2018-10-26

『ペンギン・ハイウェイ』森見登美彦原作、石田祐康監督、北香那、蒼井優、釘宮理恵、潘めぐみ、他

ペンギン・ハイウェイ

監督 : 石田祐康
脚本 : 上田誠
原作 : 森見登美彦
出演(Voice Cast) :
北香那蒼井優
釘宮理恵潘めぐみ
福井美樹、能登麻美子
久野美咲、西島秀俊
竹中直人、他

物語・毎日学んだことをノートに書きためている小学4年生のアオヤマ君が暮らす郊外の街に、突如ペンギンが現れる。アオヤマ君は、海のない住宅地になぜペンギン たちが出現したのか、その謎を解くために研究を始める。そして、行きつけの歯科医院で仲良くしているお姉さんが投げたコーラの缶がペンギンに変身する瞬間 を目の当たりにし…。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Penguin

Memo
今年(2018年)の夏。
ちょうど使用開始したTOHOシネマズ・フリーパスで最もリピートした作品となった。
(本当はレベッカ・ファーガソンが出ている『ミッション・インポッシブル:フォールアウト』に合わせてフリーパス期間設定したのだが、終了してみると本作の方がリピート数が多くなっていた、と、それぐらいお気に入り作品となった)
森見登美彦作品としては昨年の『夜は短し歩けよ乙女』に続いてのアニメ化作品。ボイスキャストが素晴らしかったが本作もよい。お姉さんの蒼井優(言われてじっと聞くと蒼井優とわかるが普通に物語に没入していると忘れてしまうほど)、アオヤマ君の北香那を演じたふたりの間合いもよくて抜群の上手さ。
(まあまあ、そこそこの森見愛読者として)原作は随分前に読んでいたのだけれど、ものすごく上手くエッセンスを損なわず脚色された脚本もさすがというところ。
何よりも省略されたエピソード(ひとつにまとめられたエピソード)が部分のチョイスが絶妙。
大阪メトロに乗り入れているコスモスクエア行きの車両がはっきりと映ってた。
インタビューなどで答えているとおり、本作いつもの京都ではなく奈良郊外が舞台。(と、なるとお姉さんとアオヤマ君が行こうとしてた「海」は「大阪港」?)
海辺のカフェでのお姉さんとの別れ。
「泣くな、少年」
「ぼくは泣かないのです」
原作のラスト数行はアオヤマ君のボイスオーバーによって、そのまま使われている。(この締めは原作でも「いいなぁ」と思った箇所)
「僕らは今度こそ電車に乗って海辺の町へ行くだろう~(略)~つまりぼくがふたたびお姉さんに会うまでに、どれぐらい大人になったかということ。
そして、ぼくがどれだけお姉さんを大好きだったかということ。どれだけ、もう一度会いたかったかということ。」

最後のペンギン探査船を発見するところは原作と違うところ。
この締めの部分に宇多田ヒカルによる主題歌「Good Night」がかぶさっていくところも、この上なく好きだ。


映画『ペンギン・ハイウェイ』公式サイト
http://penguin-highway.com/


| | トラックバック (0)

2018-06-25

「I bite(噛むぞ)」『犬ヶ島(Isle of Dogs)』ウェス・アンダーソン監督、ブライアン・クランストン、コーユー・ランキン、他

犬ヶ島
Isle of Dogs

監督 : ウェス・アンダーソン
出演 : ブライアン・クランストン
コーユー・ランキン
エドワード・ノートン
ビル・マーレイ
ジェフ・ゴールドブラム
スカーレット・ヨハンソン
ヨーコ・オノ
野村訓市
野田洋次郎
村上虹郎
渡辺謙
夏木マリ
グレタ・ガーウィグ
フランシス・マクドーマンド
ティルダ・スウィントン、他

物語・物語・近未来の日本で、伝染病のドッグ病が大流行し、犬たちは「犬ヶ島」に隔離される。12歳の少年アタリは捕らわれた愛犬スポッツを捜すため、メガ崎市からたった一人で小型飛行機を操縦し犬ヶ島へと降り立つ。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Dog1

Memo1
監督本人のインタビューなどで言及されている黒澤明監督作品(特に現代劇)への音楽、キャラクター造形など多岐にわたってオマージュ。
(「七人の侍」「酔いどれ天使」「天国と地獄」「悪い奴ほどよく眠る」)
もう、ずっと見ていたい!
例によってウェス・アンダーソン監督らしさ満載のポップ、カワイイの背後にあるビター部分を含んでいて素晴らしい。
(以前にも書きましたが綺麗な色ー、と思って食べたら毒キノコ?!!のような感じと例えればよいのか)
『グランドブダペストホテル』では墓地から幕を開けたが、本作は下方向移動で(墓地想起)まるで地霊のように納まるチーフとナツメグで幕を下ろす。
(まあ、確かにいろいろと語弊を生みそうなネーミングの)犬インフルエンザとアナウンスされていた部分はドッグ病に(パンフレット含め記載が変わってた)。
最初に「犬ケ島」で発見したスポッツのものと思われる檻の中で白骨化してる犬の姿にには「わわっ」と思った。
アタリ少年の頭にささったままのプラグも含めて、全体のオーラ通してなにやら不穏当な空気が蔓延としているあたりも実社会との奇妙なシンクロ感もあり、一筋縄では行かぬ作品となっている。
予言犬の名前が「ジュピター」と「オラクル」なんて最高。
冒頭、犬対猫の語りは「オラクル」によるものというのも後で思うと予見的?(あるいは物語誘導性?)
ゴミ捨て場に捨てられているゴミの種類によって背景変化が起こる(色調も)細かさ、そして乱闘シーンでの漫画で表現されてきたポカポカ(ポカスカ)砂塵、カタカナと英語のW表記、細部まで作りこまれた小物類…
もう一回、ずっと見ていたい!

Dog2

Memo2
オープニングタイトルから、お酒のラベル、学生証、タグ、ドッグフード、テレビの「しばらくお待ちください」画面に至るまでグラフィック周りのフォントやデザインがいつにもまして細かい。
リードグラフィックデザイナー(lead graphic designer)
Erica Dorn
https://ericadorn.co.uk/
メイキング映像がいくつか公式公開されているけれど、なかでもVR仕様のこちらは面白い。
360° | ISLE OF DOGS |
Behind The Scenes (in Virtual Reality)
FoxNext VR Studio
https://www.youtube.com/watch?v=JqXC46b1uUg
ウェス・アンダーソン監督作品
タイトルデザイン、タイポグラフィ
(~グランドブダペストホテルまで全作品、各リンク先にタイトル部分画像あり)
http://annyas.com/screenshots/directors/wes-anderson/

映画『犬ヶ島』 公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/

| | トラックバック (0)

2018-01-07

「物語」のバトンをつなぐ。 Netflix『DEVILMAN crybaby』原作 : 永井豪、監督 : 湯浅政明

注・内容、ラストに触れています。
DEVILMAN crybaby

原作 : 永井豪
監督 : 湯浅政明

Dc1

Memo1
デビルマン原作が終了した年に中東戦争が始まり翌年オイルショックが始まった時代の予兆を含めた空気感。
そこから生み出された物語。
それをそのまま2018年に置き換えることは不可だ。
ノストラダムスも日本沈没もゴジラ対ヘドラも全ては70年代前半のこと。
(それは『エクソシスト』をはじめとするオカルトブームとも呼応する。この時期の映画を現代にリメイクすることはそれ自体でハードルが高い)
本作の湯浅政明監督による「漫画史に残る物語」の新たなるアップデート
(最も顕著なSNSの扱いや「デビルマン」が既にアニメとして存在している世界という「デビルマン」原作以降に多々誕生したアニメや漫画への目配せなど)
そうすることによって次世代へ「物語」のバトンを手渡すという英断と手法は素晴らしい。
2と9話(Netflix 特有のエンドクレジット飛ばしのマーカーもラストまで出ない)が出色。
(湯浅監督自らがツイートしているとおり9話は原作でも最も衝撃的な展開が待ち受けているエピソード回。エンドクレジットの曲とその後のシーンも含めて)
映画とは違いリミテッド(ミニ)アニメシリーズ。
全話一括配信とはいえ1話ごとに同じテンションでは描かず(まだ細かく精査していないがスタッフも仕上がりもかなり違う)全体バランスのために途中緩めているエピソードも存在。
「悪意」の伝播。
転写、そしてまた伝播。
それは「魔女狩り」の時代から変わらぬ人間のメンタル構造における負(ここで負というのも二元論的だが)の部分。
それはSNSなどにおける拡散力の増幅によりさらに増している。
その中で描かれた9話。
牧村美樹の「それでも信じている」「私もデビルマンだ」というメッセージは「悪を憎み退治していくものもまた悪」といった広義な救済を描いていて強烈だ。
ラストの「明!教えてくれ!この感情はなんなんだ」と流す飛鳥了(サタン)の涙も同じだ。
しっかりと湯浅監督のテイスト(昨年の『夜明け告げるルーのうた』とも重なる)も練りこまれた作品となっている。
1話に湯浅監督の昨年の映画『夜は短し歩けよ乙女』からまさかの台詞。
「たまたま通りかかったもので」
(さすがに言いかけて途中で止めてますが 笑)
他にも「地獄の黙示録」ナパーム弾シーンや「おやっ?ゴジラ?」と一瞬見えてしまう自衛隊トラックに載せられた退治されたと思しき悪魔←未確認(未確定)など、イースターエッグ的にいろいろありそう。

Dc2

Memo2
余談1(オイルショック当時買った漫画の単行本は紙資源不足から中質紙の中でも特に質の悪い中質紙に変わり、もはや劣化の一途…)
余談2(『デビルマン』に先だつ同じ永井豪原作『魔王ダンテ』の未完のラスト。「ぼくらマガジン」廃刊の為に仕方なく描かれたと思うのだけれど「さあ!これから」と思わせての「エッ?!ここで終わり?」は唖然としたと同時に「こういう終わり方もあるのだ」と逆に強烈な印象が残っている。それは石ノ森章太郎「幻魔大戦」ラスト最終カットと共に初期漫画原風景の絶対的記憶)

