« 『カフェ・ソサエティ(Cafe Society)』ウディ・アレン監督、ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、スティーヴ・カレル、ブレイク・ライブリー、他 | トップページ | "あなたの人生の物語"『メッセージ(Arrival)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、他 »

2017-05-14

"わくわくシャマラン・ランド"『スプリット(Split)』M・ナイト・シャマラン監督、ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、他

注・内容、他のシャマラン監督作品にも触れています。
スプリット
Split

監督・脚本 : M・ナイト・シャマラン
出演 : ジェームズ・マカヴォイ
アニヤ・テイラー=ジョイ
ベティ・バックリー
ジェシカ・スーラ
ヘイリー・ルー・リチャードソン

物語・高校生のケイシー(アニャ・テイラー=ジョイ)は、クラスメートのクレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)の誕生パーティーに招待される。帰りは、彼女とクレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)をクレアが車で送ってくれるが、途中で見ず知らずの男性(ジェームズ・マカヴォイ)が車に乗り込んでくる。彼に拉致された三人は、密室で目を覚まし…。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Split2

Memo1
やー、やっぱりやってくれました"わくわくシャマランランド"
マクガフィンに次ぐマクガフィン 笑
シャマランのシャマランによるシャマランのための映画。
今までも『アンブレイカブル』乗客全員が死亡した列車事故。その中、全く無傷で生き残ったデイヴィッド・ダン。何故?
物語が進んでいくと…「なーんや、漫画(コミック)の世界の話やったらなんでもありやん」(←関西弁)
サイン』かつての矢追純一氏の"木曜スペシャル"ノリでジャジャジャーンとテーマ曲が聞こえてきそうな雰囲気のテレビ映像のみで宇宙人襲来を見せてーの、けったいな(←関西弁)ホンモノ宇宙人をバットで倒したり『ヴィレッジ』何故、塀の外へ出てはいけないのか。結局、塀の中のコミューンでしたチャンチャン(←関西風オチ擬音)などなど、まずは大上段で謎を提示して"つかみは最強""はたして結末は!?""来るか!大どーんでーん返し"といった期待値までをもフックとするシャマランテイストが本作は極めて高い精度で復活している。
"イメージが超人や獣人や宇宙人や怪物や境界をつくり出す"
元をただせば『シックス・センス』でのオチ(小林信彦先生に言わせるとはじまってすぐの段階でブルース・ウィリスは死んでいることがわかってしまう、というか亡くなっていないとおかしい作劇となっているとのこと)ありきのシャマラン監督への"どんでん返しオチ期待"が肥大していったことに起因すると思うのですが…。
予告編では一切見せなかった父親と叔父、そして子供時代のケイシー。
3人でハンティングに出かけているシーン。
そのケイシーを見る目つきが最初からおかしい叔父。案の定、全裸でケイシーに近づいてくる。
そして…。
それらが拉致された室内のシーンの合間に(夢もしくはイメージとして)はさみこまれる(ケイシーが目覚めたときに必ず男が側にいる。例えば食事を手に「お寝坊さんね」)
父親の死後(写してはいないが、このハンティングの際に何かあったのは推察できる)、育ての親となった叔父による虐待は高校生の今になっても続いていることから逃れようと放課後もなかなか家に帰らないことが会話の中から読み取れる。
本当の"ビースト"それは…。
23人格とは別にもうひとり生み出される妄想の怪物"ビースト"
そのことについて極めつけの台詞は「人格によって肉体も変化する」
ヒッチコック作品への目配せはもちろんだが、どちらかというと精神科医との件でデ・パルマ監督『殺しのドレス』を想起。
奇妙なシーンのつなげ方や展開、ショット(冒頭、クレアとマルシアとのレストラン部分のカメラ視点、ケイシーが衣服を男に渡すところでは手元は写らない、最初は一緒の部屋だった三人のボジション、黄色の花の位置…)などで見方によっては全てケイシーの妄想だったとも捉えられる。
(『アンブレイカブル』と同じ世界の物語とすればケイシーの叔父へのイメージ自体が"ビースト"そのものであり、その事自体の妄想が"ビースト"を実体化させたと見るのがマクガフィンにつぐマクガフィン映画として妥当かもしれない←前述予告編や公開されているBEHIND SCENE全てにおいて叔父のことは隠されていたし)
ジェームズ・マカヴォイの多重人格者演技はもちろん、さすがだがケイシーを演じたアニャ・テイラー=ジョイの眼力(目ヂカラ)はラストバトルでの"ビースト"化したマカヴォイと向かい合った際にも決して負けてはいない凄みがあり、注目度があがってきている女優としての面目躍如。
シャマラン監督が本作のプロモーションで来日した際に日本時間4月27日午前1時に「重大発表あり」と予告の上『アンブレイカブル』の続編についてツイートしてたから公開前に既にネタバレ済み。
それにしても『アンブレイカブル』『スプリット』それぞれにおいて妄想がヒーローとビーストを生み出し『GLASS』となって帰ってくる…って、な、何、それ!?
エンドクレジットの最後の告知は笑いが起こっていたのでつかみはOK?

