« プロダクトプレイスメント | トップページ | 映画本あれこれ_1 »

2006-05-09

映画会社のロゴマーク演出_1

映画が始まると同時に出てくる映画会社のロゴマーク。いつ頃からか、そのロゴマーク自体から映画本編に入っていく「お遊び&演出」が始まりました。「レイダース失われたアーク<聖櫃>」のパラマウントの山が、そのまま本編のインディ・ジョーンズが探索している山に被さったり「ムーランルージュ」では劇場の緞帳が開くと、その中に20世紀FOXのロゴとテーマ曲(指揮者が真ん中にいて、オーケストラ演奏しているという手の込んだ設定)が登場したりと、おもしろいものがたくさんあります。そういえば、ジョニー・デップ主演&ティム・バートン監督の組み合わせで「シザーハンズ」の20世紀FOX、「チャーリーとチョコレート工場」のワーナーと、どちらも「雪の中に各社のロゴが出現」という2冠(?)を既に達成しています(更にダニー・エルフマンの音楽と雪という組み合わせも、ホントにマッチしているんですよね)。

チャーリーとチョコレート工場 特別版 シザーハンズ〈特別編〉

|

« プロダクトプレイスメント | トップページ | 映画本あれこれ_1 »

コメント

雪とエルフマンの音楽、ほんとうにぴったりですよね。スノードームのイメージでしょうか。
エルフマンの音楽をきくと、おもちゃ箱の中にいざなわれる気分になります。

投稿: のりこ | 2006-05-19 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画会社のロゴマーク演出_1:

» チャーリーとチョコレート工場 特別版 [Amazonマニア]
監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップの4度目の顔合わせは、ロアルド・ダール原作の人気ファンタジーの映画化。ウォンカ氏が経営する巨大なチョコレート工場に、5人の子どもたちが招待され、驚くべき体験をする。 [続きを読む]

受信: 2006-06-05 13:22

« プロダクトプレイスメント | トップページ | 映画本あれこれ_1 »