« 『2016 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』西宮市大谷記念美術館 | トップページ | 『君の名は。』新海誠監督、神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子、他 »

2016-08-28

『ブルックリン(BROOKLYN)』ジョン・クローリー監督、シアーシャ・ローナン、エモリー・コーエン、ドーナル・グリーソン、他

ブルックリン
BROOKLYN

監督 : ジョン・クローリー
出演 : シアーシャ・ローナン
エモリー・コーエン
ドーナル・グリーソン、他

物語・アイルランドの町で暮らすエイリシュ(シアーシャ・ローナン)は、きれいで仕事もバリバリこなす姉ローズ(フィオナ・グラスコット)とは正反対だった。内気な妹の未来を心配するローズの考えもあり、エイリシュはニューヨークに渡ることを決意する。だが、田舎町での静かな生活とは全然違う暮らしが彼女を待ち受けていた。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Brooklyn

Memo1
シアーシャ・ローナンは(実年齢からみてもキャリアからみても)本当によい役を得たなぁ、と思う。
最初は(それは出自によるものだと思うけれど)愛想も悪く人との接し方もままならず、上司からは注意をうけていたエイリッシュ、フラッド神父のこころづかい、教会でのボランティア、簿記の学校へ通い始め、イタリアから移民してきたトニーとの出会いなどを経て次第にニューヨークでの生活に馴染むようになる。
入国管理局のブルーグリーンのドア(コートの色もグリーン!)を開けた、その先が白い光につつまれていて、いかにも新天地での夢と希望がこれから始まるのだという雰囲気が素晴らしい。
またエイリッシュが故郷をあとにしてニューヨークへ渡る際、船の同室女性にアドバイスをうけた事と同じように、ラスト、再びニューヨークへ戻る船のデッキで不安そうにしている、これから移民しようとする女性に入国審査のアドバイスをする円環構造もすごくよい(グリーンのコートではじまりペールエメラルドグリーンのカーディガンで終わる色の円環も)
下宿先の寮母キーオ婦人の的確な毒づき(笑)
(そして、よく人を見ている)
アイルランドと1950年代ニューヨークでの色彩設計の違い。
そのメリハリの美しさ。
全体的に彩度を抑えたアイルランドの住宅街、逆にウォームトーンで華やかなニューヨーク。
『アバウトタイム』『エクス・マキナ』など出演作の役柄がいつも"どーなる、ドーナル・グリーソン"と誰もが語るとおり、本作でも"エッ!?エイリッシュに選ばれるの、選ばれないの" "どーなるの?"というジム役を演じている。
水着の着替え方。
トニーと初めてコニーアイランドへ出かけた際に洋服の下に最初から水着を着ていくことを知らずにビーチで着替えるエイリッシュ。
アイルランドに帰国して親友ナンシーやジムたちとも馴染みの海へ出かける。その時、ひとりだけさっと洋服を脱ぎ水着になるエイリッシュ。(←ちょっと鼻高々 笑)
わざわざ呼び出して(エイリッシュがニューヨークでイタリア移民と結婚したことを小耳に挟んだのよと鬼の首をとったかのように)嫌味な言葉を投げかける食料雑貨店のミス・ケリー。
「今思い出したわ」
「ここはこういう場所だったことを」
(すぐに決心してニューヨークへ帰ることを決意するエイリッシュ。
「一番、早い便は?」)
ラストが鮮やか。
(エイリッシュがもたれかかっている壁にほのかにライトをあてて、少しそこだけ明るく見えるようにしているのもよい)
もう戻ってこないかもと思っていたトニーがエイリッシュを見つけ、同僚に工具を渡し嬉しそうに駆け寄ってくる。
抱き合うふたり。

Memo2
パンフレットが『バードマン』『グランド・ブダペスト・ホテル』と同じFOXサーチライトマガジンとして編集されたもの。
(マガジンとしての後半別記事も『ブルックリン』に繋がるものが多々)
衣装デザイナーはオディール・ディックス=ミロー
発想を広げるために参考にしたという、ふたりの写真家。
Elliott Erwitt オフィシャルサイト(日本語)
http://www.elliotterwitt.com/lang/ja/index.html
Vivian Maier
こちらはヴィヴィアン・マイヤー・サイト
http://www.vivianmaier.com/
Film Locations - On the set of New York
(現時点ではコニーアイランドのみ)
サイトの特性からみて、今後アップデートされ追加ロケ地が記載されるものと思われます。
http://onthesetofnewyork.com/brooklyn.html
BBC - Brooklyn - Writers Room
Nick Hornby (adapted from the novel by Colm Toibin)
脚本(英文)がPDFで読めます。
http://www.bbc.co.uk/writersroom/scripts/brooklyn
Title Design > Matt Curtis
(↓タイトル部分の画像あり)
http://annyas.com/screenshots/updates/brooklyn-2015-john-crowley/
(それにしてもMatt Curtis、最近のイギリス制作作品には必ずと言っていいほど携わっている)