Split1

Memo2
スコープサイズのセンターに人物を配した撮影ショットがいいなぁと思ってIMDbをチェックしたら『イット・フォローズ』(そのデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督次回作『Under the Silver Lake』も)を撮ったマイク・ギオウラキス(Mike Gioulakis)だった。
900万ドル低予算映画のためか、最新撮影機材使用ではないにもかかわらず、この仕上がりは素晴らしい。
Title Design > Filmograph
昨年の秀逸な『10 クローバーフィールド・レーン』タイトルデザインに続く(勝手にこう呼んでいる→)ソール・バス系デザイン。
Filmographはジェームズ・ワン監督の一連の作品や『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』カーテンコール(Curtain Call Sequence)のデザインなどを手がけている。(これから公開の『ジョンウィック2』や『パワーレンジャー』も)。
↓下記サイトは『スプリット』モーションテストやインタビューなど(タイトルシークエンス動画もあり)
http://www.artofthetitle.com/title/split/

映画『スプリット』公式サイト
http://split-movie.jp/

|

« 『カフェ・ソサエティ(Cafe Society)』ウディ・アレン監督、ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、スティーヴ・カレル、ブレイク・ライブリー、他 | トップページ | "あなたの人生の物語"『メッセージ(Arrival)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、他 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74943/70557072

この記事へのトラックバック一覧です: "わくわくシャマラン・ランド"『スプリット(Split)』M・ナイト・シャマラン監督、ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、他:

» スプリット [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★【3点】(11) ワタシの脳内処理能力のせいかオチの意味が分からない。 [続きを読む]

受信: 2017-05-14 18:20

» 劇場鑑賞「スプリット」 [日々“是”精進! ver.F]
不純な者を、喰う… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201705130000/ アンブレイカブル [ ブルース・ウィリス ] [続きを読む]

受信: 2017-05-14 20:10

» スプリット〜トラウマの二乗? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Split。ジェイソン・ブラム製作、M・ナイト・シャマラン監督。ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリ ... [続きを読む]

受信: 2017-05-14 21:42

» 「スプリット」:シャマランの大イタチ [大江戸時夫の東京温度]
映画『スプリット』は、「結末は絶対ナイショだよ」(c)M.ナイト・シャマラン な [続きを読む]

受信: 2017-05-14 23:37

» スプリット [心のままに映画の風景]
高校生のケイシー(アニャ・テイラー=ジョイ)は、クラスメートの誕生パーティーの帰り、車に乗り込んできた見ず知らずの男に拉致されてしまう。 薄暗い密室に閉じ込められたケイシーと2人の友人の前に、誘拐犯(ジェームズ・マカヴォイ)が現われるが…。 23の人格を持つ解離性同一性障害者に誘拐監禁された3人の女子高生の顛末を描くサスペンス・スリラー。 2017年 5/12公開 アメリカ...... [続きを読む]

受信: 2017-05-15 12:03

» スプリット [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  ホラー&サスペンス  監督:M・ナイト・シャマラン  出演:ジェームズ・マカヴォイ      アニャ・テイラー=ジョイ      ベティ・バックリー      ジ ...... [続きを読む]

