« 『この世界の片隅に』こうの史代原作、片渕須直監督・脚本、のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、他 | トップページ | 『ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~(LOUVRE No.9)』グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ »

2017-01-01

NEW YEAR 2017 & 2016_BEST MOVIE (お気に入り洋画・日本映画)

Cinema_2017

2016年 洋画・日本映画ベスト10

Konoseka1

Kurosawa1


2016年_お気に入りベスト10 (邦洋ミックスモダン)
この世界の片隅に
ダゲレオタイプの女
キャロル
④ 永い言い訳
⑤ ブルックリン
⑥ シング・ストリート
⑦ ソング・オブ・ザ・シー
⑧ シン・ゴジラ
⑨ リップヴァンウィンクルの花嫁
⑩ 教授のおかしな妄想殺人
次点・ちはやふる上の句/下の句

『キャロル』『ダゲレオタイプの女』そして年末に「映画術」ドキュメンタリー『ヒッチコック/トリュフォー』と『めまい』4K上映と結果ヒッチコック三昧な1年。
日本映画は近年稀にみる激戦。
それも超ヒット作から小品ながら衝撃的なものまで、さらには映画史に残る傑作も誕生した。

Carol1_2

2016年_洋画お気に入りベスト10
キャロル
② ダゲレオタイプの女
③ ブルックリン
④ シング・ストリート
⑤ ソング・オブ・ザ・シー
⑥ ブリッジ・オブ・スパイ
⑦ トランボ
⑧ イレブン・ミニッツ
⑨ ハドソン川の奇跡
⑩ 教授のおかしな妄想殺人
次点・スポットライト 世紀のスクープ

ちなみに10位は例年通りのウディ・アレン枠 (新作が公開されれば無条件ベスト10入り。)
或いはエマ・ストーン枠?2017年は見る前からベスト10入り確定の『ラ・ラ・ランド』もあるし( ╹◡╹ )
さらに、そういう意味で言えばイーストウッド枠、 スピルバーグ枠(『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』もよかった!エンドクレジットの"For our Melissa"にジーンとした)もあるに等しいかも…。
『ダゲレオタイプの女』はフランス映画扱いということで洋画お気に入りベスト10に。
ミックスモダンと洋画のみとでは順番を入れ替えてみた。
(『エクス・マキナ』は昨年の変則ベスト10で1位にあげているので、今年はあえて外しました)

2016年_日本映画お気に入りベスト10
この世界の片隅に
② 永い言い訳
③ シン・ゴジラ
④ ちはやふる上の句/下の句
⑤ リップヴァンウィンクルの花嫁
⑥ ふきげんな過去
⑦ モヒカン故郷に帰る
⑧ 淵に立つ
⑨ 葛城事件
⑩ 海よりもまだ深く
次点・君の名は。

11月に突如『この世界の片隅に』の登場でそれまでイメージしていた、こんな感じかな?と思っていたベスト10の骨格自体がぐらぐらと覆されてしまうほどの衝撃度。
『君の名は。』は時間が経過してみないとわからないので再考ということでとりあえずの次点。 他に気分によって入れ替え作品として『聖の青春』『湯を沸かすほどの熱い愛』
『ローグ・ワン』は時間が経った方がお気に入り、というか好きになるタイプの映画かも?と予想

2016年_タイトルデザイン_ベスト3
10 クローバーフィールド・レーン(Filmograph)
クリムゾン・ピーク(IAMSTATIC)
デッドプール(Blur Studio)

10 クローバーフィールド・レーン』は2015年『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』カーテンコールシークエンスを作ったFilmographが、いわゆるソール・バス系(という呼称は正確ではないが)のシンプルなデザインが好みで1位に。『クリムゾン・ピーク』は作品世界そのままにブレのない美しさで。
デッドプール』は作品のノリを最初から決定づけるツッコミオープニングタイトルに。
そして2016年も多くの作品にMatt Curtisの名前があがっていた。
日本映画だとファンタジスタ歌麻呂による『ちはやふる』のタイトル部分のアニメーションが最高!
http://fantasistautamaro.com/CHIHAYAFURU

|

« 『この世界の片隅に』こうの史代原作、片渕須直監督・脚本、のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、他 | トップページ | 『ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~(LOUVRE No.9)』グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/69066822

この記事へのトラックバック一覧です: NEW YEAR 2017 & 2016_BEST MOVIE (お気に入り洋画・日本映画):

» 2016年の映画ベストテン and more. [Akira's VOICE]
ベストその他いろいろ! [続きを読む]

受信: 2017-01-01 10:48

» 映画・今年のBest10 [Days of Books, Films ]
Best10 Films in 2016 今年は秋以降、いくつかの事情が重なって [続きを読む]