映画『ブルックリン』公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/brooklyn-movie/

|

« 『2016 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』西宮市大谷記念美術館 | トップページ | 『君の名は。』新海誠監督、神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子、他 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/66408585

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブルックリン(BROOKLYN)』ジョン・クローリー監督、シアーシャ・ローナン、エモリー・コーエン、ドーナル・グリーソン、他:

» ブルックリン [風に吹かれて]
新天地と故郷 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/brooklyn-movie 原作: ブルックリン (コルム・トビーン著/白水社)監督: ジョン・クローリー  「ダブ [続きを読む]

受信: 2016-08-30 14:26

» ブルックリン ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『わたしは生きていける』などのシアーシャ・ローナンを主演に迎え、アイルランドからニューヨークに移住した女性の青春の日々を映すドラマ。アイルランドの片田舎から大都会のニューヨークにやって来たヒロインが、戸惑いながらも自らの宿命と愛に身を任せる姿に迫る。『...... [続きを読む]

受信: 2016-08-30 14:52

» ブルックリン [映画的・絵画的・音楽的]
 『ブルックリン』を新宿の角川シネマで見ました。 (1)アカデミー賞作品賞にノミネートされた作品(注1)ということで映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、1950年代前半のアイルランドのとある街。朝のまだ暗い内。  主人公のエイリシュ(シアーシャ・ロ...... [続きを読む]

受信: 2016-08-30 17:35

» ブルックリン [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★【4点】(11) 第88回アカデミー作品賞にノミネートされた本作の実力は? [続きを読む]

受信: 2016-08-30 18:32

» ブルックリン〜内向性と外向性 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。アイルランド=イギリス=カナダ。原題:Brooklyn。コルム・トビーン原作、ジョン・クローリー監督。シアーシャ・ローナン、ドーナル・グリーソン、エモリー・コーエン、 ... [続きを読む]

受信: 2016-08-30 19:14

» ブルックリン [映画好きパパの鑑賞日記]
 20世紀半ばのニューヨークを舞台に、アイルランド移民の若い女性の青春を描いた佳作。前半は丁寧に心情をすくっていたのだけど、後半は若干はしょりすぎの感じもありました。    作品情報 2015年アイルランド・イギリス・カナダ映画 監督:ジョン・クローリー 出演…... [続きを読む]

受信: 2016-08-30 19:15

» 「ブルックリン」 [或る日の出来事]
ほんのちょっとしたことで、人の行動は変わる。それを運命、いや、人生というのか。 [続きを読む]

受信: 2016-08-30 20:47

» 『ブルックリン』 ふるさとは遠くにありて思うもの [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 アカデミー賞で作品賞・脚色賞・主演女優賞(シアーシャ・ローナン)にノミネートされた作品。  監督は『BOY A』などのジョン・クローリー。脚本は『わたしに会うまでの1600キロ』などのニック・ホーンビィ。  仕事のないアイルランドからニューヨークへ移住した女性の物語。時代は1950年代で、主人公のエイリシュ(シアーシャ・ローナン)は高級デパートで働いている。この設定は『キャ...... [続きを読む]

受信: 2016-08-30 22:56

» ショートレビュー「ブルックリン・・・・・評価額1700円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
二つの人生は、生きられない。 1950年代初頭、アイルランドから遥か大西洋の彼方、ニューヨーク、ブルックリン区に移民する少女エイリシュの成長物語。 彼女は二つの祖国、二つの愛の間で揺れ動きながら、蕾から美しく開花してゆく。 物語はごくシンプルで、内容的には予告で見せていることが全てだ。 妹の未来を案じる姉の計らいで、アメリカに渡ったエイリシュは、幾つもの試練を乗り越え、愛の幸せと...... [続きを読む]

受信: 2016-08-31 17:10

» 【cinema】『ブルックリン』 [・*・ etoile ・*・]
2016.07.01 『ブルックリン』鑑賞@TOHOシネマズシャンテ 試写会応募したけどハズレ最近当たらない。・゚・(ノД`)・゚・。 ファーストデイの金曜日に公開ってことで、これは見なきゃと行ってきた~18:30~の回満席だった。 ネタバレありです! 結末にも触れています! 「母と姉を残して1人アイルランドからアメリカに渡ったエイリッシュ。アイルランド系移民の多いブルックリンの寮や、慣れない仕事になじめずホームシックに。そんな中、イタリア系移民のトニーと恋に落ちる。幸せな... [続きを読む]

受信: 2016-09-01 00:52

» 「ブルックリン」☆故郷は遠きにありて思ふもの [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
どうしてこの作品を観ようと思ったんだっけな? あ、アカデミー賞の作品賞ノミネート作品だったからね☆ あれ?どうして☆4つと評価が高いのかしら? ん~~~~??? [続きを読む]

受信: 2016-09-02 23:40

« 『2016 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』西宮市大谷記念美術館 | トップページ | 『君の名は。』新海誠監督、神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子、他 »