« 装飾文様のこと、デザインのこと | トップページ | ドラえもん? アダム・サンドラー »

2006-06-29

「エターナル・サンシャイン」は永遠に

バレンタイン目前のある日、主人公のジョエル(ジム・キャリー)は、喧嘩別れした恋人クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が自分の記憶を削除してしまった事実を知り、ショックのあまり自らも記憶を消す事を決意。しかし、施術中、過去を思い出していくうちに彼女と過ごしたキラキラと輝く瞬間が何にも変えがたい宝物であることに気がついて‥

エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション

と、物語を書くと普通ですが、なんといってもこの映画、「マルコビッチの穴」のチャーリー・カウフマン・脚本という事で一筋縄にはいきません。物語が時間軸通りに進まないのと、ジョエルの頭の中(記憶消去中の脳)で起こる事と、現実のリアルタイムの話が混ざり合って「あれ?ここは何処?いつの話」感覚に襲われてしまいます。そこで混乱しないためのヒントとして度々変わるクレメンタインの髪の色がキーとなります。大雑把に言って現在が青、過去が赤い色となっています。ですので、画面を見てクレメンタインの髪の色が何色かを確認しつつストーリーを追うと、わかりやすくなっています。

ネタバレですが一番最初のシーンは最も近い現在のシーンで始まって、タイトルバックが始まると(スタート17分後ぐらい)、少し過去シーンに戻りますので、そこだけ混乱しなければ、すっと見られると思います。(髪の色、他にタンジェリンオレンジ、グリーンまじりのブロンドなど、有り)で、そのネーミングが笑わせます。「アカの脅威」「青い廃墟」「黄熱病」「緑の革命」(こんなヘアカラー名が付いていても怖くて頼めませんが‥)

エターナル・サンシャイン

この映画のビジュアルキーはヘアカラーとクレメンタインの着ているオレンジのパーカー。映画冒頭、2人が出会うシーン(正確には、実は記憶の消去された2人が気づかず、再開しているのですが‥)での、ブルーのヘアカラーとオレンジのパーカーの色がすごくマッチしていて印象的です。更に中間部分でのオレンジのヘアカラーへとモチーフが続いていくのも結構、意図的であったりして最後まで色彩がイメージとして残っている事にとても、感心してしまいました。(このへんのセンスは、さすがビョークのPVを撮ってきたゴンドリー監督ならではです)。

コンプリート・ヴォリューメン 1993-2003 グレイテスト・ヒッツ

映像も音楽もすごいですが、ジム・キャリーとケイト・ウィンスレットの演技も素敵(ケイト・ウィンスレット、とても二児の母には見えません!! )。記憶って実はランダムなんだなぁ、なんて事も思った「記憶に残る一作」

|

« 装飾文様のこと、デザインのこと | トップページ | ドラえもん? アダム・サンドラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「エターナル・サンシャイン」は永遠に:

» ブログのトラックバックセンター [blolog〔ブロログ〕]
映画雑記・COLORofCINEMA様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。... [続きを読む]

受信: 2006-07-02 01:23

» 「エターナル・サンシャイン」 [試写会帰りに]
観る前からドキドキしていた。これが映画に恋する事の出来る作品になるような予感がして。 始まる前からこんなにドキドキする事はいつだったか。ビッグ・フィッシュ以来? 観終わって、やはり、私が観たいと思っていた映像が、それ以上の映像を、思っていた以上のせつなさと..... [続きを読む]

受信: 2007-02-04 19:23

« 装飾文様のこと、デザインのこと | トップページ | ドラえもん? アダム・サンドラー »