DEVILMAN crybaby | 公式サイト
http://devilman-crybaby.com/

| | トラックバック (1)

2017-11-23

If you must blink, do it now.『KUBO クボ 二本の弦の秘密(kubo and the two strings)』トラヴィス・ナイト監督、アート・パーキンソン、シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー、ルーニー・マーラ、レイフ・ファインズ、他

注・内容に触れています。
KUBO クボ 二本の弦の秘密
kubo and the two strings

監督 : トラヴィス・ナイト
出演 : (Voice Cast)
アート・パーキンソン
シャーリーズ・セロン
マシュー・マコノヒー
ルーニー・マーラ
レイフ・ファインズ、他

物語・クボは三味線を奏でることで折り紙を自由に操ることができるという、不思議な力を持つ少年。かつて闇の魔力を持つ祖父に狙われた際に父を亡くし、片目を奪われたクボは、最果ての地で母と生活していた。しかし、闇の刺客に母までも殺されてしまう。両親のあだ討ちを心に誓ったクボは、面倒見のいいサルと弓の名手であるクワガタを仲間にする。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Kubo1

Memo1
If you must blink, do it now.
まさに「瞬きすらしてはならぬ」流麗さ。
あまりに滑らかすぎてストップモーションではなくCGだと思ってる人、多いんじゃないかなぁと心配になるレベルの美しさ。
(もちろんCGやロトスコープなどデジタルペインティングも施されているし、後処理ブラーや光学処理などいろいろ加えられているけれども、根本にあるのはマペットを創り、手に触れるものに命を吹き込むことが第一義としてある)
Laika作品を通して言えることだけれども、本作もまたまたキャラクター造詣が面白い。
アイパッチのクボ、クワガタ、サル(猿・申)、浄瑠璃系人形の趣きの母、闇の姉妹の叔母たち(NHKで昔放送していた、あの人形劇想起!)
それにしても折り紙のストップモーションアニメとは!!!
オリガミ・ハンゾウの「はい、こっちこっち」と方向を指し示す動きの楽しさ!
『モアナ』のタトゥーや『未知との遭遇』ハイウェイ沿いに登るUFO「アイスクリン!」のように小さきものが、主人公の行く手を案内したり暗示する造りは定番にして好み。
グッときた台詞。
(母であるサルと父であるクワガタと紅葉の船の上で)
「こうやって誰かの間で食事したのは初めて」
『コララインとボタンの魔女』でも出てきた悪夢イメージと連なる目(眼)のモチーフ。
見えないことが見えること。
3つの伝説の武具のうちの最後のひとつ「兜」
最初に住んでいた村の鐘に使われていたことがわかり、原点となる場所へと戻る。
武具を探す旅、月の帝と父ハンゾウとの戦いの真実を知る旅、それらの全ては既にここに。
If you must blink, do it now.
Voice Cast
月の帝の声が!レイフ・ファインズってヴォルデモート卿や〜、とかシャーリーズ・セロンとルーニー・マーラが対決していると脳内変換できたり非常に贅沢にして的をえたキャスティング。
(評判の良い日本語吹き替え版は現時点で未見)

Kubo2

※Memo2
脚本 (PDFファイル・保存が可能)
http://focusfeaturesguilds2016.com/workspace/uploads/screenplay/kubo_and_the_two_strings_awards-2016-final.pdf
エンディング曲にやられた!といった方も多いと思いますが、まあ、本当になんてことしてくれるんだという選曲とアレンジ、アニメーション。
最後にとどめの早送りメイキングシーン(ここで「エッ!?これって人形だったの」とビックリされたのではないかと…)
そのエンディング曲のオフィシャルビデオ。
Regina Spektor
While My Guitar Gently Weeps Official Video
https://www.youtube.com/watch?v=8hUOKjy-9-o
歌川国芳相馬の古内裏(Takiyasha the Witch and the Skeleton Spectre)」をモチーフとしたHall of Bones sequenceメイキング
(英訳は図録などに記載されているものではなく一般的に広まっているものを記載)
https://www.fxphd.com/blog/kubo-and-the-two-strings-behind-the-hall-of-bones/

Kubo3

「相馬の古内裏」はメイキングでも言及されているけれど、もうひとつ印象的な海底の目玉はオディロン・ルドン「起源」 Ⅱ. おそらく花の中に最初の視覚が試みられた』なのだろうか?
他にも葛飾北斎(冒頭の波濤はまさに!)や斎藤清の版画にもインスパイアされているとインタビューなどで答えている。
3D Printer によるパペット制作
https://www.digitaltrends.com/movies/laika-cgi-3d-printing-stop-motion-kubo-and-the-two-strings/
また、別の記事
http://www.hollywoodreporter.com/features/how-kubo-two-strings-merged-stop-motion-animation-3d-printing-a-400-pound-puppet-955406
3Dプリンターによるパペット制作とLaikaならではのストップモーションアニメーション技術『KUBO クボ 二本の弦の秘密』そして、3Dモデリングとレーザーカッター、昔ながらのクラフツマンシップが合わさったミニチュア『ブレードランナー 2049』と今年はアナログとデジタルのまさに混じり合った融合の傑作が見られた年。

