« 幸せの一瞬「天使の卵」 | トップページ | ロシアのかわいいデザインたち »

2006-11-15

迷宮入り?「パビリオン山椒魚」

うぉ〜っ! (魚)ギョギョッ(魚)ということで驚いてしまいました「パビリオン山椒魚」(冨永昌敬監督)。これはなに何だ?これぐらい観客を選ぶタイプの映画は久しぶりです。もはや何やら別の領域で傑作になってしまいそうで、あ〜わけわからず(そこを楽しむ)。で、結論的にはオダギリジョーと香椎由宇を見る映画なのではないかと「ひとり納得」。なんたってオダギリジョーは2パターン楽しめますから(笑)。(例えとしては鈴木清順監督が登場した時ってこんな感じ?、と、書くと清順監督ファンから怒られそうですが…)。一応物語自称「21世紀の天才レントゲン医師」こと飛島芳一(オダギリジョー)のもとに150年生きているといわれている動物国宝、オオサンショウウオ・キンジローの真偽を確かめるためのレントゲン撮影の依頼がくる。キンジローは美人四姉妹(その中の一人が、あづき=香椎由宇)の二宮家によって代々運営されている財団によって管理されていた。(しかし、二宮家のキンジローって…)。音楽、菊地成孔。

パビリオン山椒魚
http://www.pavillion.jp/

パビリオン山椒魚 Annex 実録 パビリオン山椒魚! パビリオン山椒魚 オリジナル・サウンドトラック


|

« 幸せの一瞬「天使の卵」 | トップページ | ロシアのかわいいデザインたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷宮入り?「パビリオン山椒魚」:

» 「パビリオン山椒魚」  桜坂劇場にて [那覇TekTek]
こりゃ酷い。 もうだめぽ。 (ネタバレ嫌いな人、無条件降伏的にオダギリジョーが好きな人は読まないようにね) 私はこれまでの桜坂劇場のラインナップはツボにはまりまくりなので、 どこか安心しながらこの映画をみたのですよ。 ... [続きを読む]

受信: 2007-03-02 03:24

« 幸せの一瞬「天使の卵」 | トップページ | ロシアのかわいいデザインたち »