« 衣装デザイナー_2 | トップページ | 美術監督・種田陽平さん »

2006-07-02

「ブロークン・フラワーズ」に花束を

本当にいるかどうかもわからない息子の母親を求めて20数年前の恋人たちを訪ねていくドン(ビル・マーレイ)。その、かつての恋人たちを演じる女優陣が豪華。ジュリー・デルピー、シャロンストーン、ジェシカ・ラング、フランシス・コンロイ、ティルダ・スウィントン。他にクロエ・セヴィニーもジェシカ・ラングの博士助手で出演。突然現れる、かつての恋人ドンへの対応が、それぞれおもしろい。(戸惑い50%だったり、気まずい空気100%だったり)夕食のメニュー、エピソードにも、かつての恋人たちとドンとの関係性が出ていて笑えます。

そして、キーワードは「ピンク
突如届いた息子探しのきっかけとなる手紙がピンク、文字がピンクピンクのスーツ、ピンクのバスローブ、ピンクの名刺、ピンクのパンツ、ピンクのタイプライター‥ドンが持っていくピンクの花束。「ピンク」の手紙から連想してすぐに「ピンク」のものに目がいってしまう‥(そういう事ってありますよね。気になってしまうと何にでも関連づけとしまう事って‥それが的外れな事であっても‥)

果たして息子探しのきっかけとなる手紙を出したのは誰なのか‥(ジム・ジャームッシュ監督は「これ」と答えを出していないようで実は最初に提示されていた気がするのですが‥いかがでしょうか?)

付記
ドンの旅に止めを刺す元恋人ペニー役に「ナルニア国物語 / 第一章:ライオンと魔女」のあの「魔女」役のティルダ・スウィントンがナルニア同様、こわ〜く演じていました。

Broken Flowers: Music from the Film

|

« 衣装デザイナー_2 | トップページ | 美術監督・種田陽平さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ブロークン・フラワーズ」に花束を:

» 「ブロークン・フラワーズ」■過去への追求 [映画と出会う・世界が変わる]
昨年のカンヌ映画祭は「子供」がキーワードであったのだろうか。パルムドール受賞の「ある子供」も審査員特別賞受賞の「ブロークン・フラワーズ」も子供が重要なキーワードである。また、同じく受賞は果たさなかったが、コンペティションに出品の「ヒストリー・オブ・バイ...... [続きを読む]

受信: 2006-07-03 01:21

» ブログのトラックバックセンター [blolog〔ブロログ〕]
映画雑記・COLORofCINEMA様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。... [続きを読む]

受信: 2006-07-03 01:54

» 25.ブロークン・フラワーズ(ネタバレ) [レザボアCATs]
http://blogs.dion.ne.jp/eiga55/tb.cgi/3326725 [続きを読む]

受信: 2006-07-04 14:37

« 衣装デザイナー_2 | トップページ | 美術監督・種田陽平さん »