« ウディ・アレンとパンフレット_2 | トップページ | タイトルデザイン_11・ファン・ガッティ »

2006-06-12

嫌われ松子の一生と、親切なクムジャさん

relax(リラックス)7月号に「嫌われ松子の一生(前述・2006-05-22、05-28)」が公開中の中島哲也監督・インタビューと監督が選ぶ映画15本が掲載されています(SPECIAL『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督とホームシアターで映像浴!?)。そのうちの1本、前述「タイトルデザイン_1(2006-04-13)」で紹介した「宮廷女官 チャングムの誓い」のイ・ヨンエ主演「親切なクムジャさん」の映画コメントの中で「人に薦められて最近見たんだけど、嫌われ松子の一生に似ているとも言われてます。どちらも刑務所のシーンあるしね‥」と答えていました。確かにテーマとテイストは違いますが、ある種のトーンは似ているかも‥。監督が他に紹介していた作品「ゴッドファーザーズ」「風と共に去りぬ」「天空の城ラピュタ」「東京ゴッドファーザーズ」などなど。詳しくはrelax(リラックス)本誌をご覧下さいね。

goo 嫌われ松子の一生 オフィシャルサイト
http://kiraware.goo.ne.jp/

relax

http://relax.magazine.co.jp/

『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック 親切なクムジャさん プレミアム・エディション

|

« ウディ・アレンとパンフレット_2 | トップページ | タイトルデザイン_11・ファン・ガッティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われ松子の一生と、親切なクムジャさん:

» Memories Of Matsuko [Tokyo Bay Side]
『嫌われ松子の一生』 “嫌われ松子”と聞くと、最初は誰しも性格ブスな女性をイメージするのではないでしょうか?しかし川尻松子(中谷美紀)は決して人から嫌われていた訳ではなく、本当はむしろ愛されていた気がしました。ただ過剰なまでに愛する事、愛される事に一生懸命になり過ぎてその表現方法が少し間違ってしまったように思います。この映画は観る度に違った印象を受けそうな奥深い作品でした。 [:URL:] 『嫌われ松子の一生』... [続きを読む]

受信: 2006-07-18 22:14

» 嫌われ松子の一生−(映画:2006年140本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦、 BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山田....... [続きを読む]

受信: 2006-11-18 13:50

« ウディ・アレンとパンフレット_2 | トップページ | タイトルデザイン_11・ファン・ガッティ »