« 映画「花田少年史」& 舞台挨拶 | トップページ | 都市とモードのビデオノート »

2006-07-13

シャマラン監督の色彩暗示、今回も?

まもなく全米で「レディ・イン・ザ・ウォーター(原題・Lady in the Water)」が封切られるM・ナイト・シャマラン監督(「シックス・センス」「サイン」)。例によって全体的なストーリーは極秘(シノプシスは公開済み)。主演が「サイドウェイ」のポール・ジアマッティ(役名・クリーブランド)、ブライス・ダラス・ハワード(役名・ストーリー)。

Lady









シャマラン監督と言えば、画面の中に物語のキーの色を潜ませる手法を用いる事で有名。「シックス・センス」での「」(ゴーストにかかわるシーン)、「サイン」での「青みがかったスミレ色」(亡くなった妻を連想するシーン)、そして、「ヴィレッジ」の「」と「黄色」(災いの色を「」、災いから守る色を「黄色」)。「レディ・イン・ザ・ウォーター(原題・Lady in the Water)」は「プール下に潜む精霊」という事で、さしずめ「青系」ということになるのでしょうか ?日本公開は2006年秋・予定。

Apple - Trailers - Lady In The Water
http://www.apple.com/trailers/wb/ladyinthewater/

Lady in the Water

http://ladyinthewater.warnerbros.com/

ヴィレッジ サイン


|

« 映画「花田少年史」& 舞台挨拶 | トップページ | 都市とモードのビデオノート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャマラン監督の色彩暗示、今回も?:

« 映画「花田少年史」& 舞台挨拶 | トップページ | 都市とモードのビデオノート »