« イメージの跳躍「ピクサー展」 | トップページ | 出た!! CUT別冊「 映画ベスト201! 」 »

2006-12-10

監督の夢のスパイス「パプリカ」

筒井康隆の同名SF小説を「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」の今敏監督が映画化した「パプリカ」(アニメ製作はマッドハウス、キャラクターデザインおよび作画監督に「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」の安藤雅司)。他人の夢を共有できる「DCミニ」というテクノロジーを巡るサイコサスペンス。今敏監督というと現実と非現実の境界線が曖昧になっていくメタフィクショナルな展開に持ち味があると思うのですが、その点本作は、まさにピッタリといえるのではないでしょうか?中盤以降からの怒濤のイメージ展開はアニメーションだからこそ可能な(と、いうか実写とCGでも可能だがフィクションの中のフィクションな訳ですから実写のリアルは合わないですよね)ヴィジュアルスタイルです。そして、なんといっても平沢進の音楽のすごいこと、すごいこと。「千年女優」、TV「妄想代理人」も素晴らしかったが本作の耳に残る旋律の映像とのタペストリーといったら…!!!
あ!、物語にほんのり恋愛のスパイスも効いています。

MEMO
主人公の一人である粉川刑事が入ろうとする映画館の他の上映作が今敏監督の前3作品になっていました( これって監督の夢?… )。

パプリカ - Paprika -
http://www.sonypictures.jp/movies/paprika/site/home.html

パプリカ パプリカ オリジナルサウンドトラック

|

« イメージの跳躍「ピクサー展」 | トップページ | 出た!! CUT別冊「 映画ベスト201! 」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 監督の夢のスパイス「パプリカ」:

» 『パプリカ』 [ラムの大通り]
----この映画ってヴァネチア国際映画祭の コンペティション部門に出品されたんでしょ? アニメなんだね。 「うん。『東京ゴッドファーザーズ』の今敏監督の最新作」 ----確か、長編デビューの『パーフェクトブルー』はあまり気にいっていなかったよね? 「うん。あれはアイドルが主人公のサイコアニメって感じで、 その頃はまさか、 彼がこんな高みにまで登るとは思いもしなかった。 確か次の『千年女優』だったかな。 トム・�... [続きを読む]

受信: 2006-12-10 02:21

» 124.パプリカ [レザボアCATs]
そんなにアニメに詳しい私ではないのだけれども、この作品、『パプリカ』に関しては、頭の先からツメの先まで、完全に魅了されてしまいました。アニメと言っても、子供向けにターゲットを絞った明るいイメージの絵では全くなく。大人しか楽しめない、だけどどこか子供心に....... [続きを読む]

受信: 2006-12-10 19:19

» 「パプリカ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
パプリカ(アニメ映画) ブログパーツ アニメ映画「パプリカ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):パプリカ/千葉敦子(林原めぐみ)、乾精次郎(江守徹)、島寅太郎(堀勝之祐)、時田浩作(古谷徹)、粉川利美(大塚明夫)、小山内..... [続きを読む]

受信: 2006-12-11 14:31

» パプリカ [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <テアトルダイヤ> 監督:今敏 原作:筒井康隆 『パプリカ』(中公文庫/新潮文庫刊) 脚本:水上清資 今敏 音楽:平沢進 キャラクターデザイン:安藤雅司 作画監督:安藤雅司 パプリカ。それは他人の夢に同調して治療を行うときの、サイコセラピスト千葉敦子のもう一つの顔。その正体を知っているのは彼女が所属する研究所の所長と同僚の時田だけ。ある日、時田が開発した他人の夢に�... [続きを読む]

受信: 2006-12-14 23:44

» 満足度No.1(らしい)の「パプリカ」見てきました [よしなしごと]
 シネマぴあの調査によると、11/25に封切られた11作品で満足度1位となった映画「パプリカ」を見てきました。(ぴあ映画満足度ランキング) [続きを読む]

受信: 2006-12-15 00:01

» パプリカ/林原めぐみ、江守徹、堀勝之祐、古谷徹 [カノンな日々]
素敵ですッ、コノわけわかんなさ最高ぅ。日本ならではのお子ちゃま向けじゃないSFアニメですね。原作は筒井康隆さんの同名小説。未読でしたけど、筒井さんらしい発想だなぁと思えるストーリーをマッドハウスさんが見事にアニメーション化させましたね。こういうサイコ・サ....... [続きを読む]

受信: 2006-12-15 16:32

» ※16.『パプリカ』 [レザボアCATs]
作者/筒井康隆 映画『パプリカ』は私はとってもお気に入りの作品だったので、原作にチャレンジ。自分にとっては初の筒井康隆作品。 断筆宣言直前、最後の作品、ということなので、約'93年に発表の、女性誌『マリ・クレール』に掲載された娯楽長編SF。映画『パプリカ...... [続きを読む]

受信: 2006-12-16 11:37

» 映画:パプリカを見ました [Continue〜]
(かなり猫ではない話題です)筒井康隆さん原作の映画『パプリカ』やっと見てきました。ココ(音出ます)夜に見る「夢」で、心理治療をする人たちのお話です。11月末から公開だったので、そろそろ空いているかな?と思ったのですが、新宿は8割以上、席が埋まってました...... [続きを読む]

受信: 2006-12-20 18:20

» 【パプリカ】夢と現実 [閑話休題 〜今日を徒然なるままに]
 先日12/4に紹介した映画、「パプリカ」を川崎チネチッタにて、見てきました。 レイトショーでゆっくりできる時間帯で。20名ほどの観客で、周りは余裕があります。なので、ゆったりとビールを飲みながら見ることができました。 全部を書くとネタバレになるので、...... [続きを読む]

受信: 2006-12-22 18:09

» パプリカ [欧風]
帰省中109シネマズ富谷での映画観まくり計画、第1弾は「鉄コン筋クリート」、第2弾は[続きを読む]

受信: 2007-01-23 06:25

» 今敏監督「パプリカ」 [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
監督 今敏 制作 マッドハウス  キャラクターのアニメーションが特徴的である。陰影が強調される。影がスムーズに描かれるのではなく、真夏の真昼の影のように深く刻まれる。網膜に強烈に焼きつく感じがする。それがそのまま潜在意識を照らす強い光になり、「夢」そのものを感じさせる。特に、悪夢を。逃れたいのに逃れられない悪夢を。夢がなんといっても怖いのは、それが異常なまでにくっきりと見えることであ... [続きを読む]

受信: 2007-02-02 20:12

» パプリカ [ネタバレ映画館]
なんで猿なんですか?! [続きを読む]

受信: 2007-02-07 03:17

« イメージの跳躍「ピクサー展」 | トップページ | 出た!! CUT別冊「 映画ベスト201! 」 »