« この人の展覧会が見たい_2・マリスカル | トップページ | 映画・TVの衣装デザイン博物館 »

2006-05-26

大絵巻展、後半の賑わい

京都国立博物館で開催中の「大絵巻展」。「鳥獣人物戯画・甲巻」が有名なシーン(蛙とうさぎの相撲シーン等)に変わった事によるからか、大変な賑わいを見せています。平日のお昼で入場制限のため入場するまでに約30分待ち、「鳥獣戯画・甲巻」「源氏物語絵巻・東屋(一)」を1列目で見るための列に館内で更に30分の時間を要します(後列、人の隙間から見る場合は並ばなくても大丈夫ですが、平面展示されているので1列目だとホントに間近で見られます)。閉館時間も繰り下げて6月4日まで開催中。(会期終了が近いので、待ち時間が更にかかる場合もあると思われます)

Kyoto National Museum
http://www.kyohaku.go.jp/
会場の混雑状況がリアルタイムで確認できます(会場状況ページ)。

追記・
総入場者数18万6千人だったそうです。

十二世紀のアニメーション―国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるもの

|

« この人の展覧会が見たい_2・マリスカル | トップページ | 映画・TVの衣装デザイン博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大絵巻展、後半の賑わい:

« この人の展覧会が見たい_2・マリスカル | トップページ | 映画・TVの衣装デザイン博物館 »