« "品のよいゴースト"『アール・デコの花弁/ボルタンスキー』東京都庭園美術館 | トップページ | 『ダゲレオタイプの女(La Femme de la plaque argentique/DAGUERROTYPE)』黒沢清監督、タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー他 »

2016-11-14

『永い言い訳』原作・脚本・監督:西川美和、本木雅弘、竹原ピストル、 藤田健心、白鳥玉季、 堀内敬子、池松壮亮、 黒木華、山田真歩、深津絵里

永い言い訳
原作・脚本・監督:西川美和
出演:本木雅弘竹原ピストル
藤田健心、白鳥玉季、
堀内敬子、池松壮亮、
黒木華、山田真歩、深津絵里

Nagai1

Memo1
人生は他者だ
幸夫がたどりついた(いや、たどりついたというよりは少し手がかりを得たというべきか。これを機に小説を書き始め)
フィッツジェラルド未完の小説『ラストタイクーン』創作メモの最後の一行「行動は人格である」や村上龍がよく対談や小説内で語っていた「(少しニュアンスが違うが→自分などは存在せず)あるのは関係性だけ」など、いろいろよぎる。

自分大好き自意識過剰な幸夫が、妻の死後、まずしたことが自分や妻に対しての様々な語句と組み合わせての検索。
(第2検索ワードが、まあなんともすごいのです)

季節の移り変わり。
海水浴、花火、クリスマス…その場面々々への繋がり方の美しさ。

(忘れものを取りに来たかのように部屋に戻って)
「あと片付け、よろししくね」
そう言い残して旅行に出た妻。
そのあと片付けの意味は(あとになってから)ある種ダブルミーニングとして趣を持って幸夫のこころに突き刺さる。

妻が事故にあって、その現場に立つ小説家のドキュメンタリー撮影中に感情が爆発する幸夫の台詞。
「妻は頭のいい人ですから。ちゃんと解ってたんです。死によって苦しめられるのは本人じゃなくて残されるほうだってことを」
スーパー16ミリによるフィルム撮影。
そのざらっとした質感はデジタル上映でも実にみずみずしく再現されていて、ちょっとオドロキ。
『夢売るふたり』などもシネコンスクリーンで見たけれど、TOHOシネマズ梅田スクリーン3(12.6×5.5m)サイズと元は梅田劇場であった名残としての天井高空間での鑑賞は新鮮(ミニシアターの空気密度が高い中で見るのとでは印象変わるのかな)


Memo2
鑑賞後のお楽しみとして録画していた西川美和監督ゲスト回"ゴロウデラックス"と"SWITCHインタビュー"。
その「ゴロウデラックス」
映画冒頭シーンを稲垣吾郎さんが(自意識が強すぎる主人公)衣笠幸夫になりきって原作を朗読。
西川監督に「言ってそう…稲垣さん」とつっこれてるw
(放送中、パンフにも掲載されている西川監督のノートが映しだされる。これ全部見てみたいなぁ。)
パンフレット
約35分のDVD「幸夫について本木が知っている二、三の事柄」が付いている。←衣笠幸夫になりきっている本木雅弘が素に戻って(一度、出たドアから戻って)のシーンが最高!
他、センターに(鑑賞後、ついテーマ曲を口づさんでしまう劇中登場アニメ)"ちゃぷちゃぷローリー"第七話「さようなら、タコおばさん」のシナリオとプロダクションノート。
鑑賞後のサブテキストとして最良!(2016年パンフベスト3の一冊)

Nagai2

映画『永い言い訳』公式サイト
http://nagai-iiwake.com/

|

« "品のよいゴースト"『アール・デコの花弁/ボルタンスキー』東京都庭園美術館 | トップページ | 『ダゲレオタイプの女(La Femme de la plaque argentique/DAGUERROTYPE)』黒沢清監督、タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー他 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/67978103

