« 見逃せない「若冲と江戸絵画展」 | トップページ | 「ブロークン・フラワーズ」に花束を »

2006-07-02

衣装デザイナー_2

イーデス・ヘッド(Edeth Head)の時代

1938年、映画衣装と言えば、この人。
イーデス・ヘッド(イデス・ヘッド)がチーフデザイナーとして登場する。(それまでチーフデザイナーは総て男性が占めていた中、1927年からデザイナーとして下積みを積んだ後、先のトラヴィス・バントンの後継者としてパラマウント映画の衣装チーフデザイナーとなる)約60年に及ぶキャリアの中で関わった作品は1000本を超え、まさにハリウッドの衣装デザインの天才と呼ぶにふさわしく、ありとあらゆるジャンルの衣装を手がけた。

中でもオードリーヘップバーンとグレース・ケリーの衣装デザインは特に有名です。「麗しのサブリナ」でのサブリナパンツは世界中で大流行しました。(尚、「麗しのサブリナ」「ティファニーで朝食を」のドレスはヘップバーンお気に入りのクチュリェ、ジバンシーの手によるもの)「ローマの休日」にせよ「麗しのサブリナ」にせよ、ヘップバーンのカジュアルな衣装部分のチャーミングさはイーデス・ヘッドによってクリエイトされたと言っても過言ではありません。

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版) 麗しのサブリナ

グレース・ケリーの衣装は"クールビューティー"と形容されていた通り、とても優雅なものが多かったのが特徴です。「ダイヤルMを廻せ!」「裏窓」「泥棒成金」などヒッチコック監督ご指名で衣装を担当しました。

ダイヤルMを廻せ! 特別版 泥棒成金 スペシャル・コレクターズ・エディション

また、「スティング」で初めて男性の衣装をデザインしアカデミー衣装賞を受賞している。(1930年代の衣装が粋でかっこいいです。映画も抜群の出来なので未見の方、オススメです)

スティング スペシャル・エディション

イーデス・ヘッド(Edeth Head )
アカデミー衣装賞を8回受賞
(ノミネートは34回)

 アカデミー衣装賞受賞作
 ・女相続人(1949)
 ・イヴの総て(1950・白黒)
 ・サムソンとデリラ(1950・カラー)
 ・陽のあたる場所(1951)
 ・ローマの休日(1953)
 ・麗しのサブリナ(1954)
 ・よろめき珍道中(1960)
 ・スティング(1973)
 (1948年から1966年まで衣装デザイン賞は白黒部門とカラー部門の2部門に分かれていた)。他にも「シェーン」「サンセット大通り」「レディ・イヴ」など

サンセット大通り スペシャル・コレクターズ・エディション

付記
作家の小林信彦さんがオードリー・ヘップバーンとグレース・ケリーともに共演者はオジサンばかり。と、書いていました。なるほど、そういえばそうなんですよね。

|

« 見逃せない「若冲と江戸絵画展」 | トップページ | 「ブロークン・フラワーズ」に花束を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衣装デザイナー_2:

» オードリー・ヘプバーン「麗しのサブリナ」 [名画案内所]
「麗しのサブリナ」 ロマンス・コメディ 113分 1954 アメリカ パラマウント [続きを読む]

受信: 2007-01-04 17:11

« 見逃せない「若冲と江戸絵画展」 | トップページ | 「ブロークン・フラワーズ」に花束を »