受信: 2017-05-15 13:27

» スプリット ★★★ [パピとママ映画のblog]
M・ナイト・シャマラン監督がジェームズ・マカヴォイを主演に迎えて贈るサスペンス・スリラー。23人もの人格を持つ多重人格の男に誘拐監禁された3人の女子高生を待ち受ける戦慄の恐怖と驚きの顛末をスリリングに描き出す。共演はアニャ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー。 あらすじ:ケイシー、クレア、マルシアの女子高生3人は、友だちの誕生パーティの帰り道に見ず知らずの男に拉致監禁されてしまう。やがて鍵の掛かった薄暗い密室に閉じ込められていた3人の前に、誘拐犯が女性の格好で現われる。その後も潔癖症の青年や9歳の... [続きを読む]

受信: 2017-05-15 18:09

» [映画『スプリット』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・う~、期待していましたが、シャマランのややもったりした演出(乖離性人格障害の丁寧な背景説明・主人公ケイシーの幼少期の細かく繰り返される回想)が物語を間延びさせていました。 主人公の娘は、インド系のシャマランによるキャスティングだろうから、アメリ...... [続きを読む]

受信: 2017-05-16 05:42

» スプリット/SPLIT (ダニエル・キイスの24人のビリー・ミリガンファンでシャマラン映画ファンの視点から) [我想一個人映画美的女人blog]
誰ですか、シャマラン復活とか言ったの。 24人のビリーミリガン読んでいない人の方が楽しめる。 マカヴォイファンは一つの人格で数人のキャラを演じるマカヴォイを楽しめる シャマランの過去作「アンブレイカブル」を観ておいたほうがいい。 シャマランが「ぜっ...... [続きを読む]

受信: 2017-05-16 12:14

» スプリット・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
何が「スプリット(分裂)」するのか? M・ナイト・シャマランによる、異色のサイコ・スリラー。 ひとつの体に23もの人格を宿す男と、彼に拉致・監禁された3人の女子高生。 なぜ男は彼女らをさらったのか? 密室からの脱出の方法はあるのか? やがて、男の中から現れる、想像を絶する24番目の人格とは何者か? 謎の男をジェームズ・マガヴォイが演じ、複数の人格を相手に、丁々発止の腹の探り合...... [続きを読む]

受信: 2017-05-16 23:02

» スプリット  監督/M・ナイト・シャマラン [西京極 紫の館]
【出演】  ジェームズ・マカヴォイ  アニャ・テイラー=ジョイ  ベティ・バックリー 【ストーリー】 高校生のケイシーは、クラスメートのクレアの誕生パーティーに招待される。帰りは、彼女とクレアの親友マルシアをクレアが車で送ってくれるが、途中で見ず知らずの男...... [続きを読む]

受信: 2017-05-19 22:22

» 「スプリット」☆衝撃ラストの罠 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ラストのクライマックス手前で飛行機が着陸してしまって、最大の残念だった想い出になってしまった今回の台湾旅行。 気になって仕方ないで早速観ることに。これは2度じっくり観るのもオススメ☆... [続きを読む]

受信: 2017-05-21 22:29

» スプリット [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【SPLIT】 2017/05/12公開 アメリカ 111分監督:M・ナイト・シャマラン出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソン 誘拐された女子高生3人VS誘拐した男23人格恐怖は<分裂(ス...... [続きを読む]

受信: 2017-05-26 23:34

» スプリット [だらだら無気力ブログ!]
コレ、シリーズ物だったのか。 [続きを読む]

受信: 2017-06-02 22:33

» スプリット [銀幕大帝α]
SPLIT 2017年 アメリカ 117分 ホラー/サスペンス 劇場公開(2017/05/12) 監督: M・ナイト・シャマラン 『ヴィジット』 製作: M・ナイト・シャマラン 脚本: M・ナイト・シャマラン 出演: ジェームズ・マカヴォイ:ケビン アニヤ・テイラー=ジョイ:...... [続きを読む]

受信: 2017-10-12 18:10

« 『カフェ・ソサエティ(Cafe Society)』ウディ・アレン監督、ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、スティーヴ・カレル、ブレイク・ライブリー、他 | トップページ | "あなたの人生の物語"『メッセージ(Arrival)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、他 »