この記事へのトラックバック一覧です: 『永い言い訳』原作・脚本・監督:西川美和、本木雅弘、竹原ピストル、 藤田健心、白鳥玉季、 堀内敬子、池松壮亮、 黒木華、山田真歩、深津絵里:

» 永い言い訳 ★★★・5 [パピとママ映画のblog]
「ディア・ドクター」「夢売るふたり」の西川美和監督が、直木賞候補ともなった自身の同名ベストセラーを映画化したヒューマン・ドラマ。妻が不慮の事故で亡くなったにもかかわらず悲しむことができなかった主人公が、同じく事故で妻を亡くした男性とその子どもたちと出会...... [続きを読む]

受信: 2017-01-01 19:12

» 永い言い訳・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
サヨナラからはじまるラブストーリー。 2012年の「夢売るふたり」以来となる西川美和監督の最新作は、直木賞候補となった自作の小説の映画化。 交通事故で妻を失った小説家の主人公が、同じ事故で亡くなった妻の親友の家族との交流を通して、自らの人生を見つめ直す。 虚勢を張った男の弱さを赤裸々に描きながら、心の奥底にある後悔と愛情を丁寧に掘り起こす繊細な心理劇。 主人公に「おくりびと」から...... [続きを読む]

受信: 2017-01-01 20:48

» 永い言い訳(2016) [銅版画制作の日々]
 妻が死んだ。これっぽっちも泣けなかった。そこから愛しはじめた。 東宝シネマズ二条にて公開日に鑑賞。本当は京都シネマで鑑賞しようと思っていたんだけど・・・・・。時間がなくて近場で鑑賞となる。もっくんが完璧に崩れていたな(笑)でも良かった!どうしょうもない奴を見事に演じていた。  妻が亡くなった時に情事だったとはね。ほんまにどうしょうもないわ。  愛さえ感じない妻への葬式に戸惑う幸夫。まさに悲しいものを感じる。 あんなにどうしょうもない奴が子供と関わっていくうちに人間らしさを取り戻していく姿が... [続きを読む]

受信: 2017-01-02 02:41

» 永い言い訳 [映画的・絵画的・音楽的]
 『永い言い訳』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)西川美和監督の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、椅子に座った衣笠幸夫(小説家の筆名は津村啓:本木雅弘)の髪の毛を、妻の夏子(深津絵里)がハサミを入れて切っています。  TV画面には、幸夫が出演しているバラエティ番組が映し出されていて、それを見ながら夏子が笑います。  すると、幸夫は「もう消せよ、くだらない」「ヌエ(鵺)のことなんか語ってどうすんだって思ってるんだろ?」と詰りますが、夏子は「思ってません」... [続きを読む]

受信: 2017-01-02 06:00

» 「永い言い訳」☆言い訳の答え [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
今年一番の邦画との呼び声も高い、西川美和監督が自らの小説を映画化した作品。 もっくんが出演する映画なら間違いはない・・・・というのは事実だった。 笑いも有り、私なんて結構ずーっとウルウルし通しだったくらいだけど、ここはさすがの西川美和作品、一筋縄ではいかない。 「いったい何を言い訳していたのか?」は明確にはされないのだから・・・・... [続きを読む]

受信: 2017-01-02 23:58

» 永い言い訳 [そーれりぽーと]
妻に先立たれた浮気夫の話。 『永い言い訳』を観てきました。 ★★★★ 内容についてはネタバレ以降で。 本気で嫌な男を演じる元木雅彦と、純粋で単純な男を仏頂面と笑顔の2パターンだけで演じる竹原ピストルが良い味を出しているのと、子役たちの演技も深くて関心させられ...... [続きを読む]

受信: 2017-01-17 00:15

« "品のよいゴースト"『アール・デコの花弁/ボルタンスキー』東京都庭園美術館 | トップページ | 『ダゲレオタイプの女(La Femme de la plaque argentique/DAGUERROTYPE)』黒沢清監督、タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー他 »