートリッチ名で受賞するシーン。
the 29th Academy Awards
Dalton Trumbo (as "Robert Rich")
Writing Winners: 1957 Oscars
https://youtu.be/c2KdnI1N8AU
映画本編にも使われたCBSインタビュー
Dalton Trumbo Bill Stout Interview, January 1959
https://youtu.be/ugjwNgnH0Kg

映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』公式サイト
http://trumbo-movie.jp/

|

« 『ふきげんな過去』前田司郎監督、小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、板尾創路、他 | トップページ | 『2016 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』西宮市大谷記念美術館 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/66714733

この記事へのトラックバック一覧です: 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(Trumbo)』ジェイ・ローチ監督、ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン、ヘレン・ミレン、ジョン・グッドマン、他:

» トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 / Trumbo [勝手に映画評]
第2次世界大戦終結後にアメリカで起きた赤狩りの対象となり、映画界から追放されてしまったダルトン・トランボの伝記映画。 いやぁ、あの『ローマの休日』にこう言う隠された逸話があるとは知りませんでした。脚本には、「あこの作品は、あの人っぽいよね」と言う癖が有...... [続きを読む]

受信: 2016-08-02 21:59

» トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 [atts1964の映像雑記]
2015年作品、ジェイ・ローチ監督、ブライアン・クランストン主演。 第二次世界大戦中、アメリカとソ連は同盟を組んで戦った。 そして共産主義と手を握ったアメリカの中で、多くの国民がその共産主義に触れ、共産党に入党し、共産主義を主張していった。 しかし戦後、冷戦が起こり、ソ連は敵国となり、アメリカは共産主義排斥活動 “赤狩り” が猛威を振るうようになっていった。 売れっ子脚本家ダルトン・トランボ(ブライアン・クランストン)は、自ら書いた脚本の製作にも顔を出していた。 俳優のエ..... [続きを読む]

受信: 2016-08-03 13:25

» トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 [♪HAVE A NICE DAY♪]
あらすじ アカデミー賞脚色賞にノミネートされ、着実にキャリアを積んできたダルトン・トランボ(ブライアン・クランストン)。しかし、第2次世界大戦後の冷戦下に起きた赤狩りの標的となり、下院非米活動委員会への協力を拒否したことで投獄されてしまう。釈放後、彼は...... [続きを読む]

受信: 2016-08-03 20:47

» トランボ ハリウッドに最も嫌われた男・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
アメリカは、彼の何を恐れたのか? 1940年代から50年代にかけて全米で吹き荒れた、いわゆる“赤狩り”に抵抗し、社会から抹殺された名脚本家・ダルトン・トランボが、長きに渡る闘争の末に、“奪われた名”を取り戻すまでの物語。
 華やかな黄金時代を代表するハリウッドの寵児が、その思想ゆえに仕事を奪われ投獄され、それでも彼は彼ならではのやり方で、表現することを決してあきらめない。 ブルース...... [続きを読む]

受信: 2016-08-03 22:20

» トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 [映画好きパパの鑑賞日記]
 「ローマの休日」など数々の名作を書きながら、赤狩りの犠牲となり、名前を隠して活動した脚本家ダルトン・トランボの伝記映画。彼の不屈の精神とそれを支えた家族を格調高く描いた傑作。表現に不寛容になっている今だからこそ、多くの人に観てもらいたい作品です。  …... [続きを読む]

受信: 2016-08-04 07:45

» トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 (試写会) [風に吹かれて]
赤狩り時代の脚本家 公式サイト http://trumbo-movie.jp7月22日公開 原作: トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 (ブルース・クック著/世界文化社)監督: ジェイ・ローチ  「 [続きを読む]

受信: 2016-08-04 09:30

» トランボ ハリウッドに最も嫌われた男/TRUMBO [我想一個人映画美的女人blog]
不朽の名作「ローマの休日」(53)の本編にクレジットされなかった真の脚本家、 ダルトン・トランボの苦難と復活の軌跡を映画化した実録ドラマ。 大好きなコメディ「オースティン・パワーズ」「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズの監督、 ジェイ・ローチがメガホンということで楽しみにしてました 1940年代~50年代にハリウッドを震撼させた...... [続きを読む]

受信: 2016-08-15 00:07

» トランボ ハリウッドに最も嫌われた男★★★★ [パピとママ映画のblog]
1940年代から50年代にかけてアメリカで猛威をふるった赤狩りによってハリウッドを追われながらも、偽名で活動を続け、「ローマの休日」など数々の名作を世に残した不屈の脚本家ダルトン・トランボの苦難と復活の軌跡を映画化した感動の伝記ドラマ。いわれなき汚名による迫...... [続きを読む]

受信: 2016-08-23 12:07

» トランボ ハリウッドで最も嫌われた男 [映画的・絵画的・音楽的]
 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)映画『ヘイル、シーザー!』を映画評論家の町山智浩氏が解説している記事において、同氏が「この映画はね、奥の方でつながっている映画」であり、「これ、両方見ないとよくわ...... [続きを読む]

受信: 2016-08-23 21:12

» 映画「トランボ」 [ペガサス・ブログ版]
映画「トランボ」の感想です.多くの人に勇気を与える優れた映画です.上映館が少ないのが残念.佐賀は「シエマ」のみ.たくさんの人に見てほしいと思います. 応援のクリック歓迎 50年代にアメリカに吹き荒れた「マッカーシズム」,「赤狩り」で投獄され,出獄後も偽名でシナリオを書き,「ローマの休日」など数多くの名作をのこしたダルトン・トランボの話. この映画のキーワードの一つは「共産主義者」.これについて,トランボと娘との会話が印象的です.次のブログからそのテキストを拝借. http://mikanpro... [続きを読む]

受信: 2016-08-31 18:56

» 映画「トランボ」 [ペガサス・ミラー]
映画「トランボ」の感想です.多くの人に勇気を与える優れた映画です.上映館が少ないのが残念.佐賀は「シエマ」のみ.たくさんの人に見てほしいと思います. 50年代にアメリカに吹き荒れた「マッカーシズム」,「赤狩り」で投獄され,出獄後も偽名でシナリオを書き,「ローマの休日」など数多くの名作をのこしたダルトン・トランボの話. この映画のキーワードの一つは「共産主義者」.これについて,トラ...... [続きを読む]

受信: 2016-08-31 18:57

« 『ふきげんな過去』前田司郎監督、小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、板尾創路、他 | トップページ | 『2016 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』西宮市大谷記念美術館 »