映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』公式サイト
http://gaga.ne.jp/kubo/

| | トラックバック (6)

2017-09-10

タイトルデザイン_53 Greenhaus GFX『ワンダーウーマン(Wonder Woman)』パティ・ジェンキンス監督、ガル・ガドット、クリス・パイン、他

ワンダーウーマン
Wonder Woman

監督 : パティ・ジェンキンス
出演 : ガル・ガドット
クリス・パイン
ロビン・ライト
コニー・ニールセン
ダニー・ヒューストン
デヴィッド・シューリス
エレナ・アナヤ

物語・人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダーウーマン(ガル・ガドット)は、自分が育ってきた世界以外の環境を知らず、さらに男性を見たこともなかった。ある日、彼女は浜辺に不時着したパイロット、スティーブと遭遇。そして…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Ww

Memo1
「ツレ?」
「いや、ちゃうちゃう」
「お前の知り合い、ちゃうんか」(関西弁翻訳)
昨年の『BvS』で絶妙の間合いでバットマンとスーパーマンの間に飛び込んできて、すっかりかっさらっていってしまったワンダーウーマン。
それほど、あのドンドコドンテーマ曲とガル・ガドットの勇姿はインパクトは大きかった。
最前線に向かう際に集められる仲間が既に早くから指摘がある通り、いろいろ阻害迫害をうけてきた者たちということ。
そして(ここが最も本編で熱かった)塹壕からゆっくりと階段を上り敵陣へと突き進むダイアナ/ワンダーウーマンの姿。
その姿に呼応していく仲間たちというのも頷ける。
(BvSに出てきた"あの写真"はこの戦闘の後に撮られたものということも)
温泉に入っているところへダイアナ。
「あなたは標準的な男?」に続いて「それは?」に対して一瞬、下を見るスティーブ。つまりつつ「あ、あぁ、これは腕時計」と勘違いに気づいて言うシーン。
(おいおいシモネタかよー 笑)←って、あまり笑いがおきていなかったけれど…
カルチャーギャップシーン。
戦闘姿との落差として最もチャーミングだったのは駅に降り立ったダイアナがアイスクリームを食べて「デリシャス」とホントに美味しそうに言うシーン。
(この感じ、コミコン会見時にガル・ガドットが少し照れながらワンダーウーマンのポーズを決めた時の姿とだぶる)
アクションシーンになると突如クイックスローモーションが出てくる辺り、もしかしてスナイダーのおまじないによるもの?笑
もしくは「あ、ここ、俺に撮らせてーや」(←関西弁)ってジャック・スナイダーが言った?

Memo2
タイトルデザイン(Main-On-End)
Greenhaus GFX
http://greenhausgfx.com/portfolio_page/wonder-woman/
そのタイトルデザインについてのArt OF THE TITLE 記事
“Now there’s Wonder Woman, now Wonder Woman is born”
http://www.artofthetitle.com/title/wonder-woman/
原作者、マーストンについて描かれた映画
PROFESSOR MARSTON AND THE WONDER WOMAN
http://www.comingsoon.net/movie/professor-marston-the-wonder-women-2017#/slide/1

映画『ワンダーウーマン』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/

| | トラックバック (9)

2017-08-17

タイトルデザイン_52 Perception『スパイダーマン : ホームカミング(SPIDER-MAN: HOMECOMING)』ジョン・ワッツ監督、トム・ホランド、ロバート・ダウニー・Jr、マイケル・キートン、他

注・内容、ラスト、エンドクレジット後に触れています。
スパイダーマン : ホームカミング
SPIDER-MAN: HOMECOMING

監督 : ジョン・ワッツ
出演 : トム・ホランド
ロバート・ダウニー・Jr
マイケル・キートン
マリサ・トメイ、他

物語・15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、まるで部活動のようなテンションでスパイダーマンとして活動していた。まだ若い彼の才能に気付いたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、ピーターを真のヒーローとして育てようとする。スタークに新しいスーツを新調してもらったピーターは、意気揚々と街へ乗り出し…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Home

