« 金沢21世紀美術館・川崎和男展 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム、まもなく開館 »

2006-11-04

虹の女神 Rainbow Song

「行くなって言ったら、きっと、行くのやめると思う。ずっとそばにいてくれって言われたら、なにもかも捨てて、ずっとそばにいると思う」。「ニライカナイからの手紙」を撮った熊澤尚人監督、岩井俊二監督プロデュースによる「虹の女神  Rainbow Song」はもどかしくも、じれったい、でも、あるよねという「想い」を綴った秀作。物語岸田智也(市原隼人)は小さな映像製作会社に入社したばかり、そんな彼の元に大学時代の友人・佐藤あおい(上野樹里)の飛行機事故の訃報が入る。彼女とは大学の映画サークルで8ミリの自主映画を苦労しながら作っていた仲。あおいの家へ向かう車の中、いろいろな思いがよぎる。そして、あおいの隠された、ある思いを知ることに…。注・ここより内容、ラストシーンに触れています。あおいとあおいの妹と3人で出かけた、お祭りのシーン、帰りのバスのシーンもよいし(その妹を演じた蒼井優。ラストの一言「馬鹿だよ、ふたりとも…」のぽつりとつぶやく台詞が泣かせる)、劇中のキスシーンで相手の唇噛むシーンもよい(こちらもラストで上映される8ミリ作品でいきています)。また、2回出てくる缶を蹴るシーンも(2回目は文字通り、遠回しの告白の末の失恋ですよね)もよかった。ほんのちょっとしたディティールの積み重ねが、とてもとても素敵な映画でした。他に唐突に盛り込まれている(でも、岩井俊二的です)智也のおしかけ女房(笑)千鶴(相田翔子)のエピソードも秀逸。

虹の女神 Rainbow Song(初回生産限定盤)(DVD付)
その色彩
劇中、あおいがこだわっていたフィルム・コダクローム、黄色の発色がよく高彩度の暖かみのある色調でファンが多い(残念なことに今年、販売が終了してしまいました)

アドバイス
原案、脚本の桜井亜美さんが月刊誌「papyrus(幻冬舎)」での岩井俊二監督との対談の中で「友達以上恋人未満の方は男女で見に行くと絶対カップルになれますよ」と語っていました。なるほど。

虹の女神・公式ホームページ
http://rainbowsong.jp/

「虹の女神」公式ブログ
http://rainbow.toho-movie.jp/

虹の女神―Rainbow Song Rainbow Song―虹の女神PHOTO BOOK

|

« 金沢21世紀美術館・川崎和男展 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム、まもなく開館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虹の女神 Rainbow Song:

» 虹の女神 = 日本 [a day on the planet]
  近くにいたのに。 監督よりも、岩井俊二色が強い作品だったように思う。 どこか不思議で、可愛くて、ほんわかしたところが。 [続きを読む]

受信: 2006-11-04 11:41

» 虹の女神 Rainbow Song [ネタバレ映画館]
 「あおいが死んだ」・・・などと予告編からネタバレしているこの映画。蒼井優が死んじゃうの?それとも宮崎あおいが・・・まさか、あおい輝彦が・・・ [続きを読む]

受信: 2006-11-04 13:05

» 虹の女神 Rainbow Song・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
本年度のビックリ大賞。 だって監督は熊澤尚人。 評価額300円、「金を取って良いレベルに達していない」とまで酷評した「親指さがし」の監督だ。 正直言って、とてもじゃないけど同一人物による作品とは思えない。 勿論... [続きを読む]

受信: 2006-11-05 02:08

» 『虹の女神 Rainbow Song』 [唐揚げ大好き!]
? ? 『虹の女神 Rainbow Song』 ? 「不思議な虹を見た・・・」 ? 予告編や映画のチラシに掲載されている設定を読むと、割と切ない系の恋愛映画かなと思っていました。 大学時代の友人だった佐藤あおいがアメリカで飛行機事故に遭い命を落としてしまう。 主人公であ... [続きを読む]

受信: 2006-11-05 06:18

» 地球最後の日。~「虹の女神ーRainbow Song−」~ [ペパーミントの魔術師]
”のだめ対決”とまで言われてる、 「ただ、君を愛してる」と「虹の女神 Rainbow Song」。 だ~~もう。 どうして男ってのはこうも鈍感でへタレなのよっ。 どっちもどっちだっちゅうの。 でもカッコイイからいいか。 (ノ*゚▽゚)ノ(ノ*゚▽゚)ノ(ノ*゚▽゚)ノ(ノ*゚▽゚)ノ(..... [続きを読む]