受信: 2017-01-01 18:39

» 極私的 2016年 映画 ベスト10! [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
完全に毎年のお楽しみ化している、映画ベスト10です(since 2008) 今年もかなりの豊作だったなと! 1行目はタイトルとブログのアップ時のサブタイトル、2行目は今回のコメントとなります。 あくまでも「極私的 」ですので、旧作のDVD、までが入り込む場合もありますが ご了承下さい。 記憶保存装置としてのブログって本当に便利だねえ~とあらためて感心しつつ、以下10本。 第1位 サウルの息子 SAUL FIA 狂気 vs 正気の狭間 を画く、21世紀ならではの驚愕... [続きを読む]

受信: 2017-01-01 20:29

» 2016年 映画 ベスト10 [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
今年は仕事が少し忙しくなり映画見るのもかったるくなったりで 本数は右肩下がりでした。 それでも、今年の最後に東宝のパスポートを発動して 年末に駆け込みで4本見ました。 今年は155本でした。  2011年185本、2012年214本、2013年218本、2014年196本、2015年169本 それでも100本超えたので良しとしましょう。 2016年の鑑賞一覧はこちら。 いつも迷いますが、1位からかくか10位から書くか... で、1位から書くことにしましょう。 1位 『青空エール』 公式サイ... [続きを読む]

受信: 2017-01-01 20:37

» 2016年Nakajiの映画ランキング [C’est joli ここちいい毎日を♪]
今年もいよいよ終わりです。 今年はTOHOパスポートに変えたのに本数は少なかったな~94本でした。 映画も、これ!ってものがぱっと思いつかなくてなかなか悩みました。 今年の1本目は富山の舞台の映画からだったな~ ではではランキングになります。 なんせ富山のもので。。。ちょっとずれておりま!!!!! 1位・・・・ハドソン川の奇跡 これは本当にすごいしか言いようがないような映画でした。涙がとまらなかった~ 2位・・・・リリーのすべて 奥さんに入り込んでしまい。。。究極の愛をみた映画だった。エンド... [続きを読む]

受信: 2017-01-01 20:45

» 2016年日本映画ベスト10 [佐藤秀の徒然幻視録]
昨年に引き続きではなく、ルールが変わった日本インターネット映画大賞とは別にして今年見た基本的に劇場新作公開86作品から。昨年に比べ13作品減った。けれど、今年ほど邦高洋低の ... [続きを読む]

受信: 2017-01-01 20:46

» 2016年外国映画ベスト10 [佐藤秀の徒然幻視録]
昨年に引き続きではなく、ルールが変わった日本インターネット映画大賞とは別枠で今年見た基本的に劇場新作公開87作品から。昨年に比べ15作品減った。面白そうな作品が少なく、今年 ... [続きを読む]

受信: 2017-01-01 20:47

» 2016☆ベスト&ワースト映画/2016 BESTWORST MOVIE☆ [我想一個人映画美的女人blog]
今年で19年目 独断と完全なる好みで選ぶ、年末の映画ランキング 毎年言ってますが、個人の選出によるものなので映画の出来の良さではなく、 面白かったもの。好き。というのを重視 ちなみにつけた得点数順というわけではありません。 対象となるのは 2016年に公開された作品(既に観た来年公開作品はランキングに入れず) ことしは劇場にて79本。 (試写含む、機内映画含まず。気に入って2回以上観た作品は1本と計算。) おウチ鑑賞 DVD 約 62本(以前1度観た作品&レビューを書かな... [続きを読む]

受信: 2017-01-01 21:14

» 2016年度、年間マイベスト10+α [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
2016年度のマイベスト10発表です。 [続きを読む]

受信: 2017-01-01 21:15

» My Best Movie 2016 [西京極 紫の館]
昨日が仕事納め。 年内、映画を観る予定はもうないので 毎年末恒例、僕の今年のベストムービーです。 今年、劇場で観た映画の本数は79。 昨年より6本多い自己記録更新。 実を云えば『シン・ゴジラ』を9回観た(苦笑)ので 劇場に足を運んだ回数自体は90回位はあっ...... [続きを読む]

受信: 2017-01-01 21:24

» 「2016年ベスト・ワースト映画☆昨年以上に悩みましたがこれが限界SP」 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2016年も終了間近となりました。毎年恒例の映画ベスト・ワーストを発表する時期がやってまいりました。今年はダントツこれだ!というよりまんべくなく良作というのが多く、選抜が難しかったですが頑張りました。悩んだすえの順位は以下の通りです。印象に残りパッと浮かん...... [続きを読む]

受信: 2017-01-01 23:44

» 2016年 個人的Best&Worst [だらだら無気力ブログ!]
2016年劇場で観た作品でBest10とWorstを上げたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2017-01-02 12:27