Memo1
マーベル作品でも、ちょっと傍系(と、勝手に呼んでいる)『アントマン』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ドクターストレンジ』が好物な自分としては、本作展開は嬉しい限り。
(そして『アイアンマン』とのDIY系映画繋がりも←1作目の手作りロケッティア風アイアンマンあたりのノリ)
シビルウォーに参加した際「キャプテン・アメリカの盾を奪った」と有頂天モードがいかにも高校生(授業にはちゃんと戻るのも偉い 笑)
泥棒から奪い返した自転車に残したメモとラストのバルチャー捕獲時のメモが同じノリというのも可笑しい。
ほとんどのスタントを行ったトム・ホランドの身体性。みるからに軽々としていて、それだけで全体に躍動感が生まれている。
Netflixにジョン・ワッツ監督『クラウン』『COP CAR/コップ・カー』そしてジョン・ヒューズ監督『フェリスはある朝突然に』『ブレックファスト・クラブ』が揃っているという、まるで準備していたかのような‥
(エンドクレジットに『フェリス〜』も記載)
脱出経路を指示するイスの男(笑)ネッド。
最初、ウザい感じが見ているうちに「お、これは名パートナー」と思えてきた。
「絶対に話すなよ」に対して普通だったら「いや、話さないよ」と返すところをすかさず「絶対喋りまくってしまう」と即反応するのも、笑える(で、この感覚もSNS時代の脊髄反応っぼくて面白い)
この最初から正体バレているというのも新機軸。
(今後も絶対うっかり喋りそう 笑)
また次回以降に展開されていくと思しきラストで明かされるミシェル(デンゼイヤ)の愛称「MJ」など楽しみな伏線も用意されている。
『ファウンダー』で"(吉本新喜劇風関西弁で)「エっゲツなぁ~」"企業人を演じたヴァルチャー役のマイケル・キートンが中小企業人(しかも雇った従業員のことを考えての悪事動機。バットマンとバードマンを演じて)
また『ファウンダー』で最も大事なのは「忍耐」と語っていた台詞が、偶然なのかエンドクレジット後のキャップによる教育ビデオ(日本だと松岡修造が熱く語りかけてくるようなノリ?笑)でも出てくるあたりが面白い。
(おそらくはカーネギーなどによる"アメリカ自己啓発的なもの"の根っこが同じなのだろうなぁ、などということを思った←『ファウンダー』に出てきたトランプ大統領愛読の"あの啓蒙書"とか)
スーツ内蔵AI「カレン」
声がジェニファー・コネリー。吹き替え版は井上喜久子さんという抜群の布陣。
恋のアドバイスから各種モード(瞬殺モードからおまかせまで 笑)とやりとりが面白い。(スーツの眼が細く釣り上がっり変化するのも斬新)
ラストのトニー・スターク秘書、ペーパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)再登場も嬉しい限り。(『アイアンマン』初公開時には秘書限定試写会などという企画もあったような)

Memo2
バルチャー戦を終え、アベンジャーズ入りも断り"ご近所ヒーロー"の道を選び、自宅の部屋に戻るとトニー・スタークからの紙袋がベッドの上に。
中にはスターク製スパイダーマンスーツが。
すかさず嬉々として着替えると…。
「なにしてるの?」
鏡に写るメイ叔母さん。
(あ!?み、見つかっちゃったー?!と、いったピーターの顔)
絶妙タイミングで監督クレジットが入って、POPなアニメーションエンドタイトルシークエンスへ。
そのタイトルデザインはPerception
(該当動画は coming soon! 表記となっていますがスケッチ関連はART BOOKから掲載されたもの有り)
http://experienceperception.com/homecoming.html

映画『スパイダーマン:ホームカミング』
公式サイト
http://www.spiderman-movie.jp/

| | トラックバック (14)

2017-05-27

『夜明け告げるルーのうた(Lu over the wall)』湯浅政明監督、(VoiceCast)谷花音、下田翔大、柄本明、他

夜明け告げるルーのうた
Lu over the wall

監督 : 湯浅政明
出演 : (VoiceCast)
谷花音下田翔大
篠原信一、柄本明
斉藤壮馬、寿美菜子
大悟、ノブ、他

物語・両親が離婚して東京から寂れた港町・日無町に越してきた中学生の少年カイは、父親と祖父の三人で暮らしている。両親に対する複雑な思いを胸に日々を過ごす彼にとって、自ら作曲した音楽をインターネットにアップロードすることが唯一の楽しみだった。そんな中、人魚の少女ルーと出会い交流を深めていくうちに、カイは少しずつ周囲に心を開いていくが…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Lu

Memo
全編フラッシュアニメーションによる制作(※)。
シェイプトゥイーンによって処理されたルーの髪の毛や瞳の中のうるうるが、ずーっと動きつづけて、ひたすら止まることなく躍動感がある。
グニャグニャのグルングルンとしたモーションや踊りにおける"コサックダンス風"脚の動きは湯浅監督ならでは。
(※通常50〜60人の製作工程を「ルーのうた」では20人で行われたというスゴさ)
極めてデザイン的な全体のトーンはめちゃくちゃ好み。
メインタイトルも素晴らしい!
(古くは「わんわん忠臣蔵」から「トトロ」などへ続く、キャラが横移動しながらのテケテケした動きにのせてのメインタイトル←テケテケってなんだと問われればテケテケとしか答えられないですが…)
貝のようにこころを閉じたカイ。
冒頭とラストに貝のお味噌汁についての会話。
ジャリとを噛む音。
「ちゃんと水につけたんだけどなぁ」
ラストでは
「今日の美味い」
「よく砂、はけたからな」
ルーをめぐっての事件を経て(知らなかった父親の過去のことやルーを助ける件での経緯があって)、母との離婚のことなどでわだかまっていた父親との関係性の修復。
音楽がキーワード。
カイのこころを外へ向け始めるきっかけも「音楽」好きのルーとの出会いから。そしてバンドへ参加、ライヴ出演などを通して次第に明るくなっていくのがわかる。ラストは思い爆発の「歌うたいのバラッド
ねむようこさんによるキャラクターデザイン原案。最もねむさんっぽいのはカイのクラスメイトで一緒に組むバンド"セイレーン"のボーカル担当の遊歩(ハンドルネームがUFO!)
ルーのパパとワン魚が最高!
(タコ婆とかつて恋仲だった男やワンちゃんとのエピソードとか…うぅっ)
ルーパパ、商工会議所に勤めに陸に上がってくる感じもサイコー。
(監督曰くの"『パンダコパンダ』み"炸裂!)
魚の活き締めシーン(早っ!て、そりゃあチョンとひと噛みですからw)、日が当たるところは歩けないので、しばらくじーっと日が傾くのを待つシーン、ルーが危機に瀕した際の怒り狂ったように火だるまになりつつ疾走するシーン。
日無町(名前のとおり日が当たらない漁師町だったのが御蔭岩によるたたりからの海面上昇危機ののち、その岩山がなくなることで日がさすようになる←その危機シーンでカイの祖父がつくっていた傘が役立つシーン、またちっちゃいのが傘さしている絵柄がかわいい)
ラスト。
カイ、遊歩、国夫の三人。
「じゃあ最後に」
「我らセイレーン」
「ファイトオー!ファイトオー!」
先に走り去る遊歩。
振り返りながら。
「ねぇ」
「日の当たる町になったね」
パンフレットデザインはベイブリッジスタジオ
オールカラー全32ページ。
(表1、表4のエンボス特殊加工が可愛らしい)
このパンフレットに掲載されている、ルーのパパの声を演じた篠原信一さんのコメントには笑った。
"台本をいただいて「今回も人間やないんか」と思いました。"

Lu_fusen
ムビチケ特典のルー付箋

映画『夜明け告げるルーのうた』公式サイト
http://lunouta.com/

| | トラックバック (4)

2017-04-12

"こうして出逢ったのも、何かのご縁"『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦原作、湯浅政明監督、星野源、花澤香菜、他

注・内容、台詞、原作、ラストに触れています。
夜は短し歩けよ乙女

原作 : 森見登美彦
監督 : 湯浅政明
Voice Cast : 星野源
花澤香菜、神谷浩史
秋山竜次(ロバート)
中井和哉、甲斐田裕子
吉野裕行、新妻聖子
山路和弘、麦人、他

物語・クラブの後輩である“黒髪の乙女”に恋心を抱く“先輩”は、「なるべく彼女の目に留まる」略してナカメ作戦を実行する。春の先斗町に夏の古本市、秋の学園祭と彼女の姿を追い求めるが、季節はどんどん過ぎていくのに外堀を埋めるばかりで進展させられない。さらに彼は、仲間たちによる珍事件に巻き込まれ…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Yoru

Memo1
これが詭弁踊りだ!おともだちパンチだ!
赤玉パンチだ!李白三階建て電車だ!
偽電気ブランだ!プリンセス・ダルマだ!
韋駄天コタツだ!ジュンパイロだ!
(浅田飴もあるよ 笑)
もう、まさに湯浅政明監督ならではのミラクルアニメーション映画化。
93分超ハイテンション!
途中から湯浅ワールドが爆発してどうなることかと思っていたら見事な着地。
ご都合主義万歳!なむなむ!
(黒髪の乙女が探していた絵本『ラ・タ・タ・タム』も然るべき帰着点!!)
京都先斗町のバー。
還暦祝いにあつまっている人たち。
何やら神妙、しんみり。
樋口さんをしても盛り上がらず。
「もっと楽しませてほしいのぉ。わしら年寄りには時間がないんじゃ」
「時間がどんどん早くなる」
「お嬢さん、あなたの時計を見せて」
黒髪の乙女の時計をみる。
「おおっなんとゆっくりだ!」
「わしらのはこんなんじゃ」
カチカチカチカチ
「そんな、われわれにくらべたら」
さらに早くカチカチカチカチ(目盛りが干支)
「光陰矢のごとしです」
ここでの時間やりとり(後半、李白とも)があってーの、春夏秋冬が黒髪の乙女のひと晩に凝縮されていく時間逆転感覚の面白み。
(このあと詭弁踊りへと 笑)
原作における「第三章・御都合主義かく語りき」の学園祭パート。
おやおや?おやおやおやおやおや!?!?
パンツ総番長のお相手が…ち、違う?…(以下略)
と、思いきや、実に見事なミュージカルパートへ変貌を遂げ、続く冬の嵐吹きすさぶ風の中の風邪旋風"ぐにゃぐにゃワールド"へ突入していくブリッジ的役割も果たしている。
黒髪の乙女の声、花澤香菜さんピッタリではないですか!
(モノローグでもナレーションでも台詞でもない"口語体"ならぬ"森見体"を表現すると、こんな感じというイメージ通り)
そしていつぞやのTBSドラマで秒速1万語に近い早口で台詞を喋っていた星野源さんならではの先輩の声。パンツ総番長は実写化も可能なロバート秋山さん、そして(まさかのミュージカルパートがいきてくる)新妻聖子さん、『四畳半神話大系』で小津の声も演じた吉野裕行さんとVoice Castも鉄壁。
これは、もしや世に言う「デート」というものではありませんか?
ラストは原作と同じ、この台詞で幕を閉じる
(そして場所も同じ)
「こうして出逢ったのも、何かのご縁」
(パチパチパチパチ)

Memo2
来場者特典の「夜は短し歩けよ乙女 銀幕篇」作者もブログに書いているとおり"黒幕の悪辣な陰謀"←笑 で「先輩から乙女への手紙」「乙女から先輩への手紙」とそれぞれ期間を区切っての配布。うーむ…。
来場者特典(正々堂々と"その1"って記載されてる 笑) 銀幕編、本文7ページの可愛らしい小説の続き(こうなると"その2"が読みたくなって、まんまと製作委員会"ナカメの会"の「2回は見ろよ」の陰謀に…以下略)
『文藝・2011年夏号/特集・森見登美彦』
(6年前の河出書房新社の文芸誌『文藝』80ページにわたる大特集。『夜は短し歩けよ乙女』や『有頂天家族』についても、いろいろ語っていてオモチロイ)
「太陽の塔」などの小説のモデルになった明石氏(仮名)との対談。
明石 "突然森見君が押井守を知ってるかって言い出して(笑)「短編集のレーザーディスクとか一式持ってるから、今から俺の下宿に観に来るか」って"
森見 "それはね、高校の時には、誰とも押井守の話とかできなかったんですよ。〜"
明石 "たまたま『攻殻機動隊』が好きだっただけなんですけどね。後日森見君の家に泊まったら、押井守のレーザーディスクをかたっぱしから見せられた(笑)"

(P22より抜粋)
この時、まさか自身の原作『夜は短し歩けよ乙女』が『ゴースト・イン・ザ・シェル』と2017年4月7日・同日公開の日が来ようとは思ってもいなかったと思うのですが…
パンフレット。
星形・型抜きの傷み防止のためと思われる保護ペーパーが付いていた。
「THIS PAPER IS FOR SCRATCH PREVENTION,」
36ページ、インタビューや京都舞台案内、キャラクター設定・美術ボード、など。
そして、これは嬉しい!"パラレルで繋がる『夜は短し歩けよ乙女』と『四畳半神話大系』"と八つの用語解説ページ。

Yoruwa

Memo3
もうひとつの魅力、京都という舞台装置。
鴨川、先斗町、木屋町の南北3軸から始まっての"黒髪の乙女"夜間闊歩は下鴨神社へと続く糺の森を抜け、今出川通・京都大学を経て宝ヶ池へ北進、そしてまた出町柳へと帰りて再び(前述)京都大学北門前・進々堂へと着地。
(花灯路などの夜間ライトアップの時期に少し横道にそれてみると、それはそれは摩訶不思議なオモチロイ世界へと繋がっていくこともあるから、それはそれでまた楽し。そのあやしの雰囲気も本作は出ていて、さらに楽し。)
実写では『きょうのできごと a day on the planet』や『パッチギ!』『鴨川ホルモー』あたりは下鴨・鴨川デルタ付近が登場していて印象深い。
京都市メディア支援センターサイト> ロケ地をめぐる旅 > 作品から探す >
(京都で撮影された映画やドラマのロケ地。アニメーションについては記載なし)
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/support/film/tourisms/past_film_list
エンドクレジットにずらりと出てくる本のタイトル。
(古書市のシーンで画面を埋め尽くす本、本、本)
パンフレットにエンドクレジットが記載されていて設定協力として全て判明(『夜は短し歩けよ乙女』もきっちり、こっそり入ってる 笑)
"夜は短し歩けよ乙女、食べたくなるよね阿闍梨餅"…と、歌を詠むように続く感じ。その阿闍梨餅サイト、現時点(2017年4月)では映画の場面が使われています。

『夜は短し歩けよ乙女』公式サイト
http://kurokaminootome.com/

| | トラックバック (9)

2017-04-08

『レゴバットマン ザ・ムービー(The Lego Batman Movie)』クリス・マッケイ監督、ウィル・アーネット、ザック・ガリフィアナキス、マイケル・セラ、レイフ・ファインズ、他

レゴバットマン ザ・ムービー
The Lego Batman Movie

監督 : クリス・マッケイ
Voice Cast : ウィル・アーネット
ザック・ガリフィアナキス
マイケル・セラ
ロザリオ・ドーソン
レイフ・ファインズ、他

物語・町を守る孤独なヒーロー・バットマンのもとに、ロビンがやって来る。ところが、ロビンのあまりのお調子者ぶりに、二人は全く息が合わない。そんな中、ジョーカーが宇宙に閉じ込められていた悪者たちを脱走させ、世界の危機を救うべくバットマンとロビンは立ち上がるが…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

B1

Memo1
素晴らしい!
まっとうなバットマン正編映画。
遡るバットマンヒストリー(や、それにまつわる小ネタ)を折り込みつつ、ブルースウェインの過去と(合せ鏡としての)ジョーカーとの対峙、そしてロビン、バットガール誕生までをも描く離れ業。
擬音も楽し。
"レゴで遊んでますよ〜"オーラ出しまくりの口で言う光線の音
「ピュ」「ピュピュ」
そして!そして!!クライマックスの割れるゴッサムシティをつなぎとめる最後の音が…
「カチッ」
(レゴでなければなしえない大団円)
笑ったオープニングロゴ紹介
"黒(Black)"
"恐怖に駆り立てる音楽"
「観客と映画会社を不安に落とし入れる」
"ロゴ"
"ワーナー・ブラザース"
「どうしてブラザースではないのか」
"DC"
「バットマンで儲けた会社」
最後に
"役に立ちそうな言葉"(←笑)
またエンドクレジット前には
"白(white)"
「白い画面で終わる映画はいい映画」
"回収される伏線の数々"(←笑)
悪役テンコ盛り
正統バットマンヴィラン総出演はもちろん
ジョーズ、ドラキュラ、半魚人
サウロンからヴォルデモート卿、キングコング
『マトリックス』エージェントスミス
グレムリンが嬉しかったなぁー
(さすがにここはワーナーならでは)
ロブスターをひとりで食べるバットマン
レンジの前でじーっと待つ姿が…(泣)
同じく、ひとり、ホームシアターで映画を見るバットマン
(↑外部出力端子、多い 笑)
…で、そこ、笑うところ違いますよ↓
トム・クルーズ『ザ・エージェント』
(↑ラストでもういちど、伏線回収今度は仲間と同じシーンで大爆笑)
また、ジョーカーにバットケイブを乗っ取られた際にDVDライブラリーを暴露される。
『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』
『理想の恋人』
そして
「セレンディピティ!?」
「セレンディピティー!!!」
アルフレッドの声をレイフ・ファインズ(ヴォルデモート卿ではない)
スーパーマンはチャニング・テイタム、といちいちツボ。
(「俺と同じひとりぼっちのヒーロー」と思いきや「ジャスティスリーグ」の設立周年パーティを盛大に開いている)
さらにコンピューター('Puterと呼んでる)がSiri …って笑
(まあ出てくるスマートフォンがiPhoneですから)

Memo2
タイトルデザインは制作会社と同じアニマル・ロジック(Animal Logic)
http://www.animallogic.com/
End Title > SCARLET LETTERS
前作『LEGO® ムービー(The Lego Movie)』のタイトルデザイン
Main On End TitlesはAlma Mater
こちらはインタビューとメイキング記事
http://www.artofthetitle.com/title/the-lego-movie/

B2

映画『レゴバットマン ザ・ムービー』
http://wwws.warnerbros.co.jp/legobatmanmovie/

| | トラックバック (8)

2017-03-21

"長澤まさみさんのヤマアラシ・アッシュ歌唱があまりにも良かったのでメモ"『SING/シング』(字幕・吹替連続鑑賞) ガース・ジェニングス監督

SING/シング
SING

監督:ガース・ジェニングス
出演:マシュー・マコノヒー
リース・ウィザースプーン
セス・マクファーレン
スカーレット・ヨハンソン
ジョン・C・ライリー
タロン・エガートン

内村光良、MISIA
長澤まさみ、大橋卓弥
山寺宏一、他

Sing

Memo
(小林信彦先生の教えに従って映画は女優で、ということで) 長澤まさみさんのヤマアラシ・アッシュ歌唱、良かったー!
…と、そのことが記したくて短いですがブログメモに。
(昔だとシングルカットで是非〜、となるところ)
もちろんスカーレット・ヨハンソンのアッシュもビックリするほど上手い!
予備知識無しで見て、エンドクレジットでひっくり返ったマシュー・マコノヒー(バスタームーン)、タロン・エガートン(ジョニー)にはさらにさらに5億点。
バスターが劇場を創りたいという夢のきっかけとなった、伝説の舞台女優、ナナ・ヌードルマンの吹替を大地真央さんが。
(字幕版は『コララインとボタンの魔女』でミス・スピンクの声を演じていたジェニファー・ソーンダース)
字幕版も吹替版もそれぞれ、その国にあった歌合戦(※)となっている 笑
(きゃりーぱみゅぱみゅは共通←共通って…)
麒麟からかたつむりにいたるまで「んな、アホな」といった縮尺無視(歌えるのかぁー)生態系で面白い。
※『glee』とか『ピッチパーフェクト』とかいろいろ言われてたけれど、まさに歌合戦として集約されているラストが素晴らしい。
TOHOパス期間だったので字幕、吹替を続けてみたけれど、これ、ディスク化レンタル化された際は(両方が1枚でおさまってるので)超人気作になるのでは?
もちろん劇場でライヴのように見るのがオススメ!
監督は『銀河ヒッチハイク・ガイド』『リトル・ランボーズ』のガース・ジェニングス。出てくるだけで楽しませてくれた(そしてアクセントとなる)イグアナ秘書、ミス・クローリーの声も(「目玉、目玉…」って横山やすし師匠の「めがね、めがね…」みたいな)
Blue Ray(英語版)に収録される短編「Gunter Babysits」などは日本盤発売の際に収録されるのだろうか。
http://www.imdb.com/title/tt6536766/

映画『SING/シング』公式サイト
http://sing-movie.jp/

| | トラックバック (13)

より以前の記事一覧