受信: 2006-11-05 10:42

» 虹の女神 Rainbow Song [UkiUkiれいんぼーデイ]
虹なんて、もう何年も見てないなぁ〜。。。 久しぶりの岩井ワールドでした! 今作は、岩井俊二が主宰する企画開発プロジェクト「プレイワークス」の第1弾映画。 全国からシナリオを募集する企画「しな丼」から発展させた作品だそうです。 岩井氏は、今の日本映画界での人材不足を嘆いています。 韓国では監督が脚本も手がける事が当たり前のようになっていますが、日本では10年は遅れている・・・とも。 ちなみに、この作品ってラジオドラマにもなっていたのですね! 主人公の智也には柏原収史、... [続きを読む]

受信: 2006-11-05 14:53

» 虹の女神 Rainbow Song [欧風]
先週も映画ハシゴ観したんですが、28日から公開の映画も結構観たいのが多いんですよね~。そんなに立て続けに公開しなくてもいいじゃんって思う訳ですけれども。私は邦画の方が好きなので、それだけ最近は邦画が多いって事か。今回は一番近いイオン下田TOHOシネタウン1館で済ませましたよ。[続きを読む]

受信: 2006-11-05 16:21

» 【劇場鑑賞118】虹の女神 Rainbow Song [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
『彼女の死は、突然訪れた。』 あんなに近くにいたのに。 君が僕に伝えたかったこと──。 [続きを読む]

受信: 2006-11-05 16:35

» 【劇場映画】 虹の女神 Rainbow Song [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 小さな映像制作会社にようやく就職し、日々苛酷な労働を強いられている岸田智也に、友人であり会社の同僚でもあった佐藤あおいがアメリカで事故死したと知らせが届く。大学時代、智也の失恋騒ぎをきっかけに親しくなったあおいは、映画研究会に智也を引きずり込み、監督作「THE END OF THE WORLD」に主演させたのだった。卒業後、定職に就けないでいた智也に今の仕事を世話したあおいはひとり渡米する。(goo映画より) 実は女性に人気の桜井亜美とか村山佳織とかの作品に興味が無い、濫読の... [続きを読む]

受信: 2006-11-05 19:43

» 虹の女神 [うぞきあ の場]
先日、会社の同僚とたまたま“人が死んで、突然いなくなること”について語りました。 私にも経験があるわけですが、これは相当コタエます。 この作品も、一人の女性が、突然亡くなってしまいます。 私には、作品の感動と、喪失感が入り混じってしまったわけですが、 おすすめの作品です。是非、未観の方は、映画館に足を運んでみてください。 岩井俊二の名前を聞くと、思わずチェックしてしまいますが�... [続きを読む]

受信: 2006-11-05 21:40

» 虹の女神/Rainbow Song [Akira's VOICE]
人間は,思い出があるからこそ生きていける。 悔いがあるから前に進める! [続きを読む]

受信: 2006-11-06 12:29

» 虹の女神 Rainbow Song/市原隼人、上野樹里、蒼井優 [カノンな日々]
ヨカッタぁ、まさか連日こんなにも感動して泣ける映画に出会えるなんて幸せです。しかも邦画のラブストーリーが2本続けて大当りするなんて滅多にないことである意味快挙カモ。ちょっと感受性が高まって泣きやすい精神状態だったともいえるカモ。でもそれもまた真実ですから....... [続きを読む]

受信: 2006-11-06 17:18

» 「虹の女神」試写会レビュー  やっぱり好きだった。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
HP観て、また人死んで悲しくなる映画か、けっ!とか思ってたけど、やっぱり岩井俊二やなぁ〜、ええわ〜、とやっぱり高評してしまう映画だ。 [続きを読む]

受信: 2006-11-07 11:57

» 虹の女神 [頑張る!独身女!!]
この映画の感想をどのように表現したらいいのかなぁ。 [続きを読む]