» 2016 unforgettable movies [ノラネコの呑んで観るシネマ]
2016年は、端的に言えば「日本映画奇跡の年」だった。 例年なら1、2本あれば良いというレベルの傑作が、ほとんど月替わりで現れる、しかもメジャーからインディーズ、内容もアニメ、怪獣、ホラーからハードな人間ドラマまで、まんべんなく揃っているのだから凄い。 あまりに良作が多すぎるのでハードルが上がり、例年なら確実に入れている幾つかの作品はこのリストから漏れてしまった。 願わくば、この傾向が...... [続きを読む]

受信: 2017-01-02 14:47

» 2016年ベスト10&ワースト10&more...(短評付き) [銀幕大帝α]
【2017年謹賀新年】 2016年銀幕大帝αベスト10 (1/1~12/31の間でリリースされた劇場公開新作DVDの中から選出) 1位:『映画「俺物語!!」』(レンタル開始日:2016-04-27) 短評:すれ違いの恋。ピュアな想いが遠回りしながらもようやく通じ合った時、劇的な感動が誕生する。涙腺緩々にさせられっ放しだった。恋って素敵。 2位:『ヒメアノ~ル』(レンタル開始日:2016-11-02) 短評:身も心も凍りつく演技を遣り遂げた森田剛に賞賛の拍手。決して観てて気分の良い作品ではないが、... [続きを読む]

受信: 2017-01-02 15:31

» 2016年洋画部門ベスト10ランキング選出 [パピとママ映画のblog]
今年も後、数時間でお終いですね。 今年は皆様にとっていかがな年でありましたでしょうか。私は持病で入院、退院を繰り返しながらも、何とか12月まで無事過ごしてまいりました。そんな体であっても、どんなことがあっても大好きな映画を観に行くのは、億劫にはなりませんね。 2016年劇場鑑賞作品から、16年はアクション映画好きの私にとっては、選びきれないほどたくさんの名作品に恵まれました。その中でもこれはと思うアクション映画を選出してみました。それでも、順位を付けるとなると迷ってしまいます。私が★★★★★を付け... [続きを読む]

受信: 2017-01-02 19:00

» 2017年新年のご挨拶と、2016年邦画部門ベスト10ランキング選出 [パピとママ映画のblog]
新年明けましておめでとうございます。皆さまには、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 2016年劇場鑑賞作品から、16年はアクション映画好きの私にとっては、洋画のアクション作品に恵まれて大豊作でした。 ...... [続きを読む]

受信: 2017-01-02 19:00

» 2017新年明けましてと昨年ベスト3 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
皆さま、新年あけましておめでとうございます。 昨年は別のSNSへ移行していくブロガーさんも多く、ぐっとコメントも減ってすっかり寂しくなった一年でしたが、そんな中でも当ブログを訪ねてくださった皆様、本当にありがとうございました。 なんとか今年ものらりくらりと続けて行こうと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。... [続きを読む]

受信: 2017-01-02 23:48

» 2016年ベストシネマ10(洋画編) [京の昼寝~♪]
2016年ベストシネマ10(洋画編)   2016年は洋画28本、邦画44本で洋画の本数が少なかったですね  洋画は公開前に惹きつけられる作品が少なかったような気がします。  昨年に続き、TOHOシネマズのフリーパスによる作品鑑賞が少なかったかな(笑)  最近、お正月映画も興味をそそられる作品が公開されなくて残念です。  観賞本数が少なかったので、今回はベスト10を挙げてみることにしました。   ベスト10 ① 『シング・ストリート』 ② 『ジェイソン・ボーン』 ③ 『ジャングルブック』 ④ 『... [続きを読む]

受信: 2017-01-03 09:13

» 【cinema】marus BEST MOVIE 2016 [・*・ etoile ・*・]
【cinema】marus BEST MOVIE 2016 今年もあと数時間で終わりということで、恒例のBEST10を出してみた 今年は現時点(2016.12.31 21:54)で233本鑑賞。去年より42本増えたとはいえ、劇場鑑賞は27本と7本も減っちゃった試写会があまり当たらなかったことも大きい。ということは、引きこもり具合にますます拍車がかかっているということ。これはまずい 今年も2016年日本公開作品限定。試写会で去年鑑賞した作品も含めている。洋画と邦画と分けるほど見... [続きを読む]

受信: 2017-01-03 15:56

» 2016年ベストシネマ15(邦画編) [京の昼寝~♪]
2016年ベストシネマ15(邦画編)   洋画に比べると邦画は良い作品があった年だと思います。  特に後半戦に良い作品があったような気がします。  毎年毎年、シネコンがお茶の間化していくことが、映画ファンとしては辛い。  せめて本編中の会話は絶対にやめて欲しいと思うこの頃です。  年寄りは耳が遠い分、話し声がデカ過ぎ ベスト15 ① 『湯を沸かすほどの熱い愛』 ② 『人生の約束』 ③ 『あやしい彼女』 ④ 『64(前後編)』 ⑤ 『後妻業の女』 ⑥ 『海賊とよばれた男』 ⑦ 『エヴェレスト 神々... [続きを読む]

受信: 2017-01-04 09:02

» 日本インターネット映画大賞―2016年度投票 [映画的・絵画的・音楽的]
 明けましておめでとうございます。  今年もよろしくお願い申し上げます。  昨年は、邦画57本、洋画48本の合計107本について、そのレビュー記事を拙ブログに掲載いたしました。邦画と洋画の見た数に結果として10ほどの差が出てしまったのは、昨年の邦画が全般的に質が...... [続きを読む]

受信: 2017-01-06 07:06

» 2016年映画鑑賞記録 [FREE TIME]
2016年も多くの映画作品を鑑賞しました。 今回は自分が2016年に鑑賞した映画を振り返ります。 [続きを読む]

受信: 2017-01-06 21:29

» 2016年振り返り [勝手に映画評]
さて、今年も残すところ、あと僅かとなりました。 と言う事で、2016年鑑賞映画の振り返りです。 2016年の観賞作品ですが、以下のとおりです。 年間で、80本見たようです。 1月:5本 『ブリッジ・オブ・スパイ / Bridge of Spies』 『エージェント・ウルトラ / American Ultra』 『ザ・ウォーク / The Walk』 『99分,世界美味めぐり / Foodies』 『ブラック・スキャンダル / Black Mass』 2月:6本 『ニューヨーク 眺めのいい部屋売... [続きを読む]

受信: 2017-01-06 22:10

» 2016 Movies Best 10 [宇宙のめいぐると]
今年はこちらから! [続きを読む]

受信: 2017-01-08 13:57

» 私が見た映画ランキング2016 [センタのダイアリー]
私が2016年、劇場で見た90本の映画をまとめました。 トップ10のみランキング形式です。 また、今振り返ると見た直後の評価の基準が結構ブレているので、そこは改めてレべリングし直しました。 基本的には、以下のような考え方。星の中の並び順には意味はありません。 ★★★★★・・・傑作。DVD買って何度も見ようと思える作品。(BEST10は略) ★★★★☆・・・面白い。お勧め。(BE...... [続きを読む]

受信: 2017-01-08 17:12

» 2016年マイベスト44(おまけで第12回シネマ停留所映画賞) [或る日の出来事]
「ベスト10」だけでは、つまらない! 全部に順位をつけましょか! という、毎年恒例のお遊び。 [続きを読む]

受信: 2017-01-09 19:28

» 2016総括マイベスト映画レビュー [オールマイティにコメンテート]
2016年もいよいよ4日あまりとなってしまいました。今年は色々バタバタ裏で忙しくしている事もありようやく年間総括に突入する事になりました。今年は54作品鑑賞と11年連続50本 ... [続きを読む]

受信: 2017-01-12 21:13

» 2016年マイベスト20 [銅版画制作の日々]
皆さん、お正月をどのようにお過ごしでしょうか? さて今年は何とか昨年のベストが発表できるだけの作品を鑑賞することが出来ました。傾向としてはホラーものが目立ちます。昨年最後もホラーではありましたがその傾倒のもの多くを鑑賞しました。年間振り返りますとその手...... [続きを読む]

受信: 2017-01-16 23:48

» 「2016年度日本インターネット映画大賞・日本映画部門」投票 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
日本インターネット映画大賞の日本映画部門に投票2015年はココ、2012年はココ、2011年はココ、2010年はココ、2009年はココ、2008年はココ、2007年はココ、2006年はココ今年からTwitterでの投票 ... [続きを読む]

受信: 2017-01-17 17:17

» 2016年 ブロガーが選んだ映画ベスト10 [『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記]
今年は、去年休んだんで2015年のものと、「バックトウザフューチャー」2・3の様に同時制作してたら、予想以上に時間かかりまして、えらい遅くなってしまいました。その間、キネ旬のベスト10が発表され、日本アカデミー賞もノミネーションされましたね。で、なにか不満が、ちょこちょこ出てるみたいなんですが、このベスト10を見たら解消されるんでは?というわけでご覧ください。(過去のベスト10 2015年、2014年、2013年 2012年、2011年、2010年、2009年、2008年、2007年、2006年、2... [続きを読む]

受信: 2017-01-25 21:40

« 『この世界の片隅に』こうの史代原作、片渕須直監督・脚本、のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、他 | トップページ | 『ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~(LOUVRE No.9)』グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ »