« 花よりもなほ・美術と衣装 | トップページ | ウディ・アレンとパンフレット_2 »

2006-06-11

黒澤監督の映画セットのような「お店」

前述「花よりもなほ・美術と衣装」(2006-06-10)に記載した衣装デザイナー黒澤和子さんの黒澤組を支えていたもう一つの顔、「食」のプロデュースを行った蕎麦と肉料理のお店「永田町・黒澤」。初めて見たとき(4年ほど前)、本当にビックリした外観(キャピトル東急の斜め下にあるのですが、そこだけ異空間のように突然現れるように建っているのです)。それもそのはずで、黒澤組の美術スタッフが柱の塗りから照明にいたるまで作り上げた、まるで映画セットのようなお店なのです。黒澤監督ゆかりの品や、美術品 に値する黒澤監督自筆の絵コンテなども展示し、小道具も楽しめます。(ちなみに、永田町と聞いて一瞬、躊躇してしまいましたが、1階のそば席は気楽に立ち寄れて、いい感じですよ〜)

永田町 黒澤
http://www.9638.net/nagata/index.html
現在、他にもいろいろな「食」のお店ができています。上記サイトから移動できます。

黒澤明の食卓

|

« 花よりもなほ・美術と衣装 | トップページ | ウディ・アレンとパンフレット_2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒澤監督の映画セットのような「お店」:

« 花よりもなほ・美術と衣装 | トップページ | ウディ・アレンとパンフレット_2 »