受信: 2006-11-09 21:50

» Γ虹の女神」どこに女神がいたのだろうか [soramove]
Γ虹の女神」★★★☆劇場にて 市原隼人、上野樹里主演 熊澤尚人 監督、2006年 学生時代の友人が 飛行時事故で死んでしまった。 そこから始まって、出会いから 現在まで主人公と友人の物語。 夢半ばで事故に巻き込まれて 死んでしまうというのは あまりに...... [続きを読む]

受信: 2006-11-11 17:36

» 虹の女神 Rainbow Song(映画館) [ひるめし。]
近くにいたのに。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:熊澤尚人 出演者:市原隼人/上野樹里/蒼井優 時 間:118分 [感想] 市原隼人、上野樹里、蒼井優って最近よく見る俳優さんたち。 市原くんはこの前観た「天使の卵」で主演。 樹里ちゃんは月9ドラマ『のだめカンタービレ』で主演。 蒼井優ちゃんはドラマ『Dr.コト―』で好演。 三人とも二十歳そこそこなのに売れっ子さんだね〜。 映画はとっても好きな感じの雰囲気... [続きを読む]

受信: 2006-11-12 16:06

» 『虹の女神 Rainbow song』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
今回は『虹の女神 Rainbow song』の舞台挨拶。生・市原隼人は、先週の『天使の卵』(ココ)に続いて、2週連続2度目。生・上野樹里は、去年の『サマータイムマシン・ブルース』(ココ)以来こちらも2度目。それと岩井俊二プロデューサーと熊澤尚人監督に加え、予定されてい...... [続きを読む]

受信: 2006-11-13 07:14

» 虹の女神(*^_^*)Rainbow Song [銅版画制作の日々]
今週で上映終了となるようなので、観に行ってきました。上野樹里さんは、最近結構ブレイクしている若手の女優さん確かNHKの朝ドラでデビューした人ですよね。特に個性の強い人ではないし、いたって普通ぽい・・・・。 お話映像制作会社に働く智也(市原隼人)はある日、大学時代の友人:あおい(上野樹里)が事故によってアメリカで命を落とした事を知る。二人の出会いは、最悪智也が片思いをしていた女の子に近づくために彼女の友人であるあ... [続きを読む]

受信: 2006-11-17 15:24

» 虹の女神 Rainbow Song [とにかく、映画好きなもので。]
 映像製作会社で働く岸田智也(市原隼人)は日々、多忙の日々を送っていた。そこに一本の電話が舞い込む。かつての大学時代の友人、あおい(上野樹里)が飛行機事故で亡くなったというのだ。  智也は、かつての友人の死に戸惑い、自分の立ち位置を決められな....... [続きを読む]

受信: 2006-11-25 20:39

» 虹の女神 [シネクリシェ]
 岩井俊二プロデュース作ということで、見逃してはならぬと公開終了直前にスケジュールを無理して駆け込みました。  まさにぎりぎりセーフという感 [続きを読む]

受信: 2006-12-07 21:19

» 虹の女神 Rainbow Song [八ちゃんの日常空間]
この映画は「死」について言っているわけでも「恋愛」について言っているわけでもない。「青春」そのものを言っている映画なのではないだろうか。 「死」を最初に描く事で悲しさや切なさが前面に押し出して来ず、「温かさ」がにじみ出ている、そんな映画だ。 青春映画では...... [続きを読む]

受信: 2006-12-12 17:44

» 虹の女神 Rainbow Song [不動前Labs]
「花とアリス」を観て思い出しました。昨年この映画を観に行ったことを。蒼井優さんが... [続きを読む]

受信: 2007-01-19 00:21

» 虹の女神~Rainbow Song~ [食はすべての源なり。]
虹の女神~Rainbow Song~ ★★★★★(★満点!) ―あんなに近くにいたのに 突然受けた元同級生あおいの訃報。一緒に過ごした大学時代。 あおいの妹(蒼井優)が言う 「ばかだな、お姉ちゃん(上野樹里)も岸田さん(市原隼人)も」の一言。ほんまにそれに尽きる。 あらすじを言えば1分で終わるのに、何回も観てしまう。登場人物たちの不器用さが、はがゆいのに自然ですーっと入ってくる。 上野樹里の涙を溜める演技が残った(あまり好きじゃなかったのに) 個人的に、市原隼人役の惚れっ早いところとか... [続きを読む]

受信: 2011-06-16 10:08

« 金沢21世紀美術館・川崎和男展 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム、まもなく開館 »