« 美術監督・種田陽平さん | トップページ | 並べてみました「画家と映画」 »

2006-07-03

「ナイロビの蜂」、バラ色の湖の如く

レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ共演による「ナイロビの蜂」。監督は前作「シティ・オブ・ゴッド」でアカデミー監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞にノミネートされたフェルナンド・メイレレス。そのドキュメンタリータッチな手法とハイコントラストとハイキーな彩度の鮮烈なイメージは本作でも発揮されています。撮影監督は監督のCMディレクター時から15年以上の付き合いとなるセザール・シャロン。原作はスパイ・サスペンス小説の巨匠、ジョン・ル・カレ(「寒い国から帰ってきたスパイ」「ロシアハウス」など)。物語の骨格がサスペンスを用いていて最後まで飽きさせません。(ホント、オープニングからビックリさせられました)。

The Constant Gardener

とにかくケニアにおいてのロケ撮影が素晴らしい美しさです。まるで凍った雪のような巨大な塩床に取り囲まれたマガディ湖のこの世のものとは思えないバラ色の色彩は、撮影に際して更にハイキーなコントラスト(※)と相まって息をのむ風景です。

レイチェル・ワイズは「ハムナプトラ」「コンスタンティン」といった大作からマイケル・ウィンターボトム監督の「I Want you」まで幅広く演じていて、いつのまにか現在のポジションを得ていたといった不思議なスタンスを持った女優。情熱的にボランティア活動にのめり込み、まったく夫の事を顧みていないように見えていて、実は‥と、いった大変むずかしい役を演じていて納得のアカデミー賞獲得の熱演でした。

I Want You あなたが欲しい【廉価版2500円】

彩度を落としたり、銀残しを用いたりと全体に淡いグレースケールのイメージの映画が多い中、いわゆるPhotoshopなど画像レタッチ系ソフトでの色調補正の彩度やコントラストのスライダーをプラス方向(ハイキー)に動かした映像。

付記
今年の始めに試写で観て未だに印象が残っている、まさに「映画ができること」の到達点

|

« 美術監督・種田陽平さん | トップページ | 並べてみました「画家と映画」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ナイロビの蜂」、バラ色の湖の如く:

» ブログのトラックバックセンター [blolog〔ブロログ〕]
映画雑記・COLORofCINEMA様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。... [続きを読む]

受信: 2006-07-04 00:39

» 『ナイロビの蜂』 [ラムの大通り]
----タイトルだけ聞いたんじゃ 映画の中身が分かんないね? 「そうだよね。 レイフ・ファインズが出ていて 舞台がアフリカと言うことからか、 日本でのビジュアルは『イングリッシュ・ペイント』を 思わせる上がりになっている。 でもこの映画の原作は『寒い国から帰ってきたスパイ』などの 傑作サスペンスをいくつも手がけているジョン・ル・カレ。 この映画もサスペンスたっぷりの作品になっている」 ----ふうん。でもチラシとか見ると... [続きを読む]

受信: 2006-07-16 21:46

» ナイロビの蜂 (The Constant Gardener) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 フェルナンド・メイレレス 主演 レイフ・ファインズ 2005年 イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★★ 一部の比較的裕福な国を除いて、平均寿命が50歳代を軒並み割ってしまうアフリカ。平均寿命が30歳代の国も、決して少なくない。今これを書いている私の年齢..... [続きを読む]

受信: 2006-11-21 12:52

» 映画「ナイロビの蜂」 [しょうちゃんの映画ブログ]
「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督作品。冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの同名ベストセラーを映画化した感動のミステリー・サスペンス。アフリカの地を舞台に、政治に無関心なガーデニング好きの英国外交官が、慈善活動に熱心だった妻の死をきっか...... [続きを読む]

受信: 2006-11-22 11:18

» 映画「ナイロビの蜂」 [しょうちゃんの映画観ないとあかんてぇ]
ケニアのナイロビ。ガーデニングが趣味の英国外務省一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入らず、見ない振りを通していた。ところがそんなある日、テッサは救援活動中に何者かに殺されてしまう。警察はよくある殺人事件の一つとして処理しようとしていた。しかし、事件に不審なものを感じたジャスティンは、意を決して自ら調査に乗り出す。やがて、事件には国際的陰... [続きを読む]

受信: 2006-11-22 11:18

» ナイロビの蜂 [銀の森のゴブリン]
2005年 イギリス 2006年5月 128分 原題:The Constant [続きを読む]

受信: 2006-12-22 17:53

« 美術監督・種田陽平さん | トップページ | 並べてみました「画家と映画」 »