« 映画会社のロゴマーク演出_1 | トップページ | 藤田嗣治展・白の秘密 »

2006-05-10

映画本あれこれ_1

DVDにBS、CSと今や旧作も新作も関係なく膨大な映画が見られるような環境になり、それに伴っていろいろな「映画ガイド本」が出ています。その中の一冊「映画一日一本・DVDで楽しむ見逃し映画365  」はヒッチコック、ビリーワイルダー、クリント・イーストウッド、黒澤明、フランシス・コッポラなどの作品を365本厳選して紹介したコンパクトな一冊(文庫)です。来月実施される映画検定(前述2006-04-08)にもお役立ちの一冊では?(定番とも言える映画評論家の双葉十三郎さんの「外国映画ハラハラドキドキぼくの500本」「外国映画ぼくの500本」「日本映画ぼくの300本」をあわせると更に強力)

映画一日一本―DVDで楽しむ見逃し映画365 外国映画 ハラハラドキドキぼくの500本

|

« 映画会社のロゴマーク演出_1 | トップページ | 藤田嗣治展・白の秘密 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画本あれこれ_1:

» 映画で楽しむ世界史 [映画で楽しむ世界史]
映画は感動の素、知識の素。 今までで最も感動した映画なんて、とても一つや二つに絞りきれない。 結局、私が「映画で楽しむ世界史」という本を書いたとき、問題提起のための序章に使ったのが映画の父と言われたグリフィスの名作「イントレランス」、最後まとめのために使ったのがあの「猿の惑星」(第一作)。 その間に118章・・・映画や演劇オペラを見ながら歴史勉強。海外旅行の役立ち本としても意識。 ... [続きを読む]

受信: 2006-05-13 10:47

» 映画一日一本―DVDで楽しむ見逃し映画365 [忍者大好きいななさむ書房]
映画一日一本―DVDで楽しむ見逃し映画365 [続きを読む]

受信: 2009-05-24 00:29

« 映画会社のロゴマーク演出_1 | トップページ | 藤田嗣治展・白の秘密 »