« 『永い言い訳』原作・脚本・監督:西川美和、本木雅弘、竹原ピストル、 藤田健心、白鳥玉季、 堀内敬子、池松壮亮、 黒木華、山田真歩、深津絵里 | トップページ | タイトルデザイン_46 PROLOG FILM/Kyle Cooper 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(Rogue One: A Star Wars Story)』 »

2016-12-08

『ダゲレオタイプの女(La Femme de la plaque argentique/DAGUERROTYPE)』黒沢清監督、タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー他

ダゲレオタイプの女
La Femme de la plaque argentique
DAGUERROTYPE


監督 : 黒沢清
出演 : タハール・ラヒム
コンスタンス・ルソー
オリヴィエ・グルメ
マチュー・アマルリック
マリク・ジディ

Kurosawa1

Memo
(個人的)黒沢清監督作品のお気に入りベスト3に入る傑作!
フランス人スタッフと共にフランスで撮影された作品であるにもかかわらず漂う『雨月物語』のような気配と品に満ちた作品!
マリーを演じたコンスタンス・ルソー
そのインタビュー他記事でよく目にした"瞳が微妙にぶれている"という特質のせいか独特の脆さ、儚さを醸し出していて素晴らしい!
そのマリーを撮影した出来上がったばかりのダゲレオタイプ(下記掲載のシルバーグレイモノクロ2点目の画像)の目が少し動いたように見えたのは気のせいだろうか…。
そもそもがこのダゲレオタイプという等身大の写真自体が"ある種のゴースト"ではないか…
誰もがそう思ったであろう(或いは言及している)ヒッチコック『めまい』と『ソラリス』における実体化、ヌーヴェル・ヴァーグ期の事件を起こし逃げていく男女(最もシャブロル監督はじめヒッチコック作品の影響下のもと、つくられた作品が多々あった訳でもありますが)など、もはや"映画的ごちそう"である。
音楽、グレゴワール・エッツェル
マリーを車で連れて逃げるジャン。
そのシーンのスコアがまさにバーナード・ハーマン"あの作品"を想起させるのが素晴らしい(意図していなかったようだけれど、まるで導かれるように…)
「これは現実なのか…」
「幻と言うなら」
「どこが境い目?」
それに呼応するようにステファンが写真"ポートレート"を撮る老婆の台詞
「死は幻です」
鏡、階段、窓から射しこむ光、揺れるカーテン、(脚の無いように)スーっと移動する人物(もう最初のマリーの母親のゴーストらしき人物だけで、こころ持って行かれました)、遠くに不意に立つ人影…フランスで撮ろうが、そこには紛うことなく今までの作品と同じように"しるし"がいくつも現れる。
文學界2016年11月号・黒沢清監督インタビュー「ものすごく贅沢な幽霊映画」なるほど!(←見た方は解る!)
前述ヒッチコックに関しての言及も。
そして驚いたのは階段落ちシーンでの"あの埃"がCGだったこと!
(あまりの偶然度に最初ビックリした)
思えば、あの瞬間マリーは誰かに落とされたのではないかとも見える。
とにかく、もう一度再見してみた時の楽しみに取っておこう。

Kurosawa2

映画『ダゲレオタイプの女』公式サイト
http://www.bitters.co.jp/dagereo/




|

« 『永い言い訳』原作・脚本・監督:西川美和、本木雅弘、竹原ピストル、 藤田健心、白鳥玉季、 堀内敬子、池松壮亮、 黒木華、山田真歩、深津絵里 | トップページ | タイトルデザイン_46 PROLOG FILM/Kyle Cooper 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(Rogue One: A Star Wars Story)』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/68460351

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダゲレオタイプの女(La Femme de la plaque argentique/DAGUERROTYPE)』黒沢清監督、タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー他:

» ダゲレオタイプの女 ★★★・5 [パピとママ映画のblog]
「岸辺の旅」「クリーピー 偽りの隣人」の黒沢清監督が、オールフランスロケによる全編フランス語の作品に初挑戦し、キャストのみならずスタッフもほぼ全て現地で活躍する外国人を起用して撮り上げた異色のゴシック・ラブストーリー。“ダゲレオタイプ”という世界最古の写...... [続きを読む]

受信: 2017-01-03 17:38

» ダゲレオタイプの女  監督/黒沢 清 [西京極 紫の館]
【出演】  タハール・ラヒム  コンスタンス・ルソー  オリヴィエ・グルメ 【ストーリー】 ダゲレオタイプで写真を撮影している写真家ステファンのもとで働くことになったジャンは、ステファンの娘で、拘束器具に長い時間固定され被写体をしているマリーが気になり始め...... [続きを読む]

受信: 2017-01-03 23:19

» 『ダゲレオタイプの女』 溝口的怪談と小津的階段 [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『岸辺の旅』『クリーピー 偽りの隣人』などの黒沢清監督の最新作。  今回は監督以外のキャスト・スタッフはすべて外国人で、全編フランス語の作品となっている。  ジャン(タハール・ラヒム)はパリ郊外の屋敷で写真家ステファン(オリヴィエ・グルメ)の助手として働き始める。ステファンはダゲレオタイプという古い形式の写真に魅せられている。露光時間が長いダゲレオタイプは、モデルに長時間の...... [続きを読む]

受信: 2017-01-03 23:58

« 『永い言い訳』原作・脚本・監督:西川美和、本木雅弘、竹原ピストル、 藤田健心、白鳥玉季、 堀内敬子、池松壮亮、 黒木華、山田真歩、深津絵里 | トップページ | タイトルデザイン_46 PROLOG FILM/Kyle Cooper 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(Rogue One: A Star Wars Story)』 »