« 「マリー・アントワネット」サントラ | トップページ | 木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ »

2006-11-10

オルセー美術館展・神戸

Orsay1_1












Orsay2_1















神戸市立博物館で開催中の「19世紀 芸術家たちの楽園 オルセー美術館展 パリ・印象派の殿堂から - マネ、モネ、ルノワール、ゴッホ - 名作に出会う」を見てきました。平日にもかかわらず大変な賑わい(入り口はそうでもないが中に入ってビックリ)。12月8日からは神戸ルミナリエが始まるので更に混雑が予想されます。スペースは1階から3階、ほぼ全館使いきっての展示になっているので、それなりの時間配分と休憩をとりながら見ることをお勧めします(1階入ってすぐに猫がかわいい有名なルノワールの「ジュリー・マネ(あるいは猫を抱く子ども)」やモリゾの「ゆりかご」が展示されていたりします)。そして、やはり人気なのはキャッチーにも使用されているエドゥアール・マネの「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」。その筆致の勢い、黒のみずみずしさ、もう一筆入れてしまうと違うものになったんだろうなぁと思わせる瞳の描き方は実物でのみ感じられる傑作。このマネの作品が展示されているSection「芸術家の生活 - アトリエ・モデル・友人」は画家の交友関係含めて「画家が描く画家」という意味でも興味深かった。神戸展は2007年1月8日まで。東京展は1月27日より東京都美術館で開催。

オルセー美術館展 19世紀 芸術家たちの楽園
http://www.orsay3.com/

オルセー美術館展~19世紀芸術家たちの楽園~のすべてを楽しむ公式ガイドブック パリ オルセー美術館 NHK世界美術館紀行 (6)


|

« 「マリー・アントワネット」サントラ | トップページ | 木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オルセー美術館展・神戸:

» オルセー美術館展 [午後のアトリエ  + atelier Coju blog +]
撮影地:神戸 CANON IXY DIGITAL 900 IS 1/250 f:3.2 ISO:AUTO 神戸市立博物館で開催中の「オルセー美術館展」に行ってきました。 オルセー美術館はパリでルーヴル美術館と並ぶ最も人気の高い美術館のひとつ。 オルセー美術館のコレクションは、原則的にはフランス二月革命の1848年から第一次世界大戦の始まる1914年までで、これ以前がルーヴル美術館、これ以降がポンピドゥー・センター国立近代美術館という線引きがされているそうです。 だからオルセーは「印象... [続きを読む]

受信: 2007-01-03 19:37

« 「マリー・アントワネット」サントラ | トップページ